ダイソーの折りたたみ椅子が便利と話題!気になる耐久性や注意点は?

ダイソーの折りたたみ椅子が便利と話題!気になる耐久性や注意点は?

100円均一ショップ・ダイソーには、便利で人気の折りたたみ椅子が150円から400円までいくつか種類があります。本記事ではダイソーで人気の便利な折りたたみ椅子の、耐久性や耐荷重、折りたたみ椅子を使う時の注意点から、おすすめの活用法までご紹介しています。

記事の目次

  1. 1.アウトドアやレジャーに!ダイソーの折りたたみ椅子が便利
  2. 2.ダイソーの人気折りたたみ椅子
  3. 3.ダイソーの折りたたみ椅子を使う時の注意点
  4. 4.ダイソーの折りたたみ椅子のおすすめ活用方法
  5. 5.ダイソーの折りたたみ椅子は使い道いろいろ!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

アウトドアやレジャーに!ダイソーの折りたたみ椅子が便利

Photo by alberth2

何でもそろうと評判の「ダイソー(DAISO)」は、株式会社大創産業が手掛けている100円均一ショップの最大手チェーン店で、1991年3月に香川県高松市の丸亀町商店街に第1号店がオープンしました。

その後、ダイソーは全国に瞬く間に店舗を広げ、2020年12月現在、国内には3300店以上の店舗があり、海外にも26の国及び地域に2000店以上の店舗を展開しています。

Photo by Truthiness

ダイソーでは、収納用品やキッチン雑貨、文具、コスメ&ファッション、食品まで日常生活に必要な様々な商品を販売し、随時新商品も登場しています。

ダイソーでは、最近人気の「折りたたみ椅子」も取り扱い、150円~400円まで用途に合わせていくつかの種類があります。本記事では、ダイソーで人気の折りたたみ椅子の耐荷重や耐久性など使用の際の注意点から、折りたたみ椅子のおすすめの活用法までご紹介します。

ダイソー(DAISO)の魅力を徹底調査!おすすめのプチプラ商品やお得な情報も満載のイメージ
ダイソー(DAISO)の魅力を徹底調査!おすすめのプチプラ商品やお得な情報も満載
ダイソーは店舗数の多さと取り扱いアイテム数の豊富さに加え、100均とは思えないクオリティの高い商品がたくさん揃っていると評判です。そこで、ダイソーの魅力を徹底調査しました!人気のおすすめプチプラ商品や、お得なWEB注文情報もご紹介します。

ダイソーの人気折りたたみ椅子

Photo by alberth2

公園やキャンプに出かけたり、イベントに参加したりする際には、持ち運びができて疲れた時にちょっと休める折りたたみ椅子があればとても便利です。

ダイソーの折りたたみ椅子はプチプラ商品とは思えないほどのクオリティーで、耐荷重や耐久性にも優れています。まずは、ダイソーで人気の折りたたみ椅子3点をご紹介します。

【200円】折りたたみ椅子

ダイソーの椅子コーナーには、子供用の可愛いプラスティック椅子や、パイプ製の椅子、踏み台にもなる折りたたみ椅子など、色々な種類の椅子が並んでいますが、200円で購入できる折りたたみ椅子がとても軽く持ち運びに便利と人気です。

ダイソーの200円の折りたたみ椅子を広げた時のサイズは、幅約23.5センチ×奥行19センチ×高さ18センチとコンパクトで、家庭菜園で使ったり、公園に遊びに行った時などにお子さんがちょっと休んで水分補給をするのにもぴったりです。

ダイソーの200円折りたたみ椅子のカラーは、レッド、イエロー、ブルーなどバリエションがあり、座面についている引手の部分を引っ張り上げるだけで簡単に折りたたむことができます。

ダイソーの200円折りたたみ椅子はポリプロピレン製で軽いので、片手で持ち運びもでき、またバッグのすみに入れておいてもかさばらないのでおすすめです。

【400円】折りたたみ椅子

ダイソーには、200円の折りたたみ椅子とほぼ同じ形の400円の折りたたみ椅子もあり、こちらのサイズは、幅約28センチ×奥行25センチ×高さ21センチと200円の折りたたみ椅子より少し大きく安心感があります。

ダイソーの400円の折りたたみ椅子は、200円の折りたたみ椅子と同様に簡単に折りたため、折りたたんだ状態では約3.3センチの薄さになります。

キッチンの隙間などに収納しておけば、ちょっと高い所のものを取る時の踏み台にもなりとても便利です。またダイソーの折りたたみ椅子の脚裏には滑り止めがついているので安心です。

ダイソーの400円の折りたたみ椅子のカラーはアイボリーとブラウンの2色展開で、200円の折りたたみ椅子より耐荷重や耐久性が高く、男性が座っても十分耐えられるのが魅力です。

【150円】レジャーイス

ダイソーには前述の折りたたみ椅子のほかにも、キャンプなどアウトドアでも活躍しそうなパイプ製のレジャーイスもあり、SNS等でも100均の商品とは思えないと人気です。

ダイソーのパイプ製レジャーイスの座面はポリエステル製素材の布で、パイプ製の脚部がクロスするタイプの一般的な折りたたみ椅子です。

ダイソーのレジャーイスの大きさは、広げた状態では幅約24センチ×奥行き17.5センチ×高さ25センチで、やや座面は小さいものの、大人でもちょっと腰掛けるには十分な大きさです。

折りたたんだ時にはちょうどA4サイズのコンパクトなサイズになり、厚みも5センチほどで持ち運びに便利です。ダイソーのレジャーイスをキャンプやハイキング用に、レジャーシートと共に大きめのショップバッグにまとめて入れておけば、忘れることもないのでおすすめです。

ダイソーのレジャーイスは、このクオリティ―で税抜き150円とコスパ抜群で、カラーも緑・黒・ブルー・オレンジなどバリエーションも豊富で、座面にイラストの描かれている200円のレジャーイスもあります。

ダイソーの折りたたみ椅子を使う時の注意点

Photo by Eyenvent

リーズナブルで種類も豊富なダイソーの折りたたみ椅子ですが、使うときにはいくつか注意点があります。耐荷重や耐久性などが椅子の種類によって異なるからです。ここでは、ダイソーの折りたたみ椅子を使うときの注意点をご紹介します。

耐荷重・耐久性

Photo byFree-Photos

まずは、1つ目の注意点として、ダイソーの折りたたみ椅子の耐荷重や耐久性は、200円の折りたたみ椅子は耐荷重が50kgまでになっているので、50kg以上の大人が腰掛ける際には注意が必要です。踏み台として使うのも要注意です。

50kgまでの人なら大丈夫ですし、ガーデニング等で鉢植えを乗せたり、家の中で観葉植物を飾ったりするのに使うのなら十分活用できますし、お子様用として1つあってもよいでしょう。

Photo byPexels

一方、ダイソーの400円の折りたたみ椅子の方は耐荷重が80kgなので、大人が長時間腰掛けても、また踏み台として使っても安全・安心な優れものです。

ダイソーのレジャーイスの注意点は、200円の折りたたみ椅子と同じように耐荷重が50kgとなっているところで、こちらも大人が使うときには注意が必要です。また、2つ目の注意点としては、地面が凸凹しているところでレジャーイスを使うと、傾いてしまうこともあげられます。

ダイソーの折りたたみ椅子のおすすめ活用方法

Photo by Oran Viriyincy

ダイソーの折りたたみ椅子は、椅子としてだけでなく、工夫次第で様々なシーンで活用することができます。ここでは、ダイソーの折りたたみ椅子のおすすめの活用方法をご紹介します。

踏み台として

ダイソーの400円の折りたたみ椅子は、200円の折りたたみ椅子に比べて耐荷重が80kgと格段にいいので、ちょっと高いところのものを取りたい時の踏み台として使える便利な折りたたみ椅子です。

ダイソーの400円の折りたたみ椅子の高さは21センチあるので、エアコンの上部を掃除したり、電球の交換をしたり、庭木の少し高いところを剪定したり、また洗車にと室内外で役立つこと間違いなしです。

耐荷重に注意

一方、ダイソーの200円の折りたたみ椅子は耐荷重が50kgなので、大人の男性や大柄な女性が座る際には注意が必要です。ダイソーで折りたたみ椅子を購入する時には、用途に合わせて耐荷重を確認しておくとよいでしょう。

また、キャンプなどに必要なグッズ類を乗せたりする際にも、中身によってはダイソーの200円の折りたたみ椅子では耐荷重が足りないかもしれませんので、何を乗せるのか見極めが必要です。

リメイクしてラックスタンドに

ダイソーの折りたたみ椅子の中でも150円で購入できるレジャーイスは、リメイクして様々なオリジナルグッズとして活用できると、SNSでも話題になっています。

たとえば、ダイソーのレジャーイスの座面を外して、そこに帆船布のボックスを備え付ければ、折りたためるラックに早変わりします。洗濯物用のラックにしたり、アウトドアで食材をいれておいたり、ゴミ箱にしたりと活用できます。

また、座面を外したところに、ワイヤーのラックを乗せて結束バンドなどで固定させても簡単にラックスタンドになります。ダイソーのレジャーイスにワイヤーラックを乗せて、パイプの脚にリボンを巻いたりすれば、ちょっとおしゃれなオリジナルラックスタンドにもなります。

簡易テーブルとして

ダイソーのパイプ製のレジャーイスは、座面の生地を皮素材にしたりするだけでも高級感がでて、自分だけのオリジナル折りたたみ椅子として座ると気分もアップします。

またダイソーのレジャーイスの座面の部分をはずして、アクリル板や合板、身近にあるまな板などを天板にしてのせれば、簡易テーブルとしても活躍できます。

さらに天板を塗装したり、イラストを付けたりとデコレーションすれば、自分だけのオリジナル簡易テーブルにもなります。

ベッドサイドに置くサイドテーブル代わりになり、iPhoneやスマートフォンなどを充電する指定席にしたり、目覚まし時計を置いたり、寝起きに飲むコーヒーカップを置いたりと用途が広がります。

ダイソーのレジャーイスで作った簡易テーブルをいくつか合わせて使えば、公園でレジャーシートを敷いてお弁当を食べたりする際のテーブルにもできそうです。

スリッパをおしゃれに入れる

ダイソーのレジャーイスには、背もたれ付きの折りたたみ椅子(300円)もあり、玄関先でそのままスリッパ置きにしても使えます。ダイソーの背もたれ付きレジャー椅子のサイズは幅約27.5センチ×奥行30センチ×高さ43センチと一回り大きいので、スリッパを2足乗せておくことも出来ます。

またダイソーの背もたれなしのレジャーイスでリメイクしたラックスタンドも、スリッパスタンドとして置いておくとおしゃれでおすすめです。小ぶりの折りたたみ椅子ですから、2つ並べておいてもさほど邪魔にならず、使い勝手が良いのも魅力です。

他にも、洗面所周りにおいてタオル入れにしてもおしゃれで、キャンプで必要なグッズをまとめていれておくなどダイソーのレジャーイスは工夫次第で色々な場面で使えます。    

ダイソーのキャンプグッズおすすめ7選!ロープや椅子など便利な商品が目白押しのイメージ
ダイソーのキャンプグッズおすすめ7選!ロープや椅子など便利な商品が目白押し
アイデア満載で便利なアイテムがそろうダイソーは、キャンプグッズも揃えられます。キャンプグッズはいろいろな道具が必要なので、道具をそろえるだけでも大変です。そんなときにダイソーのおすすめキャンプグッズを使えば、初めてのキャンプも予算を抑えて楽しめます。
ダイソーのワイヤーバスケットがかわいくておしゃれ!収納にもおすすめの種類は?のイメージ
ダイソーのワイヤーバスケットがかわいくておしゃれ!収納にもおすすめの種類は?
大手100円ショップのダイソーでは、様々な商品が販売されていますが、ワイヤーバスケットも種類が豊富で人気があります。かわいくとおしゃれなので、特に女性に人気があります。収納にも便利なダイソーのワイヤーバスケットについて、便利な使い方も含め紹介します。

ダイソーの折りたたみ椅子は使い道いろいろ!

Photo by kunagecva-E

ダイソーで人気の折りたたみ椅子をご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。サイズも色も素材も様々あるダイソーの折りたたみ椅子には色々な使い道があるので、1つ持っていると重宝しておすすめです。

※ご紹介した商品やサービスは地域や店舗、季節、販売期間等によって取り扱いがない場合や、価格が異なることがあります。

横山まりん
ライター

横山まりん

ミュージカルと旅行とグルメが大好きな、専業主婦歴2年のオールドルーキーです。 最近は、新しい料理にも挑戦てレシピを増やすために、おいしものを食べに出かけています。 旅行では、今一番行ってみたいのはイエローナイフです。オーロラを一度見てみたいと思っています!

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング