海外旅行の定番・台湾を観光しよう!外せないおすすめスポット25選

海外旅行の定番・台湾を観光しよう!外せないおすすめスポット25選

海外旅行先人気ランキング上位を誇る「台湾」は、美味しいグルメの他、雄大な自然など見どころの多い国です。観光のメインとなる大都市・台北をはじめ、多彩な魅力溢れる地方都市にも注目が高まってきています。今回は、台湾観光で外せない定番おすすめスポット等をご紹介します。

記事の目次

  1. 1.台湾ってどんなところ?
  2. 2.台湾で定番の観光名所5選
  3. 3.台湾でおすすめの観光スポット5選
  4. 4.台湾の人気グルメスポット5選
  5. 5.台湾の自然を満喫する観光スポット5選
  6. 6.台湾の歴史を知る観光スポット5選
  7. 7.人気の台湾の観光ルートで海外旅行を満喫しよう!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

台湾ってどんなところ?

Photo byFree-Photos

台湾は、日本の九州よりやや小さい約3万6000平方キロメートルの面積を持つ国で、2018年12月時点で約2359万の人口があります。主要都市には、台北・台中・高雄などが挙げられます。

台湾は、海外旅行先ランキングでも上位に選ばれる人気の観光スポットです。グルメやショッピングの他、見どころのある観光スポットが多く、少なくとも二泊三日の滞在日数が必要になります。余裕があれば、滞在日数を増やしてローカルエリアへ足を延ばしてみるのもおすすめです。

ビザ(査証)は、90日以内の短期観光であれば不要です。チップについても、台湾にはチップの習慣がないため基本的に不要です。物価については、日本と比べると安いですが、高級ホテルやブランド品については日本と同程度です。

Photo by Arabani

通貨の単位は、ニュー台湾ドルです。表記は「NT$」ですが、通称は幾つかあり「台湾元・台湾ドル・TWD・NTD・NT$」で表記されることがあります。呼び方が異なっていても全て同じことを表しています。紙幣には「圓(えん)」と記載されています。

東京から台湾までの所要時間は、飛行機で約3時間30分~4時間です。台湾には、台北・台中・高雄・台南に空の玄関口があります。台湾観光に利用する空港は、台北の西に位置する「桃園国際空港」や、アクセスしやすい台北市内の「台北松山空港」が便利です。

2017年(平成29年)春に台湾の地下鉄「MRT」が運行を開始し、桃園国際空港~台北中心部を快適に移動することができるようになりました。移動ルートに便利な交通手段を比較していきましょう。

Photo byquinntheislander

所要時間と料金の目安は、桃園国際空港~台北中心部をMRTで移動する場合は約40分・約160元、バスを利用する場合は約45分・約125元、タクシーを利用する場合は約45分・約1300元です。

台北松山国際空港~台北中心部をMRTで移動する場合は約15分・約20元、バスを利用する場合は約20分・約15元、タクシーを利用する場合は約15分・約150元となります。安く快適に移動できる交通手段でルートを選び、台湾観光を楽しみましょう。

移動に便利なMRTですが、乗車するためには幾つか注意すべき点があります。地下鉄MRT内は、飴やガムを口に入れる、水を飲むなどの行為は禁止されています。比較的治安の良い台湾ですが、日本とは異なります。出国前に、訪れる国のルールを確認しておくことが大切です。

Photo byfietzfotos

南北に細長い台湾の気候は、北は亜熱帯、南は熱帯地域に属します。年間を通して過ごしやすい気候ですが、夏は30度を超える日差しの強い日が多く、レストランなどの室内は冷房が効きすぎて寒いことがあります。長袖などの羽織りものを用意しておくと安心です。

また、年間を通し雨の日も多いため、晴雨兼用の折り畳み傘を用意しておくことをおすすめします。観光のベストシーズンは、平均気温が22度を超える3月~5月上旬、10月~11月です。

台湾の公用語は中国語(北京語)ですが、もともと台湾で使われていた台湾語を話す高齢の方も多くいます。簡単な台湾語を覚え、現地で挨拶してみるのもおすすめです。「こんにちは」という日本語は、中国語では「ニーハオ」、台湾語では「リーホー」といいます。

次のページ

日本にも近く観光に人気の島

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング