コストコのラップは超優秀アイテムだった!使い方やレンジでの注意点をご紹介

コストコのラップは超優秀アイテムだった!使い方やレンジでの注意点をご紹介

コストコのラップは大変優秀なアイテムです。カークランドのラップは最長のものは914mもありコスパも優秀で、その伸縮率は一般のラップとは比較になりません。コストコのグラッド ストーレージフードラップは目を見張るような使い方が目白押しなのです。

    記事の目次

    1. 1.コストコのラップは買って損なし!
    2. 2.コストコのラップの種類と値段
    3. 3.コストコのラップの特徴
    4. 4.コストコのラップのおすすめの使い方
    5. 5.コストコのラップの注意点
    6. 6.超優秀なコストコラップは持っておくと便利なアイテム

    店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

    コストコのラップは買って損なし!

    コストコは食料品だけでなく雑貨や家電、そして衣類や家具に至るまで、豊富なアイテムを取り揃えている、優秀な会員制のホールセールクラブです。

    大容量で入っているコストコのお買い得品をお友達と分けたり、もしくはご自宅用に冷凍して普段のお食事やお弁当のおかずに活用されたりと、主婦の間で様々な使い方ができるコストコは大人気です。

    コストコで買い物をするには、以前と規約が多少変更になりました。コストコで買い物をするには、コストコの会員になるという基本的な前提は変わりません。

    しかし、以前は会員でなくとも許されていた、家族以外の同伴はできなくなりました。コストコの会員の家族1名、もしくは18才未満のお子様(こちらは何名でも可)のみの同伴ができます。

    コストコはオンラインショッピングもできますが、こちらも会員登録をしなければなりません。コストコの公式ウェブサイトで、コストコの会員についての注意点をその都度ご確認下さい。

    コストコは卸値価格で一般消費者に販売するホールセールスの形態をとっています。細かく商品を陳列する為の時間や従業員の数をセーブして、コストを抑えているのです。コストコの各店舗には、各種アイテムが倉庫の専用パレットに並べてあります。

    この専用パレットから、お客が商品を各自でカートに積み込んで会計をします。コストを抑えたからこその低価格が実現している、優秀なホールセラーなのです。

    Photo by MIKI Yoshihito. (#mikiyoshihito)

    コストコはアメリカのシアトルで1号店が1985年にオープンしました。コストコの店舗に行くと、ちょっと見たことのないアメリカのアイテムがたくさん並んでいます。コストコの店舗に買い物に行くと、ホリデー気分が味わえるとおっしゃる方が沢山います。

    そして何より特筆すべきなのは、商品の量がやはりアメリカサイズと言うことでしょう。今日ご紹介するコストコのラップもびっくりするほどロングなのです。

    もちろんお値段も驚くほどコスパが良いので、一般のラップとはちょっと違った使い方ができます。そして、ちょっと他には見られない便利な特徴を兼ね備えたラップもあるのです。

    「何と言ってもコスパの良さでは間違いなし!」とうたわれる、主婦の味方コストコで販売している優秀なラップと、このコストコのラップをご使用になる時の注意点を今日はご紹介します。

    コストコのラップの種類と値段

    コストコのカークランドシグネチャー フードラップは、横幅は一般にスーパーなどで売られている日本のラップとほぼ同じなのですが、その長さがまさにコストコ仕様なのです。

    カークランドシグネチャー フードラップ

    クリックすると楽天商品ページへ飛びます

    このコストコのラップは、たとえ短いものでも231mあって、そしてなんと長いものは驚きの914mというほぼ1kmに近い長さなのです。やたら長いだけで何がお得なの?と思ってしまう方もいらっしゃるでしょう。注意点は一般の日本製のラップと比較した価格の違いなのです。

    コストコのラップと、一般の日本製ラップのお値段を比較してみますと、コストコのラップが1mにつき2〜3円、日本製ラップは7〜8円と、コストコのラップは日本製のラップに比べたらおよそ1/3という、素晴らしく優秀なコスパの良さなのです。

    カークランドシグネチャー フードラップは大変伸縮性のあるラップです。だったら切るときにビヨーンと伸びてしまって切りづらそう?それに231mのラップで既に1.1kgあるのですから、914mのラップでしたらその約4倍で4kg、ラップを手で持って切るなんてとんでもない!と考えがちです。

    しかし、コストコの製品にそんなご心配をする必要はありません。このラップは使い勝手もとても優秀なのです。コストコのカークランドシグネチャー フードラップの箱には、スライドカッターがついているのです。箱を置いたまま、必要な分のラップをスライドカッターで簡単にカットできるのです。

    コストコのラップの箱の中には、ノコギリ刃とスライドカッターが入っています。どちらを使うかはお好みですが、安全性を考えるとスライドカッターが断然お勧めです。

    カークランドシグネチャー フードラップの注意点は、購入した時点ではスライドカッターはラップの箱にはまだセッティングされていません。スライドカッターは、箱の中のラップの芯の中に入っています。どうぞお見逃しありませんようにご注意ください。。

    箱についているラップの取り出し口は、切り取り線がついていますので指で押して切り取ってください。取り出し口からラップを引き出して、スライドカッターを箱に取り付けたら出来上がりです。

    カークランドシグネチャー フードラップは長持ちしますが、箱が大きいのでずっと調理台の上に出しっぱなしにすることが多いでしょう。でも、箱の外装に飽きてしまうという意見も耳にします。特にアメリカ製の原色づかいの箱のデザインに辟易してしまう方も少なくないのでは。

    そんな方には「METAL FACTORY ラップケース」がおすすめです。ステンレスとブナの木材のコンビネーションで作られたこのケースは、とても洗練された素敵なアイテムです。

    使い方が簡単で、ステンレスと木材の組み合わせがおしゃれなこのラップケースは、キッチンのバランスを整えてくれるとても優秀なアイテムとして評判が高いです。

    中にラップを箱ごとすっぽり入れることで、ケースにどっしりとした重量感が加わり、ラップを引き出す時にもケースはその重みで簡単には動きません。カークランドシグネチャー フードラップとケースをセットでお友達へのギフトにするというのもグッドアイデアです。

    もしくは、カークランドシグネチャー フードラップの箱に、百均で売っているリメイクシートを直接張ってしまうというアイデアもあります。百均のリメイクシートには、大理石柄、木目、英字新聞など色々なアイテムがあります。

    カークランドシグネチャー フードラップの箱を、ご自分のキッチンの雰囲気に合わせて柄を選んで全く違ったデザインにするのも楽しいです。

    コストコ カークランド シグネチャーフードラップ

    出典: 楽天
    出典: 楽天
    出典: 楽天
    楽天

    グラッド ストレージフードラップ

    クリックするとAmazon商品ページへ飛びます

    では、コストコの優秀なもう一つのラップをご紹介しましょう。それは「グラッド ストーレージフードラップ」と言うちょっと予想のつかない使い方が色々とできる、驚きのアイテムなのです。

    コストコのグラッド ストーレージフードラップは、43.4mのものが3本でセットになっています。普通のラップが914mで2558円というのに比べて、コストコのグラッド ストーレージフードラップのセット約130mで1788円というのはずいぶん高いのでは?と思われる方は多いことでしょう。

    でも、グラッド ストーレージフードラップを一度お使いになれば、どなたにもこの製品の優秀さに納得する事間違いなしなのです。グラッド ストーレージフードラップのフォーカスすべき注意点は、フード(食べ物)だけではなく乾いたものであれば、どんなものにも強力に張り付くという特色なのです。

    コストコのグラッド ストーレージフードラップは、食品はもちろん、紙、木材、プラスチック、金属などあらゆるものを、気密シールでぴったりとラッピングすることができるのです。

    コストコのグラッド ストーレージフードラップは、ラップに接着剤がついています。これがどんなものにもぴったり密着してくれるという秘密なのです。

    接着剤?と思わず眉をひそめたくなりますが、グラッド ストーレージフードラップに使われている接着剤は、ガムに使われている「食品接着剤」なので、口に入っても心配がないものなのです。

    日本製のラップを使っていると、ステンレスや木製の食器に入れた食材を冷蔵庫に入れようと思ってラップをかけたのに、滑ってしまってラップがくっつかないことがあります。もしくは、パンやケーキのように形が崩れやすいものにはフワリとラップをかけたいのですが、外れやすいのも困りものです。

    ストーレージとは「貯蔵」の意味があります。このグラッド ストーレージフードラップは、ラップがピタリとくっついて、食材が外気と触れないようにうまく貯蔵ができるようにラッピングできる優秀なアイテムなのです。

    グラッドプレスアンドシール

    出典: 楽天
    楽天

    コストコのラップの特徴

    コストコのラップは値段や長さはもちろんのこと、ラップそのものが一般の日本製ラップと比べるとちょっと違うのです。コストコのラップのユニークな特色を見ていきましょう。

    カークランドはとにかく大容量

    スーパーなどで買える一般のラップは、20m、50mのものがほとんどです。しかし、コストコのカークランドラップは長いものは914mと超ロングなので、大変長持ちすることは間違いありません。

    使い方はご家庭によって違うと思いますが、20mのラップを月に2本くらい使うご家庭でしたら、カークランドは1年10ヶ月保つことになる計算です。3年使っていらっしゃるという声も少なくないのです。

    コストコのカークランドラップは大変伸縮性があり、お皿や食材をぴったりと包んでくれるのです。水の入ったコップでも、コストコのカークランドラップはコップにぴったりと張り付いてくれるので、逆さにしても水がこぼれません。

    これだけぴったりと張り付いてくれるので、包んだ食材の匂いもしっかりシャットアウトしてくれます。ニンニクの入ったお料理の残りが入っていると、冷蔵庫のニオイが気になることがよくありますが、そんなお悩みからもさようならができる優秀なラップなのです。

    とにかくカークランドラップ の伸縮率と密着力は格段に優れているのです。お弁当の汁漏れを防ぐのに使われている方がいらっしゃるのですが、おかずの入ったお弁当箱にカークランドラップを乗せて、ピチッとカバーをしてからお弁当箱の蓋を閉めるのだそうです。

    カークランドのラップを被せることで、お弁当箱の汁漏れは見事に解消されたそうです。カークランドのラップは例え短めにカットしてしまっても、引っ張ればゴムのように伸びて、ぴったりと密着してくれるとても使い勝手のいいアイテムです。

    グラッドは粘着力が超強力

    コストコのグラッド ストーレージフードラップはエンボスで、表面には凸凹がついています。ラップの片側は粘着性があります。これはアメリカのFDA(Food and Drug Administrationという、アメリカ食品医薬品局)で認められている「食品用接着剤」です。

    このラップに圧力を加えると、乾いている物なら何にでもくっつくのであります。接着剤という言葉があまり良い印象を与えないのですが、注意点は「食品用接着剤」はガムに使われているものと同じなので、食品をラッピングしたり口に入ったりしたとしても、全く心配することはないのです。

    コストコのグラッド ストーレージフードラップの間に食べ物を挟んで重ね合わせたら、中の空気を指で押し出して表面を撫でるようにして合わせていくと、食品の周りの空気を抜いた状態のパッキングが手早く簡単にできるのです。

    冷蔵庫はもちろんのこと、冷凍庫に入れて理想的な食品の保存ができるのです。グラッド ストーレージフードラップを一度使ってしまったら、このラップのない生活は考えられないとおっしゃる方が大多数を占めています。

    一度に使う分量の食材を挟んで、一つずつぴっちり小分けできるグラッド ストーレージフードラップは、丁寧な仕事が得意な日本人のハートをくすぐる大変ユニークな製品です。これからもますます人気が高まるに違いありません。

    コストコのラップのおすすめの使い方

    コストコのグラッド ストーレージフードラップの使い方のいくつかをご紹介しましょう。コストコのグラッド ストーレージフードラップの接着力は、ありとあらゆるものに応用することができる優れものなのです。

    コップの蓋の代わりに

    コストコのグラッド ストーレージフードラップは乾いているものでしたら、木、布、金属、ガラスなどありとあらゆるものに接着するのです。

    肉や野菜などの濡れた食材をを真ん中に置いて、挟む形で空気を外に押し出しながらグラッド ストーレージフードラップを合わせると、食物を除いた部分がぴったりと接着するので、食物には空気が当たらないのです。

    鶏肉を普通のラップで包んだものと、グラッド ストーレージフードラップで挟んだものを冷凍してみたら、全く色が違う冷凍肉が出来上がったそうです。空気を遮断することによって、冷凍焼けの少ない新鮮な食材の貯蔵ができる、素晴らしいアイテムなのです。

    グラッド ストーレージフードラップの接着力を試してみましょう。グラッド ストーレージフードラップをコップに被せてラップがコップのふちと重なる部分をしっかり指で押し付けるようになぞります。

    そうすると接着剤がしっかりとコップのふちに付いて、コップにグラッド ストーレージフードラップがぴったりと隙間なく張り付くのです。

    中に液体が入っているコップを逆さまにしても、決して漏れ出すことはありません。たとえ横に倒しても逆さまにしても液体が漏れることがありません。飲み物の入ったコップにコストコのグラッド ストーレージフードラップをかけて、ストローを刺してみましょう。

    お子様がうっかりコップを倒してしまっても、コストコのグラッド ストーレージフードラップがかかっていれば外に液体が漏れ出すことは一切ないので、飲み物の練習をするコップを作るという使い方ができます。子供用の蓋つきのストローカップをわざわざ買わなくても良いのです。

    ベッドに横になっている方に飲み物を差し上げる時も、同じやり方でグラッド ストーレージフードラップをかけたコップに飲み物を入れてストローを刺してあげましょう。お年寄りの介護にも重宝することでしょう。

    煮汁が入っている器や液体の入っているコップを冷蔵庫に入れておいて、出す時にちょっと傾いて中身が溢れてしまって、冷蔵庫を汚してしまうのはよくあることです。特に糖分の入ったものなどはベタついてしまって厄介です。

    また、一般のラップだとスルスル滑ってしまって張り付きにくい材質の容れ物がたくさんあります。コストコのグラッド ストーレージフードラップは、こんなイライラをスッキリ解消してくれる優れものなのです。

    コストコのグラッド ストーレージフードラップの使い方は、他にもまだまだあります。お子様が食事をする時や、お絵かきなど、洋服を汚す機会はたくさんあります。

    コストコのグラッド ストーレージフードラップは、布にもぴったりと張り付いてくれるので、着ている洋服の上に貼り付ければ簡易のエプロンとしても使えるのです。乾いたものになら何にでも張り付いてくれる、グラッド ストーレージフードラップならではのアイデアです。

    調理の下ごしらえに

    キッチンでピザや餃子の皮の生地を作ったり、クッキーの型抜きをしたりなど、調理の下ごしらえをする時にもっと広い作業台が欲しいと感じることはありませんか?こんな時、コスパの良いカークランドのラップを活用しましょう。

    カークランドシグネチャー フードラップを食卓のテーブルに敷き詰めれば、作業台があっという間に作れてしまうのです。その上で生肉に塩胡椒をしたり、餃子や春巻きの中身を詰めたものを 並べてみてください。

    作業が終了したら、汚れたコストコのグラッド ストーレージフードラップを丸めて捨てればいいのです。コスパの良いカークランドシグネチャー フードラップだからこそできるワザです。

    カークランドシグネチャー フードラップ使えば、料理の下ごしらえに使うお皿が無くなるので、洗い物をする手間も無くなるし、水や洗剤も節約になるでしょう。

    お子様が絵の具やクレヨンでお絵描きやお習字をする時、または粘土で遊んだりする時など、コストコのカークランドシグネチャー フードラップをぴったりテーブルの上に敷いて汚れを防ぐこともできます。

    終了したら、カークランドシグネチャー フードラップを剥がして、これも丸めて捨てれば片付けは手早く完了です。

    また、コストコのグラッド ストーレージフードラップで、リモコンやスマートフォンを包んでしまうという驚きの使い方もあるのです。食べ物を触ったベタベタの手でお子様がリモコンを触って汚れてしまったとしても、汚れたラップを剥がしてまた新しいラップで包み直せばいのです。

    スマートフォンでレシピを探したり、料理の最中にスマートフォンを触らなければならないことはよくあります。スマートフォンのガラスの汚れも、コストコのグラッド ストーレージフードラップを剥がして捨ててしまえば即解消です。

    コストコのグラッド ストーレージフードラップの使い方を挙げるとキリがありません。お出かけされた時に雨で衣類が濡れてしまったり、お子様が水や泥で遊んで衣類が濡れてしまった時も、コストコのグラッド ストーレージフードラップで包んで密閉してしまえば良いのです。

    コストコのグラッド ストーレージフードラップは水気を漏らすことなくぴったり包んでくれるので、他のものと一緒にカバンに入れても安心です。使った後のオムツもコストコのグラッド ストーレージフードラップで包んで持ち帰れば、臭気がずいぶん軽減されるのだそうです。

    外気を遮断することによって食材が驚くほど長持ちします。桃をグラッド ストーレージフードラップに包んだら、2週間以上も全く痛みが出なかったのだそうです。約130mで1788円という値段は高いどころか、素晴らしいコスパの製品なのです。

    食品の冷凍保存に

    コストコのグラッド ストーレージフードラップを使えば、素晴らしい食品の冷凍保存ができるのです。まずは一枚のコストコのグラッド ストーレージフードラップの上に、間隔をあけて食材を並べます。そして同じ大きさに切ったコストコのグラッド ストーレージフードラップをその上にかけます。

    食材の真ん中から外に空気を押し出すようにして、コストコのグラッド ストーレージフードラップを貼り合わせば、食材は空気に触れることなく密閉された状態で、しっかりラッピングされるのです。

    そのまま折りたたんでもいいですし、一つ一つ切ってジップロックに入れて、冷凍庫に入れれば新鮮長持ちの理想的な冷凍保存ができます。

    コストコのグラッド ストーレージフードラップで、一度に使いやすい分量に小分けしたり、生肉を部位ごとに、もしくは魚の切り身一枚ずつをラッピングするなど、工夫次第で色々な包み方ができます。

    コストコで大量に肉や魚を購入した時には、なくてはならないラップだとおっしゃる方がたくさんいらっしゃいます。

    コストコのラップの注意点

    素晴らしいこと尽くめのコストコのラップですが、使っていただく時の注意点が一つあります。それは、コストコのラップはレンジでの加熱を避けていただきたいという点です。

    レンジで加熱はNG

    コストコのラップヲ使う上での大切な注意点ですが、コストコのラップの耐熱温度は、レンジが使えるほど高くないということなのです。例えば調理したものをレンジに入れて温めると、中の空気が膨張して伸縮率の高いコストコのラップはみるみる膨らんで爆発してしまうのです。

    カークランドの耐熱温度は82度

    コストコのカークランドシグネチャー フードラップの耐熱温度は、82度とあまり高くありません。なので、電子レンジの使用や、揚げたての油物への使用を避けていただくのが大切な注意点です。

    ラップで包んだご飯をレンジで温めると、82度を超えたご飯はラップが溶けてくっついてしまい、はがすことができなくなってしまうのです。いまレンジは冷蔵庫と並んでキッチンになくてはならない家電です。調理のほとんどはレンジで行うという方もいらっしゃるようです。

    コストコのラップがレンジで使えないと言うのは大きなショックかもしれません。しかし、コストコのラップは、外気をしっかり遮断できて、伸びと張り付きの良さは一般のラップとは比較にならないことを思い出してください。

    耐冷温度は-51度なので冷蔵・冷凍庫での使用は全く問題がありませんし、食材をレンジにかけたい場合は、一般のラップに包みなおす、他の容器に入れて「レンジ用の蓋」を被せる、「シリコンラップ」を使う、お皿を被せるなど、ラップを使わないやり方は実はたくさんあるのです。

    ラップの代わりに使える「レンジ用の蓋」や「シリコンラップ」などは、ダイソーやセリアなどの100円均一ショップで購入することができます。

    耐熱温度をなぜ超えてはいけないかと言うと、コストコのラップにはポリ塩化ビニルが使われているからなのです。

    ポリ塩化ビニルとは色々な製品の材料として使われているものなのですが、焼却するとダイオキシンと言う有害物質が発生してしまうのです。コストコのラップは82度以上になると溶けてしまう恐れがあるのです。

    コストコのラップを使う上での注意点は、レンジで使わないことというのが重要なのです。コストコのラップは、有害物質を発生させる邪悪な製品ではないかと気分を悪くされる方もいらっしゃることでしょう。

    一般のラップに使われている原料は「ポリ塩化ビニル」と名前が似ているのですが、「ポリ塩化ビニデン」と言うのです。実は「ポリ塩化ビニデン」も焼却するとダイオキシンが発生するのです。

    ただ一般のラップの耐熱温度は140度なので、コストコのラップに比べたらはるかに高温に耐えることができます。しかし、焼却すればどちらにしてもダイオキシンは発生するので、例え一般のラップでもレンジには使用しないという方は少なくありません。

    コストコのラップの耐熱温度が低いのは、何と言っても伸縮率の高さを優先したことでしょう。ぴったりと容器に張り付いて、空気を閉じ込め外気に触れさせないことで食材の鮮度を保ち、匂いを閉じ込めたり、他の匂いが移ることも防いでくれるのです。

    グラッドの耐熱温度は100度

    日本の一般的なラップの耐熱温度は140度くらいです。コストコのグラッド ストーレージフードラップの耐熱温度は100度、耐冷温度は-23度です。

    電子レンジは水分を含んだものは100度、油分を含んだものは120度以上になるのです。コストコのグラッド ストーレージフードラップも、電子レンジの使用は避けるべきでしょう。

    超優秀なコストコラップは持っておくと便利なアイテム

    913mという大容量のコストコのカークランドシグネチャー フードラップは、素晴らしい伸縮性とぴったりと張り付く気密性があります。そしてコストコのグラッド ストーレージフードラップの、食品だけではなくあらゆるものに使える機能の高さは驚異的です。

    コストコは今現在全国に26店舗あります。コストコの公式ページにある倉庫店検索で、お近くの店舗をご確認ください。

    グラッドプレスアンドシール

    サイトを見る

    コストコ カークランド シグネチャーフードラップ

    サイトを見る
    Ryo
    ライター

    Ryo

    あちらこちらに楽しい物や場所がたくさんあります。Jouerをどんどん活用してお得な情報をゲットしてください!私もJouerをガイドブックにして、お得な製品やお買い得情報を色々と参考にしたり、友人とおいしいお店を散策しています。時間がいくらあっても足りません〜。

    こちらもおすすめ♡

    人気記事ランキング