日帰り旅行におすすめの宗像・大島へ行こう!観光スポットや食事処をご紹介

日帰り旅行におすすめの宗像・大島へ行こう!観光スポットや食事処をご紹介

福岡県宗像市にある大島をご存知でしょうか?宗像市にある大島は人口約700人の小さめの島ですが、観光スポットの多い魅力的な場所です。本土からも近く、気軽に行ける場所なので日帰り旅行にもおすすめです。宗像市の大島を日帰りで満喫してみましょう。

記事の目次

  1. 1.宗像・大島は日帰り旅行でも十分楽しめる!
  2. 2.宗像・大島ってどんなところ?
  3. 3.宗像・大島の定番観光スポット4選
  4. 4.宗像・大島の絶景が楽しめるスポット4選
  5. 5.宗像・大島のおすすめグルメスポット5選
  6. 6.「神守る島」宗像・大島に行ってみよう!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

宗像・大島は日帰り旅行でも十分楽しめる!

フリー写真素材ぱくたそ

福岡県宗像市にある大島は、日帰り旅行でも十分楽しむことができる人気観光スポットです。大島自体、あまり大きな島でないためレンタルサイクルを借りて観光するのがおすすめです。レンタルサイクルは大島港の「大島観光案内所」で貸し出しています。

レンタルされる自転車は電動アシスト付きなのでスイスイ漕ぐことができ、1日で観光スポットを見て回ることができます。また、大島自慢の海の幸を堪能できるおすすめのお店にも気軽に立ち寄ることができます。

神湊港から大島までフェリーで15分

Photo byIndiraFoto

神湊港から6.5kmほどしか離れていない大島へは、フェリーで行くことができます。フェリーの乗船時間はわずか15分という短さなので、日帰り旅行も可能な観光スポットになっています。

1日7便の渡船が運航している

Photo bymonika1607

さて、日帰りで大島旅行を楽しみたい場合、フェリーの本数も重要になります。大島港と神湊港をつなぐフェリーの本数は、1日7便です。おおよそ2時間おきに1便出ているので、最終便に乗り遅れないように注意しましょう。

宗像・大島ってどんなところ?

Photo by Kentaro Ohno

大島に手軽に行けることを説明しました。ここからは、大島を知らない方にどのような魅力がある島なのかを説明します。日帰り旅行に最適な大島について見てみましょう。

福岡県宗像市の島

フリー写真素材ぱくたそ

福岡県宗像市にある大島は、人口700人・島の周囲約15kmの九州の中では比較的穏やかな気候が続く島です。大島には観光スポットが多いわりに、タクシーは1台しかありません。そのため日帰りでの旅行の場合、移動手段の確保が必要になります。

世界文化遺産「宗像・沖ノ島と関連遺産群」

Photo by Инариский

九州本土・沖ノ島・大島には、航海の安全を祈願する古代祭祀遺跡が残されています。複数の古代祭祀遺跡が残されていることから、世界遺産では「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群と登録されています。

世界遺産にも登録されたことから人気観光スポットにもなった大島には、海外からの旅行客も多く訪れるようになりました。大島で世界遺産に登録されている「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群は、「宗像大社中津宮」と「沖津宮遥拝所」になります。

福岡県の離島の中では面積が最大

Photo by Kentaro Ohno

大島は周囲約15kmで1日もあればぐるりと島を一周できてしまいますが、福岡県の離島の中では面積が最大です。無霜地帯という特殊な気候の大島では、日帰り旅行におすすめの観光スポットだけでなく海の幸をふんだんに使った絶品料理も味わうことができます。

宗像・大島の定番観光スポット4選

フリー写真素材ぱくたそ

大島にはさまざまな観光スポットがあります。その中でもぜひ押さえておくべき定番の観光スポットを4選紹介します。初めての大島への旅行で行くところが決まっていない方にも、おすすめの定番観光スポットを見てみましょう。

「宗像大社中津宮」

Photo by senngokujidai4434

世界遺産にも登録されている「宗像大社中津宮」は、大島への旅行の際、訪れるべき定番観光スポットです。宗像大社中津宮には、湍津姫神(たぎつひめのかみ)が祀られています。

宗像大社中津宮は七夕伝説発祥の地とも言われており、境内には「天の川」も流れています。毎年8月7日に行われる七夕祭では、竹灯篭で彩られた幻想的な空間を見ることができます。

また、本殿の裏手には御嶽山の山頂へと続く参道もあります。御嶽山の頂上から見える絶景をぜひお楽しみください。宗像大社中津宮へは、大島港から徒歩5分ほどです。

住所 福岡県宗像市大島1811
電話番号 0940-72-2211

「宗像大社沖津宮遙拝所」

Photo by TAKA@P.P.R.S

大島で世界遺産に登録されているもう1つ「宗像大社沖津宮遙拝所」も、訪れるべき定番観光スポットです。宗像大社は沖ノ島にもありますが、沖ノ島にある沖津宮は女人禁制です。そのため、大島に女性も参拝できる宗像大社沖津宮遙拝所が作られました。

現在は、沖ノ島自体の観光が禁止されているので沖ノ島に観光予定の方や沖津宮参拝予定の方は、宗像大社沖津宮遙拝所で参拝しましょう。大島の北側、海沿いにある宗像大社沖津宮遙拝所からは空気が澄んでいれば沖ノ島を見ることができます。

大島港から宗像大社沖津宮遙拝所までは徒歩で30分かかります。大島港から出ている観光バスを利用すれば10分ほどで着きます。ただし、先着順なので早めの乗車がおすすめです。

住所 福岡県宗像市大島1293
電話番号 0940-72-2007

「夢の小夜島」

Photo by r-lab

定番観光スポット3つ目は「夢の小夜島」です。夢の小夜島とはかんす海水浴場の海にある島で、連歌師宗祗の筑紫道中記にも登場します。海水浴場に緑が生い茂って存在感のある島が浮かぶ姿は、ぜひ一度見ておくことをおすすめします。

夢の小夜島は海岸から約20m離れたところにあり、干潮時には砂浜が出現するので歩いて渡ることもできます。また、透き通った海水にうつる夢の小夜島の姿を眺めるのもおすすめです。夢の小夜島は大島港から徒歩15分ほどです。

また、夢の小夜島の近くにある「大島交流館」では、大島の魅力を映像・写真・パネル展示などで紹介しています。大島の魅力を深く知りたい方におすすめです。

住所 福岡県宗像市大島771
電話番号 0940-62-3811

「うみんぐ大島」

Photo by yamakk

最後に紹介する定番観光スポットは「うみんぐ大島」です。うみんぐ大島は玄界灘を活用した海洋体験施設で、釣りや2人乗りカヤックなどを楽しむことができます。大島港からうみんぐ大島までは徒歩10分ほどと近く、ファミリーやデートにもおすすめです。

うみんぐ大島は手ぶらで楽しめるよう釣具やバーベキューに必要なコンロセット、テント、テーブルセットなどのレンタルも行っています。また、釣った魚の調理サービスもあるので、魚を調理できない方も釣りたての魚をバーベキューで味わうことができます。

うみんぐ大島は1年中利用できる海洋体験施設なので、きままな日帰り旅行にも最適です。日常ではなかなか体験できない時間を過ごしてみましょう。

住所 福岡県宗像市大島1809-8
電話番号 0940-72-2361

糸島までのアクセスは簡単!福岡空港からの行き方を教えますのイメージ
糸島までのアクセスは簡単!福岡空港からの行き方を教えます
福岡市のベッドタウンとして、福岡空港から簡単にアクセスできる糸島市は、玄界灘に面した海岸沿いに、青い海と太陽の日の光が降り注ぐフォトジェニックな街として週末バカンスを楽しむ人に人気です。糸島市へは、電車やレンタカー、タクシーなどを使い簡単にアクセスできます。

宗像・大島の絶景が楽しめるスポット4選

フリー写真素材ぱくたそ

神宿る島の大島には定番観光スポットだけでなく、足を運んで損はない絶景スポットもあります。空・海・雲の美しいコントラストを眺めることができる絶景スポット4選を紹介します。日帰りでも十分巡り切ることができますので、ぜひ訪れてみてください。

「御嶽山展望台」

Photo by ajari

大島にある最高峰、標高224mの御嶽山には「御嶽山展望台」があります。晴天の日には美しい海の先に沖ノ島や地島、壱岐などの島々を眺めることができます。さらに、福岡の市街地も眺めることができます。

展望台はやや広めに作られているので、休憩スポットとしても快適に利用することができます。360度大パノラマの絶景は圧倒されるほどの美しさがあります。大島へ旅行に行く際は、ぜひ一度足を運んでみてください。

大島港から御嶽山展望台までは車で15分ほどのところにあります。もちろん徒歩でも行くことはできますが、標高の高い山ですので徒歩よりもレンタルサイクルをおすすめします。

住所 宗像市大島2985-2
電話番号 0940-72-2226

「風車展望所」

Photo byKobus-van-Leer

大島北部にある「風車展望所」は、瀬山牧場内の遊歩道を歩いていると見つけることができます。小高い丘の上にある風車展望所は、海を望むのに最高のロケーションとなる場所です。

心地よい潮風を浴びながら海を眺めるのも素敵ですが、やや離れた場所から見る風車はロマンチックな気持ちにしてくれます。瀬山牧場の緑や海の青などに浮かぶ風車の姿は、ほっこりとした絶景を感じることができます。

大島港から風車展望所までは3.8kmとやや距離があるため、徒歩で行く場合50分ほどかかります。車もしくはレンタルサイクルで行くことをおすすめします。

住所 福岡県宗像市大島2797
電話番号 0940-72-2211

「大島灯台」

Photo by 上島町

1926年の点灯以来、ずっと休むことなく沖行く船の航海を見守り続けているのが「大島灯台」です。1973年に自動化されました。島のシンボルともなっている大島灯台は断崖絶壁の上に建てられており、大島灯台に入ることはできませんが横から眺める景色は絶景です。

また、大島灯台付近にある傾斜地はハマヒサカキという岩生植物の一大群生地にもなっています。県下有数の美しい景観スポットにもなっているので、ぜひご覧になってください。

大島灯台は大島港からですと島の反対側になるため、車で15分ほどかかります。徒歩での移動よりはレンタルサイクルや車、バスなどをおすすめします。

住所 福岡県宗像市大島2700
電話番号 0940-62-3811

「砲台跡」

Photo by zamojojo

昭和11年に完成した大島の砲台は、戦争のたび北部九州沿岸一帯を守るために使われていました。当時は大砲を4門備えていましたが、現在は取り除かれて砲台の跡だけが残されています。

大砲をしっかり支えるための砲台は分厚いコンクリートで作られており、敵の艦隊の距離や速度を図るための観測所も残されたままです。大島の砲台跡は戦争の記憶が色濃く残っている場所です。

砲台跡は風車展望台の近くにあります。風車展望台を見下ろす形となる景色は、おすすめの絶景スポットです。砲台跡は風車展望台の近くのため大島港から遠く、レンタルサイクルや車などがおすすめです。

住所 福岡県宗像市大島2797
電話番号 0940-72-2226

壱岐に行くのは博多港・唐津港からフェリーが定番!料金や時刻表から割引情報までのイメージ
壱岐に行くのは博多港・唐津港からフェリーが定番!料金や時刻表から割引情報まで
長崎県の壱岐に行くためには、博多港・唐津港からフェリーで行くのが定番となっています。ここでは、壱岐に行くためのフェリー情報について紹介します。フェリー料金や時刻表、割引情報などについて紹介するので、壱岐への定番の船旅を満喫してください。

宗像・大島のおすすめグルメスポット5選

Photo by ftomiz

宗像市にある大島では、絶品の海の幸を堪能できるお店があります。また、大島に渡る前のフェリーを待つ間におすすめのグルメスポットも紹介します。宗像・大島のおすすめグルメスポット5選です。

「海宝丸」

Photo by yoppy

漁師である店主が釣り上げた魚を調理してくれるのが「海宝丸」です。店主は沖ノ島から国宝の品を宗像大社に運んだ経験もあるため、歴史的な話も聞くことができます。

歴史的な話ばかりではなく、旬のとれたて鮮度抜群の魚介は絶品というほかにありません。刺身定食や煮付け定食など、どれもボリューム満点のコスパの良さも魅力です。

海宝丸は大島港から徒歩3分のところにあるので、大島でがっつり魚介料理を味わいたい方はぜひ食べてみてください。

住所 福岡県宗像市大島1651
電話番号 090-4776-2217

「ぢどり屋 孔大寺」

Photo by 羽諾

鶏料理専門店の「ぢどり屋 孔大寺」です。大島ではなく、JR鹿児島本線赤間駅から4kmほど離れた場所にあります。ぢどり屋 孔大寺は夜のみの営業のため、大島を満喫したあとのディナーにぴったりです。

ぢどり屋 孔大寺では地産地消にこだわり、店主自ら食材を厳選して仕入れています。メニューは、すきやき・水炊き・石焼きの3種類のみです。また、すべてのメニューに鶏の刺身とおにぎりが付いてくるのでボリュームたっぷりです。

フリー写真素材ぱくたそ

ぢどり屋 孔大寺では、仕入れの都合で3日前までに予約が必要です。また、最小来店人数は4名以上となっているので注意しましょう。ゆったりとした隠れ家的ログハウスで、絶品鶏料理に舌鼓を打ってみてください。

住所 福岡県宗像市池田仙岳2540-1
電話番号 090-1084-9079

「ビストロ・イル・ブッフ」

Photo by yoppy

落ち着いた店内が魅力ビストロ「ビストロ・イル・ブッフ」です。JR鹿児島本線の東郷駅から徒歩3分のところにあり、定番の枝豆からチキン南蛮、エビチリなどさまざまな料理を味わうことができます。

神湊港からはバスで30分ほどで着くので、大島の日帰り旅行の締めくくりのディナーにぴったりです。広々として店内には、半個室やカウンターもあり1人でもファミリーでも気軽に立ち寄ることができます。

住所 福岡県宗像市日ノ里1-11-1 早川ビル
電話番号 0940-62-6163

「MUSUBI CAFE」

Photo bytookapic

大島港から徒歩10分ほどのところにあるのが「MUSUBI CAFE」です。かんす海水浴場の前にあるので、海をのんびりと眺めながら軽食をとることができます。MUSUBI CAFEでは、大島名産の甘夏で作られたシェイクやレモネード、ジェラートなどが人気です。

また、小腹を満たすのにぴったりのフィッシュ&チップスには大島でとれた地魚が使われています。MUSUBI CAFEは夢の小夜島の近くにあるので、観光で疲れた体をリフレッシュさせましょう。

住所 福岡県宗像市大島773
電話番号 090-5924-9491

「フィッシャーマンキッチン」

Photo by kavaomenthol

大島港にあるのが「フィッシャーマンキッチン」です。シルバーの車で大島名物漁師サンドを販売しています。その日に釣れた旬の魚をフライにして、ごまがたっぷりと入ったふんわりバンズで挟んだサンドは、ここでしか味わえない逸品です。

漁師サンドはやや小ぶりなので、小腹を満たすのにぴったりです。ソースはタルタルとサルサがあり、がっつり食べたい人は両方買ってみるのもおすすめです。

住所 福岡県宗像市大島 大島港渡船ターミナル横
電話番号 080-1792-1641

「神守る島」宗像・大島に行ってみよう!

Photo by Kentaro Ohno

世界遺産にも登録されている宗像市の大島は、パワースポットとしても人気の場所です。福岡旅行の際は、日帰りでも十分楽しめる大島も観光してみてはいかがでしょうか?神宿る島大島の神秘的な空気を、ぜひ体感してください。

山内
ライター

山内

大好きな食べることを活かしてグルメ系記事を中心に執筆しています。流行りのグルメや老舗グルメ、旅行先のおすすめグルメなど、旅行情報と一緒にお届けします。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング