岡山観光におすすめの穴場スポット紹介!隠れた名所や秘境の情報も満載

岡山観光におすすめの穴場スポット紹介!隠れた名所や秘境の情報も満載

岡山県には観光客が集まる定番の観光名所のほか、実はまだあまり知られていない魅力的な穴場観光地もたくさんあります。定番観光地より人が少なく、ゆっくりと魅力を独り占めできる岡山県の穴場観光地を紹介します。穴場観光地で、岡山県の新たな魅力を発見しましょう。

記事の目次

  1. 1.岡山県の穴場スポットを観光してみよう
  2. 2.人気観光地・岡山県ってどんな場所?
  3. 3.穴場観光に行く前に!岡山の定番観光スポット
  4. 4.ゆっくり観光したいならおすすめ!岡山の穴場観光地
  5. 5.岡山のディープな観光!岡山の穴場観光名所
  6. 6.一度は観光して欲しい!岡山の穴場離島
  7. 7.地元で愛される岡山の穴場グルメスポット
  8. 8.観光の合間に腹ごしらえ!岡山の人気ご当地グルメ
  9. 9.岡山県の穴場観光地で岡山の魅力を再発見!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

岡山県の穴場スポットを観光してみよう

Photo by DavideGorla

岡山県には、倉敷美観地区や後楽園など日本観光の定番の名所が数多く存在します。日本各地はもちろん、世界中から人が集まる人気観光地の岡山県は、まだまだ知られていない素敵な観光スポットがたくさんあります。

岡山県にはまだ知られてない穴場名所がたくさん

Photo by cotaro70s

きれいに整備され、人々でにぎわう定番の観光地はもちろん魅力的ですが、人の少ない魅力あふれる観光地が岡山県にはたくさん存在します。街並み散策や城、絶景スポットなど、定番観光地以上の感動を覚える、魅力的な穴場スポットをたくさん紹介していきます。

歴史的な建物や自然に愛された景勝地

フリー写真素材ぱくたそ

岡山県の定番観光スポット、穴場観光スポットともに、岡山県には歴史を感じる観光名所がたくさんあります。同時に、気候や土地に恵まれた岡山県には、豊かな自然が広がり、景勝地として人気の観光スポットも多数存在します。

人気観光地・岡山県ってどんな場所?

Photo by 津山市立図書館 Public Library of Tsuyama

都道府県にはそれぞれの特徴が一目でわかるキャッチフレーズがあります。山形県の「さくらんぼ県」や滋賀県の「湖国滋賀」など各都道府県の定番観光地や名産を組み込んだものが多いです。秋田県の「あきたびじょん」のように名前をもじったユニークなものもあります。

岡山県ではどのようなキャッチフレーズを使っているのでしょうか。人気の観光地である岡山県の魅力の伝わるキャッチフレーズを紹介します。

「晴れの国」岡山

Photo byjplenio

岡山県には「晴れの国」岡山というキャッチフレーズがあります。岡山県は晴れの日が多いととらえがちですが、実は全国的にも晴れの日が多いわけではありません。「晴れの日」というのは、雨の日が続くことは少なく、降水量が1mm未満の日が全国的に多いということから由来しています。

「くだもの王国」岡山

Photo bydiapicard

岡山県は「くだもの王国」とも言われています。名前の通り、岡山県の名産にはフルーツが多く、白桃をはじめ、マスカットなど種類豊富なぶどうや梨など、みずみずしくおいしいフルーツの宝庫です。年中を通してフルーツを楽しめる岡山県は、気候や土地にも恵まれた県です。

穴場観光に行く前に!岡山の定番観光スポット

Photo by cotaro70s

岡山県には魅力的な観光地がたくさんあります。穴場の観光地を紹介する前に、言わずと知れた岡山県の定番観光スポットを紹介します。どれも長い歴史の中で人々を惹きつけてやまない、見どころたっぷりの人気の定番観光地です。

「倉敷美観地区」

Photo by odysseygate

「倉敷美観地区」は、古い街並み探索を楽しめる岡山県を代表する定番観光地です。運河を中心に、美術館や食べ歩きスポット、お土産屋さんなどが立ち並び、1日中楽しめます。江戸時代にタイムスリップしたような錯覚を味わえるレトロな街並みは、路地ひとつひとつまで楽しんでもらいたいです。

「倉敷美観地区」は、人力車や川舟などいろいろな乗り物に乗って観光できます。ぜひ徒歩だけでなく、さまざまな目線から蔵屋敷や柳並木などの美しい景観を見てみましょう。

「備中松山城」

Photo by bethom33

「備中松山城」は雲海に浮かぶ城としても有名な臥牛山の頂上に立つお城です。標高430mな場所に位置し、天守閣などが重要文化財に指定されており、現存する天守閣を持つ城の中で日本一高い場所にあります。1時間の登山が必要な、難攻不落のお城です。

「備中松山城」には猫城主であるさんじゅーろーがいます。猫城主目当てにお城に来る観光客もいるほど人気者です。10時と14時に見回りに出ているので、ぜひ時間を合わせて行ってみましょう。

住所 岡山県高梁市内山下1
電話番号 0866-22-1487

「岡山城」

フリー写真素材ぱくたそ

「岡山城」は、黒い天守閣が特徴的な岡山県の中心部にあるお城です。定番の観光名所として知られる後楽園のすぐ近くにあり、後楽園からもクールな漆黒のお城の姿を楽しめます。天守閣からの見える岡山市の景色や、しゃちほこなど景観美も魅力の一つです。

天守閣は一度焼失してしまい、再現されたものですが、敷地内には江戸時代から存在する建物「月見櫓」があります。400年の歴史ある建造物は国の重要文化財に指定されています。天守閣内にあるカフェでは、お城パフェという岡山らしいフルーツたっぷりのパフェが味わえます。

住所 岡山県岡山市北区丸の内2-3-1
電話番号 086-225-2096

「岡山後楽園」

Photo by la swimming yuu

「岡山後楽園」は、石川県の兼六園、茨城県の偕楽園に並ぶ、日本三大庭園のひとつです。江戸時代に、岡山藩主であった池田剛政が作らせた庭園で、池や茶畑、休憩所、川、祠などさまざまな景観を楽しめる元禄文化らしい派手やかな庭園です。

春夏秋冬、それぞれに姿を変える庭園は、何度来ても飽きない岡山県の定番観光地です。園内には、休憩所もあり、おいしい和菓子とお抹茶をいただけ、庭園を眺めながら一休みできます。園内ではタンチョウヅルが飼育されており、見どころ満載となっています。

住所 岡山県岡山市北区後楽園1-5
電話番号 086-272-1148

「吉備津神社」

Photo by fanglan

「吉備津神社」は岡山県を代表するパワースポットであり、桃太郎伝説の元となった神話が伝わる神社です。縁結びをはじめ、金運や長寿などありとあらゆる方面にご利益があります。吉備津神社の本殿の造りは、吉備津神社でしか見られない唯一無二の建造物で、国宝に指定されています。

そのほか、岡山県の重要文化財に指定されている360mにもなる長い廻廊は、吉備津神社を代表する建築のひとつです。春夏秋冬を通して、さまざまな花が咲き乱れ、梅雨の時期のアジサイは特に美しい光景です。

住所 岡山県岡山市北区吉備津931
電話番号 086-287-4111

ゆっくり観光したいならおすすめ!岡山の穴場観光地

Photo by cotaro70s

岡山県の魅力を存分に味わいたいけど、人混みが苦手な方におすすめの穴場の観光地を紹介します。定番の観光地のような感動を独り占めできる穴場の観光地は、人混みが苦手でなくてもおすすめなスポットです。

観光客が集まる岡山県の定番観光地のような派手さはなくても、素朴な岡山県本来の良さを体験できるおすすめ観光スポットばかりを集めました。

「吹屋ふるさと村」

Photo by cotaro70s

「吹屋ふるさと村」は高梁市にある弁柄色で統一された街並みが魅力の観光地です。弁柄色とは赤みが入った茶色のことで、日本の伝統色です。江戸時代から明治時代にかけてお金持ちの人たちにより、弁柄色の豪邸が建てられました。

岡山県の街並み観光の定番である倉敷美観地区よりも観光客は少なく、岡山県の穴場の街並み散策スポットとしておすすめです。カフェや資料館もあり、1日中楽しめます。生活感のあふれる美しい街並みは、古き良き時代の岡山にタイムスリップしたような感覚を味わえます。

「鬼ノ城」

Photo by lensonjapan

「鬼ノ城」は総社市にある7世紀後半ごろに建てられた古代のお城です。歴史書での記述が一切なく、謎に満ちたお城であり、ミステリアスな魅力を持っています。西門や角楼が復元され、約2時間ほどで城の周りを散策できるウオーキングコースとなっています。

標高400mの場所にあるので眺めがよく、観光客も少ないことから、穴場の観光地として人気があります。桃太郎伝説の残る岡山県ならではの、謎の多いミステリースポットです。戦国時代ではなく、古代のお城ということもあり、定番の岡山城などとは違った雰囲気を楽しめます。

住所 岡山県総社市奥坂
電話番号 0866-99-8566

「岡山市立オリエント美術館」

「岡山市立オリエント美術館」は古代エジプトや西アジアなどの美術品が展示されている美術館です。かなり専門的な博物館であり、楔形文字や神話など、古代メソポタミア文明の不思議な世界観に入り浸れます。

館内にはあちこちにオリエントを感じられる美術品が飾られており、清潔で静かな穴場の美術館です。広くはないですが、民族衣装を着られるコーナーやアラビア式のコーヒーが飲める喫茶店など、310円の入場料でボリュームたっぷりの体験ができます。

営業時間は9時から17時までで、月曜日が休館日です。岡山県は美術館や博物館が多いですが、比較的観光客が少なく、じっくりと展示を楽しめる美術館です。

住所 岡山県岡山市北区天神町9-31
電話番号 086-232-3636

「池田動物園」

「池田動物園」は岡山県内で最大規模の動物園で、山の中にあります。レッサーパンダやホワイトタイガーなど人気の動物から珍しい動物まで100種類以上の動物を観察できます。えさやり体験やふれあい体験など、子供たちが楽しめるイベントが毎日行われ、家族連れにおすすめの観光スポットです。

入場料は大人1100円です。営業時間は、4月から10月は9時半から17時まで、11月から3月は9時半から16時半までとなっています。定休日は夏休みや春休みなど長期休暇期間以外の水曜日となっており、ホームページで確認してから出かけることをおすすめします。

住所 岡山県岡山市北区京山2-5-1
電話番号 086-252-2131

「牛窓オリーブ園」

「牛窓オリーブ園」は、日本のエーゲ海とも呼ばれる美しい牛窓の景観を楽しめる観光スポットです。園内は、古代ローマの神殿のようなモニュメントや、カップルにおすすめの幸福の鐘など散策スポットが多く、山頂広場からは瀬戸内海を一望できます。

散策だけでなく、園内にはオリーブ油やオリーブを使った化粧品などが買えるショップや、おいしいコーヒーとオリーブオイルが入ったお菓子が食べられるカフェがあります。営業時間は9時から17時となっています。自然豊かな岡山県の穴場観光地に、心を癒しに出かけましょう。

住所 岡山県瀬戸内市牛窓町牛窓412-1
電話番号 0869-34-2370

岡山のディープな観光!岡山の穴場観光名所

フリー写真素材ぱくたそ

山奥の険しい道を超えた場所に、人々を寄せ付けないような雰囲気をまとった秘境が岡山県にはたくさんあります。長い年月をかけて作り上げられた、岡山県のディープな自然を満喫できる観光スポットを集めました。険しい道のりの先で、岡山県の雄大な自然のパワーを感じてみましょう。

「落合の醍醐桜」

Photo by kagawa_ymg

「落合の醍醐桜」は岡山県内でも指折りの桜の巨木です。木の種類はエドヒガンザクラで、長寿の桜として知られています。樹齢は700年以上で、高さ18m、幹回りが7mもあり、後醍醐天皇が見たという言い伝えもある歴史ある桜です。

開花時期にはライトアップもあり、多くの観光客が訪れ、交通規制も行われます。渋滞が起こることもあり、人気の出てきている観光地ですが、長寿の桜の迫力を間近で感じられます。早朝に行くと、比較的ストレスなく見学できる岡山県の穴場の観光地です。

「夫婦岩」

「夫婦岩」は岡山県のパワースポットとしてもおすすめの巨石です。夫婦岩は定番の三重県の夫婦岩など日本全国にありますが、岡山県の夫婦岩は夫岩が12m、妻岩が16mと日本一の大きさを誇ります。岩までの道は細く、難所ではありますが、人の少ない穴場の観光地です。

長い年月をかけ石灰岩が侵食されできた地形で、絶妙バランスで立っている夫婦岩からは自然の絶大なパワーを感じずにはいられません。夫婦岩周辺には遊歩道や2つの展望台があり、いろいろな角度から巨石を楽しめます。

周辺には、地元の方が植えているひまわり畑もあり、夏にはかわいらしい黄色のお花畑も一緒に楽しめる穴場の観光スポットです。

住所 岡山県高梁市成羽町布寄2787
電話番号 0866-42-3215

「羽山渓」

Photo by 22n

「羽山渓」は近年はロッククライマーにも人気の2kmにわたる石灰岩でできた渓谷です。「羽山渓」までの道は狭く、険しいため、岡山県の秘境ともいえる穴場の観光地です。紅葉や新緑がきれいな場所としても人気があります。

滝や鍾乳洞、巨岩などさまざまな自然景観を楽しめる羽山渓ですが、一番の名所は「羽山第2トンネル」です。人の手で掘られた車1台がやっと通れるほどのトンネルは、岩肌がむき出しで圧迫感があり、冒険心をくすぐられます。子供心に戻った気持ちで、探検してみましょう。

「羅生門」

「羅生門」は国定天然記念物である門のような形をした岩です。東洋一の規模を誇り、4つの巨大な石の門は岡山県のパワースポットとしても知られています。付近には鍾乳洞が数多く存在しており、「羅生門」は鍾乳洞が崩れてできた自然の造形物です。

「羅生門」周辺はマイナスイオンを感じられ、夏でも涼しい気候は、珍しいコケなどの植物も数多く観察できるスポットです。岩を見られる展望台までの道は遊歩道となっていますが、マムシがいたり、ぬかるみが多いため、十分気を付けて進みましょう。

「岩井滝」

フリー写真素材ぱくたそ

「岩井滝」は滝を裏側からみられる岡山県の穴場の観光地です。駐車場から遊歩道を400mほど進んだ先にあります。途中にある湧き水は、子宝に恵まれるとの言い伝えがあります。紅葉や新緑の季節がおすすめですが、冬の凍った滝も見事です。

滝と共に、景観もよく見どころたっぷりの遊歩道ですが、足元が悪く、クマ出没の可能性もあるため、十分注意して歩きやすい靴で向かいましょう。美しい滝と、マイナスイオンたっぷりの涼しい澄んだ空気に、心癒されること間違いありません。

一度は観光して欲しい!岡山の穴場離島

Photo by t.shigesa

岡山県の面する瀬戸内海は約730個もの離島があり、日本随一の離島の聖地です。定番の離島観光であるしまなみ海道のサイクリングや、歴史ある観光名所である厳島など、有名な離島がたくさんあります。

瀬戸内海に浮かぶ離島の中で、岡山県に属する離島も多く、約90個あります。今回は7つの有人島を持つ笠岡諸島の離島を中心に、個性派揃いの岡山県の離島を紹介します。

「北木島」

「北木島」は、笠岡諸島に属する石材が有名な島です。島で掘り出された良質な御影石は、大阪城の石垣や靖国神社の鳥居など日本各地の名所で使われています。石を掘り出した跡に水が溜まってできた丁場湖は、透き通ったエメラルドグリーンが美しく神秘的な景観です。

300年の歴史のある伝統行事「流し雛」が行われており、女性の厄除けを願い、始まりました。笠岡市の重要無形民俗文化財にも指定されていて、全国的にも姿を消しつつある幻の行事です。

笠岡港からフェリーで約50分の場所にあり、船着場からも石切り場であったことがうかがえるそり立った崖が観光客を出迎えてくれます。釣り人にも人気の岡山県の観光スポットです。

「真鍋島」

Photo by vaboo.com

「真鍋島」は、笠岡諸島に属するゆったりとした古い漁村の風景を楽しめる小さな島です。「獄門島」などの映画のロケ地にも使われ、西行法師の歌集「山家集」にも出てくるほど、島の景観は昔も今も人々を引き付ける魅力を持っています。

毎年5月の初めに、若者が3つの神輿を担ぎながら島中を駆け回る「走り神輿」が行われます。迫力のある伝統行事は、色とりどりの大漁旗が上がったりと賑やかで、300年の歴史があります。

笠岡港からフェリーで約1時間の船旅で上陸できます。漁村ということもあり、猫も多く、猫好きの間では有名な人気の離島です。

「前島」

「前島」は、瀬戸内市牛窓町の沖合に浮かぶ、緑豊かな島です。「緑島」とも言われており、松林を中心とする自然林が島を覆っています。島全体が国立公園になっていて、道もきれいに整備されており、散歩やサイクリングにおすすめの離島です。

牛窓港からフェリーに乗り約5分で行ける島なので、岡山県の離島の中でもアクセスしやすく、観光客も多くないため静かに過ごせる穴場の離島です。夕日がきれいなスポットとしても人気があります。

地元で愛される岡山の穴場グルメスポット

Photo bykaboompics

瀬戸内海に面し新鮮な海の幸がとれ、土地にも恵まれ豊かな野菜や果物が育つ岡山県は、おいしいグルメスポットの宝庫です。観光に欠かせないグルメは、ぜひ岡山県産のおいしい食材を使った料理を提供してくれるお店でいただきましょう。旅の良し悪しを左右するお店選びは重要です。

岡山県産のおいしい食材を使ったお店やB級グルメが食べられるお店ばかりを集めました。どのお店も、岡山観光での素敵な食事タイムにぴったりです。

「五味の市」

「五味の市」は、岡山県の旬の新鮮な海鮮を買える魚市場です。漁師の奥さんが声を張り上げて魚をすすめている活気あふれる市場となっており、観光するにも楽しいです。牡蠣の季節になると、大きな殻付きの新鮮な牡蠣を安く買える場所としても人気のグルメスポットとなっています。

朝瀬戸内海でとれた新鮮な魚介類は、市場向かいの道の駅でバーベキューで食べられます。ぜひ新鮮なうちに味わってみましょう。個性的な名物グルメ「カキフライソフト」もおすすめです。営業時間は9時から16時まで、毎週火曜日が定休日です。日生駅から徒歩15分の距離にあります。

住所 岡山県備前市日生町日生801-4
電話番号 0869-72-3655

「手打ち蕎麦とフレンチの やな木」

「手打ち蕎麦とフレンチのやな木」は、こだわりの蕎麦とおしゃれなフレンチがコラボしたコースがいただける料理店です。コース内容は月ごとに変わり、旬の食材を使った丁寧な料理が並びます。隅々まで洗練された清潔な店内は、落ち着いて食事ができる空間です。

蕎麦は北海道産のそば粉を使っており、コシがあります。メニューの中でも人気なのが、自家製カンパーニュです。外はパリッと、中はもっちりの食感が人気で、店内で販売していることもあります。

営業時間はランチタイムが11時半から13時半、ディナータイムが18時から20時半となっており、定休日は月曜日、火曜日、水曜日です。コースは予約必須で、ランチは3000円からとリーズナブルな価格も魅力です。味、雰囲気、接客、どれをとっても上質な食事ができます。

住所 岡山県新見市新見720-1
電話番号 0867-72-7611

「吉田牧場」

「吉田牧場」は日本全国の料理店でも愛されている、岡山県の有名なチーズの専門店です。お店のすぐ近くで飼育しているブラウンスイス種という牛のコクと甘みのある牛乳を使っています。優しい味わいのチーズは、日本全国から観光客が買いに来るほどの人気店です。

リコッタやカマンベール、カチョカバロなど、種類豊富なチーズを売っています。お目当てのチーズが売り切れてしまわないように、予約をしてから来店することをおすすめします。牧場で放牧されている茶色い牛を眺めた後、岡山県のお土産にチーズを買って帰るのはいかがでしょうか。

営業時間は11時から15時と短く、定休日も不定休なので、しっかりと営業日の確認をしてから出かけましょう。

住所 岡山県加賀郡吉備中央町上田東2390-3
電話番号 0867-34-1189

「橋野食堂」

「橋野食堂」は、岡山県津山市のB級グルメであるホルモンうどんが人気の、庶民的な人気の食堂です。お昼時以外でも列ができていることもありますが、回転率はいいです。

おすすめメニューはホルモンうどんで、辛さが3段階から選べるのが特徴です。具材はぷりぷりの新鮮なホルモンともやし、ネギのみですが、みそ風味でホルモンの旨味がきいています。うどん2玉でも930円という安さで、おなかいっぱい岡山県の名物を堪能できます。

10時から19時までの営業で、水曜日が定休日となっています。津山駅から徒歩10分と、アクセスしやすいのも魅力のひとつです。

住所 岡山県津山市川崎549-9
電話番号 0868-26-0502

「福寿司」

「福寿司」は岡山名物のままかり料理や岡山ちらし寿司などがいただけるお寿司屋さんです。清潔で落ち着いた店内では、旬の魚介類を使ったメニューをリーズナブルに楽しめます。味はもちろん、見た目にもこだわった料理は色鮮やかで、食欲を掻き立てられます。

おすすめは「備前ばら寿司」(3000円)です。2日前までに予約必須のメニューで、魚を付けた酢と具材が混ざったご飯に、素材の良さを引き出すため、ひとつひとつ丁寧に味を付けた食材が乗った豪勢な岡山県の名物料理です。岡山駅から徒歩7分と、観光の合間にアクセスしやすい立地にあります。

営業時間はランチタイムが11時から14時半まで、ディナータイムが17時から21時までとなっています。月曜日と第3火曜日が定休日です。

住所 岡山県岡山市北区奉還町2-16-17
電話番号 086-252-2402

観光の合間に腹ごしらえ!岡山の人気ご当地グルメ

Photo by TAKA@P.P.R.S

観光に欠かせないグルメは、岡山県の人気ご当地グルメがおすすめです。新鮮な海の幸を使ったご当地グルメをはじめ、岡山県には個性的なグルメがたくさんあります。岡山県に観光に来た際には、ぜひ名産品と一緒に、おいしいご当地グルメを堪能しましょう。

「日生のカキオコ」

Photo by jetalone

「日生のカキオコ」は、新鮮な牡蠣を使用し、ぷりぷりの牡蠣の食感が楽しい牡蠣の名産地である岡山県日生のお好み焼きです。もともとは、規格外の牡蠣を使ってお好み焼きを作ったことに始まる漁師飯でしたが、お好み焼き店で提供されるようになると有名なご当地グルメとなりました。

地元産の新鮮な牡蠣とたっぷりのキャベツを、とろとろの生地に混ぜ込んで焼いた贅沢なお好み焼きは、岡山県でしか味わえない食感を楽しめるご当地グルメです。

「ひるぜん焼きそば」

「ひるぜん焼きそば」は、岡山県真庭市のご当地グルメです。鶏肉と蒜山でとれたキャベツをたっぷり使い、ジンギスカンや味噌のたれで味付けした焼きそばのことを言います。2011年のB-1グランプリでその名が広まり、今では岡山県を代表するグルメのひとつです。

「えびめし」

「えびめし」は、ソースで黒く染まったご飯が印象的なエビ入りのピラフのことです。「いんでいら」というお店が発祥で、今では岡山県で人気のご当地グルメとなっています。見た目ほどは重くなく、マイルドな味のご飯に、ぷりぷりのエビと上に乗った錦糸卵がいいアクセントになっています。

お店ごとにアレンジが加えられており、オムライス風にしたものやカレーをかけたものなど、お気に入りのえびめしを探してみるのも楽しいです。

岡山県の穴場観光地で岡山の魅力を再発見!

Photo bysilviarita

岡山県内にはまだまだ知られていない穴場の観光地が数多くあります。定番の観光地も素敵ですが、穴場の観光地では今まで見つけられなかった新しい岡山県の魅力に出会えるはずです。人の少ない静かな場所で、岡山県の魅力を独り占めする旅に出かけてみましょう。

しゃち
ライター

しゃち

国内を中心に旅をしています。カフェ巡り、下町、レトロ、離島が好きです。誰かの「行きたい」を後押しできるような記事を書いていきたいです。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング