【もやし】は洗う必要がないってホント?その理由やおすすめの調理方法をご紹介

【もやし】は洗う必要がないってホント?その理由やおすすめの調理方法をご紹介

本記事では、もやしは洗う必要があるのか徹底調査しました。洗うほうが良いもやしや、洗う必要がないもやしも紹介します。もやしをたっぷり使用したおいしいレシピも紹介しているので、おいしいもやしレシピを食べたい人は要チェックです。

記事の目次

  1. 1.もやしは洗う方がいい?洗わない方がいい?
  2. 2.もやしは出荷前に洗浄されている
  3. 3.もやしを水で洗うおすすめの方法
  4. 4.洗わないで調理するなら新鮮なもやしを!
  5. 5.おすすめ!もやしを使ったおいしいレシピ
  6. 6.もやしは洗うとシャキシャキ感が増す!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

もやしは洗う方がいい?洗わない方がいい?

Photo by Kanesue

スーパーなどで販売されているもやしは、ボリューム満点にもかかわらず、リーズナブル価格で購入できるため、節約メニューにも多く使用されている人気食材のひとつです。

もやしを調理する際、洗うか洗わないか迷う人も少なくありません。本記事では、もやしは調理前に洗う必要があるのか、徹底調査しました。もやしを洗うほうがいい場合と、洗う必要がない場合の見極め方も紹介しているので、参考にしてください。

もやしは出荷前に洗浄されている

Photo byBarbaraJackson

もやしを調理前に、ザルにうつして洗う人も多いのではないでしょうか。ザルを使うだけで簡単に洗うことができますが、洗い物が増えると面倒に感じる人も少なくありません。

実は、スーパーなどで販売されているもやしは、調理前に洗う必要がありません。もやしは、出荷前に洗浄されているため、調理前に洗う必要がなく、そのまま調理できます。また、もやしの種類によっては、パッケージに「水洗いすること」と記載されているものもあります。

このような場合は、もやしを調理前に洗うようにしてください。もやしは、綺麗な水で洗って出荷されているものも多く、洗う必要がないことを頭に置いておきましょう。

洗う方が良い場合

Photo byMartinStr

洗浄されて出荷されているが、気になるから洗いたいという人も少なくありません。洗う必要のないもやしですが、洗っても問題ありません。購入してからしばらく経ったもやしは、袋の中で嫌なニオイが発生します。

この嫌なニオイは、もやしが袋内で呼吸するために発生すると言われています。嫌なニオイを流すためにも、もやしをさっと水洗いしても良いでしょう。もやしを洗う場合は、長時間つけずに、さっと洗うようにしてください。

Photo byHans

もやしは水に長時間つけると、変色が起こったり、もやしの持つ栄養素が水に流れ出してしまいます。もやしを洗う場合は、長時間水につけて洗うのではなく、流水でさっと流して洗うようにしてください。

もやしを水で洗うおすすめの方法

Photo byleecine

もやしは、状態によっては洗う必要があります。次は、もやしを洗うおすすめの方法を紹介します。もやしを洗う場合、洗いものを減らす方法も紹介しているので、参考にしてください。

もやしは基本的に洗う必要がありませんが、においなど状態が気になる場合は洗うようにしてください。もやしを洗う場合、もやしを袋からザルにうつし、流水にあてて洗う方法が一般的です。ザルは、洗うだけでなく、水切りにも使用できるため、おすすめです。

流水でもやしを洗うことで、もやしの汚れやにおいを落とせます。もやしを洗い終わったら、ザルの上でしっかりと水切りを行いましょう。

袋にそのまま水を入れてゆすりながら洗う

Photo byanan2523

もやしをザルで洗う場合、洗う工程だけでも洗い物が1つ発生します。洗いものを減らしたい場合は、袋に入れたまま洗う方法がおすすめです。袋に入れたままもやしを洗う場合、もやしの袋の上部を一直線にカットします。

袋の中に、水を半分ほど入れて、カットした場所からもやしが出ないように、ねじっておきましょう。優しくもやしも揉むようにして洗います。もやしが洗い終わったら、捻じった部分から水を流します。においなどが気になる場合は、この方法で何度か洗うようにしてください。

Photo by amadeusrecord

袋に入れたまま洗う場合、袋の下をハサミでカットすると、簡単に水切りができます。この方法の場合、水切り最中にもやしが流れてしまうこともなく、立てかけておくと自然に水切りすることも可能です。

洗う必要のないもやしですが、水で洗うメリットもあります。しんなりとしてしまったもやしも、水で洗うことで、シャキシャキ感が復活します。歯ごたえが必要な料理に使用する際は、もやしを洗ってから使用してみましょう。

洗わないで調理するなら新鮮なもやしを!

Photo byAKuptsova

新鮮なもやしは、洗わなくてもシャキシャキ食感が楽しめます。洗わないで調理したい場合は、新鮮なもやしの使用をおすすめします。次は、新鮮なもやしの見極め方を紹介します。

新鮮なもやしの見極め方

Photo by yto

日本で販売されているもやしは、「緑豆もやし」が一般的です。緑豆もやしは、茎が太く、甘味を感じられます。新鮮でおいしい緑豆もやしを選びたい場合は、茎が太くて短いものがおすすめです。

また、出荷されたばかりのもやしは、ハリがあります。もやしがへなっており、袋の中に水分がたまっているもやしは、新鮮ではありません。ツヤとハリがあるもやしは、洗う必要がないため、そのまま調理しても問題ありません。

白くてツヤとハリがあるものを

Photo byqimono

茎の太さだけでなく、もやしの色もチェックしておく必要があります。新鮮なもやしは、ツヤがあり茎が綺麗な白色になっています。茎が茶色になっているもやしは、鮮度が落ちています。

スーパーなどで販売しているもやしは、ほとんどが透明の袋に入っています。袋の中の水分だけでなく、茎の太さや色もしっかりとチェックしておきましょう。

おすすめ!もやしを使ったおいしいレシピ

Photo by yt_siden

もやしを使った、おいしいレシピを紹介します。もやしはヘルシーで、ダイエット中にもおすすめです。ボリューム満点のもやしレシピも登場するので、要チェックです。

もやしたっぷりの豚しゃぶサラダ

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

最初に紹介するもやしを使ったレシピは、「もやしたっぷりの豚しゃぶサラダ」です。もやしたっぷりの豚しゃぶサラダに必要な材料は、もやし1袋、豚バラ肉200g、刻みネギ、ポン酢、酒30ccです。まずはじめに、もやしの状況を見て洗うか判断してください。

耐熱皿に、もやしを盛りつけ、豚バラ肉を置いていきます。酒をまわしかけ、ふんわりとラップをし、500Wの電子レンジで4分~5分加熱します。電子レンジから取り出し、刻みネギをまぶし、ポン酢をかけたら完成です。

包丁も不要で、簡単に作れるレシピのため、時間のないときにもおすすめです。ラー油などをかけると、ぴりっと辛い味わいにかわります。いろいろなアレンジを加えて、楽しんでください。

さっぱり!もやしとわかめの酢の物

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

もやしを使えば、さっぱりとおいしい酢の物も簡単に作れます。次は、「もやしとわかめの酢の物」のレシピを紹介します。

もやしとわかめの酢の物に必要な材料は、もやし1袋、ハム5枚、乾燥わかめ大さじ2、醤油大さじ2、酢大さじ2、砂糖大さじ1、ごま油大さじ1/2、いりごま適量です。耐熱ボウルにもやしを入れて、600Wの電子レンジで2分加熱します。

調味料は、あらかじめよく混ぜ合わせておきましょう。乾燥わかめは水で戻し、ハムは細切りにしておきます。もやしは加熱すると水分がでるため、余分な水分を捨ててください。次にもやしとわかめ、ハムを混ぜます。最後に調味料をまわしかけたら、おいしい酢の物の完成です。

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

お好みでトマトなどの野菜を入れても、ボリューム満点でおいしく仕上がります。コチュジャンやラー油を入れると、ぴりっと辛い味わいを楽しめます。

ボリュームたっぷり!もやしのとん平焼き

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

もやしがあれば、ボリューム満点のおかずも作れます。次は、ボリューム満点の「もやしのとん平焼き」のレシピを紹介します。

もやしのとん平焼きに必要な材料は、もやし1袋、豚バラ肉80g、卵3個、お好みソース、マヨネーズ、青のり、かつおぶしです。まずはじめに、油を熱したフライパンに一口サイズに切った豚バラ肉を入れて、炒めます。

豚バラ肉に火が通ったら、もやしを追加し黒コショウで軽く味付けします。炒めたもやしと豚バラ肉は、フライパンから出し、一旦皿に移しておきましょう。卵をボウルに割入れて、しっかりと混ぜ合わせます。

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

油を熱したフライパンに、卵を一気に流し入れ、時々混ぜながら半熟状にします。このとき、卵が破れないように注意してください。卵に炒めたもやしと豚バラ肉を置き、フライ返しで端から包みます。

お皿にうつし、マヨネーズとソース、かつおぶしと青のりをかけたら、おいしいとん平焼きの完成です。豚バラ肉を入れることで、ボリューム満点でおいしい料理に仕上がります。簡単に作れるため、時間のないときにもおすすめです。

もやしを洗う場合、洗ったあとにしっかりと水切りを行う必要があります。水切りをおろそかにすると、味つけが薄くなってしまいます。もやしを洗う場合は、注意してください。

もやしは洗うとシャキシャキ感が増す!

Photo by Tranpan23

もやしは、出荷前に洗浄されているため、調理前に洗う必要はありません。もやしを過剰に洗うと、大事な栄養素が失われてしまうため、においが気になる場合のみ、調理前に洗うようにしてください。

しかし、さっと水洗いすることでシャキシャキ食感も味わえます。もやしはいろいろなメニューに使えるため、シャキシャキのもやしでいろいろなメニューを作ってみましょう。

M.U
ライター

M.U

関西出身で兵庫県在住のM.Uです!グルメや旅行、生活に便利なグッズなどいろいろ興味があります。食べることが大好きで、中でも甘いものとお寿司は大好物♪ただいま子育て奮闘中です!色々なことを紹介したいと思います!

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング