コストコのおすすめ品・宗家キムチをご紹介!マニアがリピ買いする評判の味とは

コストコのおすすめ品・宗家キムチをご紹介!マニアがリピ買いする評判の味とは

コストコの宗家(ちょんか)キムチは本場韓国の商品で、マニアがリピ買いするほど評判になっています。そこで、コストコの宗家キムチの魅力をまとめました!美味しさの秘密やコスパの良さ、そしてコストコの宗家キムチを使ったおすすめレシピもご紹介します。

記事の目次

  1. 1.コストコの宗家キムチはマニアにも評判の人気商品!
  2. 2.コストコのキムチはコスパ抜群!
  3. 3.コストコのキムチの賞味期限
  4. 4.コストコのキムチのおすすめレシピ
  5. 5.コストコの宗家キムチはリピート間違いなし!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

コストコの宗家キムチはマニアにも評判の人気商品!

コストコの宗家キムチはとにかく絶品でリピ買いするファンが多く、マニアにも評判の人気商品です。そこでコストコの宗家キムチの特徴や魅力、また日本のメーカーが作る一般的なキムチとの違いをご紹介します!

商品名:宗家 キムチ

コストコのマニアにも評判のキムチは本場韓国直輸入の白菜キムチで、「宗家キムチ」という商品名です。宗家キムチは韓国で20年以上もの長い間ナンバーワンの売り上げを誇っているため、韓国国民が認める本物の味ということになります。

コストコの宗家キムチは一口大にカットされた白菜の芯や葉が、ニラ・ネギ・にんにく・唐辛子などを使った漬け汁に浸かっていてにんにくの香りは控えめです。

食べるとしっかりした辛さの中にもマイルドな酸味と甘みを感じられ、何よりごはんが欲しくなる濃厚な旨味が最大のポイントと言えるでしょう。

魚介の塩辛と魚醤油が入っている人気のキムチ

マニアがリピ買いするほどコストコの宗家キムチが人気を集めている理由は、魚介の塩辛と魚醤油(うおじょうゆ)による濃厚な旨味です。塩辛とは魚介の身や内臓を塩漬けにした乳酸発酵食品で、韓国では通常旨味が強いあみえび(おきあみ)の塩辛を使ってキムチを作ります。

魚醤油は魚を塩漬けにして発酵・熟成させた塩辛の上澄み液で、秋田県の「しょっつる」やタイ料理でおなじみの「ナンプラー」が有名です。もちろん魚醤油も韓国のキムチ作りに欠かせません。つまり本当のキムチの美味しさは、魚介の旨味が決め手ということになります。

さらに魚介の塩辛には乳酸菌が豊富に含まれるため腸内の消化を促し、余分な脂肪を分解するダイエット効果があるのです。ところが日本のメーカー作る多くのキムチには手間・管理といった理由から魚介の塩辛や魚醤油が使われていません。

その点コストコの宗家キムチにはいわしの塩辛・おきあみの塩辛・魚醤油が使われているため魚介の旨味が濃く、マニアの舌をもうならせているのです。

コストコのキムチはコスパ抜群!

コストコの宗家キムチは本場韓国の味を楽しめる以外にも、コスパ抜群の商品とあって評判が高まっています。そこで、多くのファンがリピ買いしたくなるコストコの宗家キムチの価格をご紹介しましょう。

1.2kg/698円

コストコの宗家キムチの価格は1.2kg入698円(税抜き)、100g当たり約58円なのに対し、一般的なスーパーでは380g入398円(税抜き)、100g当たり約105円が相場です。コストコなら一般的なスーパーのおよそ1/2の価格で宗家キムチを買えるわけですから、コスパ抜群と言えます。

コストコのキムチの賞味期限

コストコの宗家キムチは美味しい上に大容量でお得なことから、リピ買い必死の人気商品として評判になっています。では、賞味期限はどのくらいあるのでしょうか?コストコの宗家キムチの気になる賞味期限と、酸っぱくなったキムチの食べ方についてご紹介します。

1ヶ月ない事が多い

コストコの宗家キムチの賞味期限は購入日から1ヶ月ほどですが、1ヶ月ない場合も多くあります。ここで注意したいのは、賞味期限は未開封の状態で美味しく食べられる期間を指しているということです。

そのため開封したキムチをそのまま美味しく食べるなら、約2週間を目安に消費した方がいいでしょう。

そう考えると1.2kgものキムチは食べきれないと思うかもしれませんが、賞味期限はあくまでも美味しく食べられることを保証する期間なので、賞味期限を過ぎたからといって食品がすぐに腐敗するわけではありません。

発酵食品であるキムチは長く保存するほど発酵が進み、酸味が増すというのが特徴です。酸味が強いキムチは傷んでいるわけではないためそのまま食べても問題ありませんが、酸っぱくなったキムチは加熱をすると酸味が旨味に変わります。

酸味が気になり始めたコストコの宗家キムチは料理に使えば最後まで美味しく食べられるので、無駄にしてしまうという心配はないでしょう。ただし食事をした箸で直接容器からキムチ取り出したり、開封後に常温保存をしたりすると微生物や菌が繁殖することもあります。

腐敗臭やカビなどの異常がある場合は食べられないので、開封したコストコの宗家キムチは正しく保存するようにしましょう。

コストコのキムチのおすすめレシピ

コストコの宗家キムチは旨味が強いため、料理に使うことで簡単に美味しい一皿が完成します。そこで、コストコの宗家キムチを活用したおすすめレシピ3選をご紹介しましょう。

キムチチャーハン

コストコの宗家キムチを活用したおすすめレシピ1は「キムチチャーハン」です。最初にコストコのキムチと他の具材を油で炒め、一度取り出してから卵とごはんを炒めましょう。ごはんがパラパラになったら炒めた具材と合わせ、味付けをしたら完成です。

コストコの宗家キムチを使ったチャーハンを美味しく作るコツは酸味の強いコストコのキムチを使うこと、また最初にコストコのキムチを油で炒めて水分を飛ばすことの2点です。

コストコから購入してきたばかりのキムチよりも、発酵が進んで酸味が増したキムチの方が出来上がりの旨味が強くなります。

そしてごはんと同時に、あるいはごはんを炒めた後にキムチを入れると、ごはんがキムチの汁を吸ってべちゃっとなってしまうので、最初にキムチを炒めておくとパラパラなチャーハンに仕上がるでしょう。

コストコの宗家キムチは魚介の旨味がしっかりあるため、使う食材はシンプルにネギと卵だけでもOKです。ただ豚肉やベーコンなどの肉類が入るとコクがプラスされ、より旨味や風味が豊かになって深い味わいになります。

豚キムチ丼

コストコの宗家キムチを活用したおすすめレシピ2は「豚キムチ丼」です。フライパンで豚肉を炒めて塩コショウを振り、コストコのキムチを加えてよく炒めましょう。十分炒めたら野菜を加えて炒め合わせ、醤油とごま油を回し入れたら完成です。

コストコの宗家キムチを使った豚キムチ丼を美味しく作るコツは、酸味の強いコストコのキムチを油でよく炒めること、また野菜のシャキシャキ感を残すことの2点です。

酸味の強いコストコのキムチを豚肉と絡めながらじっくり炒めることでキムチの旨味が引き出され、同時に豚肉の旨味とコクがキムチに染み渡って格段に美味しさがアップします。

野菜は玉ねぎなどよく火を通したいものを先に入れ、しんなりしてからもやしやニラ・キャベツなどを手早く炒め合わるとシャキシャキ食感がアクセントになってボリュームが出ますし、水っぽくならないので味も薄まりません。

コストコの宗家キムチは旨味が強いので、シンプルな味付けでもごはんが進む絶品丼になりますが、お好みで調味料や薬味をプラスするのもおすすめです。またコストコのキムチは麺とも相性が良いので、茹でたうどんにのせたり焼きそば麺と炒め合わせたり、色々なアレンジを楽しめるでしょう。

厚揚げのキムチのせ

コストコの宗家キムチを活用したおすすめレシピ3は「厚揚げのキムチのせ」です。厚揚げの厚みを半分にし、食べやすい大きさに切ったらアルミホイルに並べます。

厚揚げに醤油やめんつゆを軽く振りかけ、コストコのキムチとチーズをのせましょう。トースターまたはグリルでこんがり焼き色を付けたら完成です。

コストコの宗家キムチを使った厚揚げのキムチのせを美味しく作るコツは、酸味が増す前のコストコのキムチを使うこと、また厚揚げに下味を付けることの2点です。コストコのキムチは完全に火を通すわけではなく温める程度なので、酸っぱいコストコのキムチを使うと酸味が残りやすくなります。

また厚揚げに下味をつけた方がコストコのキムチやチーズとよくなじみ、全体を一つにまとめてくれるでしょう。

もう少しあっさり食べたい場合や調理をする時間が少ない時は、フライパンやトースターで軽く焼き色を付けた厚揚げにコストコのキムチやねぎをのせるだけでも立派なおつまみになります。醤油やめんつゆをかけて頂きましょう。

コストコの宗家キムチはリピート間違いなし!

コストコの宗家キムチは魚介の旨味が濃厚で、しっかりとした辛さの中にも優しい甘さがあります。また酸味がマイルドなので日本人でも食べやすく、マニアがリピ買いするほど評判の良い商品です。

さらに他のスーパーで買うよりも大変お得でコスパ抜群ですから、コストコの宗家キムチはリピート間違いありません!ぜひコストコの宗家キムチをゲットし、本場韓国の味や簡単アレンジレシピを楽しみましょう。

佐藤綾
ライター

佐藤綾

2児の母です。家族で色々な場所へ出かけ、美味しいものを食べるのが一番の楽しみです!

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング