多摩動物公園の駐車場情報まとめ!料金が安い場所や無料の穴場は?

多摩動物公園の駐車場情報まとめ!料金が安い場所や無料の穴場は?

多摩動物公園は、飼育されている動物の種類が多く、子供から大人まで楽しめる人気の動物園です。繁忙シーズンには多くの人が訪れる場所であり、車で来園する人も多いです。今回は多摩動物公園の駐車場情報をまとめました。駐車料金や、無料の穴場駐車場などをご紹介します。

記事の目次

  1. 1.多摩動物公園ってどんなところ?
  2. 2.多摩動物公園の駐車場情報
  3. 3.多摩動物公園周辺の駐車場料金はどのくらい?
  4. 4.多摩動物公園周辺で安い駐車場を調査!
  5. 5.多摩動物公園周辺で穴場の駐車場は?
  6. 6.多摩動物公園の駐車場・無料の駐車場はある?
  7. 7.多摩動物公園周辺の駐車場を調べて遊びに行こう!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

多摩動物公園ってどんなところ?

Photo bypen_ash

多摩動物公園は東京都日野市にある動物園です。50ヘクタールを超える敷地に300種以上の動物を飼育しており、規模が大きい動物園です。1958年に開園して以来60年以上の歴史があります。

動物をできるだけ自由な姿で展示するため、檻のかわりに壕で仕切り、広い放飼場に放養形式で展示しています。野生で群れをつくる動物は群れで飼育しているため、自然に近い形で動物たちを観察することができます。

多摩動物公園は当時世界初だったライオンバスや昆虫生態園の設立など、新しい試みや工夫をいち早く導入し、動物園の中でも先駆け的な存在を担っています。二ホンコウノトリやトキなどの希少な動物の保護して増殖させるという活動も積極的に行っています。

Photo by tsukunepapa

多摩動物公園では、「アジア園」や「オーストラリア園」、「アフリカ園」、「昆虫園」と生息地ごとに展示しています。動物園の定番であるライオンやパンダ、キリンも飼育されています。

多摩動物公園でしか見られない珍しい動物もいます。例えば絶滅危惧種のタスマニアデビルは、アジア全体でも飼育しているのは多摩動物公園だけです。黒くて可愛らしい見た目の希少な動物です。

中でも人気なのは、「オランウータンのスカイウォーク」です。高さ10メートルの位置に張ってある、長さ150メートルのロープをオランウータンが器用に綱渡りをします。体の大きなオランウータンが軽快に綱を渡っていく様子には迫力があります。

Photo by tsukunepapa

では、多摩動物公園の入園料に関する情報をご紹介します。一般の方が600円、都外に住む中学生は200円、65歳以上は300円です。小学生以下の方と都内に在住・在学している中学生は無料です。

また5月4日(みどりの日)、5月5日(開園記念日)、10月1日(都民の日)は、入園料無料で多摩動物公園を楽しむことができます。9月15日~9月21日の「老人週間」は、60歳以上の方と付き添いの方1名が無料です。

多摩動物公園を入園料無料で楽しむことができるのはとてもお得です。多摩動物公園にまだ行ったことがない方には、入園料が無料のときに行くのをおすすめします。

フリー写真素材ぱくたそ

次は、多摩動物公園のアクセス情報についてご紹介します。まず電車を利用する場合は京王線、多摩都市モノレール「多摩動物公園駅」から徒歩1分で着きます。

新宿駅から行く場合、京王線高尾山口、京王八王子方面行きの特急または準特急電車に乗り、高幡不動駅で多摩動物公園行きに乗り換えて1駅です。乗換時間を含まない乗車時間は40分ほどです。

車を利用する場合は、国立府中インターから多摩動物公園まで約6キロメートルです。日野方面出口に降りて日野バイパスを日野方面に直進します。石田大橋を渡って、万願寺駅前のモノレール下信号を左折、線路下の都道503号を直進すると到着します。

次のページ

多摩動物公園の駐車場情報

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング