帯広の屋台村で人気グルメを味わう!観光にもおすすめ「北の屋台」一挙ご紹介

帯広の屋台村で人気グルメを味わう!観光にもおすすめ「北の屋台」一挙ご紹介

帯広には、屋台村と呼ばれるさまざまなジャンルのグルメを楽しめる人気スポットがあります。帯広ならではの人気グルメや家庭料理はもちろん、多国籍料理やフレンチといった幅広いラインナップとなっています。ここでは、帯広の屋台村「北の屋台」の魅力を紹介します。

記事の目次

  1. 1.帯広のグルメを堪能できる屋台村ってどんな場所?
  2. 2.帯広にある屋台村「北の屋台」の特徴
  3. 3.帯広屋台村・北の屋台:地元グルメが味わえるお店
  4. 4.帯広屋台村・北の屋台:多国籍な料理を味わえるお店
  5. 5.帯広屋台村・北の屋台:地元の人から人気のおすすめ店
  6. 6.帯広へ観光にいったら屋台村へ足をのばしてみよう

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

帯広のグルメを堪能できる屋台村ってどんな場所?

フリー写真素材ぱくたそ

帯広にある屋台村では、地元漁港のある広尾町や大樹町で水揚げされた魚介類や釧路から仕入れた海産物などを使用したグルメが振る舞われています。

その他にも、北海道ならではのじゃがいもやジンギスカン、乳製品など、豊富に収穫できる食材をガッツリ堪能できる観光にも人気のスポットです。北の屋台と呼ばれる帯広の屋台村には地元の食材を使用したグルメも豊富に揃っています。

それ以外にも、和食や洋食、韓国料理、串焼きなど、20店舗のさまざまなジャンルの屋台が揃っています。価格もリーズナブルなので、地元の人たちからも人気が高く、観光客にもおすすめの穴場のグルメスポットです。

帯広の屋台村のある場所とアクセス方法

Photo by sendaiblog

帯広の屋台村「北の屋台」は、帯広市西1条南10丁目にあります。JR帯広駅から徒歩約5分の場所にあるのでアクセスもしやすく、観光でも利用しやすくなっています。

車の場合でも音更帯広インターから約8kmの場所にあるので、事前に駐車場の場所だけ下調べをしておけば当日に困ることなく帯広グルメを堪能できます。

屋台村のはじまり

Photo by yellow_bird_woodstock

帯広の屋台村「北の屋台」の始まりは、帯広市の中心部の寂れてしまった姿に胸を痛めた地元の人たちの想いからでした。

少しでも帯広を活性化させようという想いから、大型商業施設や全国チェーン店、アミューズメント施設などではなく、人と人とが触れ合うことのできる場を作りたいということで屋台村ができました。北海道内には、帯広の他にも屋台村のある地域はたくさんあります。

成功したという観点で言えば「北の屋台」が北海道の屋台村発祥の地と言えます。いきぬき道と呼ばれる通りにある530mの駐車場を活用して屋台が両サイドに並び、地元の人たちや観光客を絶品グルメで楽しませています。

帯広にある屋台村「北の屋台」の特徴

Photo by MIKI Yoshihito. (#mikiyoshihito)

それでは、帯広の屋台村「北の屋台」にはいったいどんな特徴があるのでしょうか?美味しい食材の豊富な北海道で、一番人気のある理由を簡単に説明します。帯広エリアに観光や出張に来た際には、ぜひ参考にして屋台村を利用してみてください。

地元帯広のグルメを余すことなく味わえる

Photo by noishi_d

北の屋台ではさまざまなジャンルのグルメを楽しめる中で、地元帯広のグルメをガッツリと味わえるのが魅力の1つです。例えば、帯広豚丼や羊肉の焼き肉、やきとん、エゾ鹿の肉料理など、他では食べることのできない珍しい帯広グルメを堪能できるのでおすすめです。

北海道と言えば「十勝牛」ですが、北の屋台では十勝牛のリブロースや赤身肉など、さまざまな部位を贅沢に堪能できるお店もあります。

その他にも、牛すじ煮込みや味噌ベースで作られた土手焼きやちゃんちゃん焼きなど、屋台の店主がお客さんのことを考えて考案したメニューも豊富に揃っています。

北海道の海の幸お刺身などの生ものも味わえる

Photo bybolinyi

お肉料理以外にも、北海道の自慢である「海の幸」を北の屋台では堪能することができます。北海道で水揚げされた魚介類はとても新鮮で、クジラの刺身やユッケなどの珍しいメニューや海のミルクと言われている大粒の牡蠣なども振る舞われています。

その他にも、全国的には焼き魚として食べるのがメジャーなシシャモを刺身として味わうことができるのも北の屋台ならではの魅力です。いろいろな刺身を楽しめるのはもちろん、その刺身をお寿司としても楽しめる屋台があるのでおすすめです。

他店の料理も違うお店まで出前してくれる

Photo byHans

北の屋台の大きな特徴の1つとして挙げられるのは、屋台村内の20店舗であれば他店への出前が可能だという点です。

他の屋台村ではありえない光景ですが、北の屋台では地元の人たちが帯広のために協力して屋台村を盛り立てているため、ライバルとしてではなく仲間という考えで出前システムが成立しています。気持ちよく利用するためには、出前を利用する上での注意点があります。

お客さんが込み合う時間帯や一部の生ものメニューに関しては出前ができない場合もあるので、事前にお店の人に確認しましょう。席を移動することなく、他店の全く違う料理を楽しめるのは、利用する方としてはとても嬉しいポイントです。

帯広屋台村・北の屋台:地元グルメが味わえるお店

Photo byfan4tian2

北の屋台に出店している20店舗の中には、帯広の地元グルメを中心に味わうことのできる屋台があります。その中でも特に人気のある4店舗を紹介します。観光で北の屋台を利用したいと考えている人は、ぜひ足を運んでみてください。

十勝豚のやきとんが自慢!「ふくろう」

Photo by nakashi

昭和を感じさせる木造屋台の「ふくろう」では、十勝豚を贅沢に使用した「やきとん」を堪能することができます。店主は埼玉県の東松山市出身でやきとんに自家製味噌ダレを使用し、ふくろうでしか味わえない地元グルメに仕上げています。

その他にも、埼玉の深谷ねぎを大きくカットしたねぎ焼きもおすすめです。メニューの中には、ゼリーフライと言われるおからをコロッケの形にして素揚げした埼玉のB級グルメも食べることができます。

北海道で帯広グルメと埼玉グルメを一度に両方味わえるのは、北の屋台にあるふくろうだけなので、ぜひ1度足を運んでみてください。

住所 北海道帯広市西1条南10丁目7番地
電話番号 070-5601-0603

十勝産の羊肉や馬肉が味わえる「琥羊」

Photo by 羽諾

帯広の屋台村と言えばここ「琥羊」。琥羊は北の屋台の中でも、取り扱いの難しい羊肉や馬肉を使用した美味しい料理が味わえるおすすめの屋台です。羊肉や馬肉を使用した肉料理を中心に、日替わりで旬の魚介類や新鮮な野菜も楽しむことができます。

琥羊のおすすめメニューは、十勝足寄産の馬刺しユッケや十勝産生ラムのタタキなどの珍しい地元グルメを味わうことができます。

羊肉や馬肉はヘルシーなので、お酒好きな女性に人気の屋台です。北海道に旅行に来たのであれば、絶対に食べておきたい地元グルメが揃っている観光におすすめの屋台の1つです。

住所 北海道帯広市西1条南10丁目7番地
電話番号 080-6064-7211

ジューシーな鶏肉や豚肉が絶品「巣だっち」

Photo by t-mizo

巣だっちは、お肉料理をガッツリ堪能したいという人におすすめの屋台です。巣だっちでは、十勝産のGENKI鶏や黒豚を贅沢に使用したメニューを豊富に取り扱っています。店主はほんわかとした癒しのある雰囲気で、屋台ではゆっくりと食事を楽しむことができます。

巣だっちのおすすめメニューは、十勝産のGENKI鶏を使用した北海道の地元グルメ「ザンギ」や十勝産の黒豚メンチカツなどがあります。

その他にも食感がたまらない十勝産のゴボウ唐揚げなど、これぞ北海道の地元グルメといったラインナップになっています。揚げ物をアテにお酒を楽しみたいという人は、ぜひ足を運んでみてください。

住所 北海道帯広市西1条南10丁目7番地
電話番号 080-6082-7500

店主が狩猟したエゾ鹿の肉料理が絶品「煙陣」

Photo byRobert-Owen-Wahl

煙陣は、北の屋台に1店舗しかない「燻製創作料理」のお店です。店主自らが狩猟してきたエゾ鹿や浜中産の羆、愛媛産の猪など、産地直送にこだわった珍しい食材を使用した料理を堪能できる屋台です。

お酒にもこだわっているので、美味しいお酒と煙陣でしか味わえない燻製創作料理を堪能したい人におすすめです。煙陣のおすすめメニューは、店主自慢の2年間熟成させたエゾ鹿の生ハムや自家製ソーセージなどの日替わりの燻製盛り合わせが人気です。

エゾ鹿のもも肉のタタキなど、お酒にピッタリのメニューも豊富に取り揃えられており、季節によっては、厚岸や広島産の牡蠣も堪能できるのでおすすめです。

住所 北海道帯広市西1条南10丁目7番地
電話番号 090-9087-3171

北海道の帯広名物・豚丼を食べに行こう!おすすめの名店や旨さの秘訣もご紹介のイメージ
北海道の帯広名物・豚丼を食べに行こう!おすすめの名店や旨さの秘訣もご紹介
北海道の丼と言えば海鮮丼を思い浮かべる方も多いかもしれませんが、帯広発祥の豚丼も外せません!あったかご飯の上に、甘辛いタレで味付けした厚切りの豚肉をのせた豚丼は、なんとも食欲をそそる味です。北海道の帯広に豚丼を食べに行きませんか?

帯広屋台村・北の屋台:多国籍な料理を味わえるお店

Photo bypiyalis14

北の屋台では地元グルメの他にも、多国籍料理を味わえる屋台がたくさんあります。本格的な味を楽しめる屋台ばかりなので、観光で帯広に来た際にはとてもおすすめのスポットです。自分好みの屋台を見つけて、ぜひ足を運んでみてください。

本格的な欧風料理を堪能できる「プチ プレジール」

Photo by Sig.

白を基調とした北の屋台の中でもひときわおしゃれなプチ・プレジールは、ソムリエが厳選した美味しいワインと本格的な欧風料理を堪能できる女性に人気の屋台です。

仲良し夫婦の切り盛りしているプチ・プレジールでは、ママが振る舞ってくれる欧風料理やマリアージュが絶品です。

その中でもおすすめメニューなのが、手作り生地で作った4種類のピザや十勝のチーズ3種盛合せ、世界のチーズ3種盛合せといったワインとの相性抜群の料理です。チーズフォンデュや自家製ピクルスなど、女性に人気のメニューも豊富なのでおすすめです。

住所 北海道帯広市西1条南10丁目7番地
電話番号 090-1643-8810

本場の韓国家庭料理を味わえる「ましっそよ」

Photo byjyleen21

北の屋台にあるまっしそよでは、本格的な韓国の家庭料理を堪能することができます。帯広産の野菜や山菜、お肉などの食材を使用した韓国料理は、お店で提供される韓国の美味しいお酒とマッチしていて、屋台村の中でも人気の屋台です。

まっしそよのおすすめメニューは、新鮮な魚介類を使用した海鮮チヂミや渡り蟹をキムチに漬けた自家製こっけじゃん、十勝産ホエー豚のカルビ焼きなど、韓国料理と帯広の食材をうまく組み合わせした料理を味わうことができるのでおすすめです。

住所 北海道帯広市西1条南10丁目7番地
電話番号 090-7642-8273

アジア料理からアイヌ料理まで「ポンチセ」

Photo by nikunoki

ポンチセは、アジア料理からアイヌ料理といった多国籍料理をガッツリと味わえる人気の屋台です。店主は子どもの頃に、アイヌ料理を食べていたことをきっかけに屋台への出店を始めました。

アイヌの家庭料理は日本国内でもなかなか食べられるお店はなく、北の屋台に来た際には外せないお店です。ポンチセのおすすめメニューは、トロトロに煮込まれたスパイシーな豚の角煮やポネオハウというアイヌの豚骨スープがあります。

Photo by ketou-daisuki

その他にも、マッシュポテトに北海道産のイクラを贅沢に混ぜ合わせたチポロイモという代表的なアイヌ料理といった、珍しい料理が豊富に揃っています。ぜひ、多国籍の味を1度堪能してみてください。

住所 北海道帯広市西1条南10丁目7番地
電話番号 080-6077-3763

本格的なフレンチを堪能「マリヨンヌ」

Photo bytakedahrs

黒を基調としたおしゃれな店構えのマリヨンヌは、地元帯広の食材を使用した絶品のフレンチが食べられる屋台です。使っている食材は生産者を公開し、添加物や化学調味料などを極力使わず、体に優しいフレンチとしてお客さんに提供している人気の屋台です。

マリヨンヌのおすすめメニューは、牛肉の希少な部位である道産牛ヒレ肉とフォアグラのロッシーニ風や道産のズワイガニ、真だち、生うに、ホッキ貝など、旬の食材を使用した日替わりのコースメニューを堪能することができます。

マリヨンヌはどの料理も見た目も色鮮やかで、カップルや夫婦での利用にピッタリのおしゃれな屋台です。

住所 北海道帯広市西1条南10丁目7番地
電話番号 090-6695-7276

帯広屋台村・北の屋台:地元の人から人気のおすすめ店

フリー写真素材ぱくたそ

北の屋台の中には、地元の人たちから人気の高い屋台もたくさんあります。常連客も多く、お酒のアテにピッタリな北海道ならではの居酒屋メニューが豊富に取り揃えられているので、帯広に出張や観光に来る予定のある人は、ぜひ参考にしてみてください。

1本からオーダーできる串焼き店「串のやっさん」

Photo by jetalone

串のやっさんは、大きなお肉が刺さった串焼きの楽しめる定番の屋台といったお店です。串焼きは1本からオーダー可能で、他のお店にはないような希少部位の串焼きが150円~600円といったリーズナブルな価格で堪能できます。

特に店主が自ら狩猟した熊肉や鹿肉の串焼きもあるので、興味のある人はぜひ足を運んでみてください。

アットホームで落ち着ける和食店「北子」

Photo bytakedahrs

店主と看板娘の女性2人が営む北子は、北の屋台の中で唯一和食料理を楽しめる屋台です。北子では、お酒のアテになる小鉢料理を中心に、帯広の食材を使用したおつまみやメインを堪能することができます。

おすすめメニューである煮物や煮魚、焼魚、小鉢は300円から800円で1000円以内とリーズナブルな価格設定となっています。

住所 北海道帯広市西1条南10丁目7番地
電話番号 090-8706-1515

豊富な餃子メニューが楽しい「行雲」

Photo bychangupn

ワインと餃子の組み合わせをおすすめしている行雲は、餃子のラインナップが楽しい人気の屋台です。行雲では地元の十勝ワインを注文でき、チーズの盛合せやとまとんというトマトの冷製おでんなどの変わり種メニューもあります。

行雲の餃子は、野菜餃子やボロネーゼ餃子、水餃子など他にはない餃子を堪能できるのでおすすめです。

住所 北海道帯広市西1条南10丁目7番地
電話番号 090-6449-9848

何度も食べたくなる家庭の味で大人気「こころ」

Photo by Richard, enjoy my life!

北の屋台にあるこころは、愉快な夫婦が切り盛りする居酒屋メニューの豊富な屋台です。帯広ならではの十勝産の食材や北海道の新鮮な魚介類をふんだんに使用した美味しい料理とお酒を楽しむことができます。

その中でも、真ツブ貝の刺身や牡蠣の酒蒸し、名物の母ちゃんのコロッケなど、ほっこりと食事を楽しみたい人におすすめです。

住所 北海道帯広市西1条南10丁目7番地
電話番号 090-8270-5967/090-9754-9265

土手焼きで美味しいと評判「華まめ」

Photo by hm7hm7

25年のベテラン料理人が営む華まめは、日々仕入れた十勝産の食材を絶品料理に仕上げ振る舞ってくれる人気の屋台です。

名物の土手焼きは味噌煮込み風の味付けで、1度食べたらリピーター続出の絶品グルメです。その他にも自家製の〆サバやチーズ、明太子のたっぷり入ったスペシャル卵焼きもおすすめです。

住所 北海道帯広市西1条南10丁目7番地
電話番号 090-6448-5549

帯広へ観光にいったら屋台村へ足をのばしてみよう

Photo by MiNe (sfmine79)

ここでは、帯広の屋台村「北の屋台」にあるおすすめの屋台について紹介してきました。北の屋台は、さまざまなジャンルのグルメを楽しめる人気スポットです。

帯広の地元グルメと他県のグルメを融合したここでしか食べられない珍しいメニューもあります。帯広に観光に来た際には、ぜひ北の屋台へ足を運んでみてください。

hime1986
ライター

hime1986

子育てをしながら、子どもと楽しめるレジャースポットや人気のグルメスポット、ショッピングをするのが大好きです♪さまざまなジャンルの人気スポットやグルメをご紹介していきますので、よろしくお願い致します!

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング