ティファールフライパンの寿命を調査!買い替えサインや長持ちするお手入れは?

ティファールフライパンの寿命を調査!買い替えサインや長持ちするお手入れは?

「取っ手が外せる」フライパンで有名なティファールですが、使い勝手が良い一方で「寿命や手入れ方法が解らない」の声も目にします。ユーザーなら非常に興味がある、ティファール謹製フライパンの寿命を調査してみました。買い替えサインや長持ちするお手入れ方法をご紹介します。

記事の目次

  1. 1.ティファールのフライパンの寿命についてご紹介!
  2. 2.ティファールのフライパンの寿命!買い替え時期は?
  3. 3.ティファールのフライパンの寿命!お手入れ方法は?
  4. 4.ティファールのフライパンの寿命について知っておこう

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

ティファールのフライパンの寿命についてご紹介!

「焦げ付きがない」や「熱の通りが良い」または「手入れがしやすい」など、使い勝手が良いフライパンで知られるティファールです。種類が非常に豊富にあり、素材や使う熱源によりシリーズも多彩です。

ティファールのフライパンは、一般的なフッ素樹脂加工のものよりも耐久性があるとされます。それでも、長く使うにつれ焦げ付きが増え熱の通りが不安定なるものです。そこで、気になるのが「寿命」です。ティファールのものも寿命はあります。

焦げ付きの増加や熱の通りが不安定の理由も寿命の可能性があります。寿命があるなら、長く使うためのお手入れ方法も知りたくなるものです。そこで、普段からよく使う人なら間違いなく興味がある、ティファール謹製フライパンの寿命を調べました。

ティファールのフライパンの買い替えサインや復活・長持ちするためのお手入れ方法をまとめましたので、興味がある人は、本記事をぜひご覧になってみてください。

ティファールの魅力を総まとめ!おしゃれで実用的な調理器具がたくさんのイメージ
ティファールの魅力を総まとめ!おしゃれで実用的な調理器具がたくさん
ティファールには、おしゃれで普段の生活に欠かすことができない、実用的でおすすめの調理器具や生活家電がたくさん揃えてあります。ティファールは、ケトルやフライパンなど魅力的な商品が充実しています。ティファールのおすすめ商品や魅力について詳しく紹介していきます。
ティファールの鍋・フライパン9点セットのラインナップは?セット内容を調査!のイメージ
ティファールの鍋・フライパン9点セットのラインナップは?セット内容を調査!
「取っ手が取れる」で有名なティファールの、便利な鍋・フライパン9点セットについて特集します。新生活を始める人や、調理器具を一新したい人にぴったりな、ティファールの9点セットのラインナップやセット内容について詳しく説明しています。

ティファールのフライパンの寿命!買い替え時期は?

そこで気になるティファールのフライパンの寿命ですが、ティファール公式サイトの「よくある質問」に以下のような意味の公式見解が表示されています。

「フライパンや鍋の使用状況や頻度によって全く違います。その理由から具体的な年数での表記は困難です」とあります。よく自炊する人と外食が多めの人とでは、確かに使用頻度が違い、寿命も変わるでしょう。

また、使い方にも違いがあり、丁寧に使うことで5年ほど長く使えたケースもあります。ネットの声や散見される情報をまとめると、ティファールのフライパンの寿命は一般的には1~2年とみている人が多いのが現状です。

サインを見逃すな!焦げ・マークはどう?

ティファールのフライパンには、「お知らせマーク」があります。フライパンが寿命を迎えると、そのマークが見づらくなる現象が現れます。

その「お知らせマーク」とは、フライパンの中心にあるオレンジカラーのマークを意味します。使用前はロゴマークははっきり見えますが、十分に加熱され、調理ができるタイミングになるとマークがオレンジカラーになります。

長期間に渡って使い続けるとこのマークが黒ずんでしまい、お知らせマークのカラー変化が確認しづらくなります。そのお知らせマークのカラー変化ですが、温度が180~200度に至った時に消える仕様になっています。

しかし空焼き(200度以上の高温)状態だとお知らせマークが赤黒くなり、調理するタイミングではないことを意味しています。空焼きは、結果的にフライパンの寿命を劣化させてしまうので、使うときは注意必須です。

ティファールのフライパンの寿命!お手入れ方法は?

ティファールのフライパンの特徴のひとつに「フッ素樹脂が施されている」があります。しかし使い続けると、徐々に焦げつきはじめ、意外に長持ちしない点が弱点ともいえます。

つまり、加工されたフッ素樹脂の劣化で剥がれフライパンが焦げつきはじめても、再度フッ素樹脂で加工することで再生できるともいえます。定期的にメンテナンスすることで、寿命を延ばすことも可能なのです。

この投稿をInstagramで見る

お料理をする機会が増えたから、調理道具にもこだわって、もっと美味しいごはんを作りたい! そんな方におすすめなのが、ティファール最高級シリーズの「ティファール エクスペリエンス」です。 . ティファール エクスペリエンスのフライパンは熱伝導の良いアルミ製で、均一に熱が伝わるので焼きムラなく、素早く焼き上げます。 . ティファール史上最高峰の耐久性を誇る6層チタン・エクセレンスコーティングで、こびりつきにくさが長持ちします。 . おうちでも、プロのような仕上がりを目指すフライパンです。 . 道具にこだわり、ワンランク上の美味しいひとときを過ごしてみませんか? . #ティファールエクスペリエンス #エクスペリエンス #エクスペリエンスフライパン #ステンレス #フライパン #取っ手つきフライパン #フライパン料理 #こびりつかない #こびりつかないフライパン #最高級 #料理好き #料理好きな人と繋がりたい #tfal #tfaljapan #ティファール #clubtfal #クラブティファール

ティファール公式アカウント(@tfal_japan)がシェアした投稿 -

またティファールのフライパンを長持ちさせる方法ですが、絶対に必要以上の高温や、空焼きを避けてください。火力は。中火や弱火以下で十分に加熱できます。また、フッ素樹脂は傷つきやすいという弱点があります。

金属製の調理器具はフッ素樹脂を傷付ける原因となり、結果として寿命を縮めます。調理器具はシリコンや木製のものが最適です。ちなみにティファールは調理器具も扱っています。

また、別途説明しましたが、調理した料理を24時間以上を保存しないように努めてください。フッ素樹脂やフライパンの素材そのものを劣化させる原因になります。

フライパンを復活させる方法はある?

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

フライパンを長持ちさせる方法や、焦げ付きはじめたティファールのフライパンを復活させる方法ですが、その答えは「あります」。その復活方法とは、次の通りです。

前のお手入れ方法で「再度フッ素樹脂で加工する」と説明しましたが、そのフッ素樹脂加工するアイテムとして「フッ素革命11」があります。このアイテムを使う方法になります。

フッ素革命11は、フライパンの再生やリペア、光沢効果や防汚効果が期待できるフッ素樹脂加工スプレーです。その使い方ですが、まず、よく焦げ付くフライパンをきれいに洗います。

その後、フッ素革命11を1回吹きかけ、スポンジで塗り広げクロスで拭き取ります。拭き取った後、そのフライパンを5秒程の弱火加熱でフッ素加工は完了します。

注意しなければいけないのは、フッ素革命11に耐久性を求めないことにつきます。あくまで、ティファールフライパンの一般的な使い方を想定したフッ素樹脂加工スプレーです。過酷な使い方は加工が失敗する可能性が高く、おすすめできません。

フッ素革命11

出典: 楽天
楽天
ティファールの人気商品「インジニオ」特集!特徴やサイズ・色は?のイメージ
ティファールの人気商品「インジニオ」特集!特徴やサイズ・色は?
取っ手がとれることで有名なティファールは、その中でもインジニオシリーズが特に注目されています。サイズ展開やカラー、食洗機の対応を含めたお手入れ方法などをご案内します。暮らしやすくしてくれるティファールのインジニオ特集です!
ティファールの人気商品をアウトレットでお得に!店舗情報&ネットショップは?のイメージ
ティファールの人気商品をアウトレットでお得に!店舗情報&ネットショップは?
フライパンや圧力鍋、電気ケトルなどの調理家電といえば、ティファールを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。ティファールの商品は、アウトレットでお得に購入することができます。今回は、アウトレットで購入することができる商品や店舗などをご紹介します。

ティファールのフライパンの寿命について知っておこう

本記事でティファールのフライパンの寿命や買い替えの時期、お手入れ方法がわかりました。わざわざ手に入れたお気に入りのティファールフライパンでもあり、長く使いたいものです。

お気に入りのティファールの調理器具の寿命を正確に知り、本記事を参考にフライパンなどの道具を大切に使ってみませんか。

※ご紹介した商品やサービスは地域や店舗、季節、販売期間等によって取り扱いがない場合や、価格が異なることがあります。

フッ素革命11

サイトを見る
ぬこぬここ
ライター

ぬこぬここ

生まれは福岡県、人生の大半は大阪府、そして現在は滋賀県住みのアラフィフおばさんです。年に1回ペースで国内のどこかへ旅しています。過去に旅した場所や今度旅したい場所について書けたら、と考えています。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング