コストコはハンガーの種類が豊富!大量の洗濯物にぴったりの一品は?

コストコはハンガーの種類が豊富!大量の洗濯物にぴったりの一品は?

コストコには暮らしに欠かせないハンガーが種類豊富に揃っていて、使い勝手が良いのにお値打ち価格と評判です。そこで、コストコで買えるおすすめハンガー2選をまとめました!激安価格でありながら高級感のある滑らない商品や、大量の洗濯物に役立つ一品をご紹介します。

記事の目次

  1. 1.コストコには安くて便利な商品が盛りだくさん!
  2. 2.コストコの定番ハンガー「50PC ハンガー」
  3. 3.コストコのノンスリップハンガーには注意点が!
  4. 4.コストコ・大量の洗濯物なら「ステンレスハンガー」
  5. 5.コストコ・ステンレスハンガーのメリットは?
  6. 6.コストコのハンガーを使ってみよう!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

コストコには安くて便利な商品が盛りだくさん!

コストコは食料品や日用品をはじめ、安くて便利な商品が盛りだくさんに揃っている人気店です。コストコで扱う種類豊富な商品の中から、ぜひお気に入りを見つけてください!

コストコのおすすめハンガーの種類を紹介!

コストコで販売している多彩な商品の中でも、使い勝手が良くコスパ抜群と話題になっているアイテムが暮らしに欠かせないハンガーです。では、コストコで買えるおすすめハンガー2種類を詳しくご紹介します!

コストコの定番ハンガー「50PC ハンガー」

クリックするとAmazon商品ページへ飛びます

コストコで扱う定番人気のおすすめハンガーと言えば、「50PC ノンスリップハンガー」です。コストコで扱うノンスリップハンガーはコストコファンの間では「滑らないハンガー」と呼ばれて愛用されている商品で、カラーは黒と白の2色が展開されています。

コストコで扱うノンスリップハンガー1本当たりのサイズは横45cm×縦24.5cmなので紳士用の大きめサイズですが、首周りが広く開いた女性用の服や前開きタイプの子供服などにも幅広く使えます。フックは直径3mmほどの針金型で、本体全体はベロア調の加工が施されています。

またパッケージは変更になることがあるので、コストコで扱うノンスリップハンガーを探す際は大きく表示されている「50」の数字を目印にしましょう。

滑らなくてストレス軽減!しかもネクタイバー付き!

コストコで扱うノンスリップハンガーは何度もリニューアルが繰り返され、進化していると評判です。では2020年10月現在、コストコで扱うノンスリップハンガーにはどのような特徴があるのでしょうか?コストコで扱うノンスリップハンガーの主な特徴4つをご紹介します。

コストコで扱うノンスリップハンガーの特徴1つ目は「滑らなくてストレス軽減」です。コストコで扱うノンスリップハンガーは「滑りにくい」ではなく、本当に「滑らない」と口コミで話題になっています。コストコで扱うノンスリップハンガーが滑らない秘密はベロア調の加工です。

ベロアは「パイルの編物(あみもの)」という種類の生地に分類されます。パイル生地とはループ上の糸が表面に出ている生地を指し、タオルなどに使われています。そしてパイルをカットし、長い毛羽(けば)を表面に出している生地がベロアです。

また一般的な生地は縦糸と横糸を交差させて作る織物なのに対し、ベロアは糸をループ状にして別の糸を通す編物です。そのため毛足が長く厚みがあり、ザラザラとした質感がサラサラの衣類をしっかりホールドします。

コストコで扱うノンスリップハンガーは、特に滑りやすい生地とされるストールをかけた状態で45℃に傾けても滑らないほど、滑り止め機能に特化しています。

そのため首周りが大きく開いた服や、前で留められないカーディガンでも洗濯ばさみなしでサッとかけられることから、洗濯バサミの跡が付いたりずり落ちた衣類をかけ直したりといったストレスを解消できます。

コストコで扱うノンスリップハンガーの特徴2つ目は「本体が薄い」です。コストコで扱うノンスリップハンガーは厚みが約5mmと薄く、1枚1枚の衣類をスリムに収納できます。

そのためクローゼット内の大量の衣類をコストコで扱うノンスリップハンガーに統一することにより、限られたスペースを有効活用できてスッキリコンパクトに収納できます。

コストコで扱うノンスリップハンガーの特徴3つ目は「ネクタイバーが付いている」です。コストコで扱うノンスリップハンガーはリニューアルによってネクタイバーがプラスされ、使い勝手の良さが格段にアップしたと支持されています。

コストコで扱うノンスリップハンガーならカッターシャツとネクタイ、コートとベルト、ワンピースと腰ヒモのようにセットで収納できるため、1週間分をまとめてセットしておけば毎朝のコーディネートにかかる時間を短縮できます。

コストコで扱うノンスリップハンガーの特徴4つ目は「肩溝が付いている」です。肩溝も以前のコストコで扱うノンスリップハンガーにはありませんでしたが、リニューアルによって追加されました。そのためキャミソールや肩ヒモタイプのワンピースにも使えます。

コストコで扱うノンスリップハンガーの特徴5つ目は「フック部分が丈夫」です。以前のコストコで扱うノンスリップハンガーはフック部分が回転していて便利ではあったものの、フック部分が折れやすいという口コミがありました。

その点リニューアル後はフック部分が固定されているため強度が増し、長持ちするようになったと評判です。

気になる値段や内容量は?

コストコで扱うノンスリップハンガーの気になる値段や内容量はどのくらいなのでしょうか?コストコで扱うノンスリップハンガーの参考価格は1458円(税込)ですが、コストコクーポンを利用すると300円~400円ほど割引きになる場合もあります。

そしてコストコで扱うノンスリップハンガーは50本入りの大量商品ですが、箱を開けると25本入りの袋が2つと、袋に入っていないハンガーがバラで1本入っています。

実はコストコで扱うノンスリップハンガーが入っている箱には穴が開いていて、購入前に直接ハンガーの肌触りの確認ができるようになっています。

そのためバラで入っている1本は予備と考えられますが、実際には51本入っているためお得感があり、1本当たりの価格は約29円です。

それでいてベロア調の生地は、高級生地で知られるベルベッドのようなエレガントさがあるため安っぽく見えません。コストコで扱うノンスリップハンガーは、コスパ最強のアイテムです。

50PCハンガー

出典: Amazon
Amazon
楽天

コストコのノンスリップハンガーには注意点が!

コストコで扱うノンスリップハンガーはコスパ最強の機能性を持っている一方、気をつけておきたいポイントもあります。コストコで扱うノンスリップハンガーの注意点を知り、上手に活用しましょう。

実際に使ってみて自分には合わないと感じた場合は返品がおすすめです。コストコでは家電や高額用品など一部の種類を除き、会員の有効期限内ならいつでも全額返金に対応してもらえます。

デメリットも紹介!

コストコで扱うノンスリップハンガーにはどのようなデメリットがあるのでしょうか?コストコで扱うノンスリップハンガーのデメリット3つをご紹介します。

コストコで扱うノンスリップハンガーのデメリット1つ目は「粉が出ることがある」です。ベロア生地は摩擦によって繊維が取れることがあり、衣類に付いたり床に散ったりするケースがあります。

ただし衣類に付いた場合は、コロコロや衣類用ブラシなどを使うときれいに取り除けます。また粉の汚れが気になるのは黒いハンガーだけで、白はそれほど気にならないという口コミが多く見られます。

コストコで扱うノンスリップハンガーのデメリット2つ目は「洗濯物には使えない」です。ベロア調の素材は水に弱いため、コストコで扱うノンスリップハンガーは洗濯物を干すために使うことはできません。衣類の収納用として活用しましょう。

コストコで扱うノンスリップハンガーのデメリット3つ目は「衣類が取りにくい」です。コストコで扱うノンスリップハンガーはとにかく滑らないので、服を引っ張って取ろうとすると生地が伸びてしまいます。そのため着替える時は、ハンガーを衣類から優しく取り外すことをおすすめします。

コストコ・大量の洗濯物なら「ステンレスハンガー」

Photo byblende12

コストコでは洗濯物用のハンガーも種類豊富に扱っていて、中でも大量の洗濯物におすすめしたいのが「ステンレスハンガー」です。

コストコで扱うステンレスハンガーはおしゃれですっきりしたフォルムのピンチハンガーで、大量の洗濯物を干せるのにスッキリ収納できる折りたたみ式に加えてリーズナブルなことから、高く支持されています。

ステンレスハンガーの値段やサイズ

コストコで扱うステンレスハンガーの値段やサイズはどのくらいなのでしょうか?コストコで扱うステンレスハンガーの参考価格は2280円(税込)、サイズは約32cm×64cm×高さ21cm、そして大量の洗濯物に対応できる30ピンチです。

またステンレス加工はフック以外の本体とピンチの全てに施されています。ステンレスは錆びにくく丈夫な素材としておなじみですが、ステンレスと一言で言ってもは色々な種類があります。コストコで扱うステンレスハンガーに使われている種類は「18-8ステンレス」です。

ステンレスは鉄をベースにクロムやニッケルを合わせて作る合金で、「18-8」とはクロム18%、ニッケル8%、残りが鉄で構成されているステンレスになります。

Photo byFinmiki

ステンレスは配合する素材の割合によって出来上がりの性質や価格が変わり、クロムやニッケルの割合が多いほどサビに強く価格が高くなります。18-8ステンレスは雨や夏の強い直射日光、また外部からの衝撃にも強いため劣化しにくい種類です。

また錆が発生しにくく素材に錆が付着する心配もないことから、水回り製品に使われることの多い良品質なステンレスです。

そのため他店で販売されている18-8ステンレスのピンチハンガーの参考価格は20ピンチで3000円ほどと決して安くはないため、コストコで扱うステンレスハンガーはお得なおすすめ商品です。

コストコ・ステンレスハンガーのメリットは?

Photo byJillWellington

コストコで扱うステンレスハンガーにはどのようなメリットがあるのでしょうか?コストコで扱うステンレスハンガーのおすすめメリット3選をご紹介します。

洗濯物に跡が残らなかったりピンチ同士が絡まない!

Photo byRyanMcGuire

コストコで扱うステンレスハンガーのおすすめメリット1つ目は「洗濯物に跡が残らない」です。一般的なプラスチック製ピンチは、先端の挟む部分にギザギザとした滑り止め加工が施されています。そのため乾いた洗濯物を取り外すと、生地にギザギザの跡が残りがちです。

一方コストコで扱うステンレスハンガーのピンチにはギザギザとした滑り止め加工がなく、1ヶ所で挟むだけというシンプルな仕様になっています。そのため洗濯物に跡が残ることはありません。

そしてギザギザ加工がないピンチは重さに耐えられるのか不安になってしまいますが、コストコで扱うステンレスハンガーのピンチ1個当たりの耐荷重は何と500gです。

Photo byhenlfern

コストコで扱うステンレスハンガーならお気に入りのタオルや靴下はもちろん、水分を吸って重くなったデニムパンツも複数箇所で留めることによって干すことができます。デニムパンツはウエスト部分を挟んで干すと丈が縮みやすくなるので、逆さにして裾を挟む干し方がおすすめです。

逆さに干すことによって水分をたっぷり含んだ重みで生地が引っ張られ、丈が縮むのを防ぐのと同時にシワ取り効果も期待できます。

Photo bymalasiaphotos

コストコで扱うステンレスハンガーのおすすめメリット2つ目は「ピンチ同士が絡まない」です。大量の洗濯物を一度に干せるピンチ数の多いハンガーは、サイズが大きいため使わない時は半分に折りたためる仕様のものが多くあります。

ところが折りたたんだ状態から開こうとすると、ピンチ同士が絡まって余計な労力と時間がかかる場合があります。ピンチ同士が絡まる理由は、ピンチの片側あるいは真ん中のバネ部分だけに本体をつなぐリングや金具が付いていてしっかり固定されていないためです。

Photo byMonfocus

固定されていないピンチは自由に動き回ってしまうので、他のピンチや鎖・フレームにも絡まることがあります。その点コストコで扱うステンレスハンガーのピンチはつまみ部分の両側にリングが通っているため動きが制限され、絡みにくさを実現しています。

さらに本体フレームとピンチをリングでつなぐことによりピンチがスムーズに回転するため、干す時にピンチの向きを自由に変えられます。

ピンチ同士の絡まりや干す時の向きを変えにくいピンチは忙しい主婦にとって大きな問題なので、ストレスフリーのコストコで扱うステンレスハンガーは、スムーズな家事のお助けアイテムです。

Photo bywilhei

コストコで扱うステンレスハンガーのおすすめメリット3つ目は「風が通りやすい」です。大量の洗濯物をピンチハンガーに干すと、どうしても洗濯物が密集して内側のものほど乾きにくくなります。

ところがコストコで扱うステンレスハンガーは30ピンチでありながら、ピンチとピンチの間が広めに設計されているため風が通りやすい仕様です。コストコで扱うステンレスハンガーは大量の洗濯物が乾きやすい優秀アイテムなので、一度使うと手放せません!

ただしハンガーのサイズも当然大きいので、洗濯物を干すスペースのサイズを確認してから購入するようにしましょう。

コストコのハンガーを使ってみよう!

コストコで扱うハンガーは高級感のあるデザインと滑らないという機能性を持ち合わせた激安商品や、大量の洗濯物をスムーズに干せるお役立ちアイテムなど見逃せない商品が種類豊富に並んでいます。コストコでお気に入りのハンガーを見つけ、ぜひ使ってみましょう!

※ご紹介した商品やサービスは地域や店舗、季節、販売期間等によって取り扱いがない場合や、価格が異なることがあります。

50PCハンガー

サイトを見る
佐藤綾
ライター

佐藤綾

2児の母です。家族で色々な場所へ出かけ、美味しいものを食べるのが一番の楽しみです!

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング