城崎温泉の日帰り「外湯めぐり」をご紹介!おすすめのバスツアー情報も

城崎温泉の日帰り「外湯めぐり」をご紹介!おすすめのバスツアー情報も

城崎温泉の「外湯めぐり」を日帰りで楽しむ方法をご紹介いたします。歴史があり風情溢れる城崎温泉は、兵庫の人気観光スポットです。お得な外湯めぐりチケットやバスツアー、おすすめの持ち物まで詳しくご紹介いたします。ぜひ、日帰りで城崎温泉の外湯めぐりを楽しみましょう。

記事の目次

  1. 1.城崎温泉とは?
  2. 2.城崎温泉の日帰り「七つの外湯めぐり」とは?
  3. 3.城崎温泉・日帰り「外湯めぐり」前半4か所
  4. 4.城崎温泉・日帰り「外湯めぐり」後半3か所
  5. 5.城崎温泉・日帰り「外湯めぐり」の持ち物
  6. 6.城崎温泉の外湯めぐりを日帰りで満喫しよう!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

城崎温泉とは?

兵庫県豊岡市城崎町に位置する城崎温泉は、情緒ある温泉街です。また、開湯1400年以上の城崎温泉は、歴史も深く地元の方だけではなく全国の温泉好きからも親しまれています。まずは、城崎温泉の歴史を少し振り返ってみましょう。

城崎温泉は、629年コウノトリが傷を癒していたことにより発見されたという開湯伝説が残っています。城崎温泉は、江戸時代の温泉番付にて西の関脇にランクされました。

その後、城崎温泉は日露戦争から第二次世界大戦にかけて軍人を癒す湯場として、栄えていきました。さらに、高度経済成長期の温泉ブームが到来し、城崎温泉は温泉観光地として確固たる地位を築き上げたのです。

Photo by bizmac

城崎温泉に訪れると、まず風情溢れる景観に癒されることでしょう。城崎温泉は大谿川(おおたにがわ)を中心に、温泉街として栄えています。また、大谿川に架かる太鼓橋は絶好の撮影スポットとして人気があります。夜になるとライトアップされ、さらに魅力ある景観に変わります。

ほかにも、美味しい食材に溢れている城崎温泉は食通からも人気です。城崎温泉は海も近く周辺が山に囲まれているため、新鮮な旬の食材が揃っています。城崎温泉は、温泉だけではなく食事にも満足できることでしょう。

城崎温泉は1年を通して全国からの観光客で賑わい、おすすめの温泉街です。城崎温泉に訪れると、いつでも安らぎの時間を過ごすことが出来ます。

日帰りでの外湯めぐりが楽しめる温泉地

Photo by Kentaro Ohno

城崎温泉の楽しみといえば、外湯めぐりです。旅館に泊まり外湯めぐりをするのもいいですが、立地が良く日帰りでも外湯めぐりが楽しむことが出来るのも城崎温泉の大きな魅力でもあります。

ちなみに、大阪から車で向かう場合、約2時間30分で城崎温泉に到着することが出来ます。日帰りでも十分、城崎温泉の外湯めぐりを楽しむことが出来る為ぜひ足を運んでみてください。

また、城崎温泉の各外湯では1番に入浴された男女それぞれ1名の方に、1番札のプレゼントがあります。城崎温泉の外湯めぐりに行った記念の品になる事でしょう。ぜひ、早起きして城崎温泉の外湯に並んでみてください。

城崎温泉への日帰りバスツアーも人気

フリー写真素材ぱくたそ

日帰りでも楽しめる城崎温泉は、日帰りバスツアーが人気です。日帰りで城崎温泉を訪れるため、関西発のバスツアーが中心となります。また、関西に観光で訪れる方の為にも空港発のバスツアーがあり、日帰りで気軽に城崎温泉を訪れることができます。

また、日帰りバスツアーを利用することで道中も効率よく観光名所を巡ることができます。さらに、城崎温泉のバスツアーの中には季節に合わせた旬の食材を楽しめるツアーもあります。

城崎温泉のバスツアーは、年間を通して多く企画されています。特におすすめの日帰りバスツアーの時期は、冬の時期です。冬の時期には、雪化粧の綺麗な景色とともに城崎温泉の名産である松葉ガニが味わえるバスツアーが多く、大変人気があります。

城崎温泉の日帰り「七つの外湯めぐり」とは?

Photo by Kentaro Ohno

先ほどご紹介した通り、城崎温泉といえば外湯めぐりです。城崎温泉の外湯は全部で7つもの種類があり、7つの外湯をめぐりながら日頃の疲れを癒しましょう。

7つの外湯は、それぞれ異なった特徴があり外観や雰囲気も大きく違います。ただ、泉質は共通しています。城崎温泉の泉質は、ナトリウム・カルシウム-塩化物・高温泉です。神経痛・筋肉痛・疲労回復などの効能があります。

城崎温泉の7つの外湯を制覇し、それぞれの違いも楽しんでください。そして、自分のお気に入りの外湯を見つけましょう。

七福を招く!七か所の公衆浴場をまわる

Photo by amika_san

城崎温泉にある7つの外湯は、七福を招くということでも知られています。そこで、7つの外湯それぞれのご利益を一気にご紹介します。ぜひ、外湯めぐりを計画する際は参考にしてみてください。

まず、「鴻の湯」はしあわせを招く湯として夫婦円満・不老長寿、「まんだらの湯」は一生一願の湯として商売繁盛・五穀農穣のご利益があるといわれています。

また、「御所の湯」は美人の湯として火伏防災・良縁成就、「一の湯」は開運・祝福の湯として合格祈願・交通安全のご利益があるといわれています。

Photo by Kentaro Ohno

さらに、「柳湯」は子授けの湯として子授安産、「地蔵湯」は衆生救いの湯として家内安全・水子供養のご利益があるといわれています。「さとの湯」はふれあいの湯として、地元の方からも愛されています。

城崎温泉の各外湯には、それぞれのご利益を象徴する置物や歴史があります。ぜひ、城崎温泉に訪れた際は景観や歴史にも注目してみてください。

城崎温泉の外湯7つを制覇すれば、七福を授かることができます。ぜひ、時間の許す限り城崎温泉の外湯めぐりを楽しみましょう。

城崎温泉・日帰り「外湯めぐり」前半4か所

Photo by Kentaro Ohno

それでは、城崎温泉の7つの外湯について詳しくご紹介していきます。まずは7つの外湯の内、4つの外湯をご紹介します。どの外湯も、外観から特徴的で城崎温泉の雰囲気が味わえる外湯となっています。

鴻の湯

フリー写真素材ぱくたそ

前半1つ目にご紹介する外湯は「鴻の湯」です。鴻の湯は、コウノトリが足の傷を癒しているところを見つけ、発見された温泉です。なんと、鴻の湯の建物は離れて見るとコウノトリが羽を休めている姿にも見えます。訪れた際は、建物にも目を向けてみてください。

鴻の湯の特徴は、緑に囲まれた露天風呂です。冬の時期には、雪景色も楽しむことが出来ます。鴻の湯近くでは、足湯や温泉卵作りも楽しむことが出来る為、ぜひ体験してみましょう。

鴻の湯の料金は大人600円、子ども300円です。営業時間は7時から23時までとなっています。定休日は毎週火曜日です。

住所 兵庫県豊岡市城崎町湯島610
電話番号 0796-32-2195

まんだら湯

Photo by neverbutterfly

前半2つ目にご紹介する外湯は「まんだらの湯」です。717年に、道智上人の曼陀羅(まんだら)一千日祈願によって湧き出た温泉です。まんだらの湯は、深さの違う2段のお風呂と檜桶風呂が人気です。

まんだらの湯は、男性側より女性の脱衣所が広いスペースになっており、気遣いを感じられます。さらに、車いすでもスムーズに利用できる安心のバリアフリー設計となっています。

まんだらの湯の料金は大人600円、子ども300円です。営業時間は15時から23時までとなっています。定休日は毎週水曜日です。

住所 兵庫県豊岡市城崎町湯島565
電話番号 0796-32-2194

御所の湯

Photo by Kentaro Ohno

前半3つ目にご紹介する外湯は「御所の湯」です。平成17年にリニューアルし、外湯の中では1番新しい建物です。天井が高く、露天風呂と一体になった開放的な造りが自慢で天空風呂とも呼ばれています。城崎温泉の外湯でも人気の高い外湯で、休日には行列が出来ることもあります。

御所の湯には、温泉ミストが楽しめるミストサウナがおすすめです。美肌効果抜群のミストサウナもぜひお楽しみください。外観も京都御所をイメージした、特徴的な造りとなっています。

御所の湯の料金は大人800円、子ども400円です。営業時間は7時から23時までとなっています。定休日は第1・3木曜日です。

住所 兵庫県豊岡市城崎町湯島448
電話番号 0796-32-2230

一の湯

Photo by Kentaro Ohno

前半最後にご紹介する外湯は「一の湯」です。江戸中期温泉医学の観点から、天下一の湯として推賞され一の湯と呼ばれるようになりました。その泉質は評価も高く、多くの人で賑わいます。一の湯は洞窟温泉が特徴で、神秘的な気持ちで楽しむことが出来ます。

一の湯は、城崎温泉のほぼ真ん中に位置しており、城崎温泉の象徴的な温泉でもあります。休日の夕方から行列できていることが多く、早めに訪れるのがおすすめです。また、一の湯には家族風呂もあり、子ども連れの家族からも人気があります。

一の湯の料金は大人600円、子ども300円です。営業時間は7時から23時までとなっています。定休日は毎週水曜日です。

住所 兵庫県豊岡市城崎町湯島415-1
電話番号 0796-32-2229

城崎温泉・日帰り「外湯めぐり」後半3か所

Photo by bizmac

続いて、城崎温泉の外湯7つの内後半の3つをご紹介していきます。後半にご紹介する3つの外湯は、城崎温泉駅から近く立地が良いことでも人気があります。

柳湯

Photo by bizmac

後半1つ目にご紹介する外湯は「柳湯」です。柳湯は、中国の名勝西湖から移植した柳の木の下から湧き出たことから名づけられました。柳湯の特徴は、熱めの温泉と深めのお風呂です。熱めの温度になっているため、寒い日は芯から温まることもできます。

柳湯には、表通りと裏通りの2か所に足湯があります。表通りの足湯では大谿川を見ながらゆったりとした時間を過ごすことができるでしょう。裏通りの足湯は、比較的空いていることが多く穴場でおすすめです。

柳湯の料金は大人600円、子ども300円です。営業時間は15時から23時までとなっています。定休日は毎週木曜日です。

住所 兵庫県豊岡市城崎町湯島647
電話番号 0796-32-2097

地蔵湯

Photo by Norisa1

後半2つ目にご紹介する外湯は「地蔵湯」です。地蔵湯はお地蔵さんの足元から湧き出た温泉として、地蔵湯と呼ばれるようになりました。地元の方の入浴率が1番高く、人気の高い外湯でもあります。

地蔵湯の2階には湯上りエステもあり、疲れた身体がより癒されることでしょう。また、地蔵湯は城崎温泉の外湯の中でも、1番モダンな建物としても知られています。ぜひ、外観にも注目してください。

地蔵湯の料金は大人600円、子ども300円です。営業時間は7時から23時までとなっています。定休日は毎週金曜日です。

住所 兵庫県豊岡市城崎町湯島796
電話番号 0796-32-2228

さとの湯

Photo by Kentaro Ohno

最後にご紹介する外湯は「さとの湯」です。城崎温泉駅から徒歩30秒と近い立地のため、駅舎温泉とも呼ばれています。さとの湯の特徴は、圧巻の景観を楽しめる事です。

さとの湯の屋上にある展望風呂の目の前には円山川が広がり、時にはコウノトリに会えることもあります。明るい時間帯に入浴して、景色を楽しみましょう。さとの湯にはサウナも充実しており、ゆっくりできる温泉でもあります。

さとの湯の料金は大人800円、子ども400円です。営業時間は13時から23時までとなっています。定休日は毎週月曜日です。

住所 兵庫県豊岡市城崎町今津290-36
電話番号 0796-32-0111

城崎温泉・日帰り「外湯めぐり」の持ち物

フリー写真素材ぱくたそ

続いて、城崎温泉の外湯めぐりを日帰りで楽しむ方の持ち物についてご紹介したします。まず、城崎温泉でおすすめの持ち物は浴衣です。城崎温泉ではほとんどの方が、浴衣に下駄を履いて外湯めぐりを楽しんでいます。

城崎温泉には、外湯めぐりにぴったりの浴衣レンタル店がいくつかあるので、ぜひ利用しましょう。持ち物が増えるのが面倒な方でも、気軽にレンタルできるので安心です。

浴衣で外湯めぐりをすることによって、着替えの手間も少なく済みます。また、城崎温泉の景色と浴衣がよく合い、写真映えにもなるでしょう。ぜひ、浴衣を持ち物に入れるかレンタルを利用しましょう。

Photo by Kentaro Ohno

さらに、城崎温泉の外湯めぐりでは飲み物が欠かせない持ち物です。入浴後は、汗もかくため必ずこまめに水分補給するようにしましょう。

ほかには、予備の靴下も持ち物に入れておくと便利です。外湯めぐりをする際、移動が多いため汚れることもあります。また、濡れている床や汚れを気にせず歩くことが出来ます。

女性の方は、化粧直しのグッズも持ち物として用意しておくと安心です。化粧水や乳液といったスキンケア類も、置いていない所もあるため持ち物に入れておきましょう。

「1日ぐるっと、入り放題外湯めぐり券」がおすすめ

城崎温泉の外湯を3つ以上入る場合は「1日ぐるっと、入り放題外湯めぐり券」がお得でおすすめです。2つの外湯に入るだけでお得になる場合もあるため、ぜひ利用しましょう。

1日ぐるっと、入り放題外湯めぐり券の料金は、大人1300円子ども、650円です。販売場所は各外湯の窓口にて販売しています。城崎温泉のどの外湯でも販売しているので、お目当ての外湯で購入しましょう。

購入後は、各外湯の窓口にある読み取り機にチケットの裏のQRコードをタッチするだけで入場することができます。より効率的に外湯めぐりを楽しむことができ、便利です。

アメニティ―は充実!

Photo byRitaE

城崎温泉の各外湯には、シャンプー・リンス・石鹸などのアメニティーが揃っています。アメニティーが充実しているため、手持ちの荷物も少なくなり嬉しいサービスです。

一通りのアメニティーが揃っていますが、敏感肌の方や髪質が気になる方は使い慣れた自分用を持っていく方がおすすめです。自分の気分や肌に合わせて、持ち物も選びましょう。

タオルは多めに持っていくのがおすすめ

Photo byTesaPhotography

日帰りで城崎温泉の外湯めぐりをする方は、タオルは必須の持ち物です。それは、外湯の施設によってはタオルの貸し出しがない場合もあるからです。

身体の水滴を拭くタオルや汗を拭くタオル等、多くの外湯に入ると1枚だと足りない場合もあります。大小のタオルに予備のタオルもあると安心でしょう。念のため、多めのタオルを持っていると安心です。

住所 兵庫県豊岡市城崎町湯島357-1
電話番号 0796-32-3663

城崎温泉の外湯めぐりを日帰りで満喫しよう!

Photo by PYONKO

城崎温泉の外湯めぐりは日帰りでも十分楽しむことができます。城崎温泉で風情溢れる景色と美味しい料理を楽しみ、最高の温泉に癒されながら特別な休日を過ごしてください。

また、城崎温泉に訪れた際は、お得な外湯めぐりのチケットや充実プランのバスツアーも利用もおすすめです。ぜひ、城崎温泉の外湯めぐりを日帰りで満喫しましょう。

田中じゅり
ライター

田中じゅり

ご覧いただきありがとうございます!神戸出身の田中じゅりです。休日は子どもと一緒にお出かけし、アクティブに過ごしています。旅行や美味しいものを食べることが大好きで、リサーチしている時間も楽しいです。読者の方々にも、行ってみたい!食べてみたい!をたくさんお届けできるように頑張ります。よろしくお願いします。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング