オリーブオイルを使ったドレッシングのレシピを伝授!簡単でおいしい作り置きも

オリーブオイルを使ったドレッシングのレシピを伝授!簡単でおいしい作り置きも

オリーブオイルはドレッシングを作るのにうってつけのオイルです。特にエクストラバージンオリーブオイルは香りと風味が良いので、火を通さずに食べるのはおあつらえ向きです。おいしいオリーブオイルを使ったお手製ドレッシングのレシピをご紹介しましょう。

    記事の目次

    1. 1.オリーブオイルを使えば多彩なドレッシングが簡単に作れる!
    2. 2.作り置きで便利!オリーブオイルのイタリアンドレッシング
    3. 3.さっぱり爽やか!レモンとオリーブオイルのドレッシング
    4. 4.シンプルで簡単!和風オリーブオイルのドレッシング
    5. 5.オリーブオイルで自家製ドレッシングを作ろう!

    店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

    オリーブオイルを使えば多彩なドレッシングが簡単に作れる!

    Photo byAJ_Ferreira

    オリーブオイルは特に地中海沿岸の国々で大変愛されているオイルです。オリーブオイルはもともと地中海沿岸で発祥したしたもので、紀元前4500〜3500年とも言われています。

    オリーブオイルを生産している国は世界中で58カ国、そして世界中のオリーブオイルの約半分をスペインが生産しています。オリーブオイルのほとんどは地中海沿岸の国々で生産されていて、オリーブオイルの生産量が多い国の1位から9位は地中海沿岸の国です。

    そしてなんと10位の国はどこだと思いますか?それは、オリーブオイルが身体に良いと国をあげて推奨しているアメリカなのです。

    健康効果が高いと言われるオリーブオイル

    Photo byMareefe

    オリーブオイルとはそんなに身体に良いのでしょうか?はい、オリーブオイルには体が喜ぶ栄養素がたっぷり含まれていて、大変健康に良いオイルなのです。またオリーブオイルはダイエットにも向いているオイルで、肌や髪など美容にも良い効果があると言われています。

    オリーブオイルには、ビタミンA、D、K、E が含まれていて、特にビタミンE は過酸化物質の抑制に効果があると言われています。ビタミンEは、動脈硬化や老化を予防する働きがあり、他のオイルに比べると酸化もしづらいです。

    オレイン酸で便秘解消効果が期待できる?

    Photo byPexels

    オリーブオイルには「オレイン酸」が含まれています。オレイン酸は大腸を刺激して腸の動きを大変活発にし、腸内の弁を柔らかくする働きがあります。そのため便秘解消の効果が大きく期待できます。

    またオレイン酸は、悪玉コレステロールを減らしてくれる働きがあります。そしてオレイン酸は胃にとどまる時間が短いので、胃に負担をかけることがなく、胃もたれにも大きな効果を上げてくれます。

    ササっと作れる簡単なレシピをご紹介

    Photo byRitaE

    オリーブオイルの簡単な使い方としてあげられるのがドレッシングです。ドレッシングは作り置きもできますし、混ぜ合わせる材料やスパイス、ハーブによっていろいろな味わいのものを作ることができます。今日はオリーブオイルを使って、ササっと作れる簡単なレシピをご紹介しましょう。

    作り置きで便利!オリーブオイルのイタリアンドレッシング

    クリックすると楽天商品ページへ飛びます

    オリーブオイルといえばイタリアンが一番に思い浮かびます。イタリアンドレッシングは、冷蔵庫に作り置きをしておくととても便利です。オリーブオイルを使ったイタリアンドレッシングをご紹介しましょう。

    ベーシック イタリアンドレッシング

    クリックすると楽天商品ページへ飛びます

    オリーブオイルを使ったとても基本的なドレッシングです。このドレッシングはどんな野菜にも合う味で、とてもさっぱりしています。冷蔵庫に常に作り置きをしておけば、サラダを食べるときにさっと使えて便利です。

    材料はオリーブオイルと酢に塩、コショウです。オリーブオイルはエクストラバージンオリーブオイルがおすすめです。エクストラバージンオリーブオイルは、バージンオリーブオイルの中でも「香り」と「成分」の基準を満たしたものだけに、「エクストラ」という名称がつけられます。

    どのオリーブオイルも全て生で食べることはできます。しかし、火を通さずに生で使いたいオリーブオイルには、香り豊かなエクストラバージンオリーブオイルをおすすめしたいです。

    クリックすると楽天商品ページへ飛びます

    ベーシックイタリアンドレッシングのレシピです。材料は、エクストラバージンオリーブオイルと、酢をオリーブオイルの倍量と、塩、ブラックペッパーです。使う酢は、ワインビネガー、アップルビネガー、米酢、バルサミコといろいろありますが、お好みのものを選んでください。

    オリーブオイルと酢、好みの量の塩、ブラックペッパーをジャムの空き瓶などに入れてシェイクすれば、簡単にドレッシングができます。お好みでバジリコやオレガノなどのハーブ、みじん切りのニンニクなどを加えれば、ドレッシングの表情がますます広がります。

    アンチョビドレッシング

    クリックすると楽天商品ページへ飛びます

    アンチョビを使ったドレッシングを作ってみましょう。アンチョビはオリーブオイルの中にカタクチイワシを塩漬けにしたもので、ナンプラーのように魚の風味が豊かな、イタリアンのパスタやピザのソース、フランス料理などによく使われます。

    日本人にはちょっと使いづらい素材かもしれませんが、塩を使うよりも旨みが濃くて味に深みが出ます。すでにオリーブオイルに漬けてあるので、オリーブオイルを使ったドレッシングにはぴったりの素材です。

    クリックすると楽天商品ページへ飛びます

    アンチョビドレッシングのレシピです。サラダを食べるときに二人前の量のドレッシングを作る場合の材料は、アンチョビ20g、クラッシュドガーリック1/2かけ、エクストラバージンオリーブオイル大さじ3、白ワインビネガー大さじ2、塩、ブラックペッパー少々です。

    アンチョビをスプーンの背などでつぶしたものに、オリーブオイル、白ワインビネガー、クラッシュドガーリックを入れて、ジャムの空き瓶に入れてよくシェイクします。好みで塩、ブラックペッパーで味を調えて出来上がりです。

    クリックすると楽天商品ページへ飛びます

    どんなサラダにも合う、簡単に作れるドレッシングです。アンチョビの缶詰を開けたら、残りのアンチョビでパスタソースを作ったり、新キャベツと一緒に炒めたりするのもおすすめです。

    バジリコドレッシング

    クリックすると楽天商品ページへ飛びます

    バジルは家庭菜園や植木鉢に植えたものでも、夏はどんどん増えてくれるハーブです。バジルの葉が沢山繁ったら、バジルの葉をたっぷり入れたオリーブオイルのドレッシングを作ってみませんか?

    バシルとオリーブオイルで作られたこのドレッシングは、野菜サラダだけではなく、蒸し鶏や魚料理などにも使えるソースにもなります。

    バジリコドレッシングのレシピをご紹介しましょう。材料は、バジルの葉40枚、クラッシュドガーリックひとつ、エクストラバージンオリーブオイル大さじ4、白ワインビネガー大さじ2、塩、ブラックペッパー少々です。

    クリックすると楽天商品ページへ飛びます

    バジルの葉を金属の包丁で切るとすぐに黒くなってしまいます。では手でちぎればいいかというと、これも時間が経てば黒くなってしまうので、バジルはなるべく使う直前に切ったりちぎったりするようにしましょう。

    バジルの葉を全部刻んで、すぐにオリーブオイルと白ワイン、ニンニクと一緒にしてボウルの中で混ぜるか、空き瓶に入れてシェイクします。お好みで塩、ブラックペッパーで味を整えてください。オリーブオイルとバジルの香りが芳しい、ドレッシングの出来上がりです。

    さっぱり爽やか!レモンとオリーブオイルのドレッシング

    クリックすると楽天商品ページへ飛びます

    レモンの爽やかさはドレッシングにぴったりです。酢の代わりにレモンを使っても酸味を楽しめますし、レモンにはビタミンが豊富に入っているので健康にもうってつけの食材です。

    レモンを常に買い置きしておいて、食事のたびにレモンの切れ端を出しておけば塩分控えめの食事にも役立ちます。レモンとオリーブオイルを使って、ヘルシーなドレッシングを作りましょう。

    基本のレモンドレッシング

    クリックすると楽天商品ページへ飛びます

    まずはレモンとオリーブオイルを使った基本のドレッシングのレシピです。エクストラバージンオリーブオイル大さじ2、レモン汁小さじ2、醤油小さじ1、そして塩、ブラックペッパー適量です。全てを混ぜ合わせて、塩、ブラックペッパーで味を整えてください。

    レモンヨーグルトドレッシング

    クリックすると楽天商品ページへ飛びます

    基本のレモンドレッシングに、白ワインビネガーと無糖ヨーグルトをそれぞれ大さじ1と1/2ずつ加えます。はちみつをほんのひとたらし加えてよく混ぜ合わせてください。マイルドなレモン風味のおいしいドレッシングが出来上がります。

    シンプルで簡単!和風オリーブオイルのドレッシング

    クリックすると楽天商品ページへ飛びます

    和風のドレッシングもオリーブオイルで簡単に作ることができます。オリーブオイルの香りは和風料理の味を邪魔するものでは決してありません。どうしてもオリーブオイルの香りが気になる方は、他のサラダオイルやごま油を使いましょう。

    和風ドレッシングには、オリーブオイルに和風の素材を混ぜ合わせることで、素晴らしい味わいのものが各種出来上がります。その幾つかをご紹介しましょう。

    柚子胡椒入りドレッシング

    クリックすると楽天商品ページへ飛びます

    九州では一般的な調味料として使われていた柚子胡椒は、今全国的に人気です。和風料理に柚子胡椒を入れると、ゆずの爽やかな香りと青唐辛子の刺激で味が引き締まります。柚子胡椒をオリーブオイルと合わせると、とても美味しいドレッシングか簡単に作れてしまいます。

    柚子胡椒入りドレッシングのレシピは、エクストラバージンオリーブオイル大さじ2、柚子胡椒小さじ1、米酢を少々混ぜるだけです。

    柚子胡椒は結構溶けづらいので、泡立て器などで均等に混ざるように準備してください。ゆずの香りが爽やかな、オリーブオイルを使った和風ドレッシングです。

    練りごまドレッシング

    クリックすると楽天商品ページへ飛びます

    和風と言ったらごま風味。ごまを使ったドレッシングは野菜だけでなく、豚の薄切りを使ったしゃぶしゃぶサラダにもとてもよく合います。野菜も蒸す調理をした温野菜は、ますます和風ドレッシングの旨みを強調してくれます。

    練りごまを使った和風ドレッシングのレシピです。このレシピは作り置き用をご紹介しましょう。ねりごまドレッシングの材料は、エクストラバージンオリーブオイル90cc、練りごま大さじ6、米酢、砂糖、醤油各小さじ4です。

    クリックすると楽天商品ページへ飛びます

    オリーブオイルを先に入れると砂糖と練りごまが混ざりづらいので、まず練りごまに、酢、砂糖、醤油全ての調味料をよく混ぜ合わせます。すべてがよく混ざったら、オリーブオイルをタラタラと少しずつ入れながら全体を混ぜ合わせましょう。

    作り置きをしておけば、食事の時に冷蔵庫からさっと出して食卓に置くことができます。苦手な野菜でもごまの風味が臭いを消して食べやすくしてくれるドレッシングです。

    生姜ドレッシング

    クリックすると楽天商品ページへ飛びます

    生姜ドレッシングには塩麹を入れて、和風テイストに一段とアクセントを入れました。はちみつのやさしい甘みと生姜の風味がおいしいハーモニーを作ってくれます。サラダのドレッシングだけではなく、肉やカツオの刺身などにも使える和風ソースです。

    生姜ドレッシングの材料は、エクストラバージンオリーブオイル60ml、米酢大さじ2、塩麹大さじ1、はちみつ大さじ1/2、おろし生姜大さじ1です。蜂蜜をかき混ぜ器などでよく溶かして、全体を混ぜ合わせてください。全体が白っぽくなるまでかき混ぜて乳化させれば完成です。

    オリーブオイルで自家製ドレッシングを作ろう!

    Photo byRitaE

    健康に良いオリーブオイルを使ったドレッシングは、おいしくて健康にもよい一石二鳥のメニューです。オリーブオイルを使って自家製ドレッシングを作り置きしておくと、サラダだけではなくカルパッチョや豚しゃぶ、魚料理などいろいろな料理のソースとしても使うことができて便利です。

    Ryo
    ライター

    Ryo

    あちらこちらに楽しい物や場所がたくさんあります。Jouerをどんどん活用してお得な情報をゲットしてください!私もJouerをガイドブックにして、お得な製品やお買い得情報を色々と参考にしたり、友人とおいしいお店を散策しています。時間がいくらあっても足りません〜。

    こちらもおすすめ♡

    人気記事ランキング