鹿沼花火大会の見どころ特集!穴場スポットや屋台・交通規制・駐車場情報なども

鹿沼花火大会の見どころ特集!穴場スポットや屋台・交通規制・駐車場情報なども

鹿沼市で開催される鹿沼花火大会は、見どころがたくさんあります。穴場の観覧スポットや、屋台・交通規制・アクセス方法駐車場のポイントなどたくさんのおすすめがあります。今回は、鹿沼市で開催される鹿沼花火大会の様残な見どころについて特集します。

記事の目次

  1. 1.鹿沼ってどんなところ?
  2. 2.鹿沼花火大会とは
  3. 3.鹿沼さつき祭りとは
  4. 4.鹿沼花火大会の見どころ
  5. 5.鹿沼花火大会で穴場の鑑賞スポット
  6. 6.鹿沼花火大会の基本情報
  7. 7.鹿沼花火大会で初夏の訪れを感じよう

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

鹿沼ってどんなところ?

Photo by A_CUVE

鹿沼市は、関東の北部にある栃木県の中部に位置している市です。鹿沼市の人口は約9万6千人と言われており、県内では第6位の人口です。鹿沼市には、千手山公園などの映画のロケ地となった場所や、天狗の御朱印で有名な古峯神社があります。

また、ユネスコの無形文化遺産に登録されている伝統行事である、鹿沼今宮神社祭の屋台行事などで知られている地域です。5月の鹿沼さつき祭りや、10月に開催される秋まつりでは多くの催しものが行われ、たくさんの人で賑わいを見せています。

Photo byauntmasako

鹿沼市は、サツキと鹿沼土の産地としても有名な場所です。また、近年では減少傾向となっている野州麻の産地として、生産量は全国1位を誇っています。様々なイベントが1年を通して開催されています。

鹿沼市は歴史の深い地域で、古代より山岳信仰の舞台でした。江戸時代には城下町から宿場町として繁栄し、近代に入ってからは地場産業として家具や製材などの木工業が栄え、木工の町として発展を続けています。

Photo bysmj95070

鹿沼市は、落ち着いた市で有名ですが宇都宮市のベッドタウンと呼ばれており、鹿沼市から宇都宮市への通勤率は15.6%と言われています。鹿沼市は、そばの作付面積・生産量が県内1位でもあります。また鹿沼牛を扱う店舗を中心として、焼肉の街としてもPRしています。

栃木県にある数々の清流が流れる街

Photo by ume-y

栃木県は黒川や、大芦地区にある大芦川など、栃木県にあるたくさんの清流が流れている市です。黒川の上流や大芦の上流などでは、天然のヤマメやサンショウウオ・イワナ・カジカなどが生息しています。

ヤマメは生涯を川の上流域で過ごす魚であり、身体の横に小判型の模様があるのが特徴で、美しい姿から清流の女王と呼ばれている魚です。綺麗な水に生息しているヤマメがいる黒川や大芦川は、美しい川が自慢です。

Photo by Dick Thomas Johnson

また、大芦川などでは子どもが水遊びができる場所もあり、中には川に飛び込むことができるスポットもあります。川は透明で透き通っており、泳ぐ魚を確認することもできます。夏の時期には、多くの子どもたちが綺麗な清流の川で川遊びをしたり、泳ぐ魚を観察したり様々な遊びを楽しんでいます。

国内においても子どもが安心・安全に川遊びを楽しむことができるスポットは限られている中、綺麗な川で夏ならではの遊びを満喫できるのが鹿沼の自慢でもあります。

いちごの生産や彫刻工芸が盛ん

Photo bycongerdesign

鹿沼市は、イチゴの生産や彫刻工芸が盛んな街です。栃木県は、イチゴ王国と呼ばれていますが、鹿沼市は特にイチゴの生産が盛んです。2016年には、鹿沼市のイメージアップのため、鹿沼市のシンボルをイチゴにするためにイチゴ市を宣言しています。

イチゴ市を宣言している鹿沼市では、市の果実はイチゴ、シンボルキャラクターをベリーちゃん、市のイメージカラーをベリーレッドにしています。また、生産されるイチゴの品質は日本一とも言われている自慢のいちごです。

Photo by Katsujiro Maekawa

鹿沼市は、市の面積の約7割が森林です。昔から林業と木工業で栄えており、今もなお木材を高度に使用している伝統技術は引き継がれ続けています。10月に開催される秋まつりでは、彫刻で覆われた彫刻屋台が見ものです。

彫刻屋台は、山車全体が彫刻で施された美術品であり、屋台大工・彫刻師だけでなく車師・彩色師も活躍しており、彫刻屋台は生きた文化財と言われています。

Photo by prelude2000

秋まつりは、元々は雨乞いの儀式が起源とされています。まつりの開催期間中は雨にみまわれることが多いですが、彫刻屋台の山車が街を練り歩く様子は圧巻であり、見る人を魅了してくれます。

鹿沼市は、伝統的な技術の彫刻屋台と近年の時代のニーズに沿い、イチゴを新しく発展させる取り組みが融合している街です。伝統技術を守りながら新しい取り組みを行う昔と今を大切にしているのが鹿沼の魅力です。

鹿沼のおすすめランチ11選!おしゃれな洋食店や地元で人気の和食ものイメージ
鹿沼のおすすめランチ11選!おしゃれな洋食店や地元で人気の和食も
皆さんは、栃木県にある鹿沼というところを知っていますか。あまり聞いたことがないかもしれませんが、美味しいグルメが味わえる地域でもあります。そこで、今回は鹿沼で美味しいランチが味わえる名店をご紹介していきます。ぜひ、観光の際のランチに訪れてみてください。

鹿沼花火大会とは

鹿沼市で開催されている花火大会について詳しく紹介をしていきます。長年続いている花火大会は、毎年多くの人が鑑賞に訪れている、鹿沼市でも人気の花火大会です。鹿沼花火大会の魅力について見ていきましょう。

鹿沼さつき祭りで開催される花火大会

Photo by cotaro70s

鹿沼花火大会は、国内でも有数のさつきの産地と言われている鹿沼市で、5月末から10日間開催されている、鹿沼さつき祭りで祭りの初日に開催されるのが鹿沼花火大会です。

花火大会は、大事な鹿沼さつき祭りの初日を飾る大切なイベントで、10日間ある鹿沼さつき祭りを盛り上げてくれる花火大会です。

鹿沼さつき祭りも、花火大会も鹿沼市からだけでなく市外からも多くの人が足を運ぶ、大切なイベントであり鹿沼市の魅力を存分に楽しむことができるイベントです。

鹿沼は国内有数のさつきの産地

Photo by yellow_bird_woodstock

鹿沼は、日本でも有数のさつきの産地として知られています。鹿沼市は園芸のまちとも呼ばれており、園芸に必須である鹿沼土は赤城山から噴出した石が風化した土であり、鹿沼市全域で産出されています。

街の中でも、さつきの栽培が盛んに行われており、5月には花木センターにおいて、全国最大級のさつきの祭典である鹿沼さつき祭りが開かれています。また、近年では海外向けに小さなさつきが人気を呼んでおり、co-Bonsaiが販売されています。

花火大会の歴史

Photo byedusoft

鹿沼市花火大会は、40年以上開催されている歴史ある花火大会です。夏が始まる前に開催される鹿沼市花火大会は、昔から地元の人たちを中心に親しまれてきたイベントであり、人々に夏の訪れを知らせてくれる花火大会です。

鹿沼さつき祭りとは

鹿沼さつき祭りについて紹介していきます。鹿沼さつき祭りは、日本一ともいわれているさつきの産地である鹿沼市で、鹿沼市花木センターとJAかみつが共同で、鹿沼花木センターを開催地として5月の最終土曜日から10日間開催しているお祭りです。

鹿沼さつき祭りは、さつきの販売ルートの拡張・観光客の誘致・産業の振興を目的としたイベントで、昭和47年に始まった歴史のあるお祭りです。県外からも観光客が訪れ、祭りが開催されている10日間は活気あふれた人たちで賑わいを見せています。

綺麗なさつきが美しく、百花繚乱に輝きを見せる鹿沼さつき祭りは、訪れる人々を癒し・魅了してくれます。普段とは違う鹿沼市の風景や、鹿沼市の歴史と人々の生活を垣間見ることができます。

約300点の美しいさつきが展示される

鹿沼花火大会は、全国の人々が育てたさつきを約300点展示しています。300点近いさつきが咲き誇る姿は圧巻であり、丹精込めて咲かせたさつきは美しく訪れる人を楽しませてくれます。

近年では海外の人にも認知され始め、小さいさつきも販売されていますので大小様々なさつきを楽しむことができるのも、鹿沼さつき祭りの魅力の1つです。

展示即売会や物産展も開催

鹿沼さつき祭りは、約300点のさつきの展覧だけでなく、約1万本のさつきの展示即売会も開催されています。また、さつきの即売だけでなく特産品の販売もしていますので、鹿沼の魅力を存分に味わうことができる祭典です。

なお、展覧・即売のほかにも押花展も開催されていますので、綺麗なままの押し花を見ることができます。他にもさつきの苗木の無料販布など様々なイベントが連日開催されています。

鹿沼花火大会の見どころ

Photo by sakura_chihaya+

鹿沼花火大会の見どころを見ていきましょう。花火だけでなく様々な見どころがありますので、色々な見どころを満喫しましょう。鹿沼花火大会は、10日間開催される鹿沼さつき祭りの開始を飾る重要な花火大会です。

花火大会では、スターマインやナイアガラなどの仕掛け花火もたくさん用意されており、人気のプログラムとなっています。美しい夜空に咲き誇る大輪の花と、仕掛け花火によるプログラムは、訪れる人を魅了し楽しい時間を提供してくれます。

珍しい初夏前の花火を鑑賞

Photo byleesangyeob

鹿沼花火大会の見どころは、開催される時期です。鹿沼花火大会は、夏になる前に開催される花火大会です。花火大会は殆どのところが、夏休みなどの8月や9月が多いです。秋に開催されているところもありますが、関東圏では一番早く初夏に開催されている花火大会です。

鹿沼花火大会は5月の末ごろに開催されるため、まだ暑くない時期に涼しい夜の風にあたりながら花火を楽しむことができるのが見どころです。初夏に夜空に輝く花火をいち早く堪能しましょう。

屋台で食事やレジャーを楽しむ

Photo by Richard, enjoy my life!

鹿沼花火大会の見どころ2つ目は、河川敷にずらりと並んでいる屋台です。鹿沼花火大会の会場周辺の黒川の河川敷には、約600点以上の屋台が並んでおり、屋台で一足早い夏の光景や気分を味わうことができるのが鹿沼花火大会の見どころです。

花火大会に出店している屋台は、お好み焼き・もんじゃ焼き・焼き鳥・牛串などの食事を堪能できる屋台や、たこやき・たい焼き・ポテトなどの軽食系の屋台、ベビーカステラ・りんご飴・チョコバナナなどのお菓子系の屋台など様々な屋台が並んでいます。

Photo by Richard, enjoy my life!

食べ物の屋台だけでなくクジなどの屋台もありますので、夏気分を十分に味わうことができます。屋台の営業時間は、16:00過ぎごろから20:00ごろまでとなります。花火が始まる前に、屋台でご飯を購入して花火大会を鑑賞しましょう。

川沿いの情緒を味わう

Photo by Hiroyuki Tsuruno

鹿沼花火大会、3つ目の見どころは川沿いの情緒を味わうことです。河川敷には屋台が立ち並んでいるほか、初夏の風情を楽しむことができます。まだ人が少ない早い時間であれば、川沿いの情緒を味わいながら散策をして、花火大会を楽しむのもおすすめです。

鹿沼花火大会で穴場の鑑賞スポット

Photo bynickgesell

続いては、花火大会を楽しく観覧するためのおすすめ穴場観覧スポットを紹介していきます。人混みが苦手な人や、混雑しない場所でゆっくりと花火を楽しみたい人におすすめです。

穴場スポットには、鹿沼市文化活動交流館や朝日橋の周辺など至る所に点在していますが、今回は鹿沼花火大会で特におすすめの穴場スポットを3ヶ所紹介していきます。

福田屋百貨店駐車場

Photo byericspaete

1つ目に紹介する、鹿沼花火大会観覧の穴場スポットは「福田屋百貨店」の駐車場です。福田屋百貨店の駐車場からは、綺麗に花火を見ることができます。福田屋百貨店は、花火の打ち上げ場所の目の前にある百貨店です。

開催される年により異なりますが、百貨店の屋上も開放されている年がありますので、屋上が開放されている場合は、屋上からも迫力満点の夏の風物詩を楽しめます。開催年の情報を確認して屋上が開放されるときは、屋上から絶景を眺めてみてはいかがでしょうか。

Photo by Kentaro Ohno

福田屋百貨店は花火を綺麗に見ることができる穴場スポットですが、百貨店は通常営業をしていますので、百貨店を利用しているお客さんの迷惑にならないようにしましょう。駐車場に座り込むなどの迷惑行為をすることの無いようにマナーを守って観覧しましょう。

また、ただ花火を見るためだけに福田屋百貨店の駐車場を利用するのではなく、百貨店の施設も利用しましょう。福田屋百貨店には、アミューズメントスペースやレストラン・カフェなどの施設があります。

Photo by Mark thanks for 2,000,000+ views

花火大会が始まる時間まで福田屋百貨店で買い物や食事などを楽しみ、花火大会の時間には駐車場で美しい花火を観ましょう。百貨店のお手洗いを利用することができますので、お子様連れなどにおすすめの穴場スポットです。

住所 栃木県鹿沼市東末広町1073
電話番号 0289-63-0011

千手山公園

鹿沼花火大会の穴場スポット2つ目は「千手山公園」です。千手山公園には、観覧車があり観覧車から眺める花火が美しく、思い出に残る花火大会を楽しむことができます。

観覧車は通常時は16:00までの営業となりますが、花火大会が開催される日は特別に18:30から20:30まで営業をしています。個室の空間のためカップルに人気の穴場スポットとなります。

また、千手山公園は少し高い丘の上にある公園であるため、観覧車に乗らなくても花火大会を眺めることができます。観覧車の料金は1回50円とリーズナブルな価格となります。観覧車に乗ると、美しい夜景と綺麗な花火を同時に満喫することができます。

住所 栃木県鹿沼市千手町2610
電話番号 0289-65-0778

富士山公園

花火大会おすすめの穴場スポット3つ目は、夜景が一望できるスポットとしても人気のある「富士山公園」です。富士山公園は、千手山公園から車で8分ほどのところにあり、夜景も一緒に楽しめる穴場スポットです。
https://www.instagram.com/p/BS4o-MJgXSh/?igshid=14ulc1ffuq858

富士山公園は、花火の打ち上げ会場から距離がありますので、混雑しない穴場の観覧スポットです。鹿沼市の美しい夜景と花火を一緒に楽しむことができ、知っている人も少ないため、人混みを避けて花火を楽しみたい人に最適の穴場スポットです。

Photo by Kentaro Ohno

カップルに人気の穴場スポットで、他にも花火の写真やビデオを綺麗に収めたい人におすすめです。カップルだけでなく、夜空に綺麗に彩る花火大会の写真などを収めたい人にもおすすめの穴場のスポットです。夜景も美しいため、雰囲気も良いデートにおすすめの穴場です。

住所 栃木県鹿沼市花岡町81-1
電話番号 0289-63-2188

鹿沼花火大会の基本情報

最後は、鹿沼花火大会の基本情報について紹介をしていきます。花火大会の開催日時や打ち上げ場所・打ち上げ時間・アクセス方法や交通規制・駐車場などについて詳しく見ていきましょう。

開催日程・場所

さつき祭りの初日に行われる花火大会の開催日は、例年では5月の最終土曜日となります。小雨は決行となりますが、悪天候の際は翌日に延期となりますので、当日の天気を確認するようにしましょう。黒川の河川敷の近辺で花火が打ち上げられます。

鹿沼さつき祭りの会場と花火大会の会場は若干距離があります。車で訪れる場合は、時間ギリギリになると、渋滞となる可能性が高いです。さつき祭りと並行して花火大会を観覧する際は、花火大会の会場へ移動する時間は余裕を持って移動を開始しましょう。

花火の打ち上げ時間

鹿沼花火大会の打ち上げ時間は、例年だと19:00から20:30ごろまでとなります。約90分間で、10000発以上の花火が打ち上げられ、夜空を大輪の花で彩ります。90分間という短い時間でふが、10000発以上の打ち上げ花火や仕掛け花火が次々と鹿沼の街を彩る光景は、圧巻と評判です。

アクセス・交通規制

Photo by Hiroyuki Tsuruno

花火大会が行われる会場から最も近い場所にある駅は、JR日光線の鹿沼駅です。鹿沼駅からは、歩いて10分ほどで会場までアクセスすることができます。他にも、東武鉄道日光線新鹿沼駅からも歩いて10分ほどで行くことができます。

車で会場までアクセスする場合は、東北自動車道の鹿沼インターチェンジから約8キロメートルです。宇都宮方面からの場合は、渋滞することが多いため宇都宮方面から車で訪れる際は、早めに行動をするようにしましょう。

Photo by zenjiro

会場周辺には、車で訪れた人の為に駐車場が臨時で開放されています。花火の開催場所周辺では、車両進入禁止の交通規制や通行止めの交通規制がされている場所があります。交通規制の時間も場所によって異なりますので、交通規制の時間帯を確認しておく必要があります。

花火大会当日の交通規制情報については、鹿沼花火大会のホームページで地図により交通規制の場所・時間を確認することができますので、予め交通規制は十分に確認をしておきましょう。

駐車場

Photo byPexels

鹿沼花火大会当日は、多くの観覧客で賑わいを見せていますので、非常に混雑をしています。可能であれば電車などの公共交通機関を使うのをおすすめしますが、小さいお子様などがいたりで車で訪れる際には、時間に余裕を持って訪れるようにしましょう。

花火開始時間の間際では、身動きが取れなくなります。花火大会会場の周辺には、有料・無料の駐車場がたくさんありますので、あらかじめ駐車場の場所を確認しておきましょう。また花火大会当日は交通規制も行われますので合わせて確認をしましょう。

花火大会当日、鹿沼市で用意している無料の駐車場は、学校や公園・ショッピングセンターなどを開放しています。1ヶ所あたりの収容台数は少ないですが、至る所に無料駐車場が点在しています。

Photo byHans

開放されている無料駐車場は、鹿沼市立東中学校・図書館・商工会議所・情報センター・ヤオハン貝島店・ヤオハン北部店・消防署・クリーンセンター・柳田商店跡地などがあります。殆どの駐車場が17:00から駐車可能です。

中には18:00から駐車可能の場所もありますので、ホームページなどで確認が必要です。また、開催年により駐車場が変更となることがありますので、合わせて確認をしておくと、当日に駐車場を探す手間を省くことができます。

Photo byFree-Photos

収容台数が少ないため、なるべく2時間ほど前には駐車場周辺に訪れておくことをおすすめします。無料駐車場が満車で駐車することができない場合には、有料駐車場も近辺にあります。

おすすめの駐車場は、17:00から駐車できる上都賀病院有料駐車場と、何時に訪れても駐車することができるマルカパーキングです。マルカパーキングは、130台近い数の駐車が可能であるため、花火大会の会場周辺では一番停めやすい場所です。

Photo by Kuruman

鹿沼花火大会は、10万人以上の人が訪れるため17:00から交通規制が開始されます。朝日橋を中心にして、周辺のエリアは広い範囲で車両の進入が禁止されている場所があります。車で移動するときは府中橋から貝島橋の区間は外側の区間を通行する必要があります。

車の交通規制もありますが、車だけでなく歩行者なども通れない場所があります。花火が打ち上げられる場所から近い朝日橋の近辺は、花火大会当日の13:30から24:00まで通行止めとなります。また、ふれあい橋は当日の17:00から21:30まで通行止めの交通規制となります。

鹿沼花火大会で初夏の訪れを感じよう

Photo byBuiDacNinh

鹿沼花火大会の見どころや、穴場スポット・花火大会当日の駐車場情報や交通規制などについて紹介をしてきました。鹿沼花火大会は、さつき祭りの1日目に開催されている大規模な花火大会です。

多くの人が訪れる花火大会となりますので、車でアクセスする際には交通規制の場所などを十分に把握しておく必要があります。5月に開催される一足早い夏の風物詩を鹿沼花火大会で満喫して、夏の訪れを一足早く体感してみてはいかがでしょうか。

mi-sa0380
ライター

mi-sa0380

旅行が大好きです。日本の名所から世界遺産巡りなど歴史を感じることができる場所が好きです。観光に行くとご当地グルメを食べ歩いたりカフェ巡りをしています。動物も好きなので、動物園や水族館に行ったり、犬カフェや猫カフェに行って、可愛い動物に癒されています。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング