宇部市花火大会の見どころ特集!穴場スポット・屋台・交通規制なども?

宇部市花火大会の見どころ特集!穴場スポット・屋台・交通規制なども?

宇部市で毎年行われる花火大会は、多くの人で賑わいます。音楽と花火の融合された宇部市の花火大会は、観客を魅了して感動をもたらしてくれます。今回の記事では花火大会の見どころと穴場のスポット、お祭りにはかかせない屋台のことなどについて紹介します。

記事の目次

  1. 1.宇部市の花火大会でロマンチックな思い出を作ろう
  2. 2.宇部市花火大会って?
  3. 3.宇部市花火大会の日程は?
  4. 4.宇部市花火大会の交通事情は?
  5. 5.宇部市花火大会の観覧穴場スポット
  6. 6.宇部市の花火は幻想的な世界に浸れます

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

宇部市の花火大会でロマンチックな思い出を作ろう

Photo byleesangyeob

宇部市では、光と音を融合した花火大会が開催されています。毎年多くの人で賑わいを見せる花火大会です。夏の思い出の1つとして、宇部市の花火大会で光と音の融合された景色を堪能してみてはいかがでしょうか。

山口県内最大級の宇部市花火大会

Photo byedusoft

宇部市の花火大会は、山口県内で最大級と言われている花火大会です。2019年で65回目を迎えました。宇部市花火大会は6部構成から構成されており、2019年に開催された花火大会は、1万1000発花火が音楽と共演し打ち上げられました。

毎年14万人が訪れる

Photo by senju1027

宇部市花火大会は、毎年14万人ほどの花火見物客で賑わいを見せます。1万発以上の花火が1時間に次々と打ち上げられていくのは、見ごたえのある景色です。

多くの人が訪れる大会となっていますので、当日は時間帯により交通規制や、通行が禁止となっている場所があります。交通規制や係員の誘導に従い、花火会場を訪れてください。

宇部市花火大会って?

フリー写真素材ぱくたそ

宇部市花火大会は、1955年に第1回目が開催されその後も地元企業の協賛金や、市民の募金により宇部市花火大会実行委員会が開催しています。

山口県でも規模・迫力・人出がトップクラスの花火大会です。宇部港を舞台に、わずか1時間のあいだに1万発以上の花火が打ち上がる光景は圧巻で、県内外はもちろん観光ツアーの日程に組まれるほどの人気です。

花火の打ち上げとBGMをシンクロさせた花火大会

Photo bykazuphotos

宇部市の花火大会は、6部のプログラムで構成された花火大会です。6番目のプログラムでは、音楽に合わせて花火の打ち上げを制御した音楽花火で締めくくられます。

最後の音楽花火では、6分間の間に約3000発の花火が打ち上げられ、280mまで上がった直径250mもの大きな花火が打ち上げられます。

花火大会の様子は、地元のコミュニティFM局の番組である「エフエムきらら」から生中継で放送されており、会場から離れた場所にいても音楽花火を楽しむことができます。

曲名は毎年変わる

フリー写真素材ぱくたそ

宇部市花火大会の、最大の見どころである音楽花火で使用される曲は毎年変わります。使用される曲が毎年違うため、音楽にシンクロさせて上がる花火は毎年変わります。

毎年違った宇部市花火大会の様子を見ることが出来るため、訪れる年によって別々の楽しみ方でき、圧倒的な迫力が、花火好きの人たちからも高い評価を得ている花火大会です。

会場周辺には屋台も多数出店

フリー写真素材ぱくたそ

花火大会は花火がメインですが、屋台も楽しみの1つです。宇部市花火大会でも多数の屋台が出店しています。打ち上げ会場の周辺と、駅までの大通りに屋台は集中しています。

定番のかき氷や、焼きそば・たこ焼きなどもあります、肉巻きおにぎりなどの屋台も出店しています。会場周辺の屋台は大勢の人が行き交っているので、屋台での順番待ちの時間はかなりの時間がかかります。

屋台に長時間並んでいた為、花火に間に合わなかったり、場所が確保できずに充分に花火が観覧できない事がありますので、早めに花火会場で場所取りをしてから、屋台へ買い物に行くことをおすすめします。

開催場所

Photo by y.ganden

宇部市花火大会は、毎年宇部港で開催されています。その為、花火の観覧場所は、宇部港内一体が主な観覧場所です。

10万人を超える人が宇部市花火大会の観覧に訪れますので、当日には警備員やボランティアスタッフなどが大勢います。警備員たちの注意や指示に従い安全にケガの無いように花火を楽しんでください。

アクセス

宇部市花火大会を観覧するためのアクセス方法を紹介します。当日はかなりの渋滞が発生しますので、交通規制や通行止めなどの箇所もありますので注意が必要です。

車で行く場合は、山陽自動車道宇部ICから車で15分ほどです。花火当日は、17:00から21:30までは、一部区間で交通規制が引かれていますので、看板や警備員の指示に従って進んでください。

また、花火会場の近くには臨時の駐車場も用意されています。駐車台数に限りがありますので、車での利用を考えている場合は、早めに来ることをおすすめします。

Photo by atotto

電車を利用する場合は、JR宇部線の宇部新川駅もしくは琴芝駅で降ります。どちらも徒歩20分ほどの距離となりますので、どちらを利用されても大丈夫です。

宇部市営バスを利用してくる場合は、宇部市役所バス停で降りて徒歩10分ほどです。バスも車同様渋滞となりますので、早い時間のバスで来ることをおすすめします。

また、宇部市営バスと船鉄バスは花火大会当日に、臨時バスの運行をしています。臨時バスの時刻表と停車バス停は、毎年7月の上旬に掲示されますので確認の上利用をしましょう。

宇部市花火大会の日程は?

Photo by y.ganden

訪れる人を1万発以上の花火と音楽花火で魅了する宇部市花火大会はいつ行われるのでしょうか。宇部市花火大会の日程を確認していきましょう。

7月の第4土曜日

Photo by karitsu

宇部市花火大会は、毎年7月の第4土曜日に開催されています。小雨の場合は決行されますが、雨天の場合は翌日に順延となります。天気予報に注意して花火大会に出かけましょう。

第3土曜日に開催される場合も

Photo by Kentaro Ohno

通常は7月の第4土曜日に開催される宇部市花火大会ですが、2018年は7月の第3土曜日に開催されました。2018年以外にも、何度か第3土曜日開催された過去がありますので、日程をネット等で確認をするようにしましょう。

打ち上げ時刻

Photo by ajari

花火の打ち上げ時刻は20:00から21:00の1時間です。わずか1時間の間に1万発以上の花火が打ち上げられる光景は圧巻で観る人を魅了させます。

宇部市花火大会の交通事情は?

Photo by Kentaro Ohno

宇部市花火大会では、10万人以上見物客が訪れます。当日の人混みや渋滞がすごいため臨時駐車場の開放や交通規制などが行われています。宇部市花火大会、当日の駐車場や交通情報・交通規制について紹介していきます。

臨時駐車場あり

Photo byFree-Photos

花火大会当日は、車で来場する人も多くいる為、臨時の駐車場がいくつか設置してあります。無料で駐車できる場所もありますが、収容台数が限られています。

有料の駐車場も近くに多くありますので、無料の駐車場が満車の時や来場するのが遅くなった場合は、有料駐車場を利用してください。ここでは、無料駐車場と有料駐車場をそれぞれ紹介していきます。

無料駐車場

Photo by kkctys

無料で利用できる駐車場は6箇所用意されています。琴芝街区公園・宇部市立図書館・神原小学校・琴芝小学校・見初小学校・東部体育広場です。

琴芝街区公園・宇部市立図書館・神原小学校・見初小学校はそれぞれ100台の車が駐車可能です。神原小学校・琴芝小学校・東部体育広場が150台収容できます。

営業時間は、琴芝街区公園が一番早く開場し15:00から22:00の間で駐車できます。神原小学校・琴芝小学校・見初小学校・東部体育広場は17:00から22:00、宇部市立図書館は18:00から22:00の利用時間です。

有料駐車場

フリー写真素材ぱくたそ

無料駐車場が既に満車で利用できなくても、会場の近くには有料の駐車場があります。会場近くの有料駐車場は4箇所です。

新町駐車場・宇部興産中央駐車場・宇部興産ビル地下駐車場・大和駅前駐車場の4つです。料金・収容台数・営業時間を見ていきます。

新町駐車場は、135台の車が収容可能で、営業時間は8:00から22:00となっています。料金は30分で60円と紹介する有料駐車場の中では一番安い料金です。しかし、営業時間以外の車の入出庫はできませんので、ご注意ください。

Photo bylillandie

2つ目の宇部興産中央駐車場は、199台の車が収容可能で、30分100円の料金で宇部興産中央駐車場は24時間営業の駐車場ですので、いつでも入出庫が可能です。

3つ目の宇部興産ビル地下駐車場は、63台の車が収容可能です。利用料金は30分で100円の料金となり、営業時間は7:00から24:00です。

4つ目の大和駅前駐車場は104台の駐車が可能で、料金は45分で100円です。大和駅前駐車場は24時間営業となっていますので、いつでも入出庫が可能です。

交通規制

Photo by karitsu

会場周辺道路は17:00から21:30まで、交通規制が行われています。なお、近所にお住いの方は、駐輪場がありますので、自転車での来場もできますが、自転車でも交通規制はしっかり守って利用してください。

交通規制は、観覧客の安全確保や緊急時の警察・救急・消防車輌の進入路確保の為に行われるものです。違法駐車や交通規制に従わない場合には厳しい取り締まりがあります。

当然のことながら、万が一の花火大会開催中の花火の暴発による火事・屋台の火事等の不測の事態に備えて消火栓場所への駐車、他にも周辺企業・民家出入口前、敷地内への違法・無断駐車は絶対に行ってはいけません。

宇部市花火大会の観覧穴場スポット

Photo byCounselling

花火を近くで楽しみたいという人は大勢いて、やはり花火会場の近くは多くの人で埋め尽くされます。しかし、人があまり多くない場所でも花火を堪能できる穴場スポットが花火大会にはあります。

宇部市花火大会でも、穴場スポットはいくつかあり花火の迫力を堪能できる場所がありますので、人が多くないところでゆっくりと花火を楽しんではいかがでしょうか。宇部市花火大会の穴場スポットを5箇所紹介していきます。

「山口宇部空港」

Photo byluisqb

山口宇部空港は、宇部市花火大会の穴場スポットの1つです。空港の3Fに公園のようになっている送迎デッキがあり、この送迎デッキから花火を楽しむことができます。

宇部市花火大会の目玉でもある音楽花火も見ることができますが、花火会場との位置関係により、一部花火の演出が見えないときがあります。すべての花火の演出を見たい人には別の場所をおすすめします。

Photo byFree-Photos

送迎デッキは公園のようになっている為、花火が始まるまで子どもも遊ぶことができ、混雑も少ない上にトイレ等の設備も充実していますので、子供がいる家族連れにおすすめの穴場スポットです。

ですが、あくまでも公共の交通機関になり、一般の空港利用者もいますので、空港を利用するお客さんの迷惑にならないように注意しましょう。

「フジグラン宇部の屋上駐車場」

Photo by akira yamada

フジグラン宇部はm宇部市にあるショッピングセンターです。このフジグラン宇部の屋上駐車場は、高い位置から見える場所なので、花火大会の穴場スポットになっています。

お昼を過ぎたころから、花火観覧目的のお客が多く来店し、駐車場も満車になるので、午前中から行く事をおすすめします。

ショッピングセンター内には、映画館もありますので、映画を観て時間を潰したり買い物や食事を楽しんで花火が始まるのを待ちましょう。

Photo by karitsu

ショッピングセンターなので、トイレや休憩所も充実しています。特に小さな子どもがいる場合は、花火会場等の人が大勢いて混雑をしている場所は離れてしまい、子どもが迷子になってしまうことが多いです。

ショッピングセンターであれば、子どもが迷子になる心配も少なく、花火までの時間他のことで楽しめるので、子どもも退屈せずに、家族での花火鑑賞に最適のスポットです。

「竜王山公園」

Photo by mootoh

竜王山公園は、宇部港の花火会場からは少し距離がありますが、穴場スポットの1つです。竜王山公園は高台に位置している公園の為、花火は綺麗に観ることができます。

花火会場に比べると人は少ないですが、人気の穴場スポットになりますので、早めの場所取りが必要なスポットです。

「おのだサンパーク屋上駐車場」

Photo by akira yamada

おのだサンパークは、フジグラン宇部と同じく山陽小野田市にあるショッピングセンターで、屋上が穴場スポットになっています。花火の打ち上げ会場からは、距離がある為花火は少し小さめにしか見えませんが、帰りの渋滞の心配はありません。

フジグラン宇部と違い、映画館はありませんが花火鑑賞の客は少ないため夕方ごろに行っても十分に見ることができます。夕方ごろに行って夕飯を食べて花火を鑑賞するのがおすすめです。

「厚東川河口」

Photo by hktang

厚東川河口は、人の少ないところでゆっくりと花火を楽しみたい人には一番の穴場スポットです。残念ながら、仕掛け花火を見る事はできませんが大きな打ち上げ花火は綺麗に見ることができます。

花火大会のプログラム構成により、花火全部が見えないスポットですが人混みが苦手な人やのんびり花火を楽しみたい人は、シートを広げて座ってみることができる場所です。帰りの渋滞等を避けたい人にも厚東川河口付近は、おすすめのスポットです。

宇部市の花火は幻想的な世界に浸れます

フリー写真素材ぱくたそ

宇部市花火大会は、音楽と光のコラボレーションにより幻想的な世界を演出しています。夏の1つの風物詩でもあり、夏の思い出作りやカップルのデート・家族連れにもおすすめの花火大会です。

屋台などで食事を楽しみ、1人1人がルールを守り幻想的で圧倒的な花火の世界を堪能し、夏の思い出作りをしましょう。

mi-sa0380
ライター

mi-sa0380

旅行が大好きです。日本の名所から世界遺産巡りなど歴史を感じることができる場所が好きです。観光に行くとご当地グルメを食べ歩いたりカフェ巡りをしています。動物も好きなので、動物園や水族館に行ったり、犬カフェや猫カフェに行って、可愛い動物に癒されています。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング

記事はありません。