かごの屋のランチメニューまとめ!日替わりやお得なセットのおすすめは?

かごの屋のランチメニューまとめ!日替わりやお得なセットのおすすめは?

高級和食レストラン「かごの屋」の利用は、「ランチ」時がおすすめです。かごの屋ランチは女子会にうってつけの、バエるメニューが揃います。籠に入った小鉢に見惚れて、おばんざいのしっとりした味にうっとり、和食がこんなに美味しいなんて、かごの屋で再確認するでしょう!

記事の目次

  1. 1.かごの屋のランチは種類が豊富で人気!
  2. 2.かごの屋のランチ1.日替り昼御膳
  3. 3.かごの屋のランチ2.週末ランチ(関東)
  4. 4.かごの屋のランチ3.平日ランチ(関東)
  5. 5.かごの屋の魅力のランチを食べてみよう!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

かごの屋のランチは種類が豊富で人気!

全国にチェーン展開する和食レストラン「かごの屋」は、チェーン店と言っても少しリッチな和食レストランです。女子会や集まりなどで使っても映える料理が並ぶかごの屋メニューは、土日、平日と気軽なランチ利用が人気です。

本格和食をランチ価格で楽しめるかごの屋は、そのランチの種類が豊富なことでも奥様がたに人気があります。待ち時間なしを狙うなら、土日はもちろん平日でもかごの屋ランチ利用は予約がおすすめでしょう。

店舗によってメニューが異なる

かごの屋のランチは、店舗や地域によって内容が異なる点も魅力です。かごの屋のホームページでメニューをチェックする際に、関東と関西、東海を選択するのも目新しいでしょう。地域によってかごの屋おすすめランチも異なるため、地方へ遊びに行った際も新しいかごの屋の味に出会えます。

特に東海(名古屋)地方などは、地域性が表れており、「味噌煮込みうどん」などがかごの屋のランチメニューに加わっています。

さらに麺に関しても、かごの屋はこだわりのそばやうどんの種類が豊富ですが、東海エリアはうどんの代わりに「きしめん」が使われるなど、他では食べられないかごの屋のこだわりがあります。

利用するかごの屋の店舗でしか味わえない料理を選ぶのも、豊富なメニューの中からこれぞ!と感じる1品を見つけるかごの屋のランチテクニックでしょう。

ランチ限定デザートセット

関西でも関東でも東海エリアのかごの屋でも、ランチメニューに加わっているお得なプランが、「ランチ限定デザートセット」です。女性に嬉しい甘味がかごの屋ランチの後に、プラス300もしくは500円でセットとなります。

かごの屋ランチはがっつり男飯とは異なり、女性に嬉しい小鉢がたくさんつく、おしゃれな和定食が多いです。それでもかなりのボリュームがあるため、お腹に余裕がない人はプラス300円の「小菓子&ドリンクセット」がおすすめです。3種類のバリエーションで、選ぶのも楽しいミニスイーツです。

ボリューミーなかごの屋和スイーツを楽しみたい人は、プラス500円の「アイスパフェ&ドリンクセット」で、贅沢なかごの屋ランチを締めくくりましょう。こちらも3種類あり、宇治抹茶をたっぷり使った本格「極上抹茶パフェ」が人気です。

ランチ時間

Photo byFree-Photos

かごの屋のランチは人気があるので、予約するのがベストです。かごの屋ランチ時間をチェックして予約を入れるか、ランチ時間より早めにかごの屋店舗へ到着しておきましょう。ランチタイムは、多くのかごの屋店舗で、通常のランチ営業時間帯は11時から15時の4時間となっています。

一部かごの屋店舗では、ランチ時間を設けていない店舗もあります。かごの屋でランチ利用する場合は、利用する店舗がランチ営業しているかどうか、前もって確認しておくと安心です。

かごの屋のランチ1.日替り昼御膳

毎日メインが日替りで楽しめる、かごの屋のお得なランチメニューが「日替り昼膳」です。お値打ちプライス880円で、メイン・ごはんと汁物・香の物がセットになっているお得なセットとなります。関西・関東で販売されているお得なかごの屋ランチメニューです。

メインが日替りで楽しめる

880円と思えない豪華なかごの屋ランチ、日替り昼膳は毎日メインが変わります。すでに実地された2020年7月のメニューは、「薄切り豚のロースカツと串揚げ盛合せ」や「和風ミンチカツ 大葉おろし添え」となります。

店舗によってメニューが異なる場合がありますので、かごの屋の日替り昼膳利用のメニュー詳細は店舗に問い合わせしてみましょう。

籠仕立てにご飯、汁物、香の物付き

かごの屋のサービスランチ、日替り昼膳は、メインにごはん、汁物と香の物がセットになった、バランスの取れたランチメニューです。副菜も小鉢としてついており、あれこれ食べたい女性に嬉しい仕様となっています。

平日限定

Photo bytigerlily713

日替りランチは、かごの屋では平日限定のメニューとなるため、土日は注文することができません。いつ訪れてもかごの屋で違うランチを楽しめる日替りランチは、リーズナブルであることから、多くの奥様がたの集まりにも利用されています。

数量限定

かごの屋の赤字覚悟のお値打ちプライスが、サービスランチとして打ち出しているかごの屋の「日替り昼膳」です。そのため数量限定となっています。多くのかごの屋ではランチタイムが11時から始まりますから、逃さず日替り昼膳をいただくなら、11時前にはかごの屋へ到着しておきましょう!

かごの屋のランチ2.週末ランチ(関東)

週末ランチをかごの屋で過ごすなら、「お昼のなでしこ弁当」がおしゃれです。いくつもの小鉢が籠に入った見た目もすっきり美しい「お弁当」スタイルのかごの屋のランチメニューです。色とりどりの和の小鉢は、眺めているだけでうっとりお腹も満足です。

「彩り散らし寿司」をセットにすればボリュームも満点、彩りも美しく1390円とリーズナブルです。散らし寿司もたっぷり具がトッピングされており、なでしこ弁当に負けないバエるミニ丼となっています。

土日祝日

かごの屋のお昼のなでしこ弁当は、土日祝日の週末女子会ランチにおすすめです。6つの小鉢が1つの籠に入った、SNSバエするかごの屋メニューは、彩り散らし以外にも選べるごはんをセットにできるのも嬉しいです。

選べるセットでお得

彩り散らしをセットにすると1390円ですが、ヘルシーな「十穀豆ご飯セット」にすれば1290円になります。その他、精をつけたい人には豪華な「鰻ご飯せいろセット」1590円があります。好みのセットで週末土日のかごの屋豪華ランチを楽しみましょう!

かごの屋のランチ3.平日ランチ(関東)

土日祝限定ではなく、平日でも選べるかごの屋スペシャルランチが「小さめご飯セット」です。量をそれほど食べられないけれど、色々食べたいヘルシーさも追求したい、魅力的な女性に人気のかごの屋ランチメニューです。小さめご飯セットは全3種類あり、こちらも美しいかごの屋ごはんです。

食欲をそそる豊富なメニュー

小さめご飯セットは、ランチ時間に注文できるかごの屋メニューです。女性ウケするミニサイズの小鉢がセットになったランチセットですが、小食男性にもおすすめの良バランスランチとなります。

「小ぶり炙り鶏の親子丼と春のおばんざいセット」、「小ぶり炙り鶏の親子丼とサラダうどんセット」、「彩り散らし寿司とサラダうどんセット」の3つのラインナップです。小ぶりながら親子丼は、かごの屋の料亭の味が確かに感じられる絶品ふわとろ親子丼に仕上がっています。

どのセットを選んでも、1090円で、上品な和丼や散らし寿司とともに、ランチにぴったりのサラッとしたテイストのかごの屋ごはんです。デザートセットをつけても1390円と、土日以外のおしゃれランチにおすすめでしょう。

麺やうどんのランチセットも、かごの屋ではお馴染みメニューです。丼や天ぷらにセットになっている麺は、5種類から選ぶことができ、こだわりの「ざるそば」、「ざるうどん」や「冷やうどん」、飲み干す美味しさ「お出汁そば」「お出汁うどん」があります。

さっぱりつるっと食べやすい喉越しのかごの屋のそばやうどんは、夏場などは特に人気が集中するセットです。セットの天丼やカツ丼、親子丼や鰻せいろなどと一緒に食べれば、ボリュームも満点、栄養バランスも二重丸です。

ランチタイムサービス

Photo by is_kyoto_jp

かごの屋ランチを利用していて、意外に知らない人が多いのが、「ランチタイムサービス」です。ランチ時間内にお食事を注文した人に限り、いくつかのサービスをかごの屋が展開しています。まず「白ご飯のおかわり、大盛が無料」と言う嬉しいサービスです。

健康を意識した女性に嬉しい、「白ご飯を十穀ご飯」へ変更も、プラス50円で行うことができます。もう1品つけたい時には、プラス100円で「茶碗蒸し」をつけることができます。昆布出汁が効いたとろとろの茶碗蒸しは、100円では安すぎるくらいと感じるでしょう!

その他ドリンクのランチ時間のサービスとして、ソフトドリンクはそれぞれ150円均一、グラスビールは通常390円のところ300円に、グラスワインは赤・白ともに490円のところ400円になります。太っ腹すぎるかごの屋のサービスに、食べて飲み過ぎてしまうかもしれません!

かごの屋の魅力のランチを食べてみよう!

チェーン展開するかごの屋は、常時混みあっている少しリッチな和食レストランです。そのため、利用するならランチタイムが絶対的におすすめでしょう。女性1番人気のなでしこ弁当や小さめご飯セットなど、お得プライスながらテーブルを埋め尽くす小鉢の数に、嬉しい悲鳴が止まりません!

※ご紹介した商品やサービスは地域や店舗、季節、販売期間等によって取り扱いがない場合や、価格が異なることがあります。

琴山麗子
ライター

琴山麗子

大阪在住。地元でドトール娘・姉さんと呼ばれるドトール通。食いしん坊・料理好きが活きて(?)グルメ系記事が得意。読んで食べたぁ~ぃ!と思わせる文章を日々研究中。発する言葉で誰かを幸せにできると思ってる、言葉のパワーを信じるものかき。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング