いぶりがっこは秋田のおすすめお土産!名前の意味や由来は?

いぶりがっこは秋田のおすすめお土産!名前の意味や由来は?

いぶりがっこは東北秋田、横手市の名産品で最近話題を集めている漬物です。今回は、噛めば噛むほど味かでる、そしてアレンジもきくいぶりがっこの味わいについてご紹介いたします。意味や由来、そしてアレンジレシピまでいぶりがっこの美味しさを再発見できます。

    記事の目次

    1. 1.素朴な風味が後を引く「いぶりがっこ」
    2. 2.いぶりがっこって?
    3. 3.いぶりがっこの名前の意味や由来は?
    4. 4.いぶりがっこのおすすめレシピ
    5. 5.いぶりがっこはお取り寄せもできる
    6. 6.秋田に行ったらお土産はいぶりがっこがおすすめ

    店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

    大根が凍ってしまうのを防ぐために燻した

    Photo by [puamelia]

    主に大根をはじめとした野菜で作られて、いぶりがっこは、燻製にしていることでユニークで独特の旨味が表現されているわけですが、秋田の気候や天候に実は、由来と意味があり、それが燻製にされるようになったこととつながりがあります。

    秋田では、大根が採れる冬の時期の日照時間が短く、積雪も多いので、たくあんを作るために必要な天日干しをしっかりと行うことができず、また、干していてもあまりの寒さに大根が凍ってしまうことから、乾燥、燻製を囲炉裏で、行うようになりました。

    Photo by Kentaro Ohno

    いぶりがっこが特徴のある風味や旨味がポイントですが、特別な漬物になったと言われるルーツが囲炉裏なのです。囲炉裏があった時代は、家庭の味としてどこの家でも作られていました。

    やがて囲炉裏がなくなり、秋田のどこの家庭でも作られていた郷土の味のいぶりがっこはやがて秋田で衰退していきました。しかし郷土食のいぶりがっこを復活させようと機運が高まり、現在のようにまた多くの人に食べられるようになったのです。

    今では大きないぶし小屋で、大量生産されています。そしていぶりがっこは今や、全国で知られる秋田の郷土食となりました。

    フリー写真素材ぱくたそ

    その意味を知ると、なんとなくより親近感も湧いてきます。じっくりと燻されて作られたいぶりがっこには、興味深い依頼があったのです。

    秋田の天候、気候が生んだ、今では多くの人に支持されているいぶりがっこは、意味があって作られたものだったということです。

    「たくあん」とは違った旨味

    Photo by junyaogura

    たくあん漬をいぶりがっこは燻製にしたものがですが、たくあんの味を想像して食べてみるとその味わいの違いに驚くはずです。旨味が燻製により凝縮され、噛めば噛むほど味の深みが豊かな香りとともに広がります。

    香ばしい香りは、漬物の独特の臭みを感じないので、たくあん漬けが苦手でも、いぶりがっこなら食べることができるという方もいるほどです。様々な食材との相性も良く、それがより一層食べやすくしていると言えます。

    ぱりぱりとした食感も強い

    Photo by kimishowota

    たくあんをはじめ、漬物にはパリッとした独特の食感があるものが多いですが、いぶりがっこはさらに強いかみごたえを感じる食感があります。パリパリ食感はやめられない味わいです。

    ご飯と一緒にはもちろんのこと、お茶やお酒にも合います。日本酒やワインなどにもぴったりで、和洋のお酒の味わいを引き立ててくれるとしてその人気は高まっています。お酒好きの方へのお土産としてもおすすめしたいのがいぶりがっこです。

    いぶりがっこの名前の意味や由来は?

    Photo by TANAKA Juuyoh (田中十洋)

    白飯のおともに、そしてお酒のおつまみとして、いぶりがっこはいつでも食べたいぴったりのつけものです。漬物として新しいという感覚がありますが、地元秋田では昔から庶民に親しまれていた食べ物です。

    そもそも、いぶりがっこというとてもユニークなネーミングの食べ物の名前の意味やその由来なども知りたいと思っている方も多いかもしれません。秋田のお土産として有名な漬物である、いぶりがっこにどんな意味と由来があるのかみてみましょう。

    「いぶり=炙り(燻製)」「がっこ=漬物」

    Photo by macglee

    次のページ

    いぶりがっこのおすすめレシピ

    こちらもおすすめ♡

    人気記事ランキング