日高屋のお持ち帰りメニューまとめ!人気メニューや注文・予約方法は?

日高屋のお持ち帰りメニューまとめ!人気メニューや注文・予約方法は?

近年は食事の形態が変わり、家で食事を作る、外で食べる以外に弁当や総菜を買ってきて食べること一般的になってきました。中華専門店「日高屋」も持ち帰りに対応しております。今回は日高屋の持ち帰りを取り上げます。また人気メニューや予約についてもご紹介します。

記事の目次

  1. 1.日高屋には持ち帰りメニューも充実
  2. 2.日高屋の持ち帰りメニュー1.焼餃子
  3. 3.日高屋の持ち帰りメニュー2.チャーハン
  4. 4.日高屋の持ち帰りメニュー3.中華そば
  5. 5.日高屋の持ち帰りメニュー4.ニラレバ炒め
  6. 6.日高屋の人気メニューを持ち帰りでお家で楽しもう

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

日高屋には持ち帰りメニューも充実

Photo by Norisa1

1980年(昭和55年)頃から「ほか弁」が一般的に使われるようになり、持ち帰って食べるスタイルが普通になりはじめました。1997年(平成9年)には共働き世帯が片働き世帯を上回り、食事を準備する時間が少なくなり、持ち帰りの売り上げが外食産業の四分の一まで占めるまで成長しました。

低価格のラーメン、中華料理のチェーン店の「日高屋」を運営するのは、大宮に本社を置く株式会社ハイデイ日高です。日高屋は低価格を実現するために、機械化を取り入れメイン工場である行田工場のセントラルキッチンで一元的に製造して配送する方式を採用しております。

Photo by Naoharu

また、客層を定めずに老若男女の全客層を取り入れるためにメニューは定番メニューに絞り、飽きのこない味にして、かつ来店者には次回に麺増量やご飯大盛りなどが無料になるサービス券を配ることでリピーターを増やしております。

2020年現在の日高屋は「ちょい飲み」客を取り込むために、おつまみやサイドメニュー、ドリンク類のメニューも充実させおり、そして今回のテーマになっている「持ち帰り」にも日高屋はしっかりと対応しております。

持ち帰り方法は?

それでは具体的に日高屋で持ち帰りする方法について説明します。最も簡単な持ち帰り方法は直接近くの日高屋に行って店員さんに伝えることです。その場で調理してもらって持ち帰りすることができます。持ち帰り用の容器もあります。

予約は可能?

日高屋の持ち帰りは予約も可能です。持ち帰りの予約方法には電話で予約する方法とインターネットでの予約する方法があります。持ち帰りで日高屋に伝える内容は、電話予約もイネターネットでも同じなので、本章ではインターネットで予約する方法を説明します。

まず日高屋のホームページを開いてください。下の方に進むと「テイクアウト」のボタンがありますので、押してください。次に予約をする日高屋の店を決めます。指示に従って自分が都合のよい店を選んだあとは、お持ち帰りメニューボタンを押してメニューを決めてカゴに入れれば完了です。

Photo byJESHOOTS-com

メニューを決める画面で電話予約のボタンも出ています。電話予約の場合は、持ち帰りメニューと受け取る時間を決めれば予約完了です。持ち帰り方法は日高屋に直接行っての注文、電話での予約方法、インターネットでの予約方法、どの方法も簡単です。

日高屋の持ち帰りメニュー1.焼餃子

次に日高屋の持ち帰りメニューで人気メニューを紹介します。まず一番人気の持ち帰りメニューが「焼餃子」230円(税込)です。具がたっぷりの餃子が6つでの価格です。コスパの高い一品です。日高屋の持ち帰り餃子が支持されるのは、総合的な品質の高さです。

日高屋の持ち帰り餃子の第1の特徴は、もっちりした餃子の皮です。餃子を噛んだときの食感が多くの人から支持されております。もっちり感を出すために日高屋はオリジナルの小麦粉をメーカーと共同開発して皮を作りました。

Photo by nekotank

次にもっちりとした皮に包まれている餃子の具です。厳選された豚肉、新鮮野菜、そしてニンニクは少なめであっさり味に仕上げております。「野菜が多め」が特徴で女性客にも人気があります。あっさりしておりますがボリュームはあり、軽い食感ですのでいくつでも食べられると人気のメニューです。

日高屋人気のメニューが自宅で楽しめる

Photo by KAZUTO KITAKADO

持ち帰りの焼き上がりの餃子以外に30個入りの「冷凍生餃子」500円(税込)を持ち帰りで販売しております。持ち帰り冷凍生餃子を買って自宅で焼けば、日高屋人気のメニューの餃子が安い価格でたっぷりと食べることができます。

餃子を自宅で作るのは時間と手間が結構かかります。餃子の皮まで作るのは大変ですので、皮は近くのスーパーなとで購入しましょう。餃子の皮と、中に入れる具の豚挽き肉と野菜類だけで500円を軽く超えてしまいます。

手作り餃子の材料価格と手間を考えると、本格中華の日高屋で持ち帰り冷凍餃子を買って来たほうが安上がりで、かつ日高屋人気のメニューの持ち帰り餃子が自宅で楽しむことができます。ご飯のおかずでもビールのつまみも合います。

日高屋の持ち帰りメニュー2.チャーハン

餃子の次に外せない日高屋の持ち帰りメニューが「チャーハン」460円(税込)です。たっぷりのご飯がラードを纏って美味しく仕上がっております。日高屋の持ち帰りチャーハンは毎日食べても飽きがこないように、あっさり目の味で仕上げております。

日高屋の持ち帰りチャーハンの材料は特別な物はありません。主役のご飯を玉子、刻みチャーシュー、ネギを一緒にラードで炒めております。日高屋の料理人が作るチャーハンは強い火力でご飯の水分が適度に飛んで、ご飯ひと粒一粒にラードと玉子がからみ美味しい一品に仕上がっております。

日高屋の持ち帰りチャーハンはたっぷりとご飯を使っておりますので、日高屋の持ち帰りチャーハンをランチにすれば腹にズッシリとたまり、夕食までお腹が空くことはありません。夕食までに小腹が空きませんので、途中におやつを食べることはなくダイエットにも効果が期待できそうです。

お米がパラパラ

お店によってチャーハンの炒め具合は違います。少ししっとり目の店もありますが、日高屋のチャーハンはお米がパラパラです。強い火力でご飯を空中に飛ばして、しっかりとお米の水分を飛ばすことと、お米にラードと玉子を纏わらせてお米間の連結力を落とします。

お米間の連結力を落とすことで、日高屋独特のお米がパラパラの持ち帰りチャーハンが出来上がります。パラパラのチャーハンは、単独でも十分美味しいですし、麺類とも合います。日高屋の麺と半チャーハンのセットメニューが人気がある理由も分かります。

日高屋の持ち帰りメニュー3.中華そば

餃子、チャーハンの次に日高屋の持ち帰りメニューで外せないのが、日高屋定番の「中華そば」390円(税込)です。日高屋の中華そばは、あっさりした醤油味でもなく、こってりギトギトした味でもありません。あっさりとこってりの中間で飽きのこない味に仕上げております。

中華そばは麺類ですので、持ち帰りの場合は「伸びる」ことを考慮して下さい。受け取ってから早く食べるようにして下さい。

日高屋自慢のラーメン

日高屋の持ち帰りラーメンは、あっさり系ではありませんが東京ラーメン風の構成です。具はチャーシュー、海苔、メンマと細切りネギで普通のラーメンの構成です。ラーメン専門店のような厚切りチャーシューが乗っているような特徴はありません。

日高屋の持ち帰りラーメンは毎日食べても飽きません。量が少なければ、「モリモリサービス券」をもっていれば麺増量が無料になります。また、日高屋の持ち帰りメニュー2のチャーハン、もしくは半チャーハンや持ち帰りメニュー1の餃子と一緒に頼んでも1000円未満で、コスパ抜群です。

日高屋のラーメンは人気が高く自慢の一品で、価格は390円ですが力を入れております。麺の材料である小麦粉は厳選して仕入れており、喉ごしがよい製造方法で作っております。スープは丸鷄、鶏ガラ、豚などの材料から良質なスープを取り出したあと長時間かけてスープを作り出しております。

日高屋の素材の味を引き出す方法が、日高屋が求める飽きのこない美味しい味につながっております。日高屋の拘りの象徴が日高屋のラーメンと言えます。日高屋の拘りのラーメンは、持ち帰りでも十分に味わうことができます。

日高屋の持ち帰りメニュー4.ニラレバ炒め

昼のランチでスタミナ補給、パワー注入、栄養補給と言えばニラレバ炒めが頭に浮かびます。日高屋の持ち帰りメニュー4は「ニラレバ炒め」500円(税込)です。日高屋の料理人が作るニラレバ炒めは火の通りがピッタリで、レバの旨味と甘さを引き出しております。

レバの脇を固めるニラとモヤシが甘辛のタレを纏い美味しい一品に仕上がっております。日高屋自慢の炒め物でニラレバ炒めを持ち帰りができるため、自宅で本格中華を味わうことができます。

炒め物No.1メニュー

日高屋の持ち帰りの炒め物にはニラレバ炒め以外に「野菜炒め」420円(税込)「肉野菜炒め」530円(税込)「生姜焼き」540円(税込)「バクダン炒め」520円(税込)などがありますが、炒め物No.1メニューはニラレバ炒めです。やはりニラレバ炒めにも日高屋の拘りが見えてきます。

日高屋の拘りは仕入れです。新鮮なレバーとフレッシュな野菜を仕入れておりますので、強い火力で中まで火を通すと同時に材料の歯ごたえを残すように調理をすることで、食感のある材料の旨味を引きだしたニラレバ炒めを作ることができます。

自宅で本格的な中華を楽しめる

家庭の火力では日高屋レベルのニラレバ炒めの味と食感を作ることは困難です。また無理して火力を上げて作れば、油などが飛び散り後片付けが大変になります。日高屋のニラレバ炒めを持ち帰りすれば自宅で本格中華を楽しむことができます。

日高屋の人気メニューを持ち帰りでお家で楽しもう

日高屋の持ち帰りメニューは美味しく人気があります。中華料理を作るには強い火力を使って、油もたっぷりと使うため家庭で作ると後片付けが大変です。日高屋のメニューはほとんどが持ち帰りすることができますので、今回紹介した4種類以外のメニューも持ち帰って自宅で楽しんで下さい。

御手洗わん
ライター

御手洗わん

ペンネームの「御手洗わん」は実家がある山口県光市室積にある穏やかな湾である「御手洗湾(みたらいわん)」から取りました。少しでも実家が有名になり人が集まってきて欲しいために付けてみました。画像が年一回行われる御手洗湾の花火大会です。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング