コストコの会費を徹底調査!継続・解約方法や無料になる裏ワザも?

コストコの会費を徹底調査!継続・解約方法や無料になる裏ワザも?

コストコは、年会費を払うことで会員になることができます。会員になることで、コストコでの買い物を楽しむことができます。今回はコストコで支払う年会費や、会員の継続や解約方法などを紹介していきます。また年会費を払わずにコストコに入ることができる、裏技などもあります。

    記事の目次

    1. 1.コストコを利用するには年会費が必要
    2. 2.コストコの年会費は会員の種類で違う
    3. 3.コストコの年会費の支払いを継続更新する方法
    4. 4.コストコの年会費はいくらから元が取れる?
    5. 5.コストコの年会費を無料にする裏ワザって?
    6. 6.コストコの年会費は退会すると返ってくる!

    店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

    コストコを利用するには年会費が必要

    Photo by MIKI Yoshihito. (#mikiyoshihito)

    コストコでは、大容量サイズの食料品や日用品、衣類用品や家電製品など、ほとんどのジャンルの商品を買うことができます。コストコは倉庫型の大型スーパーマーケットとして人気があります。

    魅力的なコストコだからこそ、そう簡単には買い物を楽しむことができません。コストコで買い物を楽しむには、まず年会費を支払い会員になる必要があります。年会費を支払ってコストコの会員になると、会員限定のコストコカードをもらうことができます。

    コストコの入会には欠かせない年会費について、継続方法や解約する方法などを紹介していきます。コストコの会員にも種類があるので、これからコストコに入会しようかと考えている方は必見です。

    コストコ人気商品ランキングTOP17!日用品からお菓子まで一挙大公開のイメージ
    コストコ人気商品ランキングTOP17!日用品からお菓子まで一挙大公開
    コストコは大容量サイズな上に珍しい商品も多く、人気アイテムが勢揃いしています。そこで、コストコのおすすめ商品17選をランキングにしました!万能な日用品からシンプルなお菓子まで、人気商品ランキングTOP17をご紹介しましょう。
    コストコの入会方法まとめ!お得な特典や手続きの仕方を徹底解説のイメージ
    コストコの入会方法まとめ!お得な特典や手続きの仕方を徹底解説
    大型会員制ショッピングセンター「コストコ」はいい商品を安く、大量にまとめ買いできることで注目を集めています。しかしコストコ会員になるとお得な特典がある一方、入会方法や手続きがわからないという声もあります。コストコの入会方法をネットの手続きを含めてご紹介します。

    コストコの年会費は会員の種類で違う

    年会費を支払ってコストコの会員になる場合、会員の種類を選ぶ必要があります。コストコで買い物をする際に、どのような目的で利用するのか、どれぐらいの頻度で利用するかで、どの会員の種類かが決まってきます。

    コストコは日本各地にありますが、もちろんコストコの店舗がない地域もあります。その場合は、少し遠出してコストコまで行く方が多くいます。このようにコストコに行く頻度が少ない方でも、年会費を支払って会員になることができます。

    これから年会費を支払って入会するコストコの会員について、どのような種類があるのかを紹介していきます。コストコの各会員の特徴を比較して、自分に合った会員を選びましょう。

    個人会員

    年会費を支払ってコストコの会員にある時、「個人会員」になる方が多く見かけられます。コストコの個人会員になるには、年会費を税抜き4400円支払う必要があります。

    コストコの個人会員のカードは、「ゴールドスターカード」とも言われています。コストコの個人会員になるには、店舗に直接足を運び手続きをする必要があります。その際に年会費の準備もしておきましょう。

    またコストコの公式サイトで事前申し込みをしてから、店舗で年会費を支払って入会完了することもできます。店舗でする手続きを省くことができるので、時間短縮にもなります。年会費を支払えば、入会したその日にコストコでの買い物を楽しむことができます。

    法人会員

    年会費を支払ってコストコの会員になることができる会員の種類の中には、「法人会員」があります。コストコの法人会員も、入会手続きの際に年会費を支払う必要があります。

    年会費を支払って法人会員として入会する場合、年会費を税抜き3880円支払う必要があります。コストコの個人会員より、年会費が安いのでお得に買い物を楽しむことができます。

    コストコの法人会員の対象となる人は、個人で営業している方やフリーランスの方など、自営業者が主です。コストコの法人会員になると年会費が安くなるだけではなく、配送サービスやFAXやメールでの買い物も利用することができます。

    エグゼクティブ会員

    年会費を支払ってコストコの会員になる方の中には、「エグゼクティブ会員」を選ぶ方も見かけられます。コストコのエグゼクティブ会員は、コストコで買い物をする頻度が多い方におすすめの会員です。

    エグゼクティブ会員の年会費は、税抜き9000円支払う必要があります。エグゼクティブ会員の年会費は、他の会員の年会費と比べると倍以上するので高く感じる方が多いです。

    しかしエグゼクティブ会員は使い方によっては、他の会員よりお得に利用することもできます。エグゼクティブ会員は年会費が高めですが、年間購入額が多いほどキャッシュバッグリワードというものを多く獲得できます。

    エグゼクティブ会員のキャッシュバッグリワードは、ポイントのようなものでコストコでのお会計時に使うことができます。年会費は高いですが、還元率も高いのでお得です。

    解約すると年会費が返金

    コストコの会員は、有効期限内であれば好きなタイミングで解約することができます。解約方法は、コストコの店舗で直接手続きを済ます必要があります。解約すると、年会費全額が返ってきます。

    しかし年会費が返ってくるものの、解約すると解約してから12カ月間再入会することができません。もう1度年会費を支払うといっても、入会することは不可能です。12か月間が経てば、年会費を支払って会員になることはできます。

    コストコの年会費の支払いを継続更新する方法

    コストコの会員になるには、年会費を支払うことでコストコでの買い物を堪能することができます。しかし年会費ということは、会員の有効期限が1年間ということです。

    有効期限が1年間あるコストコの会員ですが、これからもコストコで買い物をする場合は、継続手続きをする必要があります。再び年会費を支払う必要があるので、店舗に足を運ばなくてはいけない場合もあります。

    これからコストコの会員を継続する方法を紹介していきます。年会費を支払い初めてコストコの会員になった方は、これから紹介する継続する方法を参考にしてみてください。

    コストコグローバルカードが便利

    コストコの会員を継続するには、年会費を支払う必要があります。いつの間にか期限がきてしまい、年会分の費用を準備するのを忘れたという方が多く見かけらえます。

    コストコの会員の年会費を、わざわざ支払うことが面倒に感じる方は、自動で引き落としする仕組みを活用するといいでしょう。年会費の自動引き落としをするには、クレジットカードであるコストコグローバルカードがおすすめです。

    クレジットカードで自動決済にすることによって、ポイントも獲得することもできます。初めて年会費を支払ってコストコの会員になる場合、1年以上継続してコストコを利用することが確実であれば、クレジットカードでの支払い方法を申し込んでみてはいかがでしょうか。

    店内のレジカウンターで直接手続き

    コストコの会員カードを継続する方法として、店内で直接手続きを済ます方が多いです。自動引き落としも便利ですが、確実に目の前で年会費を支払うので期限などの確認も一緒にすることができます。

    コストコの会員の継続を店舗でする方法は、まずコストコのレジカウンターに行く必要があります。そのままでレジで年会費を支払うと、会員情報が更新されます。しかし有効期限は年会費を支払って更新した月日ではなく、最初に年会費を支払った月日になるので注意が必要です。

    クレジットカードで年会費を支払う場合、コストコの公式サイトで継続手続きをすることができます。その場合、コストコサイトのマイアカウントを設定しておく必要があります。

    コストコの年会費はいくらから元が取れる?

    コストコの年会費は、会員の種類によって価格がことなりますが、一般的な個人会員でも税抜き4400円かかります。手軽に入会できる価格ではないので、入会するか悩む方が多いはずです。

    そこでコストコの年会費は、どれぐらい買い物をしたら元をとることができるのか、どれほどお得であるのかを紹介していきます。コストコの年会費の価格をパッと見ても、安いと判断する方は少ないことでしょう。

    コストコで買い物をしたことがない方は、余計にコストコの年会費がお得であるのかを分からないはずです。これから紹介するコストコの年会費の魅力を参考に、コストコの会員への入会を検討してみてはいかがでしょうか。

    個人会員の場合年会費は1か月約370円

    コストコの個人会員の年会費は、年間で税込み4400円です。年間での価格なので、月間の価格に置き換えると月に約370円ということになります。こう聞くと、安く感じることでしょう。

    月にワンコインにも満たないほどの価格で、コストコでの買い物も楽しむことができます。コストコではお得な大容量サイズの食料品も購入することができ、上手に冷凍保存をすることで食料を1か月分ほど持たせることも可能です。

    コストコの年会費は、1年に1度しか支払う必要がないので、1度払ってしまえば1年間はお金を支払わずにコストコに入ることができます。またコストコ独自のキャンペーンによって、年会費が安くなることもあります。

    月イチで行く人なら確実にお得!

    コストコの個人会員は、1カ月約370円なので月1以上で通うととてもお得です。1か月約370円なので、毎週コストコで買い物をすると1回の会費が約100円以下になる計算になります。

    ちなみにコストコの法人会員の年会費は税抜き3850円で、1カ月約320円になります。個人会員よりも年会費は安いですが、買い物の回数が増えれば増えるほど個人会員よりもお得になります。

    コストコのエグゼクティブ会員の年会費は、税抜き9000円です。1か月750円という計算になります。コストコでの買い物でも使うことができるキャッシュバッグリワードが貯まるので、年間購入額が多いほどお得に利用することができます。

    満足できない場合も返金保証制度があるので安心

    コストコで買い物するには年会費を支払う必要があり、年会費を支払ったその日に買い物をすることができます。コストコの大容量サイズの商品が合わなかったり、欲しいものが見つからなかったりすることもあります。

    しかし入会した当日でも、解約をして年会費を返金してもらうことができます。有効期限内での解約が条件の1つであるので、有効期限が切れる前日に解約をしても、年会費を全額返してもらうことが可能です。

    コストコで買い物をしてからでも、年会費を返却してもらうことができます。もしコストコでこれからも買い物をしたいという方は継続を、自分には合わなかったという方は解約手続きをしましょう。

    コストコの年会費を無料にする裏ワザって?

    コストコの年会費がいくらお得であるとはいえ、コストコで買い物をする頻度が少ない方もいます。買い物する頻度が少ないと、もちろん買い物1回分の会費が高くなってしまうことになります。

    しかし年会費を支払わなくてはいけないとはいえ、1度はコストコで買い物をしたいという方が多いはずです。コストコの年会費を支払わずに、コストコで買い物を楽しむことができる方法や裏ワザを紹介していきます。

    これから紹介する裏ワザの中には、もうすでに知っているという方法があれば、知らなかったという方法もあることでしょう。興味ある裏ワザがあるという方は、ぜひ実践してみてください。

    家族カードを使う

    コストコのカードを作った際に、本人のみだけがコストコで買い物ができるというのはとてももったいないことです。コストコにはさまざまな商品があるので、家族と一緒に買い物を楽しみたいものです。

    コストコの全ての会員カードで、無料で「家族カード」を作ることができます。家族カードを無料で作ることによって、家族と一緒にコストコに入ることができます。

    無料で作ることができる家族カードですが、作る際はカード会員である本人が申し込みする必要があります。また家族カード単独では、利用することができません。解約する場合は、家族カードも返却する必要があります。

    コストコ商品券を使用する

    コストコで利用することができる、商品券やクーポンなどもあります。商品券やクーポン券などは、コストコの店舗によって内容が異なることがあります。

    最近ではコストコで使うことができる商品券が、廃止されている店舗もあります。その代わり買い物だけではなく、ガソリンスタンドで利用することができるクーポン券などもあります。コストコのクーポン券を上手に使って、買い物を楽しむという裏ワザもあります。

    ワンデーパスを利用

    コストコのワンデーパスは、1日限定でコストコに入ることができる特別な券です。コストコのワンデーパスで利用することができる利用人数は、1世帯に付き18歳以上の方が3人、子どもは何人でも利用することができます。

    ただしコストコのワンデーパスは、1世帯1回のみの利用になります。そのためワンデーパスを手に入れたからと言って、すぐに無料でコストコに入るのはもったいないです。せっかくなので、家族みんなでコストコでの買い物を楽しみましょう。

    コストコのワンデーパスは、会員になった際にもらうことが多いです。そのため会員になっている友人や知り合いから、ワンデーパスをプレゼントされることによって、無料でコストコを利用することができます。またフリマアプリなどでも、手に入れることもできます。

    コストコのプリペイドカードを使う

    コストコのプリペイドカードを購入すると、1日限定で無料でコストコに入ることができるワンデーパスを受け取ることができます。新規のプリペイドカード1枚に付き、無料のワンデーパスが1枚付いてきます。しかしコストコのプリペイドカードは、会員の方しか買うことができません。

    コストコのプリペイドカードのワンデーパスでコストコに入る裏ワザは、コストコの会員になっている知り合いからもらう必要があります。コストコのプリペイドカードは、プレゼントにもおすすめでたくさんの人々がこの裏ワザを実践しています。

    会員になってすぐに退会

    会員になる際に支払った年会費は、解約すると返金されるという仕組みがあります。この仕組みを利用する裏ワザは、年会費に必要な費用を準備しておく必要があります。

    コストコで1度は買い物をしたいという方は、入会した当日に買い物をしてそのまま解約する裏ワザを実践するといいでしょう。年会費が全額返ってくるので、実質無料でコストコを利用していることになります。

    無料でコストコを利用することができる裏技とはいえ、入会したその日に解約することに少し抵抗する方がいることでしょう。実質無料で利用することができるので、意外にこの裏ワザを実践している方は多く見かけられますので、自分の利用状況に合わせて判断しましょう。

    コストコ初心者におすすめのワンデーパス!入手方法や利用可能人数等まとめのイメージ
    コストコ初心者におすすめのワンデーパス!入手方法や利用可能人数等まとめ
    安くて美味しいものがたくさんあるお店「コストコ」ですが、実は会員登録をしなくても入店できる、「ワンデーパス」があるということをご存知でしょうか。本記事では、コストコの体験入店が出来るワンデーパスの購入の仕方や使い方、注意点を詳しくご紹介させていただきます。
    コストコの会員解約方法まとめ!メリット・デメリットなどをご紹介のイメージ
    コストコの会員解約方法まとめ!メリット・デメリットなどをご紹介
    大人気のコストコを利用するためには会員にならなければいけません。しかし、あまりコストコに行く機会がなくなった場合は解約をした方が良いです。ここでは、コストコの会員解約方法を紹介するので、解約を考えている人はぜひ参考にしてください。

    コストコの年会費は退会すると返ってくる!

    Photo by Japanexperterna.se

    コストコの年会費が少し高いと感じている方は、ぜひ紹介した裏ワザを実践してコストコで買い物を楽しんでみてください。コストコの店舗展開は進んでいるので、住んでいる地域の近くにコストコがオープンするようなことがある場合は、コストコを訪れてみてはいかがでしょうか。

    蔭西優愛
    ライター

    蔭西優愛

    こんにちは!ライター歴2年半の20代シンママです!文章を書くことが大好きです。子供にもわかりやすい記事になるよう、日々精進しています。「調べて・見て・感じる」ような記事を目指しています。

    こちらもおすすめ♡

    人気記事ランキング