日暮里繊維街を楽しもう!おしゃれなおすすめ店やアクセス方法は?

日暮里繊維街を楽しもう!おしゃれなおすすめ店やアクセス方法は?

日暮里には、ハンドメイド好きな人は誰もが知っている問屋「日暮里繊維街」があります。生地や糸など、手作りに欠かせない材料が驚きの安さで売られているので、この日暮里繊維街で一気買いという方までいます。そんな日暮里繊維街の安くて便利なお店をご紹介します。

記事の目次

  1. 1.裁縫好きが訪れるおすすめスポット「日暮里繊維街」
  2. 2.50年の歴史がある「日暮里繊維街」はどんなスポット?
  3. 3.日暮里繊維街で特に「生地が豊富」なおすすめ店
  4. 4.日暮里繊維街で「糸やボタンなどを豊富に扱う」お店
  5. 5.日暮里繊維街で特に「安い」と評判のお店
  6. 6.日暮里繊維街で「北欧柄やおしゃれ柄」生地のあるお店
  7. 7.日暮里繊維街の「毛皮や皮が安い」おすすめ店
  8. 8.日暮里繊維街の「セールやイベント」もチェック
  9. 9.日暮里繊維街ショッピングの「注意点」は?
  10. 10.日暮里繊維街周辺の「おすすめグルメ」
  11. 11.日暮里繊維街でお気に入りの生地や道具を見つけよう

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

裁縫好きが訪れるおすすめスポット「日暮里繊維街」

Photo by minoir

「日暮里繊維街」を聞いたことがありますか。ハンドメイドや裁縫好きの間では超有名なスポットで、イベント前には皆がこぞってここでお買い物します。その理由は、問屋街というだけあって、生地や糸をはじめとした手作りの材料が安く、豊富に揃っているからです。

そんな日暮里繊維街でぜひチェックしたい、おすすめのお店をご紹介します。和柄やアンティーク、北欧風にも使いたい、生地や糸が一気に揃います。中には目からウロコのイベント情報もあるので、ぜひ日暮里繊維街に出かける前にイベント情報をチェックしてみてはいかがでしょうか。

日暮里繊維街へのアクセスと営業時間

フリー写真素材ぱくたそ

日暮里繊維街のある日暮里駅はJR山手線、常磐瀬、京浜東北線、京成本線など、8路線でアクセスする事が可能です。特に山手線では上野駅から2駅と、かなりアクセスのよい場所にあります。

日暮里駅は2つ改札があります。「北改札」から出た場合は東口に、「南改札」から出た場合は南口に出ます。逆方向は谷中銀座の方面になります。

駅前のロータリーに出たら、「日暮里中央通り」をまっすぐ歩いていくと、街頭に「日暮里繊維街」のフラッグが見えてきます。「ファッションハウス平和堂」や「モスバーガー」がある通りです。

Photo byHans

日暮里繊維街のお店は日曜・祝日は休みのところがほとんどです。また営業時間は店によって異なりますが、10時~17時だとほとんどが営業時間です。もちろんお店によって営業日や時間が異なるので、事前に確認しておきましょう。

50年の歴史がある「日暮里繊維街」はどんなスポット?

Photo by na0905

日暮里繊維街の始まりは大正初期、浅草方面に点在していた業者が日暮里や三河島周辺に集まるようになったといわれています。戦後には協同組合が結成され、昭和44年には「東京日暮里繊維卸協同組合」と、今の日暮里繊維街の前身になったといわれています。

平成元年には荒川区文化施設「多目的ホール」がホテルランクウッド内にオープンし、そのオープンセレモニーとして服飾学校の生徒によるファッションショーが開催されたことから、日暮里繊維街の認知度が高まることになりました。

Photo byGadini

以降、毎年日暮里繊維街の活性化実行委員会などを中心としてファッションショーやデザインコンテストなどのイベントが実施され「日暮里繊維街と言えば服飾やハンドメイドに強い街」という認知がされています。

日暮里繊維街は基本的にいつも材料を求める人で溢れていますが、特に混雑するのは平日に仕事をしている会社員が一斉にお買い物に来る土曜日のお昼頃です。またハロウィンやコミケといったイベント前の土曜日は特に混雑します。

日暮里繊維街の「初心者向け」のおすすめ店「トマト」

Photo by DozoDomo

日暮里繊維街の中で最大級のお店が「トマト」です。日暮里繊維街をずっと歩いていくと「トマト」のイラストが書かれた看板があり、日暮里を歩いている人は大体トマトのショッピングバッグを持っています。トマトは全部で5つの建物に分かれています。

「セレクト館」は、国内外からセレクトした生地を扱っています。コットンや麻、オーガニックなど、ハンドメイドの衣類に活躍しそうな上質な生地がお手ごろ価格で揃っています。北欧やアジアから輸入したとても珍しい生地もあります。

Photo by yukop

「インテリア館」はインテリア向けの生地を取り揃えています。カーテンやテーブルクロスなどの生地は、国内一流のメーカー商品を取り揃えています。サンプルもとても見やすく、オーダーメイドも大特価です。

Photo bymoritz320

「ノーション館」は小物や材料を専門として扱っています。糸や針といった基本的な材料はもちろん、衣装の装飾に活躍しそうなビーズやブレード、刺繍糸も充実しています。店頭には手作り衣類用の型紙も販売しています。

ノーション館と本館の間にある「アーチ館」は、1階と地下1階の2フロアです。鞄や靴に使えそうな合皮や、インテリアにも活躍しそうなインド綿など、珍しい生地を驚きの価格で販売しています。雑貨も豊富にあり、衣装の小道具をここで見つけるという方もいます。

Photo bymonicore

そして5フロアに分かれている「本館」は、あらゆる種類の生地が販売されています。1階には裏地やタオル地などが激安価格で販売されている一方、3階にはサテンやオーガンジーなど、衣装や舞台用に使えそうな高級服用の生地があります。

100円コーナー

Photo by Sono★Elefante

本館1階と、アーチ館ではなんと激安フロアがあります。100円コーナーは使える生地や珍しい模様の生地が、1メートル100円で販売されています。日暮里繊維街の中でもなるべく安く済ませたい裏地は、ここで一気に手に入れるという方もいます。

日暮里繊維街で特に「生地が豊富」なおすすめ店

Photo by DozoDomo

初めて日暮里でお買い物をするのであれば、やっぱり品揃えのいいお店がうれしいところです。特に生地は沢山買うとなると結構な重量があるので、できれば一箇所でお買い物が済めばとても便利です。

数ある日暮里の問屋街の中でも、とにかく生地の種類が多く、初めての生地選びでも便利なお店をご紹介します。衣装制作はもちろん、インテリアや小物作りにもおすすめです。

奥山1号店

Photo byMarjonBesteman

日暮里繊維街のメイン通りを歩いていると、派手目のピンク色の看板があります。株式会社奥山が運営する「奥山一号店」は、衣装制作に便利な生地を豊富に取り扱っています。営業時間はだいたい日曜日を除く10:00から18:00となっています。

店内にはハワイアンや北欧輸入のジャカード、和装用の生地まで、まさしく衣装にぴったりな生地が盛りだくさんです。「こんな生地を探していた」というものも、奥山なら見つかることもあります。

また系列店の「Okuyama」には、ステージ用、よさこい用、社交ダンス用など、イベント向けの衣装を豊富に取り揃えています。こちらも一号店に負けず、カラフルでちょっと珍しい色彩の生地を使用した衣装が盛りだくさんです。

住所 東京都荒川区東日暮里6丁目45-6
電話番号 03-3806-5016

パキラ

Photo byeniast

日暮里繊維街の入口に位置する「パキラ」は、衣類やパッチワークに便利な生地や糸が充実しているお店です。営業時間は10:00~18:00で、日曜・祝日は営業していません。

特に日暮里繊維街では珍しくリバティプリントの生地が豊富で、タナローンはほぼ全柄全色揃っています。シーズン柄や着物に便利な和柄、おしゃれな北欧柄も入荷しているので、季節ごとにお洋服をハンドメイドで作りたいという方にもおすすめです。

少し繊維街を進んだところには、ニット生地を専門に販売しているニット館もあります。初心者向けの簡単なものから、高品質のニット生地まで様々です。パキラで販売されている生地と合わせて、自分だけのオリジナルのお洋服が作れます。

住所 東京都荒川区東日暮里6-58-5
電話番号 03-3891-8990

要藤商店

Photo byskeeze

日暮里繊維街の交差点にある「要藤商店」は、赤い屋根が目印です。繊維街の中では珍しく日曜・祝日も営業していて、営業時間も平日は18:30、日・祝日は17:00までと長くなっています。

ニットやウール、裏地や芯地といた生地をリーズナブルな価格で販売しています。安さの理由は、メーカーの残り物の生地を取り扱っているからです。もちろんクオリティもバッチリで、衣装やお洋服の制作にも役立つものばかりです。

店頭には接着芯や裏地の端切れ、手縫い用の糸が、なんと110円から販売しています!裏地や接着芯は少し高くついてしまうので、知っておくとかなりお得です。またセールやイベントなどで定期的に割引セールも開催されているので、ぜひ店内をチェックしておきましょう。

住所 東京都荒川区東日暮里5-45-1
電話番号 03-3891-4486

日暮里繊維街で「糸やボタンなどを豊富に扱う」お店

Photo byantineagarfias

洋裁・和裁をはじめとした衣類ハンドメイドには、糸やボタンといった材料が欠かせません。しかし、最初はどれを買えばいいかわからないうえに、形状や素材にこだわりたい人はあちこち探し回らなければいけない、ということもよくあるものです。

日暮里なら、糸やボタンなどの材料が一気に揃うような便利なお店が沢山揃っています。珍しくてかわいいボタンやリボンのほか、洋裁に欠かせないがミシン糸がリーズナブルな価格で揃っているので、詳細にまでこだわって制作がしたい、という人にもおすすめです。

やまよ(支店)

Photo byrawpixel

洋裁教室も主宰している「やまよ」では、生地、ボタン、洋裁材料が豊富に揃い、初心者のハンドメイドを全力でサポートしてくれます。大きな交差点に面して日暮里駅からのアクセスも抜群です。営業時間はなんと19時まで、夕方からでもゆっくりお買い物が可能です。

晴れている日には店頭にリーズナブルな端切れやリボンなどの材料が大量に陳列しています。思わぬ宝物が、驚きの価格で見つかることもあるのでぜひ入店前にチェックしましょう。

糸もミシン糸のみならず、刺繍糸や手縫い糸も充実しています。また布やウィッグの染色に使える染料や、衣装を彩るキラキラブレードも揃っているので、お買い物に困ったときは訪れてみると便利な材料が手に入ります。

住所 東京都荒川区東日暮里5-34-8
電話番号 03-3807-7163

エル・ミューゼ 日暮里店

Photo bylillaby

北欧やヨーロッパ、アジアからの輸入ボタンやビーズなどのパーツを中心に取り扱う「エル・ミューゼ」は他のお店ではなかなか見つけられない、唯一無二のパーツを見つけたい方におすすめです。営業時間は18時までと長めですが、日曜日が定休なので注意です。

店頭からアンティークでおしゃれな雰囲気が漂います。北欧やヨーロッパから取り寄せたボタンやパーツは、日本ではちょっとお高くつきそうなものですが、日暮里ならばとてもリーズナブルに手に入れることができるのです。小瓶やバスケットが並び、心が躍りそうなディスプレイも素敵です。

更に店頭にはアウトレットコーナーもあり、更にお安い価格帯で輸入パーツを手に入れることができます。作りたいお洋服にぴったりのパーツを見つけましょう。

住所 東京都荒川区東日暮里5-34-1
電話番号 03-5858-6722

ミハマクロス1号店

Photo byjwskks5786

日暮里トマトノーション館の隣で、アクセスのよい「ミハマクロス」は、開店時間は10:00~17:00ですが、臨時休業もあり、事前に確認してから行くといいでしょう。生地はもちろん、糸やボタンなどの材料が充実しているのですが、なぜかこちらのお店はミャンマー人に人気なのです。

このお店は、ちりめんや和柄などの和布をメインで販売しています。終戦直後の頃、ミハマクロスとつながりのある人がここのお店の布をビルマ(今のミャンマー)に持っていったところ、大変な人気となり、現在の繁盛に繋がっているのだそうです。

和柄の布を買う際はぜひこちらがおすすめです。カットの状態で販売されているものもあり、小物やインテリア用としてもたいへん便利です。

住所 東京都荒川区東日暮里6-44-7
電話番号 03-3806-1401

日暮里繊維街で特に「安い」と評判のお店

Photo byblickpixel

大型の手芸店で生地や材料を大量に買うと、けっこう高額になってしまうものです。特に、衣装に使われるようなクオリティの高い生地にこだわると、1メートル何千円もしてしまい、イベント前のお財布を圧迫してしまいます。

「こだわりたいけど安く済ませたい」という方にこそ、日暮里繊維街でのお買い物がおすすめです。珍しい生地が驚きのお値段で販売されていることもあり、衣装製作に挑戦したいと考えている方や、イベント直前の方はぜひチェックしてみるとよいでしょう。

山田商店

Photo byannca

営業時間9:00~17:30(変動あり)と日暮里駅からトマトまでの道すがらというアクセスなので、先にここを覗いてからという方も多い「山田商店」は、日暮里に創業して60年もの間、1巻や1束単位で販売しており、多くの製作業者に信頼されている老舗です。

日暮里繊維街で唯一卸売りを行っており、巻や束でお買い物が出来ます。イベントなどで同じものを何個も製作したり、ドレスを製作したりで大量に生地が必要なときは、大型の手芸店で買うよりも断然お得なので覚えておきましょう。

また、あまり沢山必要ないというときは、端切れコーナーをチェックすると思わぬ掘り出し物に出会えます。お店の方も親切で、気軽に相談しやすい雰囲気なのもうれしいです。

住所 東京都荒川区東日暮里5-47-13
電話番号 03-3806-5719

熊谷商事

Photo byAlexas_Fotos

北欧・ヨーロッパ・アメリカなどから輸入したボタンやパーツを取り扱う「熊谷商事」は、トマト・アーチ館の向かいというアクセスのよさです。営業時間は10:00~18:00です。

国内外のあらゆる場所から商品を取り寄せており。金具、糸、ブレードなど手芸や衣装製作に便利な材料が揃っています。珍しいプリント生地やコットン生地で、アメリカンやヨーロッパ、北欧テイストの作品が作れます。

中でも見どころは、店内奥のボタンコーナーです。なんと5000種類以上もの輸入ボタンが勢揃いしています。しかも大手手芸店よりも20~80%も安く販売しているので、理想のボタンが見つからなくて諦めようと思っている方こそ、ぜひ覗いてみてほしいお店です。

住所 東京都荒川区東日暮里5-32-10
電話番号 03-3807-1386

日暮里繊維街で「北欧柄やおしゃれ柄」生地のあるお店

Photo byAnnaliseArt

おしゃれな北欧風の雑貨やインテリア製作のために、それなりの生地や材料が欲しい、と考えている方も多いはずです。しかし北欧から輸入したアイテムは、探すと大変だし、大型の手芸店では少し高いしで、ついつい妥協してしまいがちではありませんか?

そんな方にこそ日暮里繊維街がおすすめです。日暮里繊維街には北欧はもちろん世界各地からアイテムを集め、日暮里ならではの価格で販売しているお店が多数存在しています。北欧風でおしゃれなアイテムが得意なお店を知って、オリジナリティ溢れる作品を作りましょう。

伊藤ファッションサービス 東京本店

Photo by 二師兄Allen

日暮里繊維街でもちょっとおしゃれな雰囲気をかもし出しているのが「伊藤ファッションサービス」です。アクセスは駅から徒歩5分、営業時間は10:00~18:00です。ヨーロッパ(イタリア、フランス)、北欧などから取り寄せた品質のよい衣服用の生地を取り扱っています。

こちらは服地が多く、ポリエステルプリントやニット、ツイードなど、日常でおしゃれに着られるようなお洋服のための生地が中心です。パターンも販売していて、洋裁に手を出し始めた方にもおすすめです。北欧輸入の素材はとても珍しく、ついつい見入ってしまいます。

しかも安いものでは1000円/mとなっており、北欧調やハンドメイドのお洋服が好きな方は見逃せない!ぜひとっておきの1着を作ってみてはいかがでしょうか。

住所 東京都荒川区東日暮里6-58-3
電話番号 03-3807-0606

E&SON FABRIC

Photo byVladimirZugi

日暮里に3店舗ある「E&SON」は、いずれも北欧、ヨーロッパ、アジアなど世界から輸入した希少性高い素材を販売しています。営業時間は10:00~18:00ですが、12時頃はお休みしている事もあるので注意です。

「いかるがビル」2階にある「FABRIC」では、カーテン、クッション、ベッドカバーなど、北欧やヨーロッパから輸入したインテリアファブリックが中心になっています。北欧風やクラシカルなインテリアに使えます。

フリー写真素材ぱくたそ

また同じビル1階には「デコール」が入っており、ここではタッセル、ブレード、レースモチーフなど、これまた世界各地から選りすぐった珍しい素材が販売されています。インテリアにはもちろん、衣装製作に使えば一味違った作品が完成しそうな、素敵なパーツばかりです。ハンドメイド作家さんにも人気で、イベント前には大混雑します。

住所 東京都荒川区東日暮里5-45-12
電話番号 03-3807-3169

日暮里繊維街の「毛皮や皮が安い」おすすめ店

Photo by Muffet

衣装や小物製作に、ファーやレザーを必要とする方もいるでしょう。本物のファーやレザーはもちろんのことですが、フェイクであったとしても、これらの素材をこだわって買おうとすると、かなりの出費になってしまいます。

卸問屋である日暮里繊維街では、これらのちょっと高くなりそうな素材を直接仕入れているため、驚きの安さで買うことができるのです。ファーやレザーを使ったアイテムを作りたい方は覚えておくとお得です。

革のAnd Leather 日暮里アネックス店

Photo byPexels

レザー素材を取り扱う「And Leather」は、浅草橋に5店舗、日暮里に3店舗あります。トマト本館を奥に行ったところにあり、アクセスも簡単な「日暮里アネックス店」は、営業時間9:30~18:30、祝日は9:30~17:30で営業しています。

レザーは端切れから、ちょっと探すのが大変な大きなサイズのものも販売しています。また皮ひもや金具も充実していて、ここ一箇所で作品のための材料が全て揃ってしまいます。

またレザーの買い取りは、個人・業者問わず行っています。しっかり審査して買い取ったレザーを使用しているので、こんなに安くレザーが手に入るというわけです。自宅に使わないレザーが眠っているようでしたらぜひご相談してみてはいかがでしょうか。

住所 東京都荒川区東日暮里5-24-1
電話番号 03-3805-8014

国立毛皮工房

Photo by psyberartist

アクセスは日暮里中央通りと尾久橋通りの交差点、パキラの隣に毛皮を専門で扱う「国立毛皮工房」があります。営業時間は10:00~18:00で、日曜日も営業しています。ぬいぐるみや小物にぴったりの毛皮を取り揃えています。

リアルファーやフェイクファー、ムートン素材など幅広く取り扱っています。国内はもちろん、北欧やアジアなどのアイテムも豊富です。しかも特価直販店なだけあって、他ではお目にかかれないような価格で販売しています。

またバッグや手袋、アクセサリーなども販売しており、ファーと合わせて購入することもできます。

住所 東京都荒川区東日暮里6-58-5
電話番号 03-6458-3467

マキいとう毛皮店

Photo by verchmarco

「日暮里トマトセレクト館」の向こうに、店頭に並ぶ金具やパーツが目印になっている「マキ・いとう毛皮」は、日暮里繊維街の真ん中に位置しているのでアクセスもよく、営業時間は9:00~17:30とかなり早い時間から営業しています。

ここでは蛇やハラコなどのレザー、ウサギやミンク、狐などのファー、金具や皮紐を販売しています。毛皮やファーの端切れは、100円からという驚きの価格です。小物製作でちょっとだけファーが欲しいという方もうれしい価格です。

また店内にはリボンやブレード、糸も販売しており、ここひとつで材料が揃ってしまうのも魅力です。所狭しと並ぶ商品の中から自分のお気に入りを見つけたくなります。

住所 東京都荒川区東日暮里6-45-3
電話番号 03-3806-0605

日暮里繊維街の「セールやイベント」もチェック

フリー写真素材ぱくたそ

安くて便利な日暮里繊維街は、お買い物にとても便利です。しかし、日暮里繊維街は問屋街なので、平日日中の営業がほとんどです。お仕事や場所の関係で、頻繁に行くことができないという方も多いです。

ですがそのような方の為にも、日暮里繊維街ではお得なセールやイベントを定期的に開催しています。また何度も足を運べないという方向けのサービスも行っています。イベント情報や便利なお買い物方法をチェックしましょう。

「オンライン販売」している日暮里繊維街のお店も

Photo byPexels

イベントなど製作のタイムリミットが迫っているものの、アクセス面で日暮里繊維街に行くことができないという方や、一度の買い物が多くなってしまうとお悩みの方も多いでしょう。日暮里には「トマト」をはじめ、オンライン販売を行っているお店が多くあります。

オンライン販売なら営業時間を気にせずお買い物ができますし、荷物を持ってあちこち回る必要もありません。営業時間内で配送をしているところがほとんどですが、どのくらいで注文した生地が到着するか、よく確認しましょう。

またお店のホームページには、お得なセール情報や、お店ごとのイベント情報が記載されていることもあります。日暮里繊維街でのお得なお買い物の為に、ぜひチェックしましょう。

生地の「サンプル」を送ってもらう

Photo bypozytywnewnetrza

日暮里繊維街のお店は、オンライン販売が充実しています。しかし、実際に生地の色味や感触を確かめられないことが一番のネックではないでしょうか。そんな時は、お店によっては生地のサンプルを送ってくれることがあります。

サンプルは有料の場合や、初回のみ無料の場合もあるので、一度相談してみるとよいでしょう。実際にサンプルを確認してお買い物をする事で失敗も防げます。

また生地のみならず、リボンや糸、ブレードといった材料のサンプルも取り扱いがあるお店があります。生地は決まっているけれど、装飾をどうしようか迷っているという方は、サンプルを確認すると何度もアクセスしなくて済むのでスムーズです。

日暮里繊維街ショッピングの「注意点」は?

Photo by t-miki

安くて便利な日暮里繊維街ですが、あくまで業者向けに営業している「問屋街」であり、大型の手芸店とは異なる場面が幾つかあります。知らずにお買い物に行ったことにより、肩透かしを食らったという声も実はちらほらと聞こえます。

まず、駅からのアクセスが少し離れています。トマトあたりの中心地となると、駅からおよそ10分歩くことになります。イベント前はかなり賑わっているので、迷うことはないはずですが、営業時間に注意です。

なぜなら営業時間はかなり短く、複数のお店を回ることを考えている場合は時間配分をしないと、目的のお店が閉まっているということも。土日が営業していないお店もあるのでご注意ください。

生地や糸などに関する質問はあまりしない

フリー写真素材ぱくたそ

手芸や衣装製作が始めてという方は、生地のお買い物にも分からない事だらけです。しかし日暮里繊維街では、少し初心者向けでないところが多くあります。

日暮里繊維街のお店は手芸店とは少し違い、一般客のほかにも、業者向けにも対応をしなければなりません。そのため日暮里繊維街のお店で質問をしたらそっけない態度をとられてしまい、不満に感じたという声がちらほら聞こえます。

営業時間内は常にお店が忙しい状態です。特にセールやイベントの時は、かなり店内が混雑します。お店によってはきちんと相談に乗ってくれるところもあるので、臨機応変にお店を使い分けるとよいでしょう。

取り寄せも基本はできない

Photo byAlexas_Fotos

お買い物をしていくうちに、生地の在庫がないという場合があります。日暮里繊維街では基本的に生地の取り扱いの種類は豊富ですが、在庫は基本的に店頭にあるもののみのところがほとんどです。

そしてこういうときは、基本的に取り寄せはできません。日暮里繊維街の他の店舗に探しに行かなければならないので少し手間に感じてしまいますが、安い以上ある程度の手間は仕方がないのかもしれません。

長さを決めてから会計をする

Photo byOpenClipart-Vectors

基本的に、手芸店で生地やパーツを買うときは「カット台で必要な容量にカット→会計レジ」の流れになっていて、それは日暮里繊維街でも同じです。

そして日暮里繊維街のお店、特にトマトなどの安さが売りになっているお店は、基本的に常に混雑しています。セールやイベントの時はこの混雑がさらにすごくなり、カット台やレジに長蛇の列ができているというパターンも多々あります。

Photo byMyriams-Fotos

そんな時にカット台の前で長さを迷っていると、あまりいい顔をされません。日暮里繊維街に限らずですが、生地を買うときは必要な長さを決めてから買い物をしましょう。

また基本的に日暮里繊維街の生地は「メーター単位」(一般的な手芸店は10センチ単位)で買えることがほとんどなのでそこも注意です。

日暮里繊維街周辺の「おすすめグルメ」

Photo byfancycrave1

日暮里繊維街は駅からアクセスが少し離れています。駅周辺には気軽に入れるファミレスや、ファーストフードが多い一方、日暮里繊維街の周辺はレストランやカフェが若干少ないという印象です。

そこで、知っておくとすごく便利な、日暮里繊維街からのアクセスがよいグルメのお店をご紹介します。空腹の状態では満足なお買い物もできません。ぜひこちらのお店を腹ごしらえや休憩に活用してはいかがでしょうか。

イタリア料理・窯MARU

フリー写真素材ぱくたそ

「パキラ」や「エドウィン」のある交差点を北に行ったところにある「窯MARU」日暮里繊維街からのアクセスも抜群です。営業時間は11:00~23:30とかなり遅い時間まで営業していますが、平日は14:15~17:00、土日は15:30~17:00の時間がお休みです。

カジュアルイタリアンな店内は明るくてホッとする雰囲気です。なんと日替わりカルパッチョ500円、ワインは一杯380円なので、お買い物後の財布でも行きやすいリーズナブルさがうれしいです。個室もあるので、ちょっとした打ち合わせがしたいときも便利です。

石釜焼の本格ナポリピッツァは店内で一晩発酵させていて、ふわふわもちもちです。一人分でもちょうどいい大きさなので、色々なピッツァの食べ比べもおすすめです。

住所 東京都荒川区東日暮里6-60-10
電話番号 03-6806-7470

チュニジア料理・クスクス

Photo byShekuSheriff

「クスクス」は日暮里駅東口、カラオケ歌広場の入っているビルの4階です。徒歩2分ほどと、アクセスも抜群で、日暮里繊維街の行き帰りの利用におすすめです。営業時間は11:30~15:00、17:30~24:00で、月曜日が定休日です。

1000円前後でお得なランチメニューは、ぜひアフリカンのコーヒーと一緒に召し上がりたいところです。店員さんも気さくで、日暮里のお買い物コースの定番におすすめです。

ちょっと珍しいチュニジア料理を、カジュアルにいただくことができます。店名にもなっている「クスクス」はお米に似た見た目ですが、実はパスタの一種です。スープを吸ってモチモチのクスクスは、ややスパイシーで食欲をそそります。お買い物で疲れた心と体に沁み入るおいしさです。

洋食つちや

Photo by iyoupapa

日暮里繊維街を日暮里駅と反対方向に進み、尾竹橋通りとの交差点を左に曲がります。駅からのアクセスはやや遠いですが、この辺りには昔ながらの飲食店が充実しています。ハンバーグをはじめ洋食が食べられる「つちや」は、営業時間が11:30~14:00、17:30~21:00となっています。

地元に根付いた飲食店ですが、近年リニューアルされ、店内は新しくなっています。カウンターにテーブル席が数席で、結構店内は広めです。店内が広いと荷物が多くても安心です。ランチメニューはいずれも1000円前後ですが、お値段以上のボリュームでしっかりお腹を満たせます。

何と言ってもおすすめはハンバーグです。いかにも洋食店のデミグラスソースたっぷりのハンバーグは、香ばしくてペロッと食べられます。定食はご飯にサラダ、汁物、漬物がセットになっています。

住所 東京都荒川区東日暮里6-14-4
電話番号 03-3806-5071

和食 たかはし

Photo by khf_fjs

アクセス方法は駅から5分、「ナガト」の角を曲がって一つ目の角にある和食料理「たかはし」は、おそらく一番日暮里繊維街からのアクセスがいいのではないでしょうか。ランチの営業時間も14時までなので、お買い物の合間に立ち寄れるのも便利です。

お刺身や魚料理を中心とした、和食や会席料理が楽しめます。ランチは一人でも入れそうなカジュアルな価格帯と雰囲気ですが、ディナーになると季節ごとの味が楽しめるコースに、日本酒も合わせて楽しめるので、お買い物はもちろん、デートにもおすすめです。

雰囲気のいい店内で食べるおすすめの海鮮丼が最高です。味噌汁や漬物とセットで、新鮮な魚をたっぷり楽しめます。がっつり食べたい方は、大盛りにするとちょうどいいサイズです。

住所 東京都荒川区東日暮里5-30-1
電話番号 03-6886-2567

日暮里繊維街でお気に入りの生地や道具を見つけよう

Photo by fletcherjcm

お買い物に便利でグルメやイベントも楽しめる、日暮里繊維街の魅力を紹介しました。都心からのアクセスもよく、必要なものが一度に揃ってしまう日暮里繊維街は、まさしくハンドメイドの聖地です。日暮里繊維街でのお買い物のコツを掴んで、ぜひお得に、素敵な作品を作りましょう。

家村絵未
ライター

家村絵未

楽しい情報をお届けします

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング