紋別のグルメおすすめは?人気の海鮮やランチ・穴場まで一挙ご紹介

紋別のグルメおすすめは?人気の海鮮やランチ・穴場まで一挙ご紹介

流氷観光の街として知られる北海道・紋別市には美味しいグルメがたくさんあります。特に紋別港で水揚げされる新鮮なカニやホタテは、地元民のみならず観光客からも人気の必食グルメです。この記事では紋別でぜひおすすめしたいグルメを、ランチや穴場の情報を交えてご紹介します。

記事の目次

  1. 1.紋別の「おすすめグルメ」は海鮮以外にも色々ある?
  2. 2.紋別で人気の「おすすめ海鮮グルメ店」7選
  3. 3.紋別で評価も高い「レストラン・カフェのグルメ」2選
  4. 4.紋別で美味しいと評判の「人気ランチグルメ」4選
  5. 5.紋別で「絶景も楽しめる穴場のグルメスポット」3選
  6. 6.紋別で「食べておきたい人気の麺グルメ」3選
  7. 7.紋別で「お店が集まっているグルメスポット」2選
  8. 8.紋別に来たら観光もグルメも贅沢に楽しもう!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

紋別の「おすすめグルメ」は海鮮以外にも色々ある?

フリー写真素材ぱくたそ

流氷の海で育ったカニやホタテ、サロマ湖のカキなど、豊富な海の幸に恵まれた紋別では和洋中問わずさまざまな海鮮料理が味わえます。特に新鮮なネタがたっぷりのった海鮮丼を味わえるグルメスポットは観光客に大人気で、海鮮丼をはじめ紋別の海鮮グルメが楽しめるツアーも行われています。

フリー写真素材ぱくたそ

餌に海藻を混ぜて健康に育てた「はまなす牛」(ホルスタイン種)や放牧地で青草を食べて育った牛から搾った「おこっぺ牛乳」も紋別でおすすめしたいグルメのひとつです。紋別のご当地グルメ「オホーツク紋別ホワイトカレー」にもオホーツク産の牛乳と紋別産のホタテが必ず使われています。

Photo bytakedahrs

また紋別ではラーメンや蕎麦など、麺グルメもおすすめです。紋別のラーメンは背脂が浮いたこってり系ラーメンもあればあっさりした魚介系ラーメンもある、統一性のなさが特徴ですが、その分、その日の気分で食べたいラーメンを選べます。なかにはカレーラーメンという変わり種もあります。

紋別で人気の「おすすめ海鮮グルメ店」7選

Photo by bryan...

古くから良質の漁場として知られる水産都市・紋別には美味しい海鮮グルメが豊富にあります。特にズワイガニや毛ガニ、またはカニ類を使った水産加工品は紋別を代表するグルメといっても過言ではないでしょう。紋別でおすすめしたい、人気の海鮮グルメが食べられるお店を7店、ご紹介します。

海鮮料理 かに家

「海鮮料理 かに家」は紋別プリンスホテルにあるカニ専門店です。紋別プリンスホテルは平成30年にリニューアルしたばかりのおしゃれな客室と天然温泉、そして北海道の味覚が勢ぞろいの絶品グルメをホテルの魅力として掲げており、グルメを満喫できる宿泊プランも多数用意されています。

ホテルの1階にあるかに家では北海道グルメのなかでも特に人気のあるカニを堪能できます。もちろんカニは紋別産のズワイガニや毛ガニにこだわっており、調理する直前に生け簀から水揚げします。

メニューはカニ味噌豆腐やカニと水菜の卵とじ、天ぷらの盛り合わせなどがついた「お好み定食」をはじめ活ズワイガニの洗いやしゃぶしゃぶなどカニづくしのコースが味わえる「活ずわい蟹コース」など、多彩なカニ料理がそろっています。紋別観光でカニ料理を楽しみたい人におすすめです。

カニ漁が再開した4月後半にはズワイガニや毛ガニが食べ放題の豪華バイキングが開催されます。この時期のカニは「海明けのカニ」と呼ばれており、身が引き締まって美味しいと評判です。バイキングではカニが丸ごと提供されるのでカニの脚だけでなく甲羅に付いたカニ味噌も堪能できます。

営業時間は7:00~21:00まで、定休日は不定休です。場所はオホーツク紋別空港から車で約12分です。紋別空港からホテルまでの空港連絡バスも運行しています。

住所 北海道紋別市本町7丁目3−26 プリンスホテル 1F
電話番号 0158-23-5411

すし処 鮨元

「すし処 鮨元」は紋別の住宅街にある寿司店です。一見普通の住宅のような外観ですが「紋別でお寿司を食べるならココ」と口コミで評判の穴場のお店として知られており、紋別のグルメを求めて連日お客さんが詰めかけます。お寿司の値段も手ごろなので地元民はもちろん観光客にも人気です。

メニューは握り寿司とちらし寿司のみ、定番のマグロやサーモンをはじめ、オヒョウやツブなど北海道ならではのネタが並んでいます。鮨元の特徴は食べ応えのある大きなネタで、特にカニやエビはネタがシャリから大きくはみ出しています。紋別で海鮮グルメを楽しみたい人におすすめのお店です。

営業時間は17:00~23:00まで、定休日は月曜日です。各種クレジットカードも利用できます。場所は紋別バスターミナルから車で約3分、またはバス停「本町6丁目」で下車、徒歩約1分です。

住所 北海道紋別市港町6丁目1−37
電話番号 0158-23-3757

海鮮・焼肉バル Nakagawa

Photo bycegoh

「海鮮・焼肉バル Nakagawa」は紋別市の隣・滝上町にあるレストランです。昼は人気の「海鮮生ちらし」をはじめ定食ものやカレー、ラーメンなど定番メニューが味わえるファミリー向けレストランとして、夜は海鮮と焼肉、そしてお酒が楽しめる若者向けの居酒屋として営業しています。

お店のおすすめは日替わりの「お刺身定食」や本マグロの中落ちがたっぷりのった「本まぐろ中落ち丼」など海鮮メニューです。店主自ら漁港に出かけて仕入れた魚介類はどれも新鮮な上、料理もボリューム満点です。道東観光で美味しい海鮮グルメを食べたい人におすすめしたい、穴場のお店です。

営業時間はランチが11:00~14:00、ディナーが17:00~22:00、定休日は月曜です。場所はオホーツク紋別空港から国道273号線を経由して車で約40分です。

住所 北海道紋別郡紋別郡滝上町 サクルー原野
電話番号 0158-29-5000

マルカイチ水産 海鮮炉端焼き

「マルカイチ水産 海鮮炉端焼き」は紋別港の近くにある炉端焼き店です。炉端焼きとは魚介類や野菜を直火で焼いた料理のことで、ここではテーブルに設置された炉端焼き用のガス台でお客さん自らが食材を炙っていただきます。カニのほぐし身たっぷりの「カニめし」や「海鮮丼」も人気です。

人気のメニューはアブラガニやボタンエビ、ホタテ、ホッケの開きがセットになった「炉端焼きBセット」です。アブラガニはタラバガニとよく似た味わいのカニで、炉端焼きにするとプリプリの食感がさらに際立ちます。ホタテは肉厚、ホッケの開きは味わい深く、冷えたビールによく合います。

マルカイチ水産では、お1人様2500円(税別)の「朝茹でズワイ食べ放題」も人気があります。カニの食べ放題のなかには冷凍のカニで身はスカスカということもまれにありますが、ここでは紋別で水揚げされたばかりの肉厚のカニを堪能できます。甲羅についたカニ味噌も上品な味わいです。

また1階は直売所になっており、オホーツク海で獲れた海産物や工場直送の干物などを販売しています。特に「朝茹でズワイガニ切足」はリピーターが多い人気の商品です。直売所で購入した商品は2階で炉端焼きにして楽しめます。オホーツク海のグルメを堪能したい人におすすめのお店です。

営業時間は8:30~16:00まで、定休日は火曜日です(6~9月)。クレジットカード、電子マネーともに利用できないのでご注意ください。場所はオホーツク紋別空港より車で約10分です。

住所 北海道紋別市新港町2丁目11番地7
電話番号 0158-24-1234

紋別漁師食堂

「紋別漁師食堂」は紋別市の高台にある人気の食堂です。紋別のグルメなお土産として有名な「本ずわい甲羅盛り」を販売している「マルマ松本商店」の直営店で、ズワイガニをはじめホタテやイクラをたっぷりと使った海鮮丼が味わえます。館内では工場直送のお土産品も多数販売しています。

紋別漁師食堂の1番人気は「ずわいがに特盛丼」です。ズワイガニといえば上品な肉質で知られていますが、肉厚の爪、脚、ほぐし身をのせたこの特盛丼はガッツリと食べ応えがあります。薬味の山ワサビもワサビとはまた異なる、ツンとした芳香があり、カニのほぐし身の風味を引き立てます。

その他のメニューでは海鮮丼(ホタテ、カニ、イクラ)に本ずわい甲羅盛りがついた「紋別流氷まかない丼」もおすすめです。甲羅盛りは固形燃料で炙って食べるので、アツアツ、ホクホクのカニが味わえます。少し市街地から離れていますが、紋別の海鮮グルメを堪能できるイチオシのお店です。

営業時間は11:00~17:00、定休日は不定休です。各種クレジットカードも利用できます。場所はオホーツク紋別空港から国道238号線を経由して車で約10分です。

住所 北海道紋別市新生40番55号
電話番号 0158-24-9432

海転寿司 満てん

Photo by Kanesue

「海転寿司 満てん」は紋別市の市街地にある穴場の寿司店です。かつては回転寿司店でしたが現在ではベルトコンベアが回っておらず、紙に書いて注文するシステムになっています。値段は1皿130円~510円(税別)とリーズナブルなので、近所のサラリーマンがランチによく利用しています。

北海道のグルメ系回転寿司はネタが大きいのが特徴ですが、満てんのお寿司もネタが大きめで食べ応えがあります。おすすめは「サーモン焦がし醤油」で、サーモンの脂と焦がした醤油の香りが合わさって否が応にも食欲がそそられます。中トロやウニは1貫から注文できるのも嬉しいポイントです。

営業時間はランチが11:00~14:30、ディナーが16:30~21:00まで、定休日は水曜日です。場所は紋別バスターミナルからメモリアル通りを経由して車で約2分、または徒歩約5分です。

住所 北海道紋別市花園町2丁目3−5
電話番号 0158-28-5885

味処 あづま

「味処 あづま」は紋別港の近くにある人気の食堂です。メニューは海鮮を中心に、ランチは「日替わりランチ」や「海鮮丼」、夜はご飯物や刺身、鍋物を提供しています。「真フグの唐揚げ」や「真フグ刺し」など、北海道の隠れたグルメ「真フグ」が味わえる穴場の店としても知られています。

あづまの1番人気はワンコインで食べられる「海鮮丼ランチ」です。ダシ醤油をかけたカニ刺しやサーモン、タコなど、その日の仕入れ状況によってネタは異なりますが、美味しい海鮮を驚きの価格でいただけると大評判です。平日のランチは特に混雑するので、時間を少しずらすのがおすすめです。

営業時間は平日11:00~14:30、17:00~21:00、土曜日11:00~21:00、日曜日11:00~20:30、不定休です。海鮮丼ランチは平日限定なのでご注意下さい。場所は紋別バスターミナルから車で約2分です。

住所 北海道紋別市本町5丁目2−7
電話番号 0158-23-3049

紋別のランチならおすすめはココ!絶品の海鮮から人気のラーメンまで一挙ご紹介のイメージ
紋別のランチならおすすめはココ!絶品の海鮮から人気のラーメンまで一挙ご紹介
紋別には、おいしいランチを楽しめるお店がたくさんあります。紋別に来たら食べたいオホーツクの海鮮や人気のラーメン、洋食など紋別で人気のお店をたっぷりとまとめています。ぜひ、紋別のおいしいランチを探す際の参考にしてみてください。

紋別で評価も高い「レストラン・カフェのグルメ」2選

フリー写真素材ぱくたそ

豪華な海鮮グルメに比べると紋別の洋食レストランはイマイチ影が薄い印象がありますが、それでも地元民から高く評価されているお店がいくつかあります。なかでも「レストランあんどう」は親子二代で通っている人も多い人気のレストランです。紋別で評価の高いレストランを2店、紹介します。

レストランあんどう

「レストランあんどう」は創業昭和50年の老舗レストランです。落ち着いたレンガ造りの店内でいただくシェフ自慢の料理は地元民から高い評価を受けており、毎日大勢のお客さんが訪れます。メニューは昔ながらの洋食を中心に、サロマ湖産のカキなど季節の食材を使った料理を提供しています。

おすすめはビーフシチューにエビフライ、コロッケがセットになった「ビーフシチューランチ」です。香味野菜を加えてじっくり煮込んだビーフシチューはホロホロと柔らかく、奥深い味わいがします。尾頭付きのエビフライも贅沢な美味しさです。昔風の洋食を堪能できる穴場のレストランです。

営業時間はランチが11:00~14:30、ディナーが17:00~21:00、定休日は火曜日です。各種クレジットカードも利用できます。場所は紋別バスターミナルから徒歩約1分です。

住所 北海道紋別市幸町5丁目1−24
電話番号 0158-24-8585

和風レストラン なぎさ

「和風レストラン なぎさ」は紋別セントラルホテルの2階にある人気のレストランです。紋別セントラルホテルはオホーツク海の眺望が自慢のホテルで、そのほかにも大浴場やビジネスルーム、漫画コーナーなどさまざまな施設を備えています。紋別観光に、またビジネスにおすすめのホテルです。

なぎさのおすすめは種類も豊富な朝食バイキングです。特にホタテの刺身の食べ放題はホテルの宿泊者に人気があります。ポン酢のジュレでいただくホタテのマリネももちろん、食べ放題です。夕食の「ホタテづくし御膳」でも、ホタテの刺身や貝焼きなどオホーツクの海鮮グルメが堪能できます。

営業時間は朝食が7:00~9:30、夕食が18:00~21:30、年中無休です。場所はオホーツク紋別空港から車で約10分、またはバス停「紋別セントラルホテル」で下車してすぐです。

住所 北海道紋別市港町7-1-58 紋別セントラルホテル内
電話番号 0158-23-3111

紋別で美味しいと評判の「人気ランチグルメ」4選

Photo byRitaE

観光やビジネスで初めての土地を訪れたら、その土地ならではのグルメを楽しみたいものです。それはランチも例外ではありません。紋別には海の街らしい海鮮グルメをはじめ美味しいランチが味わえる穴場のお店がたくさんあります。紋別で評判のランチが味わえるお店を4店、ご紹介します。

リボン食堂

「リボン食堂」は紋別市の南、湧別町にある穴場の食堂です。サロマ湖産のカキやホタテ、シマエビなど海鮮グルメを使った定食が中心で、特に「ホタテカレー」や「ホタテちらし」など、ホタテを使ったメニューが充実しています。道外の人にも人気の北海道グルメ「若鶏の半身揚げ」もあります。

食堂で人気No.1のランチグルメは「ホタテちらし」です。オホーツク海の豊富なプランクトンを食べて育ったホタテはふっくらとして甘く、食べ応えがあります。ホタテの上にイクラがのったこの豪華なちらし寿司は、地元民のみならず観光客にも人気です。ホタテの稚貝の味噌汁も付いてきます。

営業時間は11:00~21:00、定休日は日曜日(隔週)です。ランチ時は特に混雑します。場所はオホーツク紋別空港から車で約30分、またはバス停「湧別」で下車、徒歩約1分です。

住所 北海道紋別郡湧別町緑町
電話番号 01586-5-2406

レストランみうら

「レストランみうら」は紋別市役所のそばにある人気の和風レストランです。メニューは海鮮と野菜がたっぷり入った「野菜炒め定食」や「天ぷら定食」をはじめ、丼物や蕎麦などランチの定番が多く、近所のサラリーマンがよく利用しています。牛鍋など鍋物もありますが、ほぼ予約が必要です。

レストランみうらのおすすめはボリューム満点の「唐揚げ定食」です。あっさりした胸肉の唐揚げ(5個)にご飯と味噌汁がついたこの定食は食べ応えがバッチリで、特に若い人から絶大な人気があります。紋別の素朴なグルメを味わいたいときにおすすめしたい穴場的なレストランです。

営業時間はランチが11:00~14:30、ディナーが17:00~19:30、定休日は日曜・月曜です。場所は紋別バスターミナルから車で約5分、またはバス停「本町1丁目」で下車、徒歩約1分です。

住所 北海道紋別市本町1−2−23
電話番号 0158-23-2294

勘寿司

Photo by Grilled Ahi

「勘寿司」は紋別の商店街にある人気の寿司店です。ランチメニューは特にありませんが、握り寿司のセットや海鮮丼が1500円~2600円(税抜)という手頃な値段でいただけるので、紋別観光の際におすすめです。カニの甲羅焼きやホタテのバター焼きなど一品メニューも人気があります。

勘寿司の人気ランチグルメは北海シマエビや毛ガニ、ホタテ、ウニなど新鮮な海鮮が盛りだくさんの「オホーツク丼」です。特に春、流氷が運んだ栄養豊富なプランクトンを食べて旨味が濃厚になった海明けの毛ガニは絶品です。紋別で海鮮グルメを味わいたいときにピッタリの、穴場のお店です。

営業時間は11:00~23:00、定休日は水曜日です。各種クレジットカードも利用できます(VISA不可)。場所は紋別バスターミナルから車で2分、またはバス停「幸町6丁目」で下車してすぐです。

住所 北海道紋別市幸町6丁目1−14
電話番号 0158-23-0044

一かつびすとろ

「一かつびすとろ」は紋別の繁華街・はまなす通りの近くにある洋食屋です。1番人気の「ロースかつ定食」をはじめ、カツカレーに半熟のオムレツをのせた「オムカツカレー」などランチにピッタリのメニューが多く、ランチタイムはいつも混雑します。店主おすすめのハンバーグ定食も人気です。

衣がサクサクのカツを噛みしめると、分厚い肉から脂がじんわりとしみだします。柔らかくて肉の旨味たっぷりのカツはご飯との相性が抜群です。ソースは辛口、甘口、そしてすりゴマが用意されており、さまざまな組み合わせが楽しめます。海鮮以外の紋別グルメを楽しみたい人におすすめです。

営業時間はランチが11:00~14:30、ディナーが17:30~21:00、不定休です。場所は紋別バスターミナルから車で約2分、またはバス停「幸町6丁目」で下車、徒歩約1分です。

住所 北海道紋別市幸町6丁目4−7
電話番号 0158-24-6389

紋別で「絶景も楽しめる穴場のグルメスポット」3選

Photo by veroyama

オホーツク海の絶景で知られる海の街・紋別には、オホーツクブルーに輝く海やオレンジ色に染まる夕映えの空を眺めながら美味しい食事が楽しめる、穴場的なグルメスポットが数多くあります。紋別を訪れた際におすすめしたい、絶景も楽しめる穴場のグルメスポットを3店、ご紹介します。

海鮮食堂 よってけまるとみ

Photo by patchanism

「海鮮食堂 よってけまるとみ」は紋別港の近くにある食堂です。紋別港で水揚げされたばかりの海鮮グルメを手頃な価格で味わえる穴場の店として知られており、地元の人はもちろん観光客からも人気があります。隣の鮮魚店「まるとみ」では鮮魚やカニのほか、自家製の干物を販売しています。

よってけまるとみのすぐそこには穴場の観光スポットとして知られる紋別港が広がっており、夏にはオホーツクブルーに輝く海、冬は紋別港に押し寄せる流氷という絶景が一望できます。毎年7月に開催される「もんべつ港まつり」では約4000発の花火が打ち上げられ、夏の夜空を彩ります。

よってけまるとみの人気メニューは、新鮮なネタが満載の「海鮮丼」です。その日の漁によってネタが変わりますが、紋別自慢の海鮮グルメが同業他店よりもリーズナブルな値段でいただけます。「ホタテバター焼き」や新鮮なズワイガニを刺身にした「ズワイ刺」など一品料理も人気です。

そのほかランチの「ホッケの焼き魚定食」もおすすめです。食堂で使用している干物は全て天日干しにした自家製なのでふっくらとして柔らかく、ご飯がすすみます。隣りの「まるとみ」で販売しているコマイや赤カレイの干物もお土産に最適です。ただし昼時は非常に混雑するのでご注意ください。

営業時間はランチが11:00~14:30、ディナーが17:30~22:00、定休日は水曜です。各種クレジットカードも利用できます。場所は紋別バスターミナルから徒歩約4分です。

住所 北海道紋別市港町6−5−8
電話番号 0158-24-1188

マリーナ(ホテルオホーツクパレス紋別)

Photo by pyjeo

「マリーナ」はホテルオホーツクパレス紋別の1階にある人気のレストランです。ホテルの自慢は窓の外にオホーツク海が広がるベイビューで、夕暮れ時には海に沈む真っ赤な夕日が、朝は青く輝くオホーツク海が一望できます。本格的なボウリング場もあり家族連れの宿泊先としておすすめです。

マリーナで人気のランチグルメは「オホーツク紋別ホワイトカレー」です。紋別のご当地グルメとして有名なこのカレーは紋別産の牛乳で仕上げたクリーミーな味わいが人気ですが、マリーナのホワイトカレーはさらにカニの爪やホタテ、カキ、カボチャなど紋別のグルメをたっぷり使った絶品です。

そのほか紋別産「はまなす牛」100%の「はまなす牛バーガー」や、ボタンエビのカクテルやホタテのグリル、はまなす牛のシチューなど紋別グルメがワンプレートで味わえる「流氷プレート」も人気です。またマリーナではランチバイキングも行っており、こちらは地元民がよく利用しています。

営業時間は11:00~21:30、14:00~17:00はデザートとドリンクのみです。場所はオホーツク紋別空港から車で約15分、紋別バスターミナルからは徒歩約2分です。

住所 北海道紋別市幸町 5-1-35
電話番号 0158-26-3600

とあんくる

「とあんくる」は紋別海洋公園の近くにあるレストランです。小高い丘の上に位置しており、夏はオホーツクブルーに輝く海と孤を描く海岸線が、冬は海に押し寄せる流氷が一望できます。食事をしながら絶景も楽しめる穴場中の穴場のグルメスポットとして、地元民はもちろん観光客にも人気です。

とあんくるで1番人気のランチグルメは「グリルドチキン」です。ナイフでスッと切れるぐらい柔らかいチキンにこってりとした濃い目のソースがかかった一品で、ご飯にもよく合います。ケチャップでなくソースを使った「骨なしポークチョップ」や「ポークカツレツ」もランチにおすすめです。

とあんくるでは紋別の海の幸をふんだんに使ったシーフードランチもおすすめです。ホタテやエビがいっぱいの「ホタテカレー」や真っ黒な「イカスミカレー」など、まさに海の街・紋別ならではの海鮮グルメが味わえます。レモンの風味がきいた「舌ビラメのレモンバターソース」もイチオシです。

営業時間は11:00~21:00、定休日は月曜日です。クレジットカードは利用できません。場所はオホーツク紋別空港から車で約10分、またはバス停「紋別高校」で下車、徒歩約5分です。

住所 北海道紋別市南が丘町6丁目9−22
電話番号 0158-24-6591

紋別で「食べておきたい人気の麺グルメ」3選

Photo byp750010

紋別でおすすめの麺グルメといえば、「ミシュランガイド北海道2017特別版」に掲載された「手打ち蕎麦 活木庵」は外せません。そのほか「ラーメン西や」など、個性派のラーメン店が多いことも紋別の特徴です。紋別で食べておきたい人気の麺グルメを、穴場の店を含めて3店、ご紹介します。

手打ち蕎麦 活木庵

「手打ち蕎麦 活木庵」は紋別市役所の近くにある蕎麦屋です。種皮を挽き込んだ風味豊かな蕎麦はグルメの間でも有名で、ランチ時には多くのお客さんが訪れます。種皮を挽き込むと繊維質が多くなり麺がザラっとした食感になりますが、店主が開発した独自の製法のおかげで気になりません。

活木庵のおすすめはこの種皮入りの蕎麦を堪能できる「荒挽きそば」です。荒挽きそばはよくある田舎蕎麦のようなプツプツと切れる黒くて太めの麺とは一味違い、上品なのど越しと蕎麦の旨味が際立っています。寒い時期には蕎麦汁に生卵を溶かして食べる「釜あげそば」もイチオシです。

どんごろ(木株)サイズの「かき揚げ」!

活木庵の名物といえばどんごろ(木株)サイズの「かき揚げ」です。エビやホタテ、サヤインゲン、タマネギなどが切り株状に積み重なったビッグサイズのかき揚げは、見るからに食べ応えがあります。温かい蕎麦汁にかき揚げをひたすと、油が汁に溶け込んで蕎麦がさらに美味しくいただけます。

営業時間はランチが11:00~14:00、ディナーが17:00~19:30まで、定休日は不定休です。場所は紋別バスターミナルから車で約3分、またはバス停「北洋銀行前」で下車してすぐです。

住所 北海道紋別市本町2丁目14−1
電話番号 0158-24-8345

らーめん西や 氷紋の駅店

「らーめん西や 氷紋の駅店」は紋別の複合商業施設「オホーツク氷紋の駅」にあるラーメン店です。海を埋め尽くす流氷が見られる穴場として有名なガリンコ本店を中心に道内に4店舗あるチェーン店で、こってりスープとちぢれ麺という評判の麺グルメを求めて観光客が多数訪れます。

らーめん西やのおすすめは豚骨の旨味が活きた「こってり味噌らーめん」です。背脂と白ゴマがスープに浮いたこのラーメンは、ちぢれ麺のせいか見た目に反してあっさりとした味わいで、最後まで美味しくいただけます。大きめのチャーシューに煮卵というトッピングも嬉しいポイントです。

そのほか鮭たっぷりの「鮭ジャンにぎり」などサイドメニューもおすすめです。営業時間は11:00~20:00まで、定休日は木曜日です。場所はバス停「氷紋の駅」から徒歩約1分です。

住所 北海道紋別市幸町4丁目1−1
電話番号 0158-23-2339

雷門紋別店

Photo by norio_nomura

「雷門紋別店」は紋別高校の近くにあるラーメン店です。旭川にある雷門ラーメンの系列店ですが、地元民や部活帰りの学生がよく利用する穴場の店として知られています。雷門のオーソドックスな昔風ラーメンは地元でも密かな人気で、紋別に帰省したらまず雷門へ、という人も少なくありません。

雷門のおすすめは常連客に人気の「醤油ラーメン」です。モヤシにメンマ、チャーシューがトッピングされた麺グルメとは程遠い普通の醤油ラーメンですが、奥に魚と野菜のダシがきいた滋味深い味わいが隠れています。餃子や唐揚げ、焼売とのセットメニューも食べ応え抜群で人気があります。

営業時間は11:00~20:00、定休日は月曜日です。クレジットカードは利用できません。場所は紋別バスターミナルから車で約7分、またはバス停「南ヶ丘4丁目」で下車、徒歩約1分です。

住所 北海道紋別市南が丘町7丁目3−26−1
電話番号 0158-24-4783

紋別で「お店が集まっているグルメスポット」2選

Photo by tadtad

紋別港で水揚げされる豊富な魚介類をはじめ、はまなす牛やカボチャといった農畜産物など、食材の宝庫である紋別にはグルメスポットが数多くありますが、飲食店からお土産物店までそろった複合商業施設はあまり多くありません。紋別でお店が集まっているグルメスポットを2件、ご紹介します。

オホーツク氷紋の駅

「オホーツク氷紋の駅」はJR紋別駅の跡地に建築された複合商業施設です。施設内には紋別のグルメが集まった特産品コーナーやスーパー、温浴施設「くつろぎ湯処 紋太の湯」などがあり、旅のお土産を買ったり温泉で寛いだりできます。「ラーメン西や 氷紋の駅店」もここに出店しています。

オホーツク氷紋の駅の最大のみどころは、紋別の海産物を扱う「海紋市場」です。なかでも愛らしいマスコットキャラ「紋太」の幟が目印の「紋太の手みやげ」コーナーでは、紋別産の毛ガニをはじめホタテステーキやカニ焼売、ニシンの切り込みなど紋別を代表する海鮮グルメが並んでいます。

紋別のお土産として特におすすめなのが「天ぷらかまぼこ」です。魚のすり身を油で揚げたかまぼこは紋別市民のソウルフードとして親しまれており、カニ入りやチーズ入りなど、さまざまな種類のグルメかまぼこが販売されています。どこか昭和の懐かしさを感じる「かまぼこカレー」も人気です。

海紋市場の営業時間は9:30~18:30、年中無休です。各店舗によって営業時間が異なります。場所はオホーツク紋別空港から車で約12分、またはバス停「氷紋の駅」から徒歩約1分です。

住所 北海道紋別市幸町4丁目1−1
電話番号 0158-23-1141

道の駅 オホーツク紋別

「道の駅 オホーツク紋別」は破氷船ガリンコ号Ⅱの発着場所「海洋交流館」の近くにある施設です。オホーツク海の自然や流氷を展示した「オホーツク流氷科学センター」と併設されており、マイナス20度の厳寒体験室で「しばれ体験」をしたり展示室で流氷が誕生するまでを学べたりできます。

道の駅の周辺にはこのほかにも紋別のシンボル「カニの爪」像や流氷の海の中を観察できる「氷海展望塔オホーツクタワー」、アザラシに直に触れ合える「アザラシシーパラダイス」など魅力的な施設がたくさんあり、紋別の一大観光スポットとして毎年全国各地からたくさんの観光客が訪れます。

道の駅の喫茶コーナー「流氷里」では紋別のご当地グルメ「ホワイトカレー」や「贅沢シーフードカレー」などが味わえます。カニの爪像に見立てたカニの脚にホタテをあしらったホワイトカレーは味だけでなくインスタ映えするグルメとして観光客に人気です。紋別のお土産物も販売しています。

開館時間は9:00~17:00、定休日は月曜日です(月曜が祝日の場合はその翌日)。場所はオホーツク紋別空港から車で約7分、またはバス停「ステア前」から徒歩約4分です。

住所 北海道紋別市元紋別11−6
電話番号 0158-23-5400

紋別に来たら観光もグルメも贅沢に楽しもう!

Photo by JaggyBoss

紋別でおすすめしたい人気のグルメスポットをいくつかご紹介しました。オホーツク海の新鮮な魚介類を使った海鮮丼や炉端焼き、地場産の食材にこだわった洋食など、紋別には美味しいグルメがまだまだたくさんあります。紋別に観光に訪れたら、カニやホタテなどグルメも贅沢に楽しみましょう。

dmi30
ライター

dmi30

北海道在住。牛や馬、羊が身近にいる自然豊かな場所で暮らしています。旅行が趣味で、気の赴くまま北海道のあちこちを旅してまわっています。旅先で美味しそうなものを見つけたら、食べずにいられない食いしん坊。宿泊先はホテルよりユースホステルやドミトリーを利用しています。北海道を中心に、素敵な場所や旅先での楽しみ方、グルメ情報などをお届けします。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング