熊本の阿蘇で体験しておきたいこと19選!大自然と歴史とグルメのあふれる地

熊本の阿蘇で体験しておきたいこと19選!大自然と歴史とグルメのあふれる地

熊本のシンボル・阿蘇山がある熊本県阿蘇市は、雄大な自然に囲まれた人気観光地です。阿蘇の大自然の中には歴史ある名所や絶景スポット、グルメ、温泉など盛りだくさんなので、いろいろな体験ができます。そこで今回は、熊本の阿蘇で体験しておきたいこと19選を紹介します。

記事の目次

  1. 1.熊本の阿蘇はどんな町?
  2. 2.熊本の阿蘇で楽しい体験ができるスポット4選
  3. 3.熊本の阿蘇で人気のおすすめドライブスポット3選
  4. 4.熊本の阿蘇でぜひ行きたい定番観光スポット・名所4選
  5. 5.熊本の阿蘇で神社お参り体験スポット・神社2選
  6. 6.熊本の阿蘇で絶景が見られる穴場スポット2選
  7. 7.熊本の阿蘇で味わいたい絶品ランチグルメ2選
  8. 8.熊本の阿蘇で休憩場所としても人気の温泉2選
  9. 9.熊本の阿蘇で絶景や絶品グルメを体験しよう!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

熊本の阿蘇はどんな町?

Photo bytheerab

熊本県にある阿蘇は、阿蘇山と温泉で有名な地域です。世界最大級の火山・阿蘇山は熊本県のシンボルでもあり、「火の国・熊本」は今なお活動を続ける阿蘇山をイメージしています。

阿蘇山の周辺には全国500社を超える阿蘇神社の総本山をはじめ国造神社、阿蘇山上神社、霜神社(霜宮)、内牧菅原神社などがあり、全国各地から参拝客が訪れます。

また豊かな自然を生かした体験型テーマパークもあり、子供から大人まで幅広い世代が楽しめる観光スポットとして人気です。

熊本の阿蘇市へのアクセス

Photo by alberth2

熊本・阿蘇市へは、車がなくても公共交通機関だけでアクセスができます。福岡空港からは、ASOエクスプレスを利用すれば阿蘇駅まで乗り継ぎなしでアクセスできますし、阿蘇駅からは湯布院・別府方面行きのバスを利用すれば内牧温泉に行けます。

鹿児島方面からの場合は、九州新幹線または鹿児島本線で熊本駅を経由し、豊肥本線に乗り継いで阿蘇駅までアクセスします。

なお阿蘇熊本空港からは、九州横断バス・特急バスやまびこ号・空港ライナーを利用すると豊肥本線の肥後大津駅にアクセスできるので、電車に乗り換えれば阿蘇の中心地に近い阿蘇駅に行けます。

熊本の阿蘇で楽しい体験ができるスポット4選

Photo by i-saint

世界最大級の火山・阿蘇山を中心に世界でも珍しい地形と自然に囲まれた阿蘇では、楽しい体験ができるスポットがたくさんあります。ここでは熊本・阿蘇で体験しておきたいおすすめの4スポットを紹介します。

阿蘇ネイチャーランド 

Photo byDeltaWorks

阿蘇ネイチャーランドは、阿蘇山の雄大な自然をネイチャースポーツを通して体験できます。内牧温泉の近くにあり、周辺には阿蘇名物・赤牛の人気店「いまきん食堂」などグルメスポットも多いため、ドライブのお立ち寄りスポットとしても人気があります。

熱気球

Photo byJillWellington

阿蘇ネイチャーランドの人気アトラクションの1つである熱気球では、40mの高さから阿蘇の美しい景色を楽しむことができます。

搭乗時間は約5分ですが、大気の穏やかな早朝に出発するため、阿蘇の日の出を空から眺めることができるおすすめのアクティビティです。

なお集合・出発時間はシーズンや天候によって異なります。集合時間の目安ですが、通常期は6時30分~7時15分、8月~9月は5時45分~6時45分となっています。

パラグライダー

Photo byFree-Photos

パラグライダーでは、阿蘇の自然を空中散歩で体験できます。メニューは半日体験コース・2人乗り操縦体験コース・サンセットフライトの3種類あり、初心者やお子様でも楽しむことができます。

なおパラグライダー初心者でも参加ができる半日体験コースでは、地上練習のあとで単独飛行を体験できます。また飛行終了後は、飛行記念として修了証を発行してもらえます。

住所 熊本県阿蘇市内牧1092-1
電話番号 0967-32-4196

エル・パティオ牧場 

Photo by senov

熊本県阿蘇市にあるエル・パティオ牧場は乗馬体験が人気のスポットで、馬と一緒に四季折々の阿蘇の自然を体験できます。

エルパティオ牧場では360度の大パノラマで乗馬ができるので、引き馬では味わえない爽快感があります。またそれぞれのレベルに合わせた乗馬教室もあるので、初心者や小学生のお子さんでもOKです。

なおエルパティオ牧場では乗馬のみの利用もできますが、宿泊施設があるため、時間を気にせずゆっくりと阿蘇の自然を満喫することもできます。

住所 熊本県阿蘇市一の宮町三野2305-1
電話番号 0967-22-3861

道の駅 波野(なみの) 

熊本~大分間を結ぶ県道57号沿いにある道の駅波野は、蕎麦が有名な波野地区にあるため、蕎麦を使った特産品やそばソフトクリームが人気です。

近くには宿泊施設「なみの高原やすらぎ交流館」があるため、ドライブ休憩やグルメを楽しむだけでなく宿泊もできる、熊本県内では珍しい道の駅となっています。

手打ちそば体験

Photo by haru__q

道の駅波野では、特産品の蕎麦を自分で作る「手打ちそば体験」があります。作った手打ちそばはその場で食べることもできるため、旅の思い出とグルメを同時に楽しめる人気メニューです。

住所 熊本県阿蘇市波野大字小池野1602
電話番号 0967-24-2331

阿蘇カドリー・ドミニオン 

Photo by i-saint

阿蘇カドリー・ドミニオンは、動物の展示やショーが楽しめる動物園です。広大な敷地内では様々な動物とのふれあいのほかにも、乗馬体験やヘリコプター遊覧飛行体験ができます。またドッグラン広場もあるので、ペットと一緒に入場もOKです。

こぐまのふれあい体験

Photo byMolnarSzabolcsErdely

こぐま広場では、0歳~1歳のツキノワグマの赤ちゃんに触れる体験ができます。かわいいツキノワグマの赤ちゃんを膝にのせて写真を撮ることもでるので、熊本・阿蘇の思い出作りにおすすめです。

住所 熊本県阿蘇市黒川2163
電話番号 0967-34-2020

熊本の阿蘇で人気のおすすめドライブスポット3選

Photo by hiroooooki

熊本・阿蘇には、雄大な自然の中を走り抜ける人気のドライブコースがたくさんあります。しかもドライブ中に立ち寄ることができる絶景スポットが多いのも、熊本・阿蘇のドライブコースの特徴です。今回はその中から特におすすめのドライブスポットを紹介します。

二重の峠

Photo bysmadore

熊本県阿蘇市にある二重峠は、加藤清正公によって作られた豊後街道(肥後~豊後間)の一部にあります。周囲には霊峰・阿蘇山のほかにも標高1000m級の鞍岳、烏帽子岳、俵山、冠ヶ岳などがあるため、坂道が多い街道です。

そんな豊後街道には、街道の破損が特に激しい場所に石畳が敷かれています。幅約3m、長さ約1.6kmにもおよぶ豊後街道の石畳を阿蘇の山奥にある街道に敷いた理由は、江戸時代におこなわれていた参勤交代の大名行列に関係します。

Photo by zunsanzunsan

参勤交代は徳川家光公に時代に制度化され、全国各地にあった250以上の大名家が対象とされました。なお参勤交代は2年毎に行われるため、各地の大名たちは1年おきに国許と江戸を行き来する必要がありました。

もちろん熊本の細川家も、諸大名と同じく2年毎の参勤交代が義務付けられていました。その細川家が江戸へのルートとして使っていたのが、阿蘇の山々を抜ける豊後街道です。そのため大名行列の安全を確保するために、街道の一部に石畳道を敷いたのです。

Photo byDeltaWorks

そんな豊後街道にある二重峠の石畳は、絶景スポットでもあります。峠からは阿蘇市を一望することができ、その景色は幕末から明治にかけて活躍した政治家・勝海舟も絶賛しています。

なお二重峠の石畳の近くには、参勤交代の大名行列一行が休憩をしたとされる「的石の御茶屋跡」があります。的石の御茶屋跡には「くまもと名水百選」に選ばれた泉水や美しい庭園が楽しめるため、熊本・阿蘇ドライブの休憩スポットとして人気です。

ちなみに二重峠の石畳と的石の御茶屋跡は、熊本・阿蘇の定番ドライブコースであるミルクロード(県道339号)からアクセスができます。

住所 熊本県阿蘇市
電話番号 0967-67-1111

スカイライン展望所

Photo byDeltaWorks

スカイライン展望所は、熊本・阿蘇の人気ドライブコースである阿蘇スカイライン(県道12号)にあります。阿蘇スカイラインの一部には、同じく阿蘇・熊本の人気ドライブコースとして有名なミルクロードが含まれています。

そんな阿蘇スカイラインにある「阿蘇スカイライン展望所」は、地元・阿蘇で「絶景駐車場」と呼ばれている人気スポットです。

Photo byDeltaWorks

阿蘇スカイライン展望所には、ドライブの休憩スポットにありがちな売店やトイレなどはありません。車が数十台停められる広場に砂利が敷かれているだけのシンプルな展望所ですが、阿蘇スカイライン展望所からの絶景を楽しむためだけに多くの人が訪れます。

晴れた日には阿蘇五岳と阿蘇谷の美しい景色が眺められますし、満月の夜には月明かりに照らされた阿蘇五岳を拝むことができます。また阿蘇スカイライン展望所からの景色は季節によっても変わるため、春は満開の桜、秋は鮮やかな阿蘇五岳の紅葉が楽しめます。

住所 熊本県阿蘇市西湯浦
電話番号 0967-67-1111

白川水源

Photo by kohrogi34

白川水源は、熊本県を代表する名水スポットです。南阿蘇の代名詞・一級河川白川の総水源でもある白川水源は、毎分60トンの水が勢いよく湧き上がっています。

水温は年間を通して14℃なので、夏になると水遊びを楽しむ子供たちの姿が白川地区のあちらこちらで見られます。

豊かな阿蘇の自然の中を流れる白川水源の水は、透明度が高く、まろやかな味が特徴です。そのため白川水源の水でお茶やコーヒーを入れると美味しく仕上がると評判で、地元住民だけでなく熊本県外からも水を汲みに来るほど人気があります。

Photo by gtknj

美味しい水が大量に手に入る白川地区周辺には、人気グルメだけでなく穴場のグルメスポットもたくさんあります。特に美味しい水が味の決め手となる蕎麦は白川の名物で、地元客が多い店から穴場までさまざまな蕎麦グルメの店に出会えます。

そこで白川水源を訪れるなら、名水・白川水源の水を使った美味しい白川グルメも一緒に楽しむのがおすすめです。

住所 熊本県阿蘇郡南阿蘇村大字白川2092-1
電話番号 0967-67-1111

熊本の阿蘇でぜひ行きたい定番観光スポット・名所4選

Photo byjackmac34

最近はインスタ映えのする穴場スポットに注目が集まっていますが、せっかく熊本・阿蘇を訪れるのなら、定番の観光スポットを体験するのがおすすめです。

今回紹介するのは阿蘇だけでなく熊本を代表する定番のスポットばかりですが、いずれも古くから景勝地として有名な観光地なので、わざわざ足を運ぶ価値は十分にあります。

草千里ヶ浜

Photo by TANAKA Juuyoh (田中十洋)

草千里ヶ浜は、熊本・阿蘇を訪れる人のほとんどが足を運ぶ定番観光スポットです。烏帽子岳の北側に広がる大草原なのですが、その広さはなんと78万5000平方メートルもあります。

草原の中には雨水でできた巨大な池があるため、阿蘇五岳を四方に眺めながら見る景色は絶景です。また自然豊かな草千里ヶ浜は放牧地でもあるため、ドライブの途中ではのんびりと草を食べる牛や馬の姿を見ることもできます。

なお阿蘇山の歴史を学ぶことができる「阿蘇火山博物館」や絶景を楽しめる「草千里ヶ浜展望台」なども、草千里ヶ浜の人気観光スポットです。

住所 熊本県阿蘇市草千里ヶ浜
電話番号 0967-67-1111

鍋ヶ滝

クリックするとAmazon商品ページへ飛びます

熊本を代表する人気温泉地・黒川温泉の近くにある鍋ヶ滝は、テレビCMのロケ地にもなった人気の絶景スポットです。

熊本・阿蘇では湧き水が豊富にあるため「絶景」と称される滝も多いのですが、滝の裏側から景色を眺めることができる滝は、鍋ケ滝を含めても非常に少ないです。そのため鍋ケ滝には、初めて熊本・阿蘇を訪れる人の多くが訪れます。

滝の落差は約10mですが幅は約20mあるため、水のカーテンのように見えます。特に周囲の木々からこぼれる光に照らされた鍋ヶ滝は、神秘的な美しさがあります。

住所 熊本県阿蘇郡小国町黒渕
電話番号 0967-46-2113

阿蘇山

Photo by senngokujidai4434

阿蘇山は阿蘇を訪れる人であればほぼ100%立ち寄る、熊本・阿蘇を代表する観光地です。現在でも火山活動がみられる阿蘇山は活動が活発になると立ち入り制限がありますが、活動が平穏であれば火口近くまで近づくことができます。

阿蘇山の火口付近には複数の丘がありますが、その中でも中核をなす5峰は「阿蘇五岳(あそごがく)」と呼ばれています。

なお阿蘇谷方面からを見た阿蘇五岳は釈迦の涅槃像(横になって眠っている姿)のように見えるため、雲海に浮かぶ阿蘇五岳は写真愛好家の間で大変人気があります。

住所 熊本県阿蘇市
電話番号 0967-34-0554

大観峰

Photo by veroyama

大観峰(だいかんぼう)は、標高935.9mの阿蘇北外輪山の最高峰です。人気のドライブコースでもあるミルクロードからアクセスできるため、熊本・阿蘇ドライブのお立ち寄りスポットとしても人気があります。

大観峰からは美しい阿蘇五岳だけでなく九重連山を一望することもできるため、阿蘇を代表する絶景スポットとしても有名です。特に大観峰は雲海が有名なため、雲海に浮かぶ神々しい阿蘇五岳の姿を見ることができます。

なお大観峰周辺は、阿蘇のグルメスポットでもあります。スイーツ系グルメの宝庫である大観峰茶屋や赤牛グルメの人気店・いまきん食堂は、平日でも多くの客でにぎわいます。

住所 熊本県阿蘇市端辺
電話番号 0967-34-1600

熊本の阿蘇で神社お参り体験スポット・神社2選

Photo bycegoh

雄大な姿と自然の神秘を感じさせる活火山・阿蘇山は、日本に古くから伝わる山岳信仰の1つでもあります。神が宿るとされる阿蘇山周辺にも日本神話に登場する神々を祀った神社が多く、県内外から多くの参拝客が訪れます。

阿蘇山上神社

Photo byDeltaWorks

霊峰・阿蘇山にきたら、神社へのお参り体験もおすすめです。日本には古くから山岳信仰が根付いており、富士山のように標高の高い山だけでなく、阿蘇山のような火山も信仰の対象とされ、神を祀るための神社が建てられています。

阿蘇山の場合は、噴火口近くに阿蘇山上神社(あそさんじょうじんじゃ)が建てられました。創建が欽明天皇年代14年(552年)といわれている阿蘇山上神社には、阿蘇神社の御祭神3柱が祀られています。

Photo byccomjipp

山に神が宿ると考える山岳信仰では、火山の噴火は荒魂(神の怒り)によって起こると信じられています。そのため阿蘇山の荒魂を鎮めるために阿蘇神社の3柱を阿蘇山の火口付近に祀ったのが、阿蘇山上神社といわれています。

阿蘇山上神社の参拝体験をするには、阿蘇山の頂上付近まで山を登らなければいけません。昔ながらの参拝方法を体験したいのであれば、熊本・阿蘇駅から続く登山道(阿蘇登山道路)を歩いていきます。

なお阿蘇山ループシャトル(阿蘇山ロープウェー代行バス)を利用する方法もあります。ただし阿蘇山ループシャトルは、火口周辺規制が発令されると運休します。
 

Photo by senngokujidai4434

なお阿蘇山上神社では、御朱印体験もできます。ただし阿蘇山上神社は無人の神社となっているため、御朱印の受付窓口は熊本・阿蘇駅前にある阿蘇神社となります。

ちなみに阿蘇神社で阿蘇山上神社の御朱印を授けていただくには、受付前に阿蘇山上神社を参拝することが条件になります。

これは阿蘇山上神社独自の作法ではなく、神社で御朱印をいただく際の作法です。ですから阿蘇山上神社で御朱印体験をするなら、きちんと山を登って阿蘇山上神社の神様に挨拶を済ませてから、ふもとの阿蘇神社で御朱印をいただくようにしましょう。

住所 熊本県阿蘇市黒川808-3
電話番号 0967-22-0064

産神社

Photo by utahca

阿蘇山周辺にある神社には、女性に人気がある神社もあります。その1つが熊本・阿蘇市狩尾にある産神社です。

産神社は山奥にひっそりとたたずむ小さな神社ですが、安産とお乳の守り神といわれるトヨタマヒメノミコトが祀られています。産神社の創建は約200年前といわれていますが、境内にある池には不思議な伝説があります。

ある日境内の池の水を見てみると、お乳のような乳白色の水が湧いていました。そこで産神社の氏子に池の水を汲んでもらい、池の水を使っておかゆを炊いて妊婦さんに食べさせたところ、お乳が出るようになったといいます。

Photo byPexels

この不思議な水は「乳水(ちちみず)の水源」と呼ばれ、ひと昔まえでは夏の土用のころになると乳白色の水を湧き出していました。現在その現象は見られなくなりましたが、噂をきいた妊婦さんが連日のように参拝に訪れます。

なおトヨタマヒメノミコトは、子育て・安産のほかにも縁結びのご利益を授けてくれるといわれる神様です。しかも産神社のご神体は女性の姿に似た霊石なので、地元では古くから「女性の守り神」として大切にされています。

住所 熊本県阿蘇市狩尾3区
電話番号 0967-22-3174

熊本の阿蘇で絶景が見られる穴場スポット2選

Photo byDeltaWorks

熊本・阿蘇には阿蘇山や草千里ヶ浜などの定番スポットも多いのですが、実は穴場スポットも多く存在します。そこでここでは、初めての熊本・阿蘇観光を2倍楽しむことができる穴場スポットを2か所紹介します。

城山展望所

Photo by ume-y

熊本・阿蘇の穴場スポットの1つ目は、阿蘇の人気ドライブコース・やまなみハイウェイ(県道11号)からアクセスする城山展望所です。城山展望所は阿蘇五岳の絶景を見ることができる穴場スポットで、山裾に広がる田んぼとのコラボが楽しめます。

なお城山展望所の近くには、穴場のグルメスポット「城山レストハウス」があります。城山ドライブインの跡地にあり、熊本グルメの馬肉を使った馬肉ハンバーグ定食が名物です。

住所 熊本県阿蘇市一の宮町三野2351
電話番号 0967-22-0729

金龍の滝

フリー写真素材ぱくたそ

山から噴き出すように流れ落ちる金龍の滝は、一見すると「どこが穴場スポットなのか?」と思ってしまうかもしれません。華やかさのあるダイナミックな滝ではありませんし、素朴な自然の中にあるため気がつかずに通り過ぎてしまうこともあります。

そこをあえて穴場として紹介するのは、名前の由来にもなっている「黄金の龍」が拝める穴場スポットだからです。金龍の滝が黄金色に染まるのは、夕日が差し込む時間です。そのため穴場の絶景を拝むには、夕方に金龍の滝を訪れなければいけません。

ただしその努力は、夕陽色に染まった金龍の滝を見れば必ず報われます。まるで黄金の龍が天に昇っていくように見える景色には、穴場とは思えない感動があります。

住所 熊本県阿蘇郡南阿蘇村垂玉
電話番号 0967-67-1112

熊本の阿蘇で味わいたい絶品ランチグルメ2選

Photo byEngin_Akyurt

熊本・阿蘇に来たならば、豊かな阿蘇の自然で育てた新鮮食材を堪能できるグルメを体験しないわけにはいきません。熊本・阿蘇には数多くのグルメスポットがありますが、ここではランチにおすすめの絶品グルメスポットを紹介します。

阿蘇 あか牛 レストラン藤屋 

フリー写真素材ぱくたそ

熊本県阿蘇市にあるレストラン藤屋は、熊本を代表するブランド牛である赤牛をカジュアルに楽しむことができるおすすめのグルメスポットです。

熊本の赤牛は赤身が多く柔らかい肉質が特徴なので、レストラン藤屋の赤牛ステーキはランチグルメとしても人気があります。しかも赤牛は脂肪分が少なくヘルシーなので、健康志向の人や女性にも人気です。

ステーキは「あか牛フィレステーキ(6800円)」「あか牛サーロインステーキ(5600円~)」「あか牛サイコロステーキ(3000円)」「あか牛ランプステーキ(3500円~)」があります。

Photo by Cool-Rock.com

ステーキ以外にも熊本ブランド牛・赤牛を使ったメニューが豊富で、ハンバーグやハヤシライス、カレーなどがあります。なおハンバーグメニューならスープ・サラダ・ライスのセットで1500円~2400円なので、気軽にランチで赤牛を食べたいときにおすすめです。

さらに阿蘇グルメの定番である「阿蘇あか牛丼」もあり、サラダ・味噌汁・漬物付きのセットが1800円で食べられます。

住所 熊本県阿蘇市一の宮町宮地4718
電話番号 0967-22-0166

茶蔵カフェ 阿蘇店 

Photo byjf-gabnor

茶蔵カフェ阿蘇店は、地元では穴場のランチグルメスポットとして有名な店です。古い納屋をレトロモダン風に改装した店内は、大きな窓から熊本・阿蘇の自然を目で楽しむことができます。

茶蔵カフェ阿蘇店では「地産地消」ではなく「自産自消」にこだわっており、ランチメニューで使われる野菜や米は、自家菜園・自家農園によって作られたものを使っています。

Photo byBru-nO

ランチメニューは、熊本ブランド牛の赤牛・を使った「あか牛ランチ」と、菜園野菜のサラダとドリンクがセットになった「パスタランチ」の2タイプがあります。

赤牛ランチは全部で6種類あり、値段も1800円~3500円なのでランチステーキとしてはかなりお得です。ランチステーキのグランドメニューは「肥後あか牛サーロインの炭火焼き(3500円)」「肥後あか牛ロースの炭火焼き(2200円)」があります。

Photo byCouleur

なお茶坊カフェ阿蘇店の赤牛ランチには、限定メニューもあります。さっぱりと食べたいときには、限定10食の「肥後あか牛ステーキ重(2000円)」がおすすめです。炭火で焼いたロースを、熊本名産の自家製高菜新漬けと温泉卵で食べることができます。

パスタランチメニューにも、赤牛を使ったメニューがあります。ランチメニューは全3種で、その1つに「肥後あか牛のラグーパスタセット(1300円)」があります。自慢の赤牛を自家製トマトソースで仕上げているため、野菜と肉のうまみが凝縮しています。

Photo by0102oxy

茶坊カフェ阿蘇店は、ランチメニューだけでなくカフェメニューもおすすめです。本日のケーキセット(700円)は、3種類のケーキからお好みの1種類を選ぶことができます。またオーブンで仕上げるジャーマンパンケーキ「ダッチベイビー」もおすすめです。

もちろんカフェですから、ドリンクメニューも充実しています。特に自家焙煎珈琲(500円)は素材にもこだわっているため、味・香りともに絶品です。なお水出し珈琲もありますが、夏季限定メニューです。

住所 熊本県阿蘇市蔵原625-1
電話番号 0967-34-0087

熊本の阿蘇で休憩場所としても人気の温泉2選

Photo byFree-Photos

熊本県阿蘇市は、全国的にも有名な温泉地が集中している地域でもあります。そのため熊本・阿蘇ドライブの休憩や絶品グルメでランチを楽しんだ後に、温泉に入ってまったりと過ごす時間も、阿蘇で体験しておきたいことの1つです。

湯の宿 入船 

Photo by GoToVan

湯の宿入船は、熊本を代表する温泉街・内牧温泉にあります。海外からの利用者も多い温泉宿でもあるため、館内は客室も含め和モダンスタイルです。特に「水郷(すいごう)」には、土間に出ると池の中を優雅に泳ぐ鯉を眺めることができます。

純和風タイプの客室も人気があります。ベッドがないので、間仕切りを開けると広々とした空間になります。窓からは熊本・阿蘇の自然を眺めることができますし、畳と木の優しい香りに包まれるぜいたくな時間が楽しめます。

Photo by zunsanzunsan

熊本屈指の良質なお湯とこだわりの客室が人気の「湯の宿入船」は、熊本・内牧温泉の中でも高級温泉旅館に分類されます。ところがそんな高級温泉旅館の温泉を、日帰り温泉ならワンコインから楽しめます。

湯の宿入船の温泉は「大浴場」と「貸切風呂(家族湯)」の2タイプがあります。貸切風呂は全部で5種類あり、部屋によって入湯料が変わります。全室50分の利用となりますが、一番安い「自然岩の湯」なら1200円で利用ができます。

Photo byDeltaWorks

なおワンコインで熊本の人気温泉・内牧温泉のお湯を体験できるのは、大浴場の方です。大人(中学生以上)500円で利用できる大浴場には内湯と露天風呂があり、それぞれ泉質の異なる2種類のお湯が楽しめます。

内湯からでも阿蘇の自然を楽しむことができますが、自然豊かな阿蘇の温泉体験ですから、自然の風に感じながら温泉を楽しめる露天風呂には入っておきましょう。

ちなみに入船の露天風呂は、男風呂・女風呂で異なる趣向が施されたデザイナーズ露天風呂です。そのためワンコインでも十分に熊本の名湯・内牧温泉を堪能することができます。

住所 熊本県阿蘇市小里834-2
電話番号 0967-32-0781

天然温泉 大阿蘇

フリー写真素材ぱくたそ

もっと気軽に熊本・阿蘇の名湯を体験したいなら、阿蘇温泉病院の近くにある「天然温泉大阿蘇」がおすすめです。

天然温泉大阿蘇では入湯料が大人200円、子供100円とリーズナブルです。そのため大人2人子供2人の4人家族で利用しても、総額600円となります。

ただし天然の温泉大阿蘇は地元の常連客も多いので、イメージとしては「温泉街の中にある銭湯」に近いです。温泉とグルメがメインの温泉旅館の日帰り温泉ではないので、露天風呂や貸切風呂、サウナなどの施設はありません。

フリー写真素材ぱくたそ

また温泉も硫黄の独特な香りが漂っているので、硫黄の苦手な人にはあまり向いていないかもしれません。ただしこれこそが熊本・阿蘇の温泉の特徴なので、昔ながらの阿蘇温泉を体験したいならチャレンジする価値は十分にあります。

なお入浴後の休憩は、温泉の横にある大阿蘇旅館が利用できます。大阿蘇旅館では、休憩だけでなく宿泊も可能です。レトロな雰囲気の客室ですが、良心的な価格で客室を提供しているので人気があります。

住所 熊本県阿蘇市内牧135
電話番号 0967-32-0157

熊本の阿蘇で絶景や絶品グルメを体験しよう!

Photo byDeltaWorks

熊本の阿蘇を訪れるなら定番の観光スポットだけでなく穴場スポット、グルメスポット、温泉スポットなどを全部まとめて体験するのがおすすめです。豊かな阿蘇の自然での体験は、どれを選んでも記憶に残る素敵な思い出になることでしょう。

akemi
ライター

akemi

小学生の娘の子育てに格闘しつつも、毎日の暮らしがちょっぴり楽しくなることを探すのが趣味です。仕事で全国各地をまわった経験から、街で見かけたおもしろいこと、ステキな景色、珍しいグルメなどを紹介します。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング