【腰塚のコンビーフ】は極上の味わい!おすすめの食べ方やアレンジは?

【腰塚のコンビーフ】は極上の味わい!おすすめの食べ方やアレンジは?

文京区・千駄木の千駄木腰塚では、自由自在にアレンジができる極上グルメ「自家製コンビーフ」が人気です。老舗肉店である千駄木腰塚の自家製コンビーフは加工品ということを忘れてしまうほど牛肉の旨味と脂が凝縮しているので、いろいろな食べ方が楽しめ点でも人気があります。

記事の目次

  1. 1.コンビーフが人気の千駄木腰塚とは?
  2. 2.腰塚のコンビーフのこだわり
  3. 3.腰塚のコンビーフのおすすめの食べ方
  4. 4.腰塚のコンビーフのアレンジレシピ
  5. 5.腰塚のコンビーフは牛肉の旨味たっぷりの人気商品!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

コンビーフが人気の千駄木腰塚とは?

コンビーフといえば塩漬け牛肉の高級缶詰として有名ですが、東京にある文京・千駄木腰塚では熟練職人の手仕事で作られる生コンビーフが食べられます。文京・千駄木腰塚は1949年に食肉&食肉加工品の販売店として創業した老舗精肉店です。

創業当初は腰塚商店の屋号でしたが、1970年には腰塚商店からコシヅカハムに屋号を変更し、その後2013年には千駄木腰塚本店になりました。

コシヅカハム屋号時代に設立したハム&ソーセージ工場では現在でも人気の定番商品が生まれましたし、さまざまな賞も受賞しています。そのため千駄木腰塚本店に屋号が変わった後も、「千駄木腰塚といえばハム・ソーセージ」といわれるほど人気があります。

全国各地にファンがいる文京・千駄木腰塚ですが基本は精肉店なので、地元・千駄木では老舗精肉店として有名です。都内の高級ホテルや有名レストランのシェフの信頼も厚い精肉店で、仲卸業として数多くの取引先を抱えています。

千駄木腰塚直営店では「1048」のロゴが大きく描かれていますが、これは千駄木腰塚が仲卸業として市場に入る際に使う仲卸番号の数字です。

一般向けにはハムやソーセージなどの食肉加工品店として有名な文京・千駄木腰塚ですが、プロや地元では上質な牛肉が揃う食肉店として名前が知られています。

なにしろ千駄木腰塚の仲卸業は中央卸売市場(食肉市場)開場当初にはすでに始めていますから、目利きの技術・経験はプロの料理人からもお墨付きです。

さらに2002年には中央卸売・食肉使用内に自社加工工場を設立し、仕入れした良質の牛肉を密閉・保冷で徹底的に衛生管理をした千駄木腰塚自社工場内で出荷までの加工をすべて行っています。

つまりセリから出荷まで全てを自社で行っているため、精肉はもちろん、仕入れた牛肉を使った加工品もすべてが安心・安全であるという点が、こだわりであり人気の秘密でもあります。

腰塚のコンビーフのこだわり

今では精肉や加工品の製造・販売だけでなく飲食店も展開している文京・千駄木腰塚ですが、千駄木腰塚のコンビーフはハム・ソーセージといった定番商品と並ぶ人気を誇ります。

文京・千駄木腰塚本店2階にある工場で作られる極旨コンビーフは1階にある精肉店でも販売されているので、ちょっとした手土産やギフトとして買い求める地元客も多いです。

さらに千駄木腰塚公式WEBサイトではオンラインショップもあるため、公式WEBサイトを利用すれば全国どこからでも絶品生コンビーフが取り寄せられます。

そのため東京の下町・文京区の老舗精肉店ではあるものの千駄木腰塚ファンは全国におり、舌の肥えたファンが欠かさず注文する王道メニューが千駄木腰塚コンビーフというわけです。

職人が素材を吟味し作る自家製コンビーフ

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

一般でも購入ができる高級コンビーフ商品は文京・千駄木腰塚本店以外にも数多くありますが、「自家製」「生」という肩書きが付く製品として有名なコンビーフはそれほど多くはありません。

中でも文京・千駄木腰塚コンビーフは、「自家製」という肩書きにこだわっているのが特徴です。質の良い牛肉を安心して食べて欲しいという文京・千駄木腰塚本店のこだわりが根底にあるのですが、それだけではないのが千駄木腰塚コンビーフといえます。

千駄木腰塚コンビーフは創業当初から作り続けている人気製品ですが、何度も試行錯誤を繰り返すことによって現在の味・クオリティにたどり着きました。

肉の食感が楽しめることにもこだわっているため、本店2階にある専用工場では熟練職人が手作業で肉をほぐし、とろけるような牛肉の脂とジューシーな旨味を閉じ込めた自家製品を作りだしています。

そんなこだわりの文京・千駄木腰塚コンビーフは生で食べるのが最もおいしい食べ方ですが、それは言い換えれば「シンプルに牛肉のおいしさが楽しめるコンビーフ」ということなのでしょう。

直営店舗ではデリカやお弁当販売も

文京・千駄木に精肉・加工品専門店として創業した千駄木腰塚本店ですが、今では千駄木腰塚本店以外にも都内各所に直営店があります。

千駄木腰塚直営店でも店舗によって取り扱う製品・メニューは違いますが、大型の千駄木腰塚直営店のでは加工品だけでなくデリや弁当の販売も行っています。

観光客も多く訪れる千駄木腰塚東京ソラマチ店は加工品・デリ・弁当の販売店なので、極旨コンビーフを使ったおしゃれなデリや弁当が人気です。工場が2階にある千駄木腰塚本店では弁当の販売は行っていませんが、精肉・加工品・デリの販売があります。

さらに横浜相鉄ジョイナス地下1階にある千駄木腰塚横濱精肉店では、精肉・加工品の販売のほかにデリメニューと弁当メニューがあるので、千駄木腰塚商品のほぼすべてが手に入ると幅広い世代の腰塚ファンに人気です。

腰塚のコンビーフのおすすめの食べ方

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

セリから出荷まで一貫して自社で行っている文京・千駄木腰塚のコンビーフは、シンプルな食べ方が最もおいしいと評判です。冷凍保存されているので食べる際には解凍が必要ですが、缶詰パックではないからこそ良質な牛の脂が楽しめます。

そんな文京・千駄木腰塚コンビーフは生で食べておいしいコンビーフです。だからこそできる限りシンプルな食べ方がおいしいですし、シンプルな組み合わせだからこそコンビーフが主役になる食べ方があります。

卵かけご飯+燻製醤油

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

人肌で旨味のもととのなる牛肉の脂が溶けだす文京・千駄木腰塚コンビーフは炊き立ての白米に千駄木腰塚コンビーフに燻製醤油を加えたたまごかけご飯がおすすめです。白飯に解凍積み千駄木腰塚コンビーフをのせます。

この時に白飯が完全に隠れるほどたっぷりとコンビーフをのせるのがポイントです。さらに卵ごはんに欠かせない醤油は、香ばしい風味が特徴の燻製醤油を使ってください。

燻製醤油はかけるだけで燻製香りがするので、シンプルな食材の味付けに人気があります。さらにこだわるなら、たまごかけご飯に使用する生卵も濃厚さな生卵を使用するのがおすめです。

【燻製醤油】おすすめランキングTOP7!おいしく食べる使い方もご紹介のイメージ
【燻製醤油】おすすめランキングTOP7!おいしく食べる使い方もご紹介
日本食に欠かせない醤油には「燻製醤油」というちょっと変わった調味料があります。燻製は基本的に食材を燻す調理法ですが、液体調味料である醤油も燻製にすると料理がおいしくなると人気です。しかも燻製醤油は肉・魚との相性も良いので、さまざまなレシピでアレンジができます。

腰塚のコンビーフのアレンジレシピ

Photo byBru-nO

シンプルに生のまま食べるのがおいしい文京・千駄木腰塚のコンビーフは、ほんの少し手を加えるだけでもいろいろな食べ方が楽しめます。

老舗肉店・千駄木腰塚のコンビーフだからこそ和風にも洋風にもアレンジができますし、肉の旨味と食感がしっかりしている千駄木腰塚コンビーフはメイン料理のアレンジもおすすめです。

コンビーフビビンバ

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

肉・野菜・たまごをご飯の上にのせて食べるビビンバは、千駄木腰塚コンビーフのおいしさを活かしたおすすめの食べ方です。

文京・千駄木腰塚のコンビーフ食べ方といえば熱々ご飯の上に生コンビーフと生卵をのせるコンビーフ卵ごはんが定番なので、コンビーフビビンバは定番レシピをアレンジしてみましょう。アレンジのポイントは「炒めコンビーフ」と「生コンビーフ」のセット使いです。

まず牛肉の旨味を具と白飯に絡ませるため、炒めコンビーフ焼き飯を作ります。千駄木腰塚コンビーフと組み合わせる野菜は何でもよいですが、スーパーなどで市販されているナムルを使うと簡単です。

炒めコンビーフでは千駄木腰塚コンビーフ自慢の牛肉脂を使うので、最初に千駄木腰塚コンビーフからフライパンで炒めます。

千駄木腰塚コンビーフから脂が出たら用意した白飯と市販ナムルをフライパンに投入し、千駄木腰塚コンビーフの脂を全体にからませるように炒めましょう。基本的にすべてそのままで食べられるので、炒め時間は1分程度を目安にするのがポイントです。

器に移す前に市販のビビンバたれを加え、全体にからませます。このままでもおいしいコンビーフビビンバになるのですが、ここで追いコンビーフをするのが千駄木腰塚コンビーフを使ったビビンバのおすすめです。

追いコンビーフの量はお好みでOKですし、熱々の炒めコンビーフにのせると牛肉の脂が増すのでさらに深みのあるおいしさになります。

最後に千駄木腰塚コンビーフ定番の食べ方である「生コンビーフ×生卵」を丼の中で再現するのですが、生卵の代わりに温泉卵を組み合わせる食べ方もおすすめです。

濃厚な牛肉の旨味を存分に堪能したい時にはたっぷりの生コンビーフ×生卵がおすすめですが、味のアクセントとして生コンビーフをトッピングする場合は温泉卵と組み合わせる食べ方も人気があります。

コンビーフラビオリ

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

コンビーフラビオリは、シンプルなほどおいしさが分かる自家製腰塚コンビーフだからこそ試してほしいおすすめも食べ方です。自家製にこだわるならラビオリ皮も自家製を使うのが良いですが、餃子の皮で代用すると簡単に作れます。

餃子の皮は自家製ラビオリの食感によく似ていますし、餃子の皮を使えば茹でても揚げてもおいしいので、アレンジがしやすい点でも人気があります。さらにおしゃれなおつまみとして楽しむなら、自家製ラビオリよりも餃子の皮を使ったレシピの方がおすすめです。

ラビオリの餡もシンプルにこだわりましょう。組み合わせとしておすすめなのがタマネギで、食感が楽しめるよう粗目のみじん切りにするのがおすすめです。ボールに粗みじん切りのタマネギと千駄木腰塚コンビーフを加え、全体をよく混ぜます。

風味付けとしてニンニク(みじん切り)を使いますが、臭いが気になる場合はニンニクすりおろしを使ってもOKです。味付けは醤油ですが、醤油も千駄木腰塚コンビーフと相性の良い燻製タイプを使うと風味と香りがアップします。

大人味に仕上げるなら、ブラックペッパーを適量加えるのも良いでしょう。全体をしっかりと混ぜ合わせたら市販の餃子の皮でコンビーフ餡を包みます。

なおメイン料理として食べるなら茹でコンビーフラビオリがおすすめですが、おつまみとして食べるなら揚げコンビーフラビオリまたは焼きコンビーフラビオリもおすすめです。

ちなみに焼きコンビーフラビオリはオーブントースターを使えば簡単に作れますし、片付けの手間も省けるので人気があります。

コンビーフチャーハンでご飯がパラパラに!おいしくて簡単なレシピをご紹介のイメージ
コンビーフチャーハンでご飯がパラパラに!おいしくて簡単なレシピをご紹介
ご飯との相性が良いコンビーフは、チャーハンにすると簡単にパラパラになるおすすめの食材です。コンビーフチャーハンにもいろいろなレシピがありますが、簡単に作れて栄養価も高いコンビーフチャーハンは「子どもも喜ぶおいしいチャーハン」と人気があります。
【コンビーフ】で無限おつまみを作る!簡単にできちゃうレシピは?のイメージ
【コンビーフ】で無限おつまみを作る!簡単にできちゃうレシピは?
そのままでもおつまみとして成立する高級缶詰・コンビーフは、冷蔵庫の余り野菜や定番調味料だけで簡単に絶品おつまみが作れます。SNSでも話題の無限シリーズもコンビーフおつまみレシピで楽しめますし、おしゃれなおつまみもコンビーフがあれば簡単に作れるのでおすすめです。

腰塚のコンビーフは牛肉の旨味たっぷりの人気商品!

Photo bywebandi

熟練職人の手仕事で作られる文京・千駄木腰塚のコンビーフは、人肌で溶ける牛肉の脂と凝縮された旨味が絶品と人気があります。

一般的なコンビーフとは違い缶入商品ではありませんが、賞味期限も冷凍保存すれば長いので、冷凍庫にストックすることでいつでもいろいろな食べ方を楽しめる点がおすすめです。

※ご紹介した商品やサービスは地域や店舗、季節、販売期間等によって取り扱いがない場合や、価格が異なることがあります。

akemi
ライター

akemi

小学生の娘の子育てに格闘しつつも、毎日の暮らしがちょっぴり楽しくなることを探すのが趣味です。仕事で全国各地をまわった経験から、街で見かけたおもしろいこと、ステキな景色、珍しいグルメなどを紹介します。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング