かずさオートキャンプ場で釣りや川遊びを体験!アクセスや予約方法は?

かずさオートキャンプ場で釣りや川遊びを体験!アクセスや予約方法は?

かずさオートキャンプ場は南房総にある人気のキャンプ場です。釣りや川遊びができるので、家族旅行におすすめです。通年営業しているので1年中キャンプを楽しめます。かずさオートキャンプ場のアクセスや予約方法、周辺のおすすめ観光スポットをご紹介します。

記事の目次

  1. 1.かずさオートキャンプ場とは?
  2. 2.かずさオートキャンプ場の基本情報
  3. 3.かずさオートキャンプ場のアクティビティ
  4. 4.かずさオートキャンプ場の予約方法
  5. 5.かずさオートキャンプ場周辺のおすすめスポット
  6. 6.かずさオートキャンプ場で自然を堪能しよう!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

かずさオートキャンプ場とは?

かずさオートキャンプ場は、千葉県君津市にあるオートキャンプ場です。オートキャンプ場とは、車でテントサイトに乗り入れられるキャンプ場です。

通常のキャンプ場は駐車場に車を停めてテントやバーベキュー用品を持ってテントサイトまで移動しますが、オートキャンプ場の場合はテントサイトまで車で直接乗り入れられるので、移動が少なく楽にキャンプができます。

かずさオートキャンプ場は南房総の豊かな自然に囲まれたキャンプ場で、リゾート気分を味わえます。かずさオートキャンプ場は通年営業しているキャンプ場で、温暖な南房総で冬のキャンプも楽しめます。

通年楽しめる南房総にあるキャンプ場

かずさオートキャンプ場のある君津市は、房総半島のほぼ真ん中に位置します。かずさオートキャンプ場は南房総の豊かな自然があふれる場所にありながら、東京湾アクアラインを利用すれば都心から1時間弱で到着できるアクセスのよい場所にあります。

山間部などにあるキャンプ場には夏季のみ営業しているキャンプ場も多いですが、かずさオートキャンプ場は通年営業をしているキャンプ場です。冬キャンプを楽しみたい方におすすめです。

かずさオートキャンプ場には自分でテントを張ってキャンプをするオートキャンプサイトだけではなく、エアコンや冷蔵庫を完備したログキャビンもあります。かずさオートキャンプ場なら暑い真夏や寒い真冬でも、大自然の中で快適に過ごせます。

名水の里として有名な地域

かずさオートキャンプ場のある地域は、久留里の名水で有名な地域です。久留里の名水とは、城下町として栄えた久留里で、上総掘りで掘られた地下水です。上総掘りは千葉県君津市で開発された井戸の掘り方で、人力だけで深く掘ることができます。

上総掘りの井戸水は1年を通して水温が一定であることが特徴で、久留里の名水は「平成の名水百選」にも選ばれています。

かずさオートキャンプ場の場内には自噴井戸があり、飲用や料理用として久留里の名水を贅沢に使用できます。

かずさオートキャンプ場の基本情報

かずさオートキャンプ場は千葉県でも有数の広さを誇るキャンプ場で、千葉県内のさまざまなレジャースポットにもアクセスしやすい場所にあります。

かずさオートキャンプ場の場内施設やキャンプ場までのアクセス、利用料金などについてご紹介します。

場内施設

かずさオートキャンプ場には、管理棟、売店、炊事場、シャワー・トイレ棟、バーベキュー施設があります。シャワー・トイレ棟は3か所あるので、宿泊するテントサイトに近い場所を利用できます。かずさオートキャンプ場のシャワーは無料で利用できます。

かずさオートキャンプ場は広大なキャンプ場として有名です。オートキャンプサイトは80区画あり、電源つきのオートキャンプサイトが12区画あります。そのほかにログキャビンが14棟あります。

ログキャビンはバラエティ豊富で、エアコンと冷蔵庫がついているだけのシンプルなものから、キッチン、風呂、トイレまでついているもの、ロフトつきのものなどさまざまです。自然と触れ合いたいけれどテントでの宿泊を好まない方にはログキャビンがおすすめです。

かずさオートキャンプ場では、場内でも自然と触れ合えます。ヤギを飼育しているヤギの広場や、コイやザリガニの釣り堀があります。子供連れにおすすめのキャンプ場です。

アクセス

Photo byPexels

かずさオートキャンプ場は都心からアクセスしやすいキャンプ場として人気です。東京湾アクアラインを利用したアクセスの場合、木更津北ICから約25分です。

かずさオートキャンプ場は圏央道でもアクセスできるので、神奈川県や埼玉県、茨城県からもアクセスしやすくなっています。圏央道を利用した場合、木更津東ICから約15分です。

名称 かずさオートキャンプ場
住所 千葉県君津市向郷776-1

料金

Photo by yto

かずさオートキャンプ場の利用料金は、利用するキャンプサイトやログキャビンによって異なります。価格はすべて税抜きでご紹介します。

通常のオートキャンプサイトは、1区画5名までの利用で5000円です。電源つきのオートキャンプサイトは1区画5名までの利用で6000円です。ソロキャンプの場合は1000円引きになります。

ゴールデンウィークやお盆などのハイシーズンは、通常のオートキャンプサイトが6000円、電源つきのオートキャンプサイトは7000円になります。

通年営業をしているかずさオートキャンプ場では、12月から2月は冬料金になります。テントサイトは500円引き、ログキャビンは1000円引きになります。

かずさオートキャンプ場では日帰りキャンプもできます。10:00から16:00までのデイキャンプはサイト料として1000円、大人1名700円、2歳から12歳までの子供は1名400円かかります。バーベキューテーブルの利用は1テーブル1000円です。デイキャンプは通年で同一料金です。

かずさオートキャンプ場のログキャビンは1棟5名までの利用が基本になっています。ログキャビンの料金は種類によって異なります。エアコン・冷蔵庫つきのもっとも安いログキャビンが13000円、キッチン、風呂、トイレ、エアコン、冷蔵庫、ロフトつきのもっとも高いログキャビンが27000円です。

テントサイト、ログキャビンともに料金は5名分です。それ以上の人数で利用する場合は、1名追加するごとに1500円の追加料金がかかります。

かずさオートキャンプ場のアクティビティ

Photo by Kanko*

自然豊かなキャンプ場では、いつもとは違う遊びを楽しめるのが魅力です。かずさオートキャンプ場では釣りや川遊びなど、夏らしいアクティビティを楽しめます。かずさオートキャンプ場の徒歩圏内でできるアクティビティをご紹介します。

釣り

かずさオートキャンプ場は、千葉県で2番目に長い河川である小櫃川(おびつがわ)に囲まれているので、どの区画に宿泊してもすぐに川にアクセスできます。小櫃川ではフナやコイ、アユやオイカワなどが釣れます。

かずさオートキャンプ場には場内に釣り堀もあります。釣り堀は2種類あり、コイの釣り堀とザリガニの釣り堀があります。かずさオートキャンプ場の管理棟で竿のレンタルもできるので、手ぶらで来ても釣りを楽しめます。

川遊び

かずさオートキャンプ場の隣を流れる小櫃川で川遊びができます。川遊び目当てでかずさオートキャンプ場を訪れる家族連れも多くいます。

川の水は冷たいので、夏でも涼しく遊べます。魚やザリガニなど川の生き物が豊富なので、生き物観察などの川遊びができます。

子供にとって楽しい川遊びですが、自然の川で遊ぶので危険もあります。川遊びに最適な服装を準備しましょう。

小櫃川には深い場所もあるので、ライフジャケットは必ず用意しましょう。日よけのラッシュガードや川遊び用のウォーターシューズもあれば安心です。

かずさオートキャンプ場の予約方法

Photo byAlexas_Fotos

かずさオートキャンプ場を利用する際には予約が必要です。予約は電話のみで、メール予約は行っておらず予約サイト等もありません。予約の電話の受付時間は9:00から16:30です。

インターネットでの予約はできませんが、かずさオートキャンプ場の公式ホームページから予約の空き状況の確認ができます。

お盆やゴールデンウィークなどのハイシーズンの予約は、2泊以上なら利用日の1ヶ月前から、1泊の場合は1ヶ月以内から予約できます。

Photo by6689062

テントサイトは定員5名で、最大2グループまでの予約ができます。かずさオートキャンプ場では、3グループ以上の予約や、3グループ以上で別々に予約を取り、キャンプ場で合流することは禁止されています。

デイキャンプの予約も可能ですが、土曜日や三連休、ハイシーズンなど利用者が多い時季には予約を受け付けていません。
 

かずさオートキャンプ場周辺のおすすめスポット

かずさオートキャンプ場周辺には、南房総の観光スポットが多くあります。かずさオートキャンプ場から車で30分から1時間でアクセスできる場所に観光名所や海水浴場があります。

海水浴や潮干狩りなど、南房総ならではの遊びを楽しめます。かずさオートキャンプ場周辺のおすすめスポットをご紹介します。

養老渓谷

養老渓谷はかずさオートキャンプ場から車で約20分でアクセスできる自然豊かな観光名所です。遊歩道が整備され、ハイキングを楽しめます。養老渓谷には滝が多くあり、マイナスイオンを浴びられます。

養老渓谷は紅葉の名所でもあります。通年営業しているかずさオートキャンプ場なら、紅葉の季節もキャンプを楽しめます。

養老渓谷は温泉地としても有名な場所です。日帰り温泉施設もあるので、温泉でゆったりと疲れを癒してからかずさオートキャンプ場のテントに寝泊まりすることもできます。

マザー牧場

マザー牧場はかずさオートキャンプ場から車で約30分でアクセスできる観光牧場です。250ヘクタールという広大な敷地面積を誇る観光牧場で、ヒツジや牛、アルパカや馬などの動物たちと触れ合えます。

マザー牧場の敷地内には遊園地があり、メリーゴーランドや観覧車といった小さな子供でも安心して遊べる乗り物が多数あります。大人に人気のアトラクションはバンジージャンプです。

名称 マザー牧場
住所 千葉県富津市田倉940-3

千葉で話題沸騰中のマル秘穴場キャンプ場!安くておすすめな場所は?のイメージ
千葉で話題沸騰中のマル秘穴場キャンプ場!安くておすすめな場所は?
千葉県のキャンプ場を紹介しています。無料のキャンプ場から穴場的なキャンプ場まで千葉の自然を活かした作りが人気です。千葉はアクセスも良いので、東京から時間もかからずに行けます。キャンプを始めたい方や家族でのキャンプを考えている方へおすすめです。

かずさオートキャンプ場で自然を堪能しよう!

かずさオートキャンプ場は都心からアクセスしやすい場所にありながら、南房総の自然を満喫できます。釣りや川遊びなど自然に触れ合える遊びはもちろん、周辺の観光名所にも簡単にアクセスできます。

車で直接テントサイトに行けるオートキャンプ場なので、持ち物の多い子連れファミリーにもおすすめです。通年営業しているので、四季を通じてキャンプを楽しめます。かずさオートキャンプ場で自然に囲まれて贅沢な時間を過ごしましょう。

tomaxy
ライター

tomaxy

茨城県出身、埼玉県在住。やんちゃな一人息子がいて、子供が小さい頃は外出先の授乳室や子供のプレイスポット情報をいつもチェックしていました。小さなお子様がいるご家庭での生活や、子連れのお出かけがより快適になるような情報をお届けします。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング