鳥しきは目黒の日本一予約が取れない焼き鳥店!通を魅了するおすすめメニューは?

鳥しきは目黒の日本一予約が取れない焼き鳥店!通を魅了するおすすめメニューは?

目黒にある焼き鳥の名店「鳥しき」は、日本一美味しい焼き鳥が食べられると評判の超有名店です。今回は鳥しきで食べられるおすすめのメニューとお店の基本情報、非常に難しい予約方法をまとめました。鳥しきを予約してこだわりの焼き鳥を味わいましょう!

記事の目次

  1. 1.人々を魅了する目黒の焼き鳥名店「鳥しき」
  2. 2.鳥しきは一度食べたら虜になる旨さ
  3. 3.鳥しきのおすすめメニューを紹介
  4. 4.人気の鳥しきは予約が難しい?
  5. 5.鳥しきの基本情報
  6. 6.鳥しきで絶品鳥料理を食べてみたい!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

人々を魅了する目黒の焼き鳥名店「鳥しき」

目黒駅のすぐ近く、風情ある路地に佇む焼き鳥の名店「鳥しき」は、東京に住む焼き鳥好きならば誰もがその名を知る大人気店です。焼き鳥はお酒のつまみ、飲み会の盛り上げ料理として親しまれている居酒屋料理ですが、鳥しきでは焼き鳥を中心とした食事を楽しむ空間が作り上げられています。

ミシュランガイド一つ星に輝く

Photo byMyriams-Fotos

鳥しきでは、店主である池川義輝氏がみずから串に火を通し、こだわりの焼き鳥を作り上げています。現在では日本一美味しいと謳われる人気店・鳥しきは2007年に開店しました。わずか3年後の2010年、日本にある焼き鳥店で初めてミシュランの星を獲得し、現在まで維持しています。

鳥しきで美味しい焼き鳥を作る池川氏は中目黒にある焼き鳥の人気店・鳥よしで約7年間修業し、現在の鳥しきを開きました。多くの日本人と同じく、単にお酒のつまみとして焼き鳥を見ていた池川氏の概念は中目黒の鳥よしで壊され、そこで育まれた技術が鳥しきに活かされています。

鳥しきは一度食べたら虜になる旨さ

どこの焼き鳥よりも旨いと人気がある鳥しきの焼き鳥は一度食べると満足するものの、数日経つと無性に食べたくなる味わいだとして知られています。焼き鳥を愛し、焼き鳥に真摯に向き合う店主の池川氏は、食材の産地にはもちろん鶏の捌き方や串の通し方など細かなところにまでこだわっています。

鳥しきの焼き鳥には全国の有名な鶏を食べ比べて選んだ福島の伊達鶏を使用し、基本的に、丸鶏のまま仕入れて池川氏が丁寧に捌きます。福島の伊達鶏は解放された環境で自由に育てられる銘柄鶏で、焼くと身が程よくしまり、なおかつしっかりとした旨味を持っているのが特徴です。

上品で他とは違う焼き鳥

目黒の人気店・鳥しきは高級寿司店で洗練された寿司を味わうのと同じように、上品な焼き鳥を楽しむお店として愛されています。焼き鳥を焼くために使う炭は備長炭で、串にする部位の火の通りやすさによって炭の置き方を変え、火の通り肉い串の下部分は薄く切るなど細かく気配りされています。

焼き上げる際にはできる限り炭火に串を近づけて肉の表面をサッと炙り、余計な肉汁と旨味が逃げ出さないように工夫しています。素材の状態と焼き加減に合わせて炭の上に置く串の場所を細かく変え、ベストな状態になるように焼き上げられる鳥しきの焼き鳥は上品かつ別格の美味しさです。

Photo bymajacvetojevic

店主の池川氏は焼き鳥に対するこだわりはもちろん、来客が焼き鳥を楽しめるような空間づくりも大切にしています。店内の随所に細やかな配慮を見ることができます。

次のページ

鳥しきのおすすめメニューを紹介

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング