広島の癒やしスポット・うさぎ島を大特集!楽しみ方やアクセスに宿泊情報も

広島の癒やしスポット・うさぎ島を大特集!楽しみ方やアクセスに宿泊情報も

広島で癒やしスポットと言われ人気となっているのがうさぎ島です。広島うさぎ島にはたくさんの野生うさぎがいることで有名です。野生のうさぎと触れ合う際の注意点やアクセス方法など、人気スポットうさぎ島について詳しくお調べいたしましたのでご紹介いたします。

記事の目次

  1. 1.広島の癒しスポット「うさぎ島」とは?
  2. 2.広島の癒やしスポット「うさぎ島」の楽しみ方
  3. 3.広島「うさぎ島」のもう一つの顔
  4. 4.広島の「うさぎ島」の宿泊方法
  5. 5.広島の「うさぎ島」へのアクセス
  6. 6.広島の癒やしスポット「うさぎ島」へ行こう

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

広島の癒しスポット「うさぎ島」とは?

Photo byBalsamfir

まずは、広島の癒やしスポットうさぎ島とはどのような島のことなのか、どのような背景があったのかについてご紹介いたします。

広島県竹原市の無人島「大久野島」のこと

Photo by Tak H.

うさぎ島とよばれているのは、広島県竹原市に属している無人島“大久野島”だそうです。現在ではうさぎの島として知られていますが、他に毒ガスの島としても有名です。

毒ガス工場があった「地図から消された島」

Photo by zamojojo

昭和4年から昭和20年にかけて、太平洋戦争で使用するための毒ガスを製造する工場があったそうです。そのため、昭和初期にはこの島は地図から消されており、空白地域として扱われていたといわれています。

「大久野島」には野生のうさぎがいっぱい

Photo by c_msmt

大久野島には野生のうさぎが約700匹以上もいると言われています。野生のうさぎの自然な姿に癒やしを求めて来られる方がたくさんいます。続いては、どのようにして現在のようにうさぎ島と呼ばれるようになったのかご紹介していきます。

きっかけは地元の小学校で飼われていた8羽

Photo byFree-Photos

野生のうさぎがここまで増えたきっかけは、島の外の地元小学校で飼われていた8羽のうさぎだそうです。理由こそ不明ですが、大久野島へ、その8羽のうさぎを放したところ、野生化してどんどん繁殖していったそうです。

犬などの天敵もおらず増え続けましたが、大久野島にある宿泊施設の方によると、たまにカラスに連れて行かれているうさぎがいるとのことです。

Photo by zamojojo

うさぎ島に生息しているうさぎの種類はアナウサギだそうです。アナウサギは体調約35cmから50cmで体重は1.5kgから3kgほどだそうです。地面に巣穴を掘って生活しており、危険を感じると巣穴に逃げてしまうとのことです。

主に植物、草や樹皮、根などを食べているようです。島にはうさぎが掘った巣穴があちらこちらにあり、しっかり下を見て歩かないとつまずいて転んでしまうため注意が必要だそうです。

広島の癒やしスポット「うさぎ島」の楽しみ方

Photo by INABA Tomoaki

では、広島の癒やしスポットうさぎ島を存分に楽しめる方法をご紹介いたします。フォトスポットや絶景を楽しめるスポットなど観光スポットが盛りだくさんです。

うさぎ耳などフォトスポットで記念撮影

Photo byKranich17

大久野島ビジターセンターの前には、ウサギの耳を象った集音器があるそうです。この集音器ですが、うさぎは音をたくさん集められるよう長い耳の構造をしているようで、そんなうさぎの耳を表しているとのことです。

ここでの楽しみ方ですが、様々な自然の音を聞き取ることができる上、絶景が広がっているのでフォトスポットとしても最適で写真撮影におすすめです。

整備された島をウォーキング

Photo byFree-Photos

大久野島は1周約4.3kmと小さな島なので、ウォーキングでも2時間ほどで回ることができるそうです。気候が良い季節は、ウォーキングのために訪れる方が多いようです。

外周路は4.3kmで綺麗に整備されており、数は少ないですが、ウォーキングの途中でも野生のうさぎに出会える癒やしポイントだそうです。ここでしか味わえない楽しみ方ができます。

展望台からしまなみの絶景を楽しむ

Photo by kagawa_ymg

大久野島のほぼ中央には「ひょっこり展望台」と呼ばれる標高約100mに位置する展望台があります。徒歩60分ほどで山頂まで往復できるそうで人気の癒やしスポットとなっています。

山頂も綺麗に整備されており、スロープを登っていけば頂上にたどり着けるそうです。スロープの途中でも綺麗な景色を楽しめますが、山頂では360度に広がる絶景を楽しめるとのことです。また、山頂でもたまにうさぎたちに出会えるそうです。

風景の写真を撮ったり、大自然の中でうさぎたちに癒やしを求めたり、楽しみ方は人それぞれですが、魅力的なスポットです。

「うさぎ島」のマナーを守ろう

Photo bySimonaR

最近では、観光客のマナーの悪さから、怪我をしたり、サイクリングの自転車に轢かれて亡くなってしまううさぎもいるようです。そのためうさぎ島ではいくつかのルールが設けられています。

野生のうさぎに餌をあげることは許されているので、野菜スティックやペレットなどを持ってこられる方も多いようです。しかし、うさぎが体調を崩してしまうため、人間のお菓子を食べさせることは禁止されています。

Photo byHeidelbergerin

また、野生のうさぎなので、口元に手を持っていくと噛み付いてしまうことがあるそうです。そのため口元に手を近づけることは控えるように注意されています。さらに、餌を与えた後のゴミは必ず持ち帰るようにとのことです。

大人もですが、特に小さなお子様にご注意いただきたい点として、追いかけ回したり、抱っこしたりすると、足を踏んづけて骨折してしまったり、嫌がって手から落ちてしまったりすることがあるそうですので、控えるようにとのことです。

Photo byMabelAmber

危険な道路や道路脇、玄関前でのふれあいも控えるようにとお願いされています。最後に、うさぎを捨てないでとのことです。ペットで飼っていたうさぎを、うさぎ島に捨てに来る方がいらっしゃるようで困っているそうです。

ペットとして飼われていたうさぎは、野生のうさぎには馴染めない可能性が高く、捨てられても生きていけないことが多いそうです。絶対に捨てないでくださいと島全体で警告しています。

きっちりとマナーを守ることで、たくさんのうさぎたちと触れ合い、大切な何かを学び、うさぎ島でしか出来ない楽しみ方が体験出来ます。

柵がある場所は立ち入り禁止

Photo by amika_san

島には立ち入り禁止の区域がいくつかあります。廃墟となっている建物や、危険とされている土壌汚染区域などには柵が設置してあり立入禁止となっていますので、安全のためにもむやみに入ったりしないようにご注意ください。

さらに西日本豪雨の被害により、土砂崩れなどの危険性がある場所もロープなどが張られているそうですので、近づかないようにお気を付けください。

広島「うさぎ島」のもう一つの顔

Photo by zamojojo

癒やしスポットうさぎ島とは打って変わって、大久野島にはもう1つの顔があります。冒頭でもご説明しましたが、昔は毒ガス工場がありました。その名残もたくさんあるようですのでご紹介いたします。

旧日本軍の軍事施設の廃墟が残る「毒ガスの島」

Photo by zamojojo

大久野島では、昭和初期に毒ガス製造が行われていました。そのため、現在でも軍事施設や毒ガス工場の廃墟などが生々しく残されています。

この島では、多くの方々が犠牲になっています。悲しい過去を知り、二度と同じ過ちを起こさないようにと、資料館には数々の事実が保存されているそうです。

大久野島毒ガス資料館

Photo by x768

大久野島唯一の宿泊施設、休暇村大久野島の少し手前にある茶色の建物は、大久野島毒ガス資料館です。1984年に報道されるまで闇に隠されていた、毒ガス製造についての痛ましい事実を示す資料がたくさん保存されているそうです。

住所 広島県竹原市忠海町5491
電話番号 0846-26-3036

残されている軍事遺構

Photo by zamojojo

大久野島は毒ガスの島と呼ばれていますが、実は明治時代にも日露開戦に備えて砲台が設置されるなどしていたそうです。そのことがきっかけとなり、毒ガス工場が出来たとも言われています。そんな大久野島に現在でも残されている軍事遺構についてご紹介いたします。

研究所跡

フリー写真素材ぱくたそ

毒ガス研究所跡は、休暇村大久野島の近くにあり、観光ついでに訪れる方も多いそうです。しかし危険なため、ロープが張られており内部までは見学することが出来ません。怖いと思われがちですが、研究所の周辺を見て回るだけではそんなに恐怖を感じることはないそうです。

発電所跡

フリー写真素材ぱくたそ

発電所跡も同じく休暇村大久野島の近くにあります。ここは重油を燃料としたディーゼル発電機が8基設置されており、電力を供給するために使われていたそうです。内部は危険なので立ち入り禁止ですが、外から眺めるだけでも歴史の重みが感じられるそうです。

毒ガス貯蔵庫跡

フリー写真素材ぱくたそ

長浦毒ガス貯蔵庫には約100トンのガスタンクが6基設置されており、島最大の貯蔵庫だったといわれています。アメリカに知られないように破壊したそうですが、今でもその毒ガスのすざましさを感じることができます。

砲台跡

フリー写真素材ぱくたそ

大久野島にはあちらこちらに砲台の跡があります。北部、中部、南部でそれぞれ雰囲気が違います。大きなものやコンパクトなものまで計22箇所に設置されていたそうです。

廃墟をうさぎたちが癒やす風景

Photo by Tak H.

軍事施設の跡地は当時のままの姿で廃墟と化していますが、その中にも野生のうさぎたちが暮らしています。廃墟だけでは暗い気持ちになりそうな風景を、可愛いうさぎたちが癒やしてくれています。大久野島でしか見られない少し異様な光景です。

広島の「うさぎ島」の宿泊方法

Photo by tsuda

うさぎ島と呼ばれる大久野島には宿泊施設が1つしかありません。民家も1件もなく無人島と言われており、観光地としても様々な楽しみ方が出来ます。そんなうさぎ島を観光する際の宿泊方法について調べてみました。

宿泊は「休暇村大久野島」で

Photo by tetchang

大久野島にある唯一の宿泊施設が休暇村大久野島です。ヤシの木が周りに植えられており、リゾート気分を味わえます。また建物前の広場にはうさぎが100羽以上集まってくるそうです。

館内は広々しており、お土産やさんや大浴場もあります。お部屋は和室がメインで洋室が2部屋のみとなっているそうです。設備も充実しており、掃除も行き届いていて快適に過ごせるとのことですので、初めてでも安心して訪れることができます。

お部屋の中からも、時間帯によってはうさぎたちの姿が見られるそうで、また違った楽しみ方でうさぎ村を存分に感じることが出来る宿泊施設です。島に1つしかない宿泊施設なので予約が埋まりやすく、長期連休の時などは早めの予約をおすすめいたします。

温泉もあってキャンプも出来る

Photo byFree-Photos

休暇村大久野島の中には、キャンプ場が併設されており、設備が整っていると好評です。テントも設営してくれているので、アウトドア初心者でも安心です。また、夜には満点の星空を見ることが出来ます。天体好きの方にはおすすめの楽しみ方です。

目の前には綺麗な海が広がっており、海水浴場も近くにあります。夏には海水浴をされるために訪れる方も多いようです。キャンプ場や、海水浴場から近くの場所に、休暇村温泉施設もあり、海で泳いだ後や、キャンプで汗をかいた時にも気持ちよく過ごすことができます。

温泉施設を1つの楽しみ方として利用される方もいらっしゃるそうです。リゾートの雰囲気と野生のうさぎ、海水浴に温泉、きれいな星空まで、癒やしスポット満載の宿泊施設です。

レンタサイクルで島を巡れる

Photo by Tak H.

休暇村大久野島本館のフロントにて、自転車を貸出してくれるそうです。通常の自転車はもちろん、電動自転車や、段速自転車、お子様用自転車まで揃えてくれています。坂道の多いひょっこり展望台へ行かれる際は、電動自転車がおすすめとのことです。

レンタル料金は、2時間毎に宿泊者は400円、それ以外の方は600円となっています。電動自転車は一律2時間毎にプラス200円でレンタル可能です。自然を最大に感じることができるサイクリングは大久野島ならではの楽しみ方です。

住所 広島県竹原市忠海町5476-4
電話番号 0846-26-0321

広島の「うさぎ島」へのアクセス

Photo by nishioka

うさぎ島は本州からアクセスが良いことでも知られています。少し遠出をしたいなと感じた休日にも手軽に行ける距離感が魅力です。最後に主なアクセス方法についてご紹介いたします。

公共交通機関で忠海港へ

Photo bykazokuda

うさぎ島へ行くにはまず「忠海港」を訪れないといけません。まずは、忠海港への公共交通機関でのアクセスについてお調べいたしました。

JR山陽新幹線「三原駅」で乗り換え、JR呉線で「忠海駅」まで約25分のアクセスとなります。または、広島バスセンターから「芸陽バスかぐや姫号」に乗り「忠海駅」まで約90分のアクセスとなります。「忠海駅」から「忠海港」までは徒歩で約3分です。

車で忠海港へ

フリー写真素材ぱくたそ

続いてお車でのアクセスです。関西方面からは、山陽自動車道「本郷IC」で降りて「忠海港」まで約16kmのアクセスとなります。広島方面からは、山陽自動車道「河内IC」で降りて「忠海港」まで約24kmのアクセスとなります。

「忠海港」には約200台駐車可能な無料公共駐車場があるそうです。島内では休暇村大久野島まで送迎バスがあり、車がなくても安心して訪れることができます。

忠海港からフェリーで「うさぎ島」へ

Photo bysulox32

「忠海港」からはフェリーでうさぎ島まで約30分のアクセスです。島内は車両走行禁止ですが、キャンプやなんらかの理由がある場合のみ車両の乗り入れや駐車が可能だそうです。車両を乗り入れされたい方は、忠海港スタッフに声掛けくださいとのことです。

忠海港にはカフェやお土産もある

Photo by x768

忠海港フェリーターミナルでは、うさぎをモチーフにしたお土産を購入することができるそうです。また、無添加にこだわったソフトクリームも販売されており、カフェスペースも併設されています。フェリー到着までのんびりと過ごすことができます。

広島の癒やしスポット「うさぎ島」へ行こう

Photo byskeeze

悲しい歴史のある大久野島ですが、野生のうさぎたちの魅力のお陰で、広島最大の癒やしスポットと言われています。うさぎ島をまだ訪れたことが無い方は、様々な楽しみ方ができるうさぎ島へ、ぜひ1度訪れてみてください。

大自然と可愛いうさぎたちに癒やされること間違いなしです。小さな島なので、日帰り旅行にもおすすめです。

MOCHI74
ライター

MOCHI74

子育て中のママです。家族と犬と暮らしています。趣味はカフェに行くこと。楽しんでいただける記事を書いていきたいです。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング