香川で金比羅(こんぴら)に行く方必見!周辺の宿泊施設から名物うどん店まで紹介

香川で金比羅(こんぴら)に行く方必見!周辺の宿泊施設から名物うどん店まで紹介

香川県の金比羅では、数多くの観光客の方が多く見かけられます。金比羅周辺には、宿泊施設も充実しています。香川県の名物と言えばうどんですが、金比羅周辺には美味しいうどん屋さんもたくさんあります。金比羅周辺の宿泊施設から美味しいうどん屋さんまで、紹介していきます。

記事の目次

  1. 1.香川の金比羅さまをお参りしよう!
  2. 2.香川県の魅力
  3. 3.「香川・金比羅」について
  4. 4.「香川・金比羅」見どころ
  5. 5.「香川・金比羅」四季折々のイベント
  6. 6.「香川・金比羅」周辺のおすすめ宿泊施設
  7. 7.「香川・金比羅」周辺のうどん屋さんで食べ歩き
  8. 8.香川の金比羅さんは一生に一度はお参りしたい場所

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

香川の金比羅さまをお参りしよう!

Photo by sunoochi

香川県の金比羅さまには、県外からわざわざ参拝する方が多く見かけられます。金比羅には参拝する方だけではなく、金比羅さま周辺の施設を楽しみに行く方も多くいます。

香川県の名物であるうどんを食べることができるうどん屋さんや、宿泊施設などさまざまあります。1日で十分に楽しむことができるスポットとして、毎年変わらず多く方で賑わっています。

お参りの帰りは香川名物のうどんで腹ごしらえ

Photo bytakedahrs

香川県の名物と言えば、うどんです。金比羅さま周辺には、食べ歩きすることができるうどん屋さんなどがたくさんあります。旅に腹ごしらえは、必要です。

金比羅さまをお参りした帰りに、香川県の名物であるうどんを、堪能してみてはいかがでしょうか。きっと金比羅さままでのお参りまでの道のりに、お腹を空かせていることでしょう。

香川県の魅力

Photo by cotaro70s

香川県は島国である四国4県のうちの、1県です。本州から香川県に行く方法としては、橋を車で渡ってくるかフェリーを利用する、または飛行機を利用するなど、さまざまな方法があります。

たくさんの観光客の方々が訪れる香川県には、たくさんの魅力が隠されています。自然の豊かさや香川県民の温かみ、美味しいグルメなどもたくさんあり、見どころがたくさんある地域です。

県都「高松」は瀬戸の都とも呼ばれる四国の拠点都市

フリー写真素材ぱくたそ

香川県の高松市は、香川県を代表する県庁所在地です。高松市はたいへん栄えている街で、県外から訪れる方々も多く見かけられます。観光やショッピングなど、楽しむことができるスポットがたくさんあります。

また高松市は、瀬戸の都とも言われています。瀬戸内海に面しており、香川県のいろいろなスポットからは、きれいな瀬戸内海を目にすることができます。

飲食店も多く便利で住みやすい

Photo by marumeganechan

香川県の高松市付近には、飲食店もたくさん並んでいます。外食をする際には、いろいろな種類の飲食店から選ぶこともできます。家族などで訪れる方が多いです。

買い物することができるデパートやショッピングモールもあるので、高松市で住みたい方が続出しています。便利で住みやすい所だと知られているので、広い年齢層に人気があります。

農産物や漁業も盛ん

Photo bystevepb

香川県は山に囲まれている土地でもあり、海に面している土地でもあります。山々では農産物がさかんに収穫されており、海では漁業がさかんに行われています。

香川県では地元で収穫された食材を食べることができます。スーパーでは、新鮮な状態で食材を買うことができます。飲食店でも家庭でも、新鮮で美味しいグルメを堪能することができる所が、香川県の魅力の1つでもあります。

オリーブの生産量は全国1位

Photo byRitaE

農産物が盛んに収穫されている香川県では、オリーブの生産量が全国で1位です。香川県の山々では、至る所でオリーブの木が見られます。またオリーブの香りも感じることができるでしょう。

オリーブの生産量が全国1位の香川県では、オリーブが使われた商品も多く見られます。うどんが名物と言われている香川県ですが、オリーブも名物の1つです。知らなかったという方も、多くいます。

「香川・金比羅」について

Photo by sunoochi

香川県に行くのならば、1度は立ち寄るべき場所が金比羅です。金比羅には、たくさんの魅力が隠れています。定期的に訪れる方々も見られ、たくさんの方に愛されているスポットです。

たくさんの方に愛されている金比羅ですが、訪れたことがないという方もいることでしょう。そんな方のために、金比羅についての情報を伝えていきます。金比羅に行ってみたいと思うこと間違いなしです。

「さぬきこんぴらさん」で親しまれる「金刀比羅宮」

Photo by alberth2

「金刀比羅宮」は、「さぬきこんぴさん」という名で親しまれています。金比羅を訪れたのなら、金刀比羅宮をお参りしないわけにはいかないぐらい、必ず足を運ぶ場所として愛されています。

情緒ある金刀比羅宮は、幅広い年齢層から注目されている観光地です。季節によっては、見える金刀比羅宮の表情も異なります。春には満開の桜や、秋には真っ赤な紅葉と共に眺めることができます。

海の神様・五穀豊穰・大漁祈願・商売繁盛

Photo byK2-Kaji

金刀比羅宮は、縁起が良い場所としても知られています。主に海の神様・五穀豊穣・大漁祈願・商売繁盛の祈祷をすることができます。農業や漁業をしている方は、昔から参拝する方が多いです。

幅広い分野の神様が存在するとして知られている金刀比羅宮には、全国各地から参拝しに行く方も多く見られます。また金刀比羅宮は、金比羅を見守ってきた神様として、地域の方からはとても重宝されています。

江戸庶民の憧れ「こんぴら参り」

Photo by sunoochi

金比羅さまを訪れてまずすることと言えば、「こんぴら参り」です。今では県外の方々や海外の方々までが、こんぴら参りに訪れています。しかし、昔ではこんぴら参りは庶民の憧れでもありました。

江戸庶民には、贅沢であったこんぴら参りをしてみてはいかがでしょうか。当時の庶民が憧れるほどの理由を、体で体感することでしょう。この時代だからこそ、こんぴら参りに訪れて身も心もきれいにしましょう。

アクセス

フリー写真素材ぱくたそ

金比羅まで訪れるには、電車や飛行機、車などの方法があります。電車を利用する場合は、金比羅の最寄り駅である「琴平駅」で下車し、20分ほど歩く必要があります。また県外である岡山駅からは、直通特急で1時間ほどで到着します。

金比羅付近には、高松空港があります。高松空港からは、車で50分ほどかかります。また空港から金比羅がある琴平町まで、バスで行くこともできます。曜日や日にちによって、運行の時間が異なるので、空港に確認することをおすすめします。

フリー写真素材ぱくたそ

車で行く場合は、瀬戸中央有自動車道坂出ICから30分ほどで行くことができます。また四国横断自動車道善通寺ICからは15分ほどで行くことができます。金比羅の境内の中には、車で行くことができないので注意しましょう。

住所 香川県仲多度郡琴平町892-1
電話番号 0877-75-2121

「香川・金比羅」見どころ

Photo by sunoochi

香川県の金比羅は、香川県民が自慢するほどの見どころが満載です。また他県の方々が魅かれるような魅力もたくさんあります。歴史溢れる金比羅は、海外の方々も注目するほどです。

いろいろな人々から注目されている金比羅の見どころについて、これから紹介していきます。誰もが知っているような魅力から、今まで知らなかった魅力など、魅力ある情報が満載です。

御本宮まで続く長い長い石段

Photo by sunoochi

金比羅の御本宮までは、驚くほど長い石段が続いています。金比羅の長い石段は、参拝に訪れているたくさんの人々を苦しませます。1歩1歩を噛みしめて、御本宮まで頑張って行くことも、金比羅の楽しみ方の1つです。

ただ石段を登っていくだけではなく、途中で金比羅内にある観光スポットもあります。情緒あふれる景色や建物を楽しみながら、御本宮までお参りしに行きましょう。疲れても、きっといい思い出に残ります。

石段の数は785段・奥社まで含めると1368段

フリー写真素材ぱくたそ

御本宮まで続いている石段の数は、785段です。広い年齢層の観光客の方々が訪れる金比羅ですが、多くの方が長い石段に苦戦しています。長い石段を登り御本宮までたどり着く達成感は、何物にも代えられないものです。

また御本宮の奥には、奥社があります。奥社までも、長い石段が続いています。その石段の数は、1368段もあります。御本宮にたどり着く達成感よりも、さらに高い達成感を得られることでしょう。

金刀比羅宮の境内

Photo by alberth2

金刀比羅宮の境内は、外からの想像する世界観よりも、遥かに上回る世界観が広がっています。石段を登っていきながら、金刀比羅宮の境内巡りを楽しむことは香川県の名物とも言われています。

これから金刀比羅宮の境内について、何があるのかなどを伝えていきます。金刀比羅宮の境内の情報を事前に知っておけば、さらに金比羅を楽しむことができるでしょう。

「金刀比羅宮」

Photo by alberth2

「金刀比羅宮」は、琴平町を代表する神社です。また、香川県を代表とする神社とも言われいます。規模も大きく、毎日多くの方々で賑わっています。歴史的建造物としても、人気のある観光スポットです。

大規模な神社である金刀比羅宮では、お守を購入したり御祈願もすることができます。また金刀比羅宮で結婚式を行う方もおり、偉大な神様としてとても親しまれています。

「大門」

Photo by naitokz

金比羅の「大門」は、金刀比羅宮の入り口でもあります。大門の先からが、金刀比羅宮の境内です。神域の総門でもある大門は、石段を365段登ったところにあります。この大門が見えてくれば、もうじき境内に入る目印にもなります。

大門をくぐった先には、5軒の飴屋さんが両側に並んでいます。この5軒の飴屋さんは、「5人百姓」とも呼ばれています。この飴屋さんでは、名物である「加美代飴」を購入することができます。

「宝物館」

Photo by inazakira

「宝物館」では、昔から残されている文化財が展示されています。金刀比羅宮にまつわる文化財を見ることができ、特別展なども行われいます。歴史好きには、たまらないスポットです。

宝物館の入館料は、800円です。年配の方々や、修学旅行や遠足で訪れる学生たちに人気のあるスポットです。興味のある方は、一休みがてらに訪れてみてはいかがでしょうか。

「旭社」

Photo by naitokz

金刀比羅宮の「旭社」は、石段を628段登ったところにあります。繊細にデザインされた見た目に、圧倒されること間違いなしです。旭社を御本宮と間違える方もいるぐらい、威厳さを放っています。

旭社はこだわりのある建造物で、当時は全国各地から大工さんを集めて作ったそうです。すぐに完成することはなく、世代交代しながら地道に作られました。

「本宮拝殿」

Photo by Travel-Picture

金刀比羅宮の「本宮拝殿」は、石段を785段登ったところにあります。長い石段を登り、御本宮が見えた瞬間に、大きな達成感を得ることでしょう。汗だくになりながらの参拝は、きっと神様も見てくれているはずです。

御本宮にいる神様は、いろいろな徳を与えてくれると言われています。農業や殖産など幅広い徳を持っている神様がおられるので、幅広い職業の方々がお参りに訪れます。

「白峰神社」

Photo by wongwt

金刀比羅宮の「白峰神社」は、石段を923段登ったところにあります。御本宮の先にある神社で、白峰神社にたどり着くには、ひと踏ん張りする必要があります。

現在見られる白峰神社は、明治44年から大正2年にかけて作られた神社です。白峰神社付近では、紅葉の木が多く植えられており、「紅葉谷」とも呼ばれています。8月26日には例祭、毎月26日には月次祭が行われています。

「厳魂神社」

Photo by Инариский

金刀比羅宮の「厳魂神社」は、石段を1368段登ったところにあります。通称では奥社と呼ばれています。金比羅の石段は全部で1368段あるので、厳魂神社が頂上です。

厳魂神社の西側にある崖の上の方には、天狗とカラス天狗の彫刻が施されています。この崖の名前は、「威徳巌」と呼ばれています。また厳魂神社から見る景色は、たまらなく美しいです。

「五人百姓」

Photo by naitokz

「五人百姓」とは、大門をくぐった先で飴を販売している、5軒の飴屋さんのことを言います。大きな白い傘の下で販売されている飴は、金刀比羅宮の名物である「加美代飴」です。

この五人百姓は、唯一金刀比羅宮の境内で物の販売を許されている、特別なお店です。歴史たっぷりの加美代飴を舐めながら、長い石段を登っていくことも楽しみ方の1つです。

御本宮と展望台からの景色

Photo by Travel-Picture

金比羅の御本宮の北東の角には、展望台が設けてあります。御本宮にある展望台からは、琴平町のきれいな町並みを眺めることができます。晴れている日であれば、瀬戸大橋まで見える絶景を一望できます。

御本宮まで長い石段を登ってきた疲れが、吹き飛ぶような景色を見ることができます。あまりにもきれいな絶景に、カメラを構える方が多くいます。御本宮でのお参りを済ませたら、展望台に行ってみましょう。

幸福の黄色いお守り

Photo by senngokujidai4434

数多くある金比羅の名物の1つが、「幸福の黄色いお守り」です。お守りの中でお人気のあるお守りで、値段は1つ800円です。見た目は、きれいで鮮やかな黄色です。染料からこだわりがあるお守りです。

幸福の黄色いお守りは、見た目の可愛らしさから、お土産に買われる方が多いです。初詣のシーズンには、幸福の黄色いお守りだけを販売している箇所があり、スムーズに手に入れることができます。

「香川・金比羅」四季折々のイベント

Photo by alberth2

金比羅では、季節によって行われるイベントも異なります。多彩なイベントが行われる金比羅では、イベントがあるたびにたくさんの方々が訪れます。県外から金比羅のイベントを目当てに、訪れる方も見かけられます。

これから四季折々の金比羅のイベントを、多数紹介していきます。魅力的なイベントが盛りだくさんなので、イベントがある日に金比羅を訪れることも1つの楽しみ方です。

「歳旦祭」

Photo by Travel-Picture

金比羅で行われる「歳旦祭」は、元旦の午前0時から行われるイベントです。1月に入って最初のイベントなので、初詣と共に訪れる方が多くいます。初詣は大晦日の深夜から翌年の1月3日まであります。

歳旦祭では、安寧と繁栄を祈願して行われるイベントです。新年早々に行われる縁起のあるイベントは、1年間にあるイベントの中で最も人々が集まるイベントとも言われています。

「こんぴら温泉まつり」

フリー写真素材ぱくたそ

「こんぴら温泉まつり」は、金比羅周辺の温泉施設を巡っていくイベントです。こんぴら温泉まつりが開催される日にちははっきりとは決まっておらず、基本的に冬に行われます。

こんぴら温泉まつりで巡る温泉施設は、全部で8施設あります。日帰り温泉旅行として楽しむ方もいます。金比羅周辺の温泉施設で、冷え切った体を温めたい方におすすめのイベントです。

「四国こんぴら歌舞伎大芝居」

Photo by zunsanzunsan

「四国こんぴら歌舞伎大芝居」は、伝統的な日本の文化である、歌舞伎の大芝居を見ることができるイベントです。四国こんぴら歌舞伎大芝居が開催される時期は、毎年4月上旬から下旬にかけて行われることがほとんどです。

歌舞伎は世界的にも注目されているので、海外の方も見に行くことがあります。第1部は午前に開催され、第2部は午後に開催されます。空いている時間帯に、見に行ってみてはいかがでしょうか。

「桜花祭」

フリー写真素材ぱくたそ

「桜花祭」は、春の訪れとともに行われるイベントです。毎年4月10日に行われます。金比羅には至る所に満開の桜が咲いており、伝統的な儀式と共に桜を楽しむことができます。

桜花祭は、金比羅の大門から御本宮まで行われます。長い行列を作り行われるイベントは、まるで時代をタイムスリップしたような気分を味わうことができます。

「こんぴら夏まつり」

フリー写真素材ぱくたそ

「こんぴら夏まつり」は、7月下旬に行われる夏のイベントです。盛大に行われるイベントの1つであり、誰もが十分に楽しむことができるので、子どもから大人まで多くの方が待ちわびているイベントでもあります。

こんぴら夏まつりでは、屋台やバザーが多く出店しています。多彩なイベントが行われる中、「こんぴらプロレス」なども行われます。間近で迫力のあるプロレスを見ることができます。

「灯ろう流し」

フリー写真素材ぱくたそ

「灯ろう流し」は、終戦記念日である8月15日に行われるイベントです。平和を祈る気持ちを灯ろうに乗せて流すイベントは、毎年大切にされているイベントの1つです。

たくさんの人が灯ろうに想いを乗せて流す光景は、まるで戦争で亡くなった人々に想いが通じているようにも見えます。金倉川で灯ろうが列を作って流れている光景に、思わずうっとりすることでしょう。

「香川・金比羅」周辺のおすすめ宿泊施設

フリー写真素材ぱくたそ

金比羅周辺には、観光客のための宿泊施設がたくさんあります。金比羅に初めて訪れる方でも、安心して宿泊することができる施設ばかりです。おすすめの宿泊施設に泊まって、旅の疲れを癒してみてはいかがでしょうか。

「こんぴら温泉郷の旅館 琴平花壇」

Photo by Yasuo Kida

「こんぴら温泉郷の旅館 琴平花壇」は、上品な雰囲気が漂う宿泊施設です。こんぴら温泉郷の旅館 琴平花壇は昔から親しまれている宿泊施設なので、数々の著名人も訪れています。

こんぴら温泉郷の旅館 琴平花壇では、金比羅ならではのこだわりの温泉を体感することができます。露天風呂からは、金比羅の町並みを一望することができます。

住所 香川県仲多度郡琴平町1241-5
電話番号 0877-75-3232

「琴平グランドホテル桜の抄」

Photo bypalacioerick

「琴平グランドホテル桜の抄」は、おしゃれで海外の方も宿泊しやすい宿泊施設です。琴平グランドホテル桜の抄の中は、個室のあるお食事処や宴会場などもあり十分に充実しています。

琴平グランドホテル桜の抄のお食事処では、香川県の名物であるうどんを食べることができます。またパーティールームなどもあり、金比羅のお酒も楽しむことがでいます。

住所 香川県仲多度郡琴平町977-1
電話番号 0877-75-3218

「紅梅亭」

フリー写真素材ぱくたそ

「紅梅亭」は、女性の方も安心して宿泊することができる宿泊施設です。女性の1人旅の宿泊先に、おすすめです。本物の花を使った花風呂は、女性の方に人気のポイントです。

紅梅亭には、露天風呂や庭園風呂などがあり、お風呂から見ることができる景色は絶景そのものです。ゆっくり旅の疲れを癒してくれる宿泊施設なので、ぜひ金比羅に行く際に宿泊してみてはいかがでしょうか。

住所 香川県仲多度郡琴平町556-1
電話番号 0877-75-1111

「こんぴら温泉 琴平リバーサイドホテル」

Photo byPexels

「こんぴら温泉 琴平リバーサイドホテル」は、金比羅にレジャーで訪れている方だけではなく、ビジネスで訪れている方も大歓迎な宿泊施設です。

こんぴら温泉 琴平リバーサイドホテルの温泉は、神経痛や筋肉痛などのさまざまな悩みに効く効能を兼ね備えています。またお食事では、洋食と和食のどちらかを選ぶことができます。

住所 香川県仲多度郡琴平町川東246-1
電話番号 0877-75-1880

「琴参閣」

フリー写真素材ぱくたそ

「琴参閣」は、館内の施設の充実さだけではなく、自然に囲まれた宿泊施設です。魅力がたくさんある琴参閣は大人気なので、満室になることも多々あります。

琴参閣で楽しむことができる温泉は、「かぶきの湯」と「バラ風呂」、「こんぴらの湯」の3種類あります。中でもこんぴらの湯では、大きなガラス越しで草木などの風景を眺めながら、癒されることができます。

住所 香川県仲多度郡琴平町685-11
電話番号 0877-75-1000

「香川・金比羅」周辺のうどん屋さんで食べ歩き

Photo bylikesilkto

金比羅周辺には、名物であるうどんを食べ歩きすることができるお店がたくさん並んでいます。香川県に来たのなら、名物であるうどんを食べたいという方が、たくさんいることでしょう。

これから食べ歩きにおすすめのうどん屋さんを、次々と紹介していきます。いろいろなお店でうどんを食べ歩きして、香川県名物のうどんを堪能しましょう。

「こんぴらうどん 本店」

Photo by woinary

金比羅に初めて訪れてうどんを食べるなら、「こんぴらうどん 本店」がおすすめです。食べ歩きにおすすめのうどんで、コシのある麺はやみつきになります。

こんぴらうどん 本店でうどんを食べた後のおすすめのデザートが、ソフトクリームです。ソフトクリームを食べ歩きしながら、金比羅巡りする方も見かけられます。

住所 香川県仲多度郡琴平町810-3
電話番号 0877-73-5785

「カントリー」

Photo by yto

食べ歩きにおすすめな「カントリー」は、大きなコロッケを添えて食べる方が多く見られるうどん屋さんです。うどんの値段もリーズナブルで、食べ歩きには嬉しい一品です。

住所 香川県仲多度郡琴平町下櫛梨1020-5
電話番号 0877-75-4468

「ナカノヤ 琴平」

Photo by M.Murakami

「ナカノヤ 琴平」は、うどん打ちを体験することができるうどん屋さんです。ナカノヤ 琴平で食べることができるうどんのメニューは、食べ歩きには少し贅沢と言っていいほど、天ぷらなどの品数が豊富です。

さまざまな組み合わせで、うどん料理を堪能することができます。豪華な食べ歩きをしたい方に、おすすめのうどん屋さんです。上品な味わいを食べ歩きで堪能したい方は、ぜひナカノヤ 琴平に訪れてみてはいかがでしょうか。

住所 香川県仲多度郡琴平町796
電話番号 0877-75-0001

「てんてこ舞」

Photo by yto

「てんてこ舞」は、大きな天ぷらなどが特徴的なうどん屋さんです。食べ歩きをする際にてんてこ舞で天ぷらを食べれば、1軒目でお腹が膨れてしまうほどボリューミーです。

てんてこ舞でうどんを食べた後には、お入りソフトを食べる方が多いです。お入りソフトは、金比羅の名物でもあり、見た目もインスタ映えすると人気があります。

住所 香川県仲多度郡琴平町718
電話番号 0877-75-0001

「うどんや 井上」

Photo by ume-y

「うどんや 井上」は、うどんも美味しいですがおでんも美味しいことで知られているうどん屋さんです。うどんやおでんの食べ歩きで、冬の時期に冷え切った体も暖まります。

うどんや 井上の雰囲気は、昔ながらのうどん屋さんという感じで、大変親しまれています。食べ歩きをする際にどのお店にしようか迷った方は、まずうどんや 井上に訪れてみてはいかがでしょうか。

住所 香川県仲多度郡琴平町177-2
電話番号 0877-75-3907

香川の金比羅さんは一生に一度はお参りしたい場所

Photo by sunoochi

魅力あふれる金比羅について、たくさん知ることができたでしょうか。こんぴらさんのお参りやうどんの食べ歩きなど、金比羅で最高の思い出を作りましょう。

蔭西優愛
ライター

蔭西優愛

こんにちは!ライター歴1年ほどの子持ち20代主婦です。動物が大好きで自称「動物博士」を目指しています。子供にもわかりやすい記事になるよう、日々精進しています。「調べて・見て・感じる」ような記事を目指しています。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング