ブルーボトルコーヒー みなとみらいカフェが9月25日オープン!

ブルーボトルコーヒー みなとみらいカフェが9月25日オープン!

ブルーボトルコーヒージャパン合同会社が横浜2号店として、みなとみらいカフェをオープンします。屋外シーティングを採用した開放的かつ温かみのあるカフェで、丁寧にハンドドリップされたコーヒーを楽しめます。カフェで使用するオリジナル家具の販売も予定されています。

    記事の目次

    1. 1.屋外シーティングで開放的なカフェ!

    店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

    屋外シーティングで開放的なカフェ!

    ブルーボトル ゴー ボトル

    ブルーボトル ゴー ボトル

    ブルーボトルコーヒーは横浜エリア2号店として「ブルーボトルコーヒー みなとみらいカフェ」をオープンします。「MARKS IS みなとみらい」内で、2020年9月25日から営業開始。

    ブルーボトルコーヒー みなとみらいカフェは、ブルーボトルコーヒージャパン初の公園を利用した屋外でもくつろげるスタイルです。芹沢啓治建設設計事務所が担当した温かみのある柔らかなデザインのカフェは、ガラス張りで開放的な空間。

    横浜美術館の前に位置し、カフェを全体を公園と考えて作られました。カフェ中央にはシンボルツリーとした円形カウンターが設置され、その周りでゲストがコーヒーを楽しむ空間として設定されています。ゲストがくつろぐチェアーなどの家具はカリモク家具のオリジナル。

    芹沢啓治建設設計事務所とデザインスタジオNorm Architectsがデザインした「カリモクケーススタディ」として、カフェオープン時に予約販売が予定されています。

    ひとつひとつ丁寧に淹れられるコーヒーやエスプレッソはもちろん、ブランチに人気なオープンサンドなどの軽食、注文が入ってから焼き上げる「リエージュ ワッフル」がメニューに並びます。

    ブルーボトルコーヒー みなとみらいカフェでは「COFEE CAMP MUG BY TSUBAME」3200円(税別)と「BLUE BOTTLE GO BOTTLE」5400円(税別)が先行販売されます。おしゃれで機能的なカフェアイテムは自宅でもオフィスでも活躍します。

    jouerニュース編集部
    ライター

    jouerニュース編集部

    新商品や話題の商品など、ちょっと気になるニュース記事をお届けします♡

    こちらもおすすめ♡

    人気記事ランキング