銀座の喫茶店でレトロな雰囲気を堪能しよう!老舗のおすすめメニューも

銀座の喫茶店でレトロな雰囲気を堪能しよう!老舗のおすすめメニューも

銀座は、レトロな雰囲気の喫茶店が多いエリアです。喫煙できたり、こだわりのコーヒーが飲める老舗もあるので、喫茶店好きは足を運んでみましょう。銀座で特におすすめの喫茶店の名店を特徴別に紹介していきます。銀座絵喫茶店巡りをしてみましょう。

記事の目次

  1. 1.銀座は喫茶店の激戦区
  2. 2.日本で最初の喫茶店って?
  3. 3.銀座の地元で愛される老舗喫茶店5選
  4. 4.銀座のこだわりコーヒーが楽しめる喫茶店5選
  5. 5.銀座のレトロな雰囲気が満喫できる喫茶店5選
  6. 6.銀座の有名メニューのある喫茶店5選
  7. 7.銀座の喫煙可能なおすすめ喫茶店5選
  8. 8.銀座の喫茶店で最上級のくつろぎタイムを!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

銀座は喫茶店の激戦区

フリー写真素材ぱくたそ

銀座は、レトロな雰囲気の老舗喫茶店が多いです。その上若い世代に人気の喫茶店も多く進出していて、喫茶店激戦区になっています。美味しいコーヒーを楽しみたい時は、銀座に足を運んでみましょう。

熱海銀座商店街はレトロなお店がいっぱい!おすすめランチや食べ歩きグルメ情報ものイメージ
熱海銀座商店街はレトロなお店がいっぱい!おすすめランチや食べ歩きグルメ情報も
熱海の観光スポットとして知られている熱海銀座商店街は、長い歴史を持ち、昭和レトロの面影が強く残っています。今回は熱海銀座商店街と熱海銀座通りにあるおすすめのお店をご紹介します。ランチや食べ歩きグルメなど、熱海銀座商店街を更に楽しめる情報が満載です!

日本で最初の喫茶店って?

Photo byStockSnap

日本では、コーヒーが飲み始められたのは江戸時代徳川綱吉の頃でした。その後、1877年頃からコーヒーを商品として取り扱うお店も増えました。しかし、現在の喫茶店のようなスタイルのお店が誕生したのは、明治時代になってからでした。

「可否茶館」

Photo byStockSnap

1888年にオープンした可否茶館は、日本初のは現代の複合喫茶のようなスタイルで話題になりました。外務省で働いていた経験を持つ鄭永慶がオーナーで、トランプやビリヤードを楽しむスペースもありました。

現在の台東区上野に開店

フリー写真素材ぱくたそ

可否茶館は、現在の台東区上野に店を構えていました。鄭永慶は、コーヒーを飲みながら喫茶店を知識や文化の交流を図る場所として喫茶店を発展させようと考えていたようです。

ブラックコーヒー一杯の値段は一銭五厘

Photo byPublicDomainPictures

可否茶館で提供されていたコーヒーは、ブラックコーヒー一杯の値段は一銭五厘、牛乳入りコーヒーは二銭と当時では高価な価格でした。経営は上手くいかず、日本初の喫茶店は1892年に店じまいをしてしまいます。

その後日本の喫茶店文化は、銀座付近でオープンしたカフェー・プランタンやカフェー・パウリスタなどに受け継がれていきました。現代でも銀座に老舗の喫茶店が多いのは、このような伝統を受け継いでいるからでしょう。

次のページ

銀座の地元で愛される老舗喫茶店5選

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング