島原で行きたい観光スポット7選!定番観光地からデートにおすすめ穴場まで

島原で行きたい観光スポット7選!定番観光地からデートにおすすめ穴場まで

島原の乱で知られる長崎県島原市は、水の都と言われるとても美しい観光地です。また、情緒溢れる雰囲気もとても魅力的な観光地です。そんな島原でおすすめの定番観光地から穴場スポット、デートスポットまで幅広くご紹介いたします。ご旅行の参考にしてみてください。

記事の目次

  1. 1.長崎に来たら島原観光は外せない!
  2. 2.島原ってどんなところ?
  3. 3.「島原観光」定番観光スポット・3選
  4. 4.「島原観光」デートにおすすめのスポット・2選
  5. 5.「島原観光」穴場観光スポット・2選
  6. 6.番外編:「島原観光」おすすめグルメスポット
  7. 7.番外編:「島原観光」おすすめイベント
  8. 8.島原観光は癒しの旅に!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

長崎に来たら島原観光は外せない!

Photo by kubotake

長崎県で観光と言われたら、ハウステンボスや夜景などを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。長崎県の南東部、島原半島にある島原市は癒しの多い魅力的な穴場観光地です。

島原市は水の都と言われ、その美しさから環境庁の全国名水百選にも選定されています。その数はとても多く、島原の各地で透き通った湧き水で泳ぐ鯉などを見ることが出来ます。また湧き水だけでなく、海や山にも面しているため自然も豊富です。

島原は懐かしい日本の原風景に出会える観光地

Photo by G4GTi

島原は、自然と歴史情緒溢れる風景が魅力な観光スポットとしても有名です。「島原城」や「島原武家屋敷」などの歴史的な建造物もとても多いです。

「島原武家屋敷」では、歴史情緒溢れる景色を堪能しながら通りの中心に流れる湧き水を見ることが出来たりと、日本の原風景を感じさせてくれる癒しの観光地です。

カップルならハートの石探しも楽しい

フリー写真素材ぱくたそ

島原には、見つけたら恋愛運が上がるかもと言われるハート石が様々な観光地に隠れています。島原半島の海の玄関口である島原外港や緑地公園、また島原城の石垣など様々な場所にハート石があります。

知る人ぞ知る、穴場のスポットです。見つけたらラッキーなハート石を、観光地を巡りながらカップルで一緒に探してみるのも楽しいでしょう。

島原ってどんなところ?

フリー写真素材ぱくたそ

島原の乱や雲仙普賢岳などで有名な場所ですが、島原は実際にどんなところなのか、あまり想像できない方もいるかもしれません。懐かしい原風景に出会える、水の都と言われる「島原」について詳しくご紹介していきます。

長崎県・島原半島の中心都市

Photo by A_CUVE

島原市は長崎県南東部の島原半島にある、島原半島の中心都市です。有明海に面する都市で、市内の西部には雲仙岳の山々もあり、海と山と自然に溢れた温暖な気候の地域です。

それだけでなく、旧城下町の懐かしい街並みが島原の各地に残っています。また、島原城や武家屋敷などの歴史情緒あふれる観光地も多い魅力的な都市です。

古くから政治・経済・文化の中核的役割を担う都市

Photo byGellinger

古くから中核的な都市であった島原市は、明治時代廃藩置県によって一時期は長崎県ではなく、島原県であったほどの中核的役割を担っていました。

かつて、江戸時代には松平七万石の城下町としてもとても栄えている都市でした。その名残もあり、歴史的な観光スポットがとても多い都市となっています。

今も城下町の名残を多く残す

Photo bySichiRi

かつての名残があり歴史を感じる、どこか懐かしい街並みの残る島原市では、日本100名城にも選ばれている島原城や城下町の面影が残る武家屋敷などの歴史的な定番の観光スポットが数多くあります。

他にも、街を歩いているとどこかレトロな懐かしい建物などがあり、まるでタイムスリップしたかのような落ち着いた時間が島原には流れています。

湧き水に恵まれた土地

フリー写真素材ぱくたそ

そんな島原市の自慢は、なんといっても美しい湧き水に恵まれていることです。なんと、「日本名水百選」や「水の都」にも指定されています。島原市内での湧き水量は非常に多く、島原市内の各地で湧き水を見ることが出来ます。

「水の都」

Photo byjamie_nakamura

水の都と言われる、島原市内の湧き水地はなんと約70か所もあり、一日に約22万トンもの湧き水量があります。水の都と言われる所以がよくわかります。

市内にある湧き水スポットでは、毎日たくさんの人が水を汲みに訪れるそうです。湧き水スポットが大変多いので、穴場の湧き水スポットを探してみるのも楽しいかもしれません。そんな島原では、美しい湧き水で作られた水路が町中に広がっております。

町を歩いているだけでも、多くの湧き水をみることができますが、例えば武家屋敷のすぐそばにも湧き水が流れていたりと定番観光スポットの近くにも多く流れています。美しい湧き水が流れる景色に、心がとても癒されます。

「島原観光」定番観光スポット・3選

Photo by TANAKA Juuyoh (田中十洋)

水の都や歴史情緒あふれる風景が特に魅力的な島原ですが、人気の定番観光スポットがいくつかございます。そんな島原の行かないと勿体無い、定番の観光スポットについてご紹介します。ぜひ、ご旅行の参考にしてください。

「島原城」

まず始めにご紹介する島原観光の定番スポットは、荘厳な面影を残す「島原城」です。「島原城」は、松倉重政が約7年もの歳月をかけて築城されたお城です。高く頑丈な石垣が特徴で、高くそびえる5つの天守閣は荘厳な雰囲気を醸し出してくれます。

現在は、キリシタン資料を中心都市、他にも島原の歴史を残す郷土資料博物館となっています。城内以外でも楽しめる観光スポットとなっており、島原城の本丸内には約300本の梅の花があり1月下旬から3月上旬までは美しい梅の花を見ることが出来ます。

土日祝日の夜の時間帯には、イベントを行っており、普段は入ることのできない夜の天守閣に入ることが出来ます。ここでしかできないとても楽しい体験ができます。時期によっては開催されていないのでご注意ください。

開場時間は、9時から17時半、入館料は大人550円、小中高生280円です。尚、年中無休でして開城おります。島原と言えばここと言えるほど、島原観光では絶対外せない定番観光地です。

住所 長崎県島原市城内1丁目1183-1
電話番号 0957-62-4766

「四明荘」

次にご紹介する島原観光の定番スポットは、美しい湧き水に泳ぐ鯉をみることができる「四明荘」です。「四明荘」も、島原城に続く島原観光では絶対に外せない観光スポットです。

「四明荘」では、池に張り出す形で作られた庭園となっており、一段高い座敷から庭園や一面に広がる湧き水を見ることが出来、その景色は圧巻です。座敷から、何気なく湧き水に泳ぐ鯉を観察するととても癒されます。デートでもおすすめのスポットです。

尚、営業時間は9時から18時までとなります。料金は、大人310円、お子様は150円です。島原の美しい湧き水だからこそ完成した「四明荘」に、ぜひ島原観光の際は訪れてみてください。

住所 長崎県島原市新町二丁目
電話番号 0957-63-1121

「がまだすドーム」

最後にご紹介する島原観光の定番スポットは、雲仙岳災害記念館の「がまだすドーム」です。「がまだすドーム」は、雲仙普賢岳の噴火について学びながら楽しむことのできる施設できます。

噴火のジオラママッピングや火砕流の様子を再現した演出など、リアルに雲仙岳の噴火などについて学ぐことが出来ます。館内には、こどもジオパークというものもあり、ボルダリングやトランポリンなど楽しく遊びながら学べる施設が充実しています。

こちらは屋内なので、雨の日でもお子様が楽しく遊べるようなことが出来る施設です。外で観光できない日にお子様と一緒に来たら、お子様もとても楽しめる施設です。

営業時間は9時から18時、こどもジオパークについては10時から17時となっています。雲仙岳の歴史をリアルに楽しく体験し学ぶにはおすすめの施設です。

住所 長崎県島原市平成町1-1
電話番号 0957-65-5555

「島原観光」デートにおすすめのスポット・2選

フリー写真素材ぱくたそ

島原には癒しの観光地が多く、デートにもおすすめな観光地がいくつかございます。島原観光でおすすめのデートスポットをご紹介いたします。ぜひ、デートで訪れる際の参考にしてみてください。

「ゆとろぎの湯」

まず一つ目にご紹介する、島原観光にお勧めのデートスポットは「ゆとろぎの湯」です。島原市の中心部にある、島原温泉を気軽に楽しむことが出来る施設です。

館内には、源泉かけ流しの温泉や薬湯、サウナなどがあり、無料で楽しむことが出来る足湯もあります。観光やデートなどで疲れた体を癒してみるのにおすすめです。

観光施設からもほど近いので、休憩としてデートなどで日帰りでふらっと寄ってみるのにおすすめです。営業時間は、10時から21時です。毎週水曜日が定休日なのでお気を付けください。料金は、大人は530円となっています。

住所 長崎県島原市堀町171-3
電話番号 0957-63-1126

「島原武家屋敷」

二つ目にご紹介する島原観光にお勧めのデートスポットは、情緒あふれる景色の「島原武家屋敷」です。通りの中心には、湧き水が流れておりとても美しいです。過去には、70石以下の徒士屋敷約700戸が軒を連ねていた武家屋敷で、島原城の西部にあり、全長約400mに武家屋敷が連なっています。

現在、3軒無料開放している屋敷があり、昔の暮らしを眺めることが出来ます。穴場の休憩スポットなどもあり、スイーツを味わえるお店もあります。観光デートの際、ふらっと寄ってみても楽しいと思います。尚、開放時間は9時から17時までとなります。

住所 長崎県島原市下の丁
電話番号 0957-63-1087

「島原観光」穴場観光スポット・2選

Photo byFree-Photos

定番スポットや有名な観光地もいいですが、穴場スポットでのんびり観光したいという方もいらっしゃるのではないでしょうか。そんな方におすすめの島原の癒しの穴場観光スポットをご紹介いたします。

「しまばら湧水館」

まず一つ目にご紹介する穴場観光スポットは、「しまばら湧水館」です。「しまばら湧水館」は、鯉の泳ぐまちの中心部にある無料の休憩所です。昭和初期に建築した、歴史を感じる昔懐かしい屋敷の中にある建物となっており、室内から見える庭はとても美しいです。

「しまばら湧水館」では、島原の郷土料理のかんざらしというスイーツの手作り体験もできます。こちらは300円と有料になります。島原ならではの郷土料理の作成の体験を行いながら、穴場の「しまばら湧水館」で、ゆっくり休憩してみてはいかがでしょうか。営業時間は9時から17時となります。

住所 長崎県島原市新町2-122
電話番号 0957-62-8102

「青い理髪館」

二つ目ににご紹介する穴場観光スポットは、大正レトロな外観がとてもおしゃれな「青い理髪館」です。1950年~1980年代までは、理髪店として営業を行っており、現在は1階は喫茶店、2階はミニギャラリーとなっています。

喫茶店では、地元の郷土料理のスイーツやランチメニューを味わうことが出来ます。「青い理髪館」は島原城近くにあり、観光に疲れたらふらっと寄ってみてもいいかもしれません。

また、外観も内観もレトロな雰囲気がとてもオシャレで女性にはおすすめの穴場観光スポットです。写真映えしそうな、とても可愛らしいスポットです。

尚、営業時間は月曜日は10時半から17時、火曜日から日曜日は10時半から19時までです。定休日は、木曜日と第1・3水曜日が休みとなります。ぜひ、穴場スポットの「青い理髪館」に行ってみてください。

住所 長崎県島原市上の町888-2
電話番号 0957-64-6057

番外編:「島原観光」おすすめグルメスポット

フリー写真素材ぱくたそ

魅力的な観光地が多い島原ですが、そんな島原のおすすめのグルメをご紹介します。定番のグルメスポットから穴場のグルメスポットまで、場広くご紹介します。

「魚人市場 とっとっと食堂」

まず始めにご紹介する、おすすめグルメスポットは「魚人市場 とっとっと食堂」です。自然豊富な島原半島の山の幸、そして有明海の海の幸を堪能できます。おすすめは、有明海の魚介類を堪能できる海鮮丼や魚介類を味わえる定食です。

「魚人市場 とっとっと食堂」では、お食事処だけでなく、釣り堀や市場棟などもあります。営業時間は、11時から15時、木曜日が定休日となります。地元グルメを満喫するにはおすすめのグルメスポットです。ぜひ、足を運んでみてください。

住所 島原市湊新地町451
電話番号 0957-63-9911

「島原城前 元祖 姫松屋 本店」

次にご紹介する、おすすめグルメスポットは「島原城前 元祖 姫松屋 本店」です。島原名物の「具雑煮」を味わうことが出来る、元祖「具雑煮」のお店です。創業はなんと200年にも及びます。「具雑煮」は、お野菜たっぷりで、だしがとてもおいしいのが特徴です。

営業時間は、11時から19時です。尚、第二火曜日が定休日となります。たまに変更される場合もあるそうなので、事前にチェックしましょう。島原の郷土料理を堪能するには、とてもおすすめのグルメスポットです。

住所 島原市城内1丁目1208-3
電話番号 0957-63-7272

「雲龍亭」

次にご紹介する、おすすめグルメスポットは「雲龍亭」です。「雲龍亭」は、地元の大衆食堂のような雰囲気で気軽に中華料理を堪能することが出来ます。

「雲龍亭」の定番料理は、地元食材にこだわった長崎名物のちゃんぽんや一口餃子です。特に一口餃子が人気があり、これを求めてくる人も多いようです。

営業時間は、ランチ11時半から15時、ディナー18時から24時まで営業しています。不定休なので、ご注意ください。ご紹介した料理以外にも人気メニューが数多くあるので、ぜひ訪れてみてください。

住所 長崎県島原市弁天町1丁目7118
電話番号 0957-64-4838

「平野鮮魚」

次にご紹介する、おすすめグルメスポットは「平野鮮魚」です。「平野鮮魚」は、魚屋さんが営業しているお店で海鮮料理を堪能することが出来ます。特に人気のメニューが海鮮丼です。

定食メニューは800円からと、地元の美味しい海鮮をリーズナブルに提供してくれるお店です。ロケーションもばっちりで、海を見ながら食事をすることもできます。

営業時間は、11時半から14時半、毎週水曜日が定休日です。お財布にも優しく、おいしい海鮮料理を堪能できるお勧めのお店です。ぜひ訪れてみてください。

住所 長崎県島原市中組町257-1
電話番号 0957-62-4644

「茶房&ギャラリー 速魚川」

最後にご紹介する、おすすめグルメスポットは「茶房&ギャラリー 速魚川」です。「茶房&ギャラリー 速魚川」でのおすすめはスイーツです。

島原の名物料理のかんざらし、かき氷やあんみつ、食べるミルクセーキなど様々なスイーツが堪能できます。また日本家屋を活かした店内は、非常に落ち着いていてほっと一息つくことが出来ます。

営業時間は、11時から18時です。定休日は、毎週水曜日と第三木曜日となります。雰囲気も良く、とても落ち着ける魅力的なグルメスポットです。

住所 長崎県島原市上の町912
電話番号 0957-62-3117

番外編:「島原観光」おすすめイベント

Photo byFree-Photos

島原では、四季折々様々なイベントが開催されています。島原観光と合わせて、イベントを楽しむのもおすすめです。島原ではどんなイベントが行われているのかご紹介していきます。

「島原城「春まつり」」

Photo byHans

まず始めにご紹介するのは、島原城「春まつり」です。島原城には200本近くの桜が植えられており、桜とお城の美しいコントラストを見ることが出来ます。

「春まつり」では、お茶会や忍者体験など様々なイベントが行われています。例年3月下旬の土日に開催されており、今年の情報はまだ発表されておりません。最新の情報は公式HPでご確認ください。

住所 長崎県島原市城内1-1182
電話番号 0957-62-4766

「島原の精霊流し」

次にご紹介するのは、「島原の精霊流し」です。「島原の精霊流し」は、竹とわらで作る精霊船に切子灯籠を飾り付けた精霊流しです。長崎県でも精霊流しは行われているのですが、島原の精霊流しはより本格的で精霊船を実際に有明海に流します。

「島原の精霊流し」は、毎年8月15日に開催されるイベントです。ここでしか味わえない感動的な精霊流しに、ぜひ訪れてみてください。

「島原温泉ガマダス花火大会」

次にご紹介するのは、「島原温泉ガマダス花火大会」です。島原外港で行われる花火大会で、島原半島最大級です。約50分連続して花火が上がり、その景色は圧巻です。島原半島だけでなく、長崎県の中でも定番の人気の花火大会です。

昨年は8月下旬に開催されています。今年の開催日程はまだ未定ですので、ホームページでご確認ください。美しい圧巻の花火は、デートで訪れるのもおすすめです。

住所 長崎県島原市島原港一帯
電話番号 0957-62-3986

「島原城薪能」

次にご紹介するのは、「島原城薪能」です。「島原城薪能」は、夕方から夜にかけて島原城のライトアップされた幻想的な景色近くの広場で行われる薪能です。毎年10月ごろに開催されるイベントです。

住所 長崎県島原市島原市城内1-1183-1 島原城天守閣前広場
電話番号 0957-62-2101

「島原ウインターナイトファンタジア」

最後にご紹介するのは、「島原ウインターナイトファンタジア」です。巨大なクリスマスツリーや様々なイルミネーションが彩っており、島原の定番のデートスポットでもあります。

例えば、カップルのデートにおすすめのロマンティックゾーンやお子様にもおすすめなアニマルゾーンやキャラクターゾーンなど様々です。昨年は、12月から1月にかけて1か月ほど開催されておりました。冬場に、島原観光に訪れた際はぜひ訪れてみてください。

住所 島原港緑地公園
電話番号 0957-63-1111

島原観光は癒しの旅に!

Photo by ict.wa4

島原観光についてご紹介いたしましたがいかがでしたか。島原は、水の都と言われるほど美しい湧き水が流れる町なので、癒されるスポットがとても多い魅力的な観光地です。穴場スポットも多く、のんびり旅行や癒しのデートなどにおすすめな観光地です。

島原周辺だけでなく、長崎県全体的に魅力的な観光地が沢山ございます。そちらも併せて回ってみるのもいいかもしれません。ぜひ、癒しのご旅行の参考にしてみてください。

らーさん
ライター

らーさん

埼玉出身のらーさんです。情緒溢れる街並みや自然が溢れる地域が好きで、一人旅に行くのが趣味です。あとは、埼玉出身ということもあり年に4回秩父へ行くほど大の秩父好きです。情緒溢れる街並みや自然が溢れる地域、秩父やまた島旅行も好きなので、これに関する記事をお届けしたいと思います!

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング