すき焼きの具材おすすめランキングTOP7!定番の野菜や高級品も

すき焼きの具材おすすめランキングTOP7!定番の野菜や高級品も

すき焼きは関東と関西では作り方がちょっと違いますが、具材はほとんど同じです。でも日本全国を見てみると、牛肉ではなく豚肉や鶏肉、魚肉を具材にしたすき焼きが食べられているところもあります。すき焼きのおすすめの具材をランキングにしてご紹介しましょう。

    記事の目次

    1. 1.すき焼きのおすすめ具材は定番の野菜や高級品などたくさん
    2. 2.すき焼きのおすすめ具材ランキング:TOP7~TOP5
    3. 3.すき焼きのおすすめ具材ランキング:TOP4~TOP2
    4. 4.すき焼きのおすすめ具材ランキング:TOP1
    5. 5.すき焼きのおすすめ具材を味わってみよう

    店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

    すき焼きのおすすめ具材は定番の野菜や高級品などたくさん

    Photo by masuidrive76

    日本人は牛肉を食べることが文明開化の頃まではありませんでした。もともとすき焼きは関西で始まった料理で、最初に鉄板の上で肉を焼いて最初に肉を食べ、鉄板に残った肉の脂で野菜などを焼いて食べる、肉と野菜は別々に調理する鉄板焼きに近いものだったと言われています。

    文明開化の頃から、関東では横浜、関西では京都のあたりに庶民が食べるすき焼きの店が次々に開店しました。関東で食べるすき焼きと、関西で食べるすき焼きは、具材は同じでしたが作り方が違うものだったそうです。

    Photo by Koji Horaguchi

    今でも関西のすき焼きと関東のすき焼きは、調理法が違います。関東のすき焼きは最初から割り下に全部の具材を入れて煮込みますが、関西のすき焼きは最初に肉を焼いて、次に砂糖と醤油を入れて野菜やしらたきなどの具材を入れます。

    関西のすき焼きは、砂糖と醤油を入れますが割り下は使いません。味が濃く煮詰まってきたら酒か水を加えて薄めます。具材によって調味料の濃さも変わってくるので、作るたびにすき焼きの味が違ってくるのです。

    豚肉
    ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

    関東と関西のすき焼きの作り方の違いをお話ししましたが、すき焼きは日本全国それぞれに具材も異なります。例えば、北海道や東北地方、北関東や新潟県などでは、牛肉を使わず豚肉をすき焼きの具材として使うことが多かったそうです。

    また、滋賀県や愛知県では、すき焼きの具材として鶏肉を使う場合があり、滋賀県の琵琶湖の沿岸では、湖の魚や川の魚を具材として使うこともあります。高知県では鯨の肉をすき焼きの具材として使うことがとてもよくあります。

    クリックすると楽天商品ページへ飛びます

    このように、場所によってすき焼きの作り方や具材は違いがあるのですが、一般にすき焼きに入れる具材とはちょっと違う具材を入れる楽しみ方もあります。例えば、すき焼きの具材として、おでんの具材を入れたらどうでしょうか?

    こんにゃく、竹輪、はんぺんをすき焼きの具材として実際に入れてみると、驚くほど美味しかったという声がよく聞かれます。練り物がすき焼きの具材として合うのならば、かまぼこやさつま揚げなどもすき焼きの具材としておいしいに違いありません。

    クレソン
    ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

    すき焼きに春菊を入れるのはつきものですが、春菊は香りが強いので苦手な方も少なくないと思います。特に子供は春菊の匂いがきつすぎることがよくあるようです。春菊の代わりに緑色の具材といえば、水菜や小松菜、青梗菜、そしてクレソンはなかなか乙な味、と好まれる人が多いです。

    すき焼きの変わり種の具材といえば、ナス、トマト、アスパラガスと、ちょっとすき焼きの具材としては考えつかない野菜が、実はすき焼きに入れるとおいしいのです。

    もちろん好みは分かれると思いますが、すき焼きの具材としてはちょっと高級すぎるのではないかと思われる、松茸を入れる人もいるのだそうです。

    Photo by torisan3500

    家で食べるすき焼きはとてもおいしいですが、高級店で食べるすき焼きはまた一味違うことでしょう。大阪の近鉄日本橋駅の近くにある、すき焼きの老舗「本 せきぐち」のすき焼きは、関西風にザラメと薄口醤油で焼き上げた牛肉を、山芋と白だしを混ぜたタレで食べます。

    「本 せきぐち」のすき焼きの、一枚目の黒毛和牛肉は生卵で食べるのですが、二枚目をつけダレで食べるというのがなんとも新鮮です。ザラメと醤油で下味がついた牛肉を、山芋と白だしで食べるというのが非常においしそうです。家庭でも真似できるのではないでしょうか。

    茄子
    ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

    もう一つ、高級すき焼きの老舗で有名な、東京の人形町にある「今半 本店」では、具材に今半の焼きが入った「麩」や、人参、オクラなどの野菜の他に、先ほど変わり種の具材として例に挙げたナスも、今半のすき焼きの季節の具材として並ぶことが多いそうです。

    基本的にすき焼きの具材は、何を入れてもおいしいのではないかと思ってしまいます。なぜなら、すき焼きの具材として、アボカドやカマンベールチーズを入れる人もいるようだからです。

    色々な具材を、関東風、関西風の作り方で調理し、生卵につけて食べるだけではなく、色々なつけダレも工夫してみてはいかがでしょうか。

    すき焼きのおすすめ具材ランキング:TOP7~TOP5

    Photo by leesean

    すき焼きの具材について色々お話ししましたが、すき焼きを食べる上でこれは外せない、おすすめの具材をランキングでご紹介しましょう。

    7位:椎茸

    クリックすると楽天商品ページへ飛びます

    まずは、すき焼きのおすすめ具材ランキング、第7位としてあげられるのが「椎茸」です。日本には色々なきのこがありますが、日本料理でもっとも使われるのが椎茸ではないでしょうか。生椎茸だけではなく、干し椎茸は素晴らしい出汁が取れる欠かすことができない日本の食材です。

    すき焼きの具材として食べる椎茸は、肉厚な椎茸に割り下や調味料が絡んで、それを生卵と一緒に食べる味は格別です。すき焼きの具材として決して外したくない具材です。

    6位:白菜

    クリックすると楽天商品ページへ飛びます

    すき焼きのおすすめ具材ランキング、第6位は「白菜」です。白菜は日本の漬物や、韓国のキムチと、食卓には欠かすことができない野菜です。

    英語ではChinese cabbageといい、もともとは中国で栽培されていた野菜でした。朝鮮半島にも、1905年に日本から持ち込まれたという記録があります。

    白菜は水気がたっぷり含まれていて、ビタミンも豊富で、イソチオシアネートという抗がん作用がある物質がたくさん含まれている、健康に良い野菜です。すき焼きで食べる白菜は堪えられません。

    5位:春菊

    クリックすると楽天商品ページへ飛びます

    すき焼きのおすすめ具材ランキング、第5位は「春菊」です。春菊はすき焼きだけではなく、鍋にも欠かせない具材です。

    春菊を食べるのは東アジアだけなのですが、実は春菊は地中海沿岸が原産地なのです。近頃はヨーロッパでも、オーガニックの野菜が並ぶ市場でたまに見かけられるそうです。

    春菊は緑黄色野菜の中でも、たっぷりのビタミン、カルシウム、鉄分、抗酸化作用と栄養価が飛び抜けて高い野菜なので、世界中でその良さが注目されているようです。ぜひすき焼きの具材として、大いに利用しましょう。

    すき焼きのおすすめ具材ランキング:TOP4~TOP2

    きのこ
    ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

    醤油と砂糖の甘味がまったりと絡んだ具材に、生卵をつけて食べるすき焼きの味は格別です。すき焼きにぜひとも入れたい人気の具材をご紹介しましょう。

    4位:えのき茸

    クリックすると楽天商品ページへ飛びます

    すき焼きのおすすめ具材ランキング、第4位は「えのき茸」です。えのき茸は色々な食材と、あらゆる調理法でマッチングしてくれる素晴らしい食材です。えのき茸特有の歯ごたえも大きな魅力の一つです。

    えのき茸には食物繊維とミネラルが豊富に含まれているので、健康にとても良いすき焼きの具材です。割り下やザラメと砂糖のおいしい味を楽しめる、えのき茸のクセのない味わいはすき焼きの具材としてなくてはなりません。

    キノコはえのき茸だけではなく、エリンギやシメジもおいしいすき焼きの具材としておすすめです。マッシュルームをすき焼きの具材とする人もいるそうです。

    3位:ネギ

    クリックすると楽天商品ページへ飛びます

    すき焼きのおすすめ具材ランキング、第3位は「ネギ」です。すき焼きの具材は、最初は牛肉とネギだけだったそうです。それほどネギというのはすき焼きに欠かせない、定番の具材なのですが、確かにネギのないすき焼きというのはちょっと想像ができません。

    ネギは麺類や冷奴、納豆などの薬味として欠かせません。また味噌汁や鍋料理にも必ずと言っていいほど使われる食材です。日本料理にとってネギは定番の野菜ですが、すき焼きの具材としては欠かすことのできない定番の食材です。

    2位:焼き豆腐

    Photo by ajari

    すき焼きのおすすめ具材ランキング、第2位は「焼き豆腐」です。焼き豆腐はすき焼きの具材としては必ずと言っていいほど使われる定番食材です。焼き豆腐は表面を炙ってあるので豆腐と比べると崩れにくく、色々な料理に使われています。

    焼き豆腐は店で購入しなくても、木綿豆腐があれば自分で作ることができます。フライパンで温めたサラダオイルに、しっかり水切りをして、幾つかに切り分けた木綿豆腐を入れて焦げ目がつくまで中火〜強火で両面焼くだけです。是非お試しください。

    すき焼きのおすすめ具材ランキング:TOP1

    ランキング1位
    ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

    すき焼きのおすすめ具材ランキングのトップと言ったら、お分かりの方がほとんどだと思います。これなしではすき焼きを楽しむことができない、定番中の定番です。

    1位:牛肉 ロース

    クリックすると楽天商品ページへ飛びます

    すき焼きのおすすめ具材、第1位は「牛肉 ロース」です。すき焼きに使う牛肉として、ロースが好きな人ともも肉が好きな人の二つに分かれると思います。牛のロースは柔らかく脂肪の甘味が味わえる「霜降り肉」が好きな人にぴったりのすき焼き肉です。

    そして牛のもも肉は、脂肪分が少ないのでカロリーが低く、肉の旨みを味わえる肉なのですが、加熱時間が長いと硬くなってしまいがちです。ロースはすき焼きのように煮る時間が長くても柔らかく食べられるので、すき焼きにはもっともおすすめの牛肉です。

    クリックすると楽天商品ページへ飛びます

    ちなみにすき焼きに使う高級牛肉 ロースとしてあげられるのが、「松坂牛」「黒毛和牛」「神戸牛」です。高級すき焼き店に行って高級すき焼きを食べるのも素晴らしいご馳走ですが、自宅で高級牛肉を仕入れてオリジナルの高級すき焼きを味わうのもグッドアイデアです。

    煮込んでもとろとろっとした食感がgood

    クリックすると楽天商品ページへ飛びます

    牛肉 ロースは霜降り肉なので、すき焼きのように煮込んでもとろとろっとした食感がおいしい、コクがあって味わい深いすき焼きが楽しめます。是非牛肉 ロースのすき焼きを、いろんな食材とあわせてお楽しみください。

    すき焼きのおすすめ具材を味わってみよう

    高級牛肉
    ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

    すき焼きの具材は、定番の具材、そしていろんな食材が豊富にスーパーで手に入る今の時代、ちょっと冒険をしてすき焼きにぴったりの新具材を発見できるかもしれません。友達や同僚から、おすすめのすき焼き具材を聞いてみるのも面白いかもしれません。

    Ryo
    ライター

    Ryo

    あちらこちらに楽しい物や場所がたくさんあります。Jouerをどんどん活用してお得な情報をゲットしてください!私もJouerをガイドブックにして、お得な製品やお買い得情報を色々と参考にしたり、友人とおいしいお店を散策しています。時間がいくらあっても足りません〜。

    こちらもおすすめ♡

    人気記事ランキング