ドトールにはマイボトル割引サービスがある?マイカップでもOK?

ドトールにはマイボトル割引サービスがある?マイカップでもOK?

ドトールでは、様々なサービスや割引があります。持ち込みのマイボトルやマイカップでのドリンク注文はいくつかのコーヒーチェーンでは実施されています。今回は、ドトールではタンブラーを持ち込んでのマイボトル注文は可能なのか、割引などはあるのかをまとめました。

本サービス内ではアフィリエイト広告を利用しています

記事の目次

  1. 1.ドトールのマイボトルサービスを徹底調査
  2. 2.ドトールにマイボトル割引サービスはある?
  3. 3.ドトールにマイボトルではなくマイカップのサービスは?
  4. 4.ドトールのマイボトル割引は利用店舗に確認しておこう

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

ドトールのマイボトルサービスを徹底調査

ドトール 店舗
ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

ドトールを含めたコーヒーチェーンでは、タンブラーやマイカップを持ち込みしてドリンクを入れてもらうマイボトルサービスが実施されている事があります。マイボトルサービスは使い捨てのカップを使う事なくマイカップで注文したドリンクを持ち歩けるため、環境に良いと評判です。

タンブラーは、ドトールの店舗の他に雑貨店やアウトドアショップなど様々な場で販売されています。アウトドアブランドなどで販売されている密閉性が高いタンブラーをマイボトルにする事で、ドリンクの温度を長時間保つ事ができます。

好みのデザインのマイボトルでドリンクを楽しみたい方や機能性や環境面も重視してドトールを利用したい方にとって、マイボトルは嬉しいサービスでしょう。

タンブラー持ち込みで割引があるお店も

ドトール コーヒー
ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

ドトールを含めたコーヒーチェーンの店舗によっては、注文したドリンクを持ち込みのタンブラーに入れるサービスは価格の面におけるメリットもあります。マイボトルに入れてもらうと、ドリンクを割引料金で注文できる場合がある為です。

ドトールで持ち込みマイボトルの割引が行われているかどうかは後の文章でお伝えするものの、好みのタンブラーを使えて割引も受けられるのであれば環境面からも価格面からもメリットの多いサービスといえるでしょう。

頻繁にドトールを利用する方でエコにドリンクを楽しみたいのであれば、マイボトルサービスの利用を検討する事をおすすめします。

ドトールの魅力を総まとめ!【実食写真付き】美味しいコーヒーの秘密やおすすめフードメニューも!のイメージ
ドトールの魅力を総まとめ!【実食写真付き】美味しいコーヒーの秘密やおすすめフードメニューも!
ドトールは厳選されたコーヒー豆を仕入れ、じっくりと焙煎した味わい深いコーヒーの販売をしています。ドトールコーヒーショップは、全国展開する人気カフェです。美味しいコーヒーの秘密や、おすすめのフードメニューなどドトールの魅力をまとめました。
ドトールのカフェラテは定番の人気商品!【実食写真付き】アイスもホットもおすすめのメニューとはのイメージ
ドトールのカフェラテは定番の人気商品!【実食写真付き】アイスもホットもおすすめのメニューとは
カフェの定番の1つと言えば、カフェラテです。様々なコーヒーショップでカフェラテは販売されていますが、魅力も味わいも店ごとに異なります。本記事は、中でも人気コーヒーショップ、ドトールに焦点を当て、ドトールのカフェラテの美味しさの秘密をご紹介していきます。

ドトールにマイボトル割引サービスはある?

ドトールでは、マイボトル利用においての割引サービスは原則実施されていません。一部の店舗で割引を実施している可能性はあるものの、ドトールでは基本的にマイボトルの割引はないものと理解した方が良いでしょう。

ドトールではドリンク料金の割引はされないものの、マイボトルを持ち込んでのドリンク注文は受け付けてもらえます。ドトールでは注文が入るとすぐにドリンク準備に取りかかるため、注文を始めるタイミングでマイボトルを出してお願いするとスムーズでしょう。

マイボトルで利用する際は、注文するメニューにも注意が必要です。シロップをかけるラテなどはマイボトルでは飲みづらいため、タンブラーから飲みやすいメニューがおすすめです。

ドトール リキッドコーヒー
ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

マイボトルにドリンクを入れてもらうようお願いする際は、持ち込むタンブラーの容量を事前に把握しておく事も重要です。タンブラーに入る容量が分からない状態で渡してしまうと、注文されたドリンクが入るかどうか計量して確認する手間が発生してしまいます。

店舗やメニューにもよるものの、ドトールのドリンクはホットならSサイズが150ml、Mサイズが180ml、Lサイズが270ml、アイスはMサイズが200mlでLサイズが250mlとなっています。タンブラーを入手する際にどのサイズなら入れることができるか確認しておきましょう。

ドトールでマイボトル利用を行う際は、注文と同時にマイボトルを渡しながらボトルはドリンクが入る容量を満たしている旨を伝えると店舗側でもドリンク準備が手早く行えるでしょう。

ドトールにマイボトルではなくマイカップのサービスは?

ドトール コーヒー
ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

ドトールでは、マイボトルと同様にマイカップを持ち込んでの利用も可能です。マイカップの利用はタンブラーと同じく、ドトール店舗で注文の際に自分のマグカップを出してマイカップ利用したい旨を伝えればドリンクを入れてもらえます。

ドトールでは原則マイボトル割引が行われていないのと同様に、マイカップでもドリンクの割引は実施されていません。ドトール店内でも好みのマグカップを使いたい、カップにこだわりがあるという方はマイカップを試してみるのもおすすめです。

ドトール ブレンドコーヒー
ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

ドトールでマイカップ利用をお願いする際は持ち込みタンブラーでマイボトル利用をする時と同様に、持ち込んだカップが注文したドリンクを入れる容量として十分である事を伝えるよう注意しましょう。

持ち込みのカップが注文したドリンクを入れるのにぎりぎりの容量であれば、ドリンクを作って入れる店員に負担となる可能性もあります。マイカップ利用で持ち込むマグカップはやや大きめを選んだ方がドリンクのサイズの選択肢が広く取れるのでおすすめです。

ドトールのマイボトル割引は利用店舗に確認しておこう

ドトール 店舗
ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

ドトールのドリンクをマイボトルに入れてもらう事で、ドリンクを美味しい温度のまま飲めたり使い捨てカップの使用を削減できたりといったメリットが得られます。マイボトル割引を期待するのであれば、利用するドトールの店舗で実施の有無を事前に確認してから注文しましょう。

ドトールのドリンクをテイクアウトするのであれば、マイボトルも上手く活用してドリンクを美味しく楽しみましょう。

平井 今日子
ライター

平井 今日子

滋賀県出身、京都在住です。お酒好きなのでお酒が楽しく飲めるスポット探しに日々勤しんでいます。神社やお寺も好きなので、良いところがあればご紹介していければと思います。楽しそう、面白そうが伝わる記事を発信していきたいです。

こちらもいかがですか?

人気記事ランキング