岡山県瀬戸内市の大きな駄菓子屋さん!日本一広い駄菓子売り場を一挙紹介

岡山県瀬戸内市の大きな駄菓子屋さん!日本一広い駄菓子売り場を一挙紹介

岡山県瀬戸内市長船町には、日本一大きい駄菓子屋さんがあり、店内には、様々な種類の駄菓子や、お菓子が販売されています。この記事では、岡山の日本一大きい駄菓子屋さんの店内の様子や、販売している駄菓子などについて、詳しくご紹介します。

記事の目次

  1. 1.古き良き時代の店の再現も!岡山の「駄菓子屋」が話題
  2. 2.「日本一のだがし売場 もったいない広場」の見どころ
  3. 3.岡山の大きい「駄菓子屋」について詳しく紹介
  4. 4.岡山の大きい「駄菓子屋」は味も一味違う?
  5. 5.岡山の「駄菓子屋」!18禁駄菓子やおつまみ駄菓子も
  6. 6.岡山の「駄菓子屋」!縁日屋敷にはレトロ玩具も沢山
  7. 7.岡山の「駄菓子屋」!「備前焼」や「野菜の種」も販売
  8. 8.岡山の「駄菓子屋」!倉庫の外では軽食も食べられる
  9. 9.岡山の大きい「駄菓子屋」は大人も子供も笑顔になれる

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

古き良き時代の店の再現も!岡山の「駄菓子屋」が話題

Photo by yellow_bird_woodstock

みなさんは、岡山県瀬戸内市長船町にある大きい駄菓子屋「日本一のだがし売り場」というお店をご存知でしょうか。日本一のだがし売り場では、大人から子どもまで、一日中楽しめるような、昔懐かしい駄菓子などが、数多く販売されており、にこにこ笑顔で過ごせるお店です。

瀬戸内市長船町の日本一広い駄菓子屋さん「日本一のだがし売り場」は、大きさが、約1000平米もあり、大変大きいです。店内には、「縁日屋敷コーナー」や、「もったいない広場」などがあります。また、土日のみですが、店外では、焼きそばなどの販売を行っています。

Photo by nakimusi

岡山の大きい駄菓子屋さん「日本一のだがし売り場」は、テレビや、雑誌など、様々なメディアで取り上げられており、店内には、有名人のサインなどが飾られています。岡山の大きい駄菓子屋さんは、全国的にも有名です。

岡山の「日本一のだがし売り場」の店内には、人気のアニメ「だがしかし」に登場する駄菓子屋さんを再現している建物があります。「だがしかし」に登場する駄菓子が置いてあり、多くのアニメファンが訪れています。

Photo byTanteTati

岡山で有名な大きい駄菓子屋「日本一のだがし売り場」は、店内・外の写真撮影が可能です。SNSへのアップも禁止されていませんので、気軽に情報が発信できます。他のお客さんに迷惑をかけないよう気を付けて、素敵なインスタ映えする写真を、たくさん撮影してみましょう。

また、岡山県瀬戸内市長船町にある「日本一のだがし売り場」は、人気がありますが、平日は結構空いているので、ゆっくりじっくりとお買い物が楽しめます。土日祝日は、非常に混み合い、駐車場もいっぱいになってしまいますので、時間に余裕をもって出発しましょう。

Photo byAlexas_Fotos

特に、第3日曜日のイベントの日は、何千人ものお客さんが押し寄せます。県外からのお客さんも多く、駐車場もいっぱいになってしまいますので、早めに出発すると良いでしょう。9:30頃には、営業しているようです。

岡山県瀬戸内市長船町の大きい駄菓子屋「日本一のだがし売り場」では、駄菓子や、お菓子の袋詰めも行っています。旅行や、祭り、町内会など、予算や、要望に応じて、多種多様なお菓子を袋詰めしてくれますので、注文の際には、1週間以上の余裕をもって、連絡しましょう。

Photo bygiftpundits

お菓子の袋詰めは、実際に商品を見ながら決められますので、非常におすすめです。パッケージの色合いや、どんなお菓子なら喜ばれるかなど、お店の方に相談しながら、色々と考えながら決められます。

また、岡山の大きい駄菓子屋さんの店外では、土日限定となってしまいますが、うどんや、牛串などの軽食が食べられます。お値段もリーズナブルで、ちょっと小腹が空いた時に、おすすめです。カフェコーナーがあり、外で食べることもできます。

Photo by klipsch_soundman

岡山の長船町にある大きい駄菓子屋「日本一のだがし売り場」は、全種類のうまい棒を販売しています。地域限定のうまい棒などもあり、普段なかなか見られない珍しいうまい棒が購入できます。売り場近くに、うまい棒人気ランキング表がありますので、参考にして下さい。

また、何種類か購入し、食べ比べするのもおすすめです。プレミアムうまい棒もありますので、普通のうまい棒と、どう違うのか食べ比べしてみるのも面白いでしょう。30本入りのうまい棒も、販売されていますので、おやつ用に、ストックしておくのも良いかもしれません。

フリー写真素材ぱくたそ

岡山県瀬戸内市長船町にある大きい駄菓子屋「日本一のだがし売り場」は、大きい倉庫内で、たくさんの種類の駄菓子や、お菓子を販売しておりますので、通路も大変広く、歩きやすいので、子連れファミリーにも、とてもおすすめです。

瀬戸内市大船町の大きい駄菓子屋の外観は、平らな大きい倉庫で、扉には、様々な可愛いイラストが描いてあります。イラストを見ただけでも、楽しそうで、倉庫内に入る前から、ウキウキ、ワクワクしてしまいます。

Photo byMirelaSchenk

倉庫の入り口は、スロープになっており、車椅子の方や、ベビーカーでも安心です。倉庫内も、とても広く、通路も、ゆったり広々としているので、歩くのにも、困りません。みんなが一日中、笑顔でいられる駄菓子屋さんです。

岡山の「駄菓子屋」は瀬戸内市長船町にある

Photo by yamakazz

岡山の大きい駄菓子屋「日本一のだがし売り場」は、岡山県瀬戸内市長船町にあります。周辺は、田畑が広がっており、自然いっぱいです。電車ですと、赤穂線邑久駅か、長船駅下車で、タクシーで10分くらいで、平日は、市営バスも運行しています。(土日祝は、運休です。)

また、お車でお越しの際には、ブルーライン邑久・牛窓I.Cを降りて右折後、約3km直進して下さい。駐車場は、敷地面積が、5500坪と、大変広く、「第1駐車場」が80台で、大型バスも駐車可能です。「第2駐車場」は、90台駐車できます。

Photo by "KIUKO"

車を運転していると、道沿いに、とても大きい倉庫があり、白い壁の倉庫に、「日本一のだがし売り場」という大きい文字が、赤色で書かれており、目印となっています。倉庫周辺は、田畑になっており、広々としていて、大変分かりやすい場所にあり、迷わずに行けます。

土・日・祝日は、大変混雑しますので、時間に余裕をもって、早めに出かけましょう。また、毎月第3日曜日のイベント開催時は、さらに混雑します。午後からですと、駐車場もいっぱいになってしまうため、午前の早い時間に行くのが、おすすめです。

フリー写真素材ぱくたそ

バスで来店の際には、1週間前までに、公式ホームページ内にあるメールフォームで、予約しましょう。予約が無い場合は、バスの駐車が出来ない場合があります。また、トイレの数が、男子2、女子2、車椅子1と、少ないため、トイレ休憩を済ませてから、来店しましょう。

岡山県長船町にある「日本一のだがし売り場」は、毎日10:00~17:00(日曜日:9:00~17:00)まで営業しています。祝祭日も、休まず営業しておりますので(年末年始は、休業です)、普段仕事で、なかなかお休みが取れない方も、気軽に足を運べます。

Photo bynattanan23

営業時間や、定休日は、変更になる場合もありますので、事前に、電話で確認するのがおすすめです。また、公式ホームページでは、臨時休業などの情報を掲載していますので、お出かけの際には、こまめにチェックしておくと良いでしょう。

また、瀬戸内市長船町にある大きい駄菓子屋「日本一のだがし売り場」では、支払いは、現金のみとなっています。クレジットカードや、電子マネー、スマホ決済など、キャッシュレス決済には、対応しておりませんので、必ず、現金を忘れずに、持って行きましょう。

住所 岡山県瀬戸内市長船町東須恵1373-5
電話番号 0869-26-6580

岡山の駄菓子屋が「日本一大きい店」になった経緯

Photo by sabamiso

岡山県瀬戸内市長船町の大きい駄菓子屋「日本一のだがし売り場」は、岡山県にある株式会社大町という会社が運営しています。株式会社大町は、1952年、お菓子の卸問屋・秋山商店として創業し、1970年に、株式会社大町に、社名変更となりました。

初めは、スーパーなどに、お菓子を卸していましたが、バブル崩壊後は、仕事が激減し、激安お菓子の直売イベントを開始しました。賞味期限が迫り、廃棄されてしまうお菓子を安く売ろうという考えは、お客さんに「もったいない」という気持ちを理解してもらうためでした。

Photo by iandeth

この「もったいない」という気持ちが、商品を元気にしています。お菓子メーカーは、激安お菓子を販売することで、商品を抱え込まず、お客さんも、美味しいお菓子が安く手に入り、お店も、儲かり、みんなが笑顔になれる仕組みが完成しました。

激安イベントは、月2回行っていましたが、2011年に、店舗として、営業がスタートし、2015年11月には、売り場面積を2倍に拡げ、約1000平方メートルの敷地にある、大きい倉庫の駄菓子屋さんは、「日本一の駄菓子屋」となりました。

「日本一のだがし売場 もったいない広場」の見どころ

Photo by Norisa1

日本一のだがし売り場内には、「もったいない広場」と呼ばれる広場があります。もったいない広場では、生産過剰や賞味期限の短いお菓子を、「もったいないの心」で、格安で販売しています。スナック菓子など、激安で販売されていますので、是非、チェックしてみて下さい。

また、もったいない広場には、「うまい棒」専門のコーナーがあり、全種類のうまい棒が購入できます。スーパーや、コンビニなどでは、手に入らないうまい棒も販売されていますので、忘れずに、チェックしてみて下さい。

岡山の駄菓子屋は「日本一の売り場面積」

Photo by Dick Thomas Johnson

岡山県瀬戸内市長船町の「日本一のだがし売り場」は、日本一の売り場面積を誇ります。約1000平米の売り場に、昔懐かしい駄菓子や、お菓子、レトロなおもちゃなどが、所狭しと並んでいます。子どもも、大人も、見ているだけでも、ワクワクした気分になれます。

駄菓子屋の倉庫は、とても大きい建物で、売り場は、非常に広く、一日中いても、飽きないで楽しく過ごせます。お菓子好きの方には、非常におすすめのです。もし、お子様が疲れてしまった場合でも、「なつかし遊び部屋」という広々とした和室で休憩できますので、安心です。

駄菓子が「値段別や種類別」なので選びやすい

Photo byShirley810

販売されている駄菓子は、「種類別」や、「値段別」に、綺麗に並べられていますので、非常に分かりやすいです。たくさんの種類の駄菓子やお菓子が販売されており、どれにしようか迷ってしまいますが、手に取ってみた商品は、必ず、元の場所に戻すようにしましょう。

また、岡山県瀬戸内市長船町にある大きい駄菓子屋「日本一のだがし売り場」では、子どもが買い物をしやすいよう、子ども目線の売場になっています。お金を計算しながら、買い物ができるよう、子どもの目線に合わせ、低い位置に商品が並べてあります。

Photo byannca

子どもが、自分で計算しやすいよう、全ての商品が、10円単位で、全商品に、値段シールが付いており、充実の品揃えで、見ているだけでも、とても楽しめます。商品のことで分からないことがある時には、売り場にいるスタッフの方が、親切に教えてくれます。

また、子ども用の買い物カゴがあり、お会計は一緒ですが、レジで分けてくれます。また、子どもが計算しながら、どれにしようかお菓子を選ぶ姿が見られるので、お金を大切に使おうという気持ちも伝わりますし、算数の勉強にもなり、お子様に、大変おすすめの場所です。

Photo byStone_WLP

昔懐かしいクジつきの駄菓子は、「あたり」が出ると、すぐその場で好きなものと交換可能です。大人も、子どもも、ワクワクしてしまうような、バラエティに富んだ品揃えで、店内は、お客さんの笑顔でいっぱいです。

「だがしかし」のシカダ駄菓子店が再現されている

Photo by norio_nomura

瀬戸内市長船町の大きい駄菓子屋「日本一のだがし売り場」には、人気アニメ「だがしかし」の駄菓子屋さんが再現されており、アニメファンの聖地となっています。顔出しパネルや、「だがしかし」に登場する駄菓子も販売されており、多くのアニメファンが訪れています。

店内は、自由に写真撮影ができますので、是非、「顔出しパネル」で、記念撮影をしてみて下さい。良い思い出になることでしょう。また、SNSなどにもアップできますので、友達と素敵な写真をたくさん撮ってみましょう。

「なつかし遊び部屋」や「オムツ替えスペース」もある

Photo byFree-Photos

店内にある「なつかし遊び部屋」は、畳がある和室の部屋で、子ども達の塗り絵などが飾られています。レトロな雰囲気の部屋で、懐かしいおもちゃで遊んだり、オムツ替えができるコーナーもあります。毎月第3日曜のイベント開催時には、この部屋で紙芝居を行っています。

なつかし遊び部屋は、昭和レトロな空間で、広々とした和室なので、お買い物途中で、ちょっと休憩して、親子で昔の懐かしいおもちゃで遊ぶのも、おすすめです。塗り絵や、フラフープをしたり、遊べながら過ごせますので、お子様も、飽きずに楽しめます。

フリー写真素材ぱくたそ

また、「おむつ替えスペース」がありますので、赤ちゃん連れのファミリーにも安心です。大きい駄菓子屋「日本一のだがし売り場」は、子どもも笑顔になれるよう、様々な工夫がされており、子連れファミリーにも優しい、大変おすすめの場所となっています。

岡山県瀬戸内市長船町の「日本一のだがし売り場」を運営している秋山秀行氏は、お子様が、駄菓子や、レトロなおもちゃを喜んでくれるのが、何よりも嬉しいそうで、お客さんからの要望にも、できるだけ応え、多種多様な駄菓子を仕入れているそうです。

Photo bystevepb

社長である秋山氏は、イベント開催時には、「ハゲヅラ」と「ヒゲ」を付け、「駄菓子のおじさん」を演じており、子ども達の夢を壊さないよう、社員の方たちにも、「社長」と呼ばないよう注意し、イベントを楽しんでいるそうです。

また、秋山氏は、駄菓子で、世界の人々を笑顔でいっぱいにしたいという思いから、「駄菓子で世界を笑顔にする会」の会長も務めており、毎年3月12日を「駄菓子の日」とし、全国で、様々なイベントを行っています。

岡山の大きい「駄菓子屋」について詳しく紹介

Photo by Urawa Zero

岡山県瀬戸内市長船町の大きい駄菓子屋さん「日本一のだがし売り場」の店内はどのようになっているのか、どんな駄菓子や、お菓子が販売されているのか、詳しくご紹介しますので、一緒にチェックしてみましょう。

激安スナックストリート

Photo bystevepb

「激安スナックストリート」は、「しみチョココーン」や、人気の「プチシリーズ」など、非常にお得な大きいサイズの駄菓子を提供しています。「賞味期限が短い」、「過剰生産」という理由で、廃棄されてしまうお菓子を、激安で販売しています。

売り場は、かなり広く、大変人気のあるコーナーです。箱売りや、ばら売りに分けられており、買い物がしやすいです。「激安スナックストリート」では、賞味期限が近いものが多く販売されていますので、大量買いする場合には、食べきれるかどうか良く考えましょう。

うまい棒は全種類!限定プレミアム味もある

Photo by klipsch_soundman

日本一のだがし売り場では、子どもから大人まで人気の「うまい棒」を、全種類購入できます。また、「うまい棒グッズ」なども販売されており、見ているだけでも、ウキウキしてしまいます。東京限定商品である「シナモンアップルパイ味」も数量限定で、販売しています。

うまい棒の売り場には、「うまい棒神社」の鳥居や、顔出しパネルがあり、子ども達に人気の撮影スポットとなっています。売り場近くには、うまい棒人気ランキング表があり、「日本一のだがし売り場」ナンバー1は、「コーンポタージュ味」となっています。

Photo byHans

「シナモンアップルパイ味」は、りんごをイメージした赤いパッケージが、とても可愛らしいです。りんごの爽やかな酸味と、シナモンの風味が絶妙で、美味しいです。普通のスーパーや、コンビニなどでは、手に入らないので、お土産にも、オススメです。

岡山県瀬戸内市長船の大きい駄菓子屋「日本一のだがし売り場」では、瀬戸内限定の「レモン味」うまい棒も販売されています。爽やかな、甘ずっぱい味わいが人気で、大変美味しいと評判です。パッケージには、「厳島神社」など、岡山県の人気スポットが描かれています。

Photo byJillWellington

「夏限定レモンスカッシュ味」も、人気があります。袋を開けた瞬間、爽やかなレモンの香りがします。シュワシュワとした、炭酸の感じが良く再現されており、口いっぱいに、甘さがふわっと広がり、味が濃く、とても美味しいです。

また、普通のスーパーなどでは、あまり見かけない「ちまき味」や「オニオンサラダ味」、「やきとり味」なども販売されています。珍しいうまい棒なので、お土産にも、大変喜ばれることでしょう。

Photo bycegoh

うまい棒「ちまき味」は、端午の節句にちなんだ、うまい棒で、3種類の可愛らしいパッケージがあります。鶏肉や、野菜パウダーなどを使用し、中華ちまきの味を表現しており、大変美味しいです。

「オニオンサラダ味」は、オニオンコンソメスープのような味わいで、玉ねぎの風味がしっかり効いています。他のうまい棒に比べると、あっさりとしたうまい棒になっています。サクッとした食感で、美味しいです。

フリー写真素材ぱくたそ

「やきとり味」は、2度揚げ製法で、とても香ばしくなっており、カリッとした食感を実現しています。ビールに合いそうな味付けで、少し甘みがあり、炭火焼き鳥の美味しさを、そのまま表現しています。

「かぼちゃコーンポタージュ味」は、人気ナンバー1の「コーンポタージュ味」の姉妹品であり、「熊本県産万次郎かぼちゃ」を使用しています。普通のコーンポタージュ味より、まろやかな味わいで、コクがあります。

Photo byEinladung_zum_Essen

通常のうまい棒よりも、味が濃く、少しだけ長い「明太子味」や、「モッツァレラチーズ&カマンベールチーズ味」など、うまい棒「限定プレミアム味」も販売されています。特に人気の味は、プレミアムうまい棒「わさびソース和風ステーキ味」です。

「わさびソース和風ステーキ味」は、三種類の中で、一番味が濃く、牛肉の甘めな味の後に、ツーンとしたわさび風味が楽しめます。わさび好きな方に、大変オススメで、おつまみにぴったりな、うまい棒です。

Photo byDivily

「明太子味」は、ピリッと辛く、噛んだ瞬間に、明太子の味わいが、口いっぱいに広がります。コクがあり、ごはんが食べたくなるような美味しさです。贅沢な味わいですので、是非、食べてみて下さい。

「モッツァレラチーズ&カマンベールチーズ味」は、普通のうまい棒「チーズ味」と比べると、少しマイルドな味わいになっており、リッチでクリーミーな味を表現しています。チーズ好きな方に、オススメです。

押しボタン式のガムだけでも驚くべき種類

Photo bymintchipdesigns

日本一の駄菓子売り場には、様々な種類の「押しボタン式ガム」が置いてあります。カラフルな箱に入っており、種類もたくさんあるので、どれも欲しくなってしまいます。どんなガムが出てくるのか、ワクワクドキドキしますし、お子様も、喜ぶことでしょう。

業務用サイズの駄菓子も豊富

Photo by nakimusi

業務用サイズの大きな箱に入った駄菓子も、販売されています。色々な駄菓子に囲まれて、とても幸せな気分になれます。小さい頃には、少しずつしか買えなかった駄菓子を、一気にまとめて、大人買いすることができます。

大目に購入しておいて、ちょっとしたプレゼントや、子どもかいの参加賞などに使用するのもおすすめです。30本入りパックのうまい棒が、280円で購入できますので、非常にお得で、オススメです。

変わり種や懐かしの駄菓子も勢ぞろい

フリー写真素材ぱくたそ

瀬戸内市長船町にある大きい駄菓子屋さんでは、懐かしい駄菓子や、珍しいお菓子を販売しています。びん型のモナカに、粉のようなラムネが入っている「ビンラムネ」は、モナカにストローを刺し、粉ラムネを吸って食べる駄菓子です。慌てず、ゆっくりと吸いましょう。

また、「冷やしあめ」は、関西では、夏の定番の飲み物となっており、米飴をお湯でとき、生姜の搾り汁などを加えた飲み物です。温かいものは、飴湯と呼ばれています。昔懐かしい味わいが、人気です。

Photo by jetalone

岡山土産として有名な「栗まんじゅう」も購入できます。生地は、もっちりとしており、ほどよい甘味が人気です。他にも、甘納豆や、風せん玉ゼリー、羊羹、根昆布あられなどが販売されており、お年寄りにも大人気です。

お子様には、昔懐かしい「ヨーグル」や、「ヤングドーナツ」、「ミックス餅」、「カステーラ」などが人気です。ヤングドーナツは、チョコレートをコーティングして食べると、大変美味しいので、購入して、家で作ってみましょう。

フリー写真素材ぱくたそ

また、大きい駄菓子屋「日本一のだがし売り場」には、ドリンクコーナーがあり、たくさんの種類のラムネを販売しています。ラムネの種類は、メロン味や、スイカ味などがあります。また、カレー味など、変わり種のラムネも販売されており、見ているだけでも楽しめます。

岡山の大きい「駄菓子屋」は味も一味違う?

Photo by cutejapan

岡山の大きい駄菓子屋さんには、変わった味のラムネが販売されていますので、何種類か購入して、飲み比べしてみるのも、楽しいです。売り場は、赤や、水色、緑色など、カラフルなラムネがたくさん並んでおり、見ているだけでも楽しめます。

「ラー油味」のラムネは、ツンとくる辛い味で、とても刺激があります。香りは、ラー油の香りで、色も、ラー油のように、赤い色をしています。

Photo by9884533

「たこ焼き味」のラムネは、エナジードリンクのような味で、薄いオレンジ色をしています。あまり、たこ焼きの味はしないので、飲みやすいです。

「塩スイカ味」のラムネは、薄いピンク色をしており、ほのかな塩味と、スイカの味がマッチしており、とても美味しいです。夏にピッタリの飲み物です。

「キムチ味」のラムネは、真っ赤な色をしており、飲む前から、キムチの香りがしています。「罰ゲームの定番」になっています。

Photo by woinary

「カレー味」のラムネは、ジンジャーエールのような色で、匂いはカレーのにおいがします。スパイス感なども、ほとんどなく、炭酸も微炭酸で、刺激が少なく飲みやすいです。

「ニッキ水」は、赤や、緑、黄色の鮮やかな色が可愛い、清涼飲料水で、シナモンの香料が使用されています。クセがありますが、好きな人は、病み付きになる味です。人気アニメ「だがしかし」にも、登場しています。

フリー写真素材ぱくたそ

岡山の日本一大きい駄菓子屋さんでは、若者の間で人気の電球ソーダの容器が販売されています。1つ380円です。この容器に、お気に入りのラムネを入れて、明かりをつけて飲むのもおすすめです。

店内で販売されているラムネなどの飲み物は、すぐに飲めるよう、冷蔵庫に入れて、冷やしてあります。変わり種のラムネなど、チャレンジしてみたい味がありましたら、是非、挑戦してみて下さい!

岡山の「駄菓子屋」!18禁駄菓子やおつまみ駄菓子も

フリー写真素材ぱくたそ

日本一のだがし売場では、面白いネーミングのチョコなど、18禁駄菓子が販売されています。倉庫の隅の方にありますので、見つけてみて下さい。また、「するめそうめん」や「帆立えんがわ」など、おつまみ系の駄菓子も充実の品揃えで、販売されています。

「キャベツ太郎」や、面白い名前の「らぁめんババァ」、「よっちゃんイカ」、「ポテトフライ」、「おやつカルパス」などが、お酒のおつまみとして人気の駄菓子です。日本一大きい駄菓子屋さんで、是非、購入してみて下さい。

岡山の「駄菓子屋」!縁日屋敷にはレトロ玩具も沢山

フリー写真素材ぱくたそ

お祭りの縁日のような雰囲気の「縁日屋敷コーナー」は、「縁日屋敷」のアーチをくぐると、風車が飾られており、お面や、スーパーボール、女の子用アクセサリーなどが販売されています。どの商品も懐かしいものばかりです。特に人気なのは、「ゴムとばしグライダー」です。

昔懐かしい「ビックリナイフ」は、鞘つきで販売されています。パーティーなどで、盛り上がること間違いなしです。他にも、女の子が喜びそうな「おままごとグッズ」などが購入できます。また、カラフルなスーパーボールは、1回30円で、取り放題です。

フリー写真素材ぱくたそ

スーパーボールは、四角い形のものや、透明のものなど、様々な種類があります。他には、「たこ」や「けん玉」、「紙風船」など、昔懐かしいレトロなおもちゃが、たくさん販売されています。大人も子どもも、とても楽しめるコーナーです。

また、岡山限定の「NARUTO ナルトグッズ」も販売されています。ナルトのキーホルダーや、バッジ、タオルなど、ナルト好きな方におすすめです。

Photo bytookapic

縁日屋敷コーナーでは、なかなか手に入らない「うまい棒グッズ」も販売しており、文房具や、Tシャツなどが購入できます。一番おすすめのうまい棒グッズは、「お箸」です。

うまい棒グッズのお箸は、10種類以上ありますので、家族それぞれ、お気に入りを購入するのも、おすすめです。また、何本か購入し、お土産にするのも良いでしょう。

岡山の「駄菓子屋」!「備前焼」や「野菜の種」も販売

Photo by haru__q

長船町にある「日本一のだがし売り場」では、「備前焼」や、「野菜の種」も購入できます。岡山県は、備前焼発祥の地として有名で、日本一のだがし売り場では、隠れた作家さんのもとで、障がい者の方が、一生懸命作り上げたA級品の備前焼を販売しています。

備前焼は、一つひとつ丁寧に作られており、つやつやしていて、おしゃれで素敵です。お部屋のインテリアに合わせて、購入するのも良いでしょう。じっくりとゆっくりと、買い物を楽しんでみて下さい。一つ300円くらいなので、気軽に購入できます。

Photo bycongerdesign

また、岡山の大きい駄菓子屋では、「野口のタネ」という野菜のタネが販売されています。野口のタネは、埼玉県にある種苗店で、西日本で購入できるのは、日本一のだがし売り場だけとなっています。一袋300円くらいで、少し高めですが、美味しい野菜ができると評判です。

岡山の「駄菓子屋」!倉庫の外では軽食も食べられる

フリー写真素材ぱくたそ

岡山県瀬戸内市長船町にある「日本一のだがし売り場」では、土曜・日曜になると、倉庫の外で、焼鳥や、うどん、焼きそば、フライドポテトなどが販売されています。夏になると、かき氷も販売されます。美味しい軽食が、楽しめますので、大変おすすめです。

特に人気のメニューは、サクサクとした揚げたてのコロッケです。ホクホクしており、ジャガイモも甘みがあって、とても美味しいです。是非、揚げたての熱々コロッケを、味わってみて下さい。

Photo by iyoupapa

から揚げは、1パック150円で販売されています。とても安くて、おすすめです!購入した商品は、その場で立ったまま食べるか、車に戻って、ゆっくりと、座って食べるのも良いでしょう。

天気が良い日には、外のテーブル席で食べるのがおすすめです。小さなお子様が、大きな声を出しても、そんなに気にしなくても大丈夫ですし、長船町の雄大な自然に囲まれながら、是非、美味しい軽食を味わってみて下さい。

岡山の大きい「駄菓子屋」は大人も子供も笑顔になれる

Photo byPexels

「日本一のだがし売り場」について、ご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。たくさんの種類の懐かしい駄菓子や、珍しいお菓子が販売されており、見ているだけでも、大人も、子どもも、にこにこ笑顔になれます。岡山観光の際には、是非、足を運んでみて下さい。

やぶ
ライター

やぶ

静岡県の出身です。国内のおでかけスポットや美味しいグルメ情報を紹介していけたらと思います。よろしくお願いいたします!

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング