嶺北・高知の秘境を楽しむための知識!移住者が増え続けるほどの魅力とは何か?

嶺北・高知の秘境を楽しむための知識!移住者が増え続けるほどの魅力とは何か?

高知の秘境と呼ばれる嶺北地域は、最近、移住者が増え続けており、高知県内外から注目が集まっています。山深い地域に人々が集う理由とは何なのでしょうか。嶺北の魅力に迫るとともに、嶺北の観光キャンペーン「土佐れいほく博」についての情報もお伝えします。

記事の目次

  1. 1.嶺北は高知のどこにあるの?
  2. 2.嶺北が高知の秘境と言われる理由
  3. 3.嶺北は高知県外からも移住者が増加中!
  4. 4.キャンプやラフティングなどアウトドアを満喫!
  5. 5.嶺北の観光キャンペーン「土佐れいほく博」を楽しむ!
  6. 6.伸びしろ大きな嶺北・高知に期待!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

嶺北は高知のどこにあるの?

フリー写真素材ぱくたそ

高知県にある「嶺北(れいほく)」と呼ばれる地域をご存知ですか。嶺北は四国の中央に位置し、一級河川の吉野川の源流地域とされる山間の地域です。

嶺北は高知県北部の4町村、大豊町、本山町、土佐町、大川村で構成されています。嶺北は正式な行政区域ではないにもかかわらず、4つの町と村が協力して活動する「共同体」として機能しているユニークな地域です。

嶺北の玄関口となる大豊ICは、高知の市街地や高知龍馬空港から車で北に30分程の所にあります。嶺北地区には、四国の水がめと呼ばれる早明浦ダムがあり、利水や発電を通して多くの人達の生活を支えています。

Photo by yto

嶺北は、寒暖差の大きい気候を利用して柚子の生産も盛んで、大玉で香りが強い柚子の産地として有名です。ジュースや調味料などの加工品の製造や新製品の開発にも取り組んでいます。

また、秘境と呼ばれるほどの豊かな自然を活用し、吉野川でのラフティングや多彩なキャンプ場など、アウトドアを満喫できる環境も整っています。山間部というと観光とは無縁と思われがちですが、この雄大な自然を武器に、今一大観光キャンペーンも展開されています。

これまで深刻な高齢化や過疎化が進んできたものの、最近になって山深い嶺北への移住者が増えるなど、新たな動きが出てきています。今、注目を集める嶺北でいったい何が起こっているのか、どのような魅力が人々を引き付けるのか、詳しく迫っていきます。

嶺北が高知の秘境と言われる理由

フリー写真素材ぱくたそ

嶺北地域は、周囲を山脈に囲まれているだけでなく、周辺の集落からも距離があるため、嶺北地区の4町村が山の中にぽつんと存在するような地形になっています。

周辺に高速道路やJR線は走っているものの、嶺北の各町村へのアクセスは決して良いとは言えない山深いエリアです。現在でも豊かな自然が残されていることから、嶺北は「高知の秘境」とも呼ばれています。

嶺北は高知の山々に囲まれた雲海の郷

Photo by Kentaro Ohno

嶺北地区の北側には四国山地の峰々が連なっており、四国の中央を東西に流れる吉野川により、美しい渓谷も形成されています。

嶺北を取り囲む山々は標高が200m~1800mある山岳地形です。嶺北地域の集落は標高の高い所にあるため、眼下に雲が広がる雲海の郷でもあります。雲海の美しい光景が日常生活の一部とは、何とも贅沢に聞こえますが、これも秘境と言われる嶺北ならではのことです。

嶺北地域の土地の利用状況を見てみると、地域の89.6%を森林が占めています。宅地面積はわずか0.4%、農用地面積も1.4%しかなく、典型的な山村地域です。

Photo by Makoto Okuda

嶺北は山深い地域ではあるものの、豊富な水源に恵まれ耕作に適した土地です。特に、傾斜が緩やかなエリアを中心に米作が盛んで、斜面を階段状に切り開いて作られた棚田と呼ばれる水田が広がっています。

棚田の壮大な美しさは、絶好の撮影スポットとしても知られる程です。嶺北に点在する棚田の中には、展望台があったり、田んぼアートが描かれたりするため、観光スポットとしても密かな人気を集めています。

嶺北は高知の中で限界集落がある地域

Photo bybesnopile

現在の日本は、少子高齢化という大きな社会問題に直面しています。国の人口が減少する中で、若者を中心に農山村から都市部へ人口が流出し、中山間地域での過疎化が進んでいます。こうした経緯の中で「限界集落」という言葉が生まれ、深刻な問題になっています。

限界集落とは、過疎化や少子・高齢化の影響により、人口の50%以上が65歳以上の高齢者で、農作業や冠婚葬祭など社会的な共同生活や集落の機能を維持することが困難になっている集落を指します。機能を失った集落は、消滅に向かうと考えられています。

山間地域である嶺北地区も例外ではなく、嶺北にも限界集落が存在します。大豊町の高齢化率は約56%と高知県内で最も高く、嶺北全体でも約48%で深刻な高齢化を示しています。

Photo by kazuhisa01

このように、嶺北は高齢者が半数近くを占める地域にもかかわらず、最近になって、このエリアで若い世代の姿を多く見かけるというのです。

共同体としての存続さえ危ぶまれる嶺北の地で、いったい何が起こっているのでしょうか。若い人達を中心とした新しい動きに、今、大きな注目が集まっています。

嶺北は高知県外からも移住者が増加中!

フリー写真素材ぱくたそ

嶺北地区の4町村の人口は、平成27年現在、1万1928人です。これまで、人口は減少の一途をたどっていましたが、最近、このエリアへの移住者が増えているというのです。毎年、30~40世帯が嶺北に移り住んでいます。そして、移住者が定着する割合も高いとされています。

嶺北への移住者は高知県内からにとどまらず、県外からも増えています。今、嶺北で移住者が増えているのはどうしてなのでしょうか。移住者を引き付ける魅力に迫っていきます。

嶺北の魅力その1:豊かな自然

Photo by kushii

周囲を山々に囲まれた嶺北地区は、豊かな自然に恵まれた土地です。嶺北地区を流れる吉野川も美しい渓谷の風景を作り出しています。標高の高い所にある集落からは、雲海をはじめとする圧巻の景色を一望でき、人々を魅了しています。

都会の喧騒を離れ、田舎での生活を希望する人々にとって、豊かな自然の中で暮らすことは、移住の大きな理由です。秘境と呼ばれる程の嶺北なら、うってつけと言えます。

この大自然を活用したさまざまなアクティビティも、嶺北の大きな魅力になっており、観光資源としての期待も高まります。詳しくは、後ほど、「キャンプやラフティングなどアウトドアを満喫!」の章でご紹介します。

嶺北の魅力その2:生活しやすい

Photo by u-dou

嶺北は山深い地域ながらも、驚くことに生活しやすいと言われています。山の中に平地が開けており、東西3キロ程度のエリアに都市機能が凝縮されています。中心部には、品揃えが豊富なスーパーをはじめ、コンビニや銀行、病院や学校などの施設も整っています。

周辺にJR線や高速道路も走っており、便利とは言えないまでも、山間部としては交通の便が良い地域です。家賃も都会とは比べ物にならない安さです。比較的状態のいい一軒家でも、ひと月3万円程度で借りられます。

Photo by gtknj

先程、嶺北では美しい棚田の風景が広がっているとご紹介したように、嶺北では稲作作りも盛んです。このため、地元で作られた美味しいお米も食べられます。日本人にとって、美味しい白米が食べられるというのは、とても魅力的なのではないでしょうか。

また、自家菜園で野菜を育てている人も多いですし、「良心市」という無人の直売所も至る所にあるので、新鮮な農作物を安く買うことができます。

地方への移住を考えている人々にとって、都会での便利な生活から一転して田舎でさまざまな不便に直面することは、大きな不安も伴います。しかし、嶺北では必要なインフラが整い、生活費が安くて住みやすいとあって、数ある移住先の候補の中で魅力的に映ると言えます。

嶺北の魅力その3:移住者と地元の人が良い関係

Photo byrawpixel

限界集落をはじめ、小規模の農山村では人や地域の結びつきが強い分、外部の人を警戒する傾向が少なからず見受けられます。このため、外から移り住んだ人は、地域にとけ込めなかったり、地元の人とうまくコミュニケーションがとれなかったりと苦労もあるようです。

ところが、嶺北地域では、移住してきた人達と地元の人達の関係がとても良いと言われています。元来、高知県民は気さくでオープンマインドだとされていることも、その要因になっているかもしれません。

しかし、嶺北で移住者と地元の人達が良好な関係を築いている背景は、ある団体の活躍を抜きにしては語れません。

移住者を支援するネットワークがある

Photo byAnemone123

嶺北地域には、移住者を支援するネットワークがあります。それが、「れいほく田舎暮らしネットワーク」です。嶺北への移住を促進するとともに移住者の生活を支援するため、平成19年に結成されました。空き家や農耕地の情報提供、移住希望者の対応などを担っています。

れいほく田舎暮らしネットワークは、視察ツアーや移住体験ツアーを企画している他、東京や大阪で定期的に移住相談会も開催しています。

この他にも、求人情報はもちろん、移住してきた人達が立ち上げた新規ビジネスや副業などについても情報発信をしています。嶺北地域で生計を立てていくための具体例や体験談は、移住を考えている人や移住したばかりの人にとって貴重な情報源となっています。

Photo by nikunoki

季節ごとに開催される「お山のてづくり市」という販売会も、移住者と地元の人達を結び付ける重要な役割を担っています。

てづくり市では、こだわりの農法で作られた農作物、手作りのアクセサリーや工芸品など、自慢の品々が店頭に並びます。毎回500人規模の集客を誇る大人気のイベントです。

この他、ロッククライミングやジップライン、竹のおもちゃづくりなど、嶺北ならではの体験会やワークショップも同時開催され、人気を後押ししています。経済面で生活を支える場を提供するとともに、移住者と地元の人達が交流し、関係を深めるチャンスも作っているのです。

キャンプやラフティングなどアウトドアを満喫!

Photo by imgdive

移住者を魅了する嶺北の豊かな自然は、もちろん、観光客にも人気があります。大自然の中でキャンプやラフティングなどアウトドアを満喫するのも、嶺北で過ごす醍醐味です。

嶺北にはキャンプ場が点在しており、ロケーションや設備を比較しながら、お好みに合うキャンプ場を探すことができます。釣りや遊泳が楽しめるキャンプ場、炭焼きの田舎体験ができるキャンプ場、ロッジを併設したキャンプ場などもあります。

キャンプは初めてという方も心配ご無用です。キャンプ用品のレンタルができたり、近隣にスーパーがあったりと、初心者向きのキャンプ場もあります。川のせせらぎに癒されるのもいいですし、雲海の絶景を独り占めするのも嶺北ならではの贅沢な過ごし方です。

Photo byBuckBuckley

清流吉野川でのラフティングは、嶺北で人気の自然体験です。ラフティングのコースは、初級コース・中級コースの他、ファミーリ向け、半日・1日コースなど、お好みに合わせてさまざまなプランが選べます。

吉野川は急流が多く、スリル満点のラフティングを楽しめます。その一方、流れが穏やかなエリアもあるので、小学生から参加できるコースや愛犬とラフティングを楽しめるコースもあります。

吉野川は、ラフティングの世界大会も行われたことがある、ワールドクラスのクオリティを誇る川です。ぜひ、嶺北でラフティングを楽しんでみてはいかがでしょうか。

嶺北・高知の早明浦ダムではウォータースポーツ体験も

Photo by bizmac

四国の水がめの早明浦ダムでは、ウォータースポーツ体験が盛んに行われています。ダムの湖面は海のように波がないため、穏やかな環境でウォータスポーツを楽しめます。

バナナボートは3時間の貸し切りで、5人乗りが4万円、8人乗りが5万円です。対象年齢は10歳以上で、1週間前までに予約が必要です。

フライボードは12歳以上が対象で、体験時間は1回につき3時間の貸し切りで、料金は平日が4万円、土日祝日が5万円となっています。こちらも1週間前までに予約が必要です。西日本一の貯水量を誇る早明浦ダムで、貴重な体験をしてみてはいかがでしょうか。

住所 高知県土佐郡土佐町早明浦ダム湖面
電話番号 0887-70-1541(NPO法人さめうらプロジェクト)

嶺北の観光キャンペーン「土佐れいほく博」を楽しむ!

Photo by senngokujidai4434

ここまで、高知の嶺北地域の魅力についてお伝えしてきました。嶺北に興味を持たれた方も多いのではないでしょうか。そんな方におすすめなのが、嶺北の魅力を身近に感じられる観光キャンペーン「土佐れいほく博」です。

土佐れいほく博は、アウトドア、生活文化、食をテーマにした地域博覧会で、2019年7月7日から12月25日の日程で開催されます。

土佐れいほく博では、嶺北地域の自然そのものと嶺北に住む人々をパビリオンと捉え、キャンプやラフティングなどのアウトドア体験の他、こんにゃく作りや牛の乳しぼりといった地元住民と交流できる嶺北での生活体験など、多彩なイベントが企画されています。

フリー写真素材ぱくたそ

土佐れいほく博の開催期間中、各町村で行われるイベントには、美しい棚田を見ながらの散策や鹿肉のローストなどが味わえるジビエグルメフェスタ、土佐あかうしを使った料理や米粉ラーメンなど地元の名産品を提供する豊穣祭、そして、マラソン大会などがあります。

また、嶺北地域で遊び尽くすためのアプリ「れいほくアドベンチャー」も登場し、観光スポットを検索したり、観光スポットを巡るとお宝がもらえるスタンプラリーが楽しめたりします。

Photo by MIKI Yoshihito. (#mikiyoshihito)

土佐れいほく博の初日にあわせ、アウトドア総合メーカーの「モンベル」が、コテージやレストラン、大浴場を備えた複合施設「モンベルアウトドアヴィレッジ本山」を嶺北の本山町に開業しました。

土佐れいほく博のオープニングセレモニーは、モンベルアウトドアヴィレッジ本山で開催され、約7000人が訪れて大きな盛り上がりを見せました。モンベルが企画するアウトドアのイベントもあり、ラフティングやカヤックなどの自然体験が楽しめます。

本山町にできたモンベルの新たな施設は、アウトドアや観光の拠点として嶺北地区の集客に貢献するとともに、土佐れいほく博の期間中は、情報発信の拠点としての役割も担います。

Photo byMemoryCatcher

土佐れいほく博では、観光キャンペーンのテーマである、嶺北地域の壮大な自然とその自然を楽しむアクティビティ、豊かな自然により生み出された絶品グルメ、そして、時代を超えて受け継がれてきた生活文化など、嶺北地域にしかない魅力を余すところなく味わえます。

土佐れいほく博は、開催期間中、大豊町、本山町、土佐町、大川村の4町村各地でイベントが行われます。イベント内容も多彩なので、興味のあるものを調べて、ぜひ足を運んでみてください。詳しくは、土佐れいほく博の事務局にお問い合わせください。

住所 高知県長岡郡本山町本山582-2
電話番号 0887-72-9400(土佐れいほく博推進協議会事務局)

高知のモンベルアウトドアヴィレッジ本山が凄い!衣食住が揃いショップも併設!のイメージ
高知のモンベルアウトドアヴィレッジ本山が凄い!衣食住が揃いショップも併設!
2019年7月に高知にオープンした「モンベルアウトドアヴィレッジ本山」は、アウトドアを楽しむのにぴったりな複合施設です。周囲に広がる高知の豊かな自然を満喫するための、モンベルのアクティビティプランやキャンプ場などで、楽しい休日を過ごしてみてはいかがでしょうか。

伸びしろ大きな嶺北・高知に期待!

Photo by Maarten1979

今回は、高知県にある嶺北地域の魅力や移住者が増えている現状、そして、観光キャンペーン「土佐れいほく博」の見どころなどをご紹介しました。

雄大な自然と共存する姿、キャンプやラフティングなどのアウトドアを満喫できる環境など、嶺北の魅力を存分に感じていただけたのではないでしょうか。移住先としても、地方の活性化のお手本としても、伸びしろが大きい嶺北地域の今後の動向に期待が高まります!

MayuK
ライター

MayuK

海外在住のママさんライターです。日本を離れて以来、日本の魅力や日本語の美しさを改めて感じています。マスコミ業界で働いていた経験を活かし、旬の話題や気になる情報、興味深いストーリーをわかりやすく、私らしい視点でお届けしたいと思っています。ご期待ください!

人気記事ランキング

記事はありません。