浜松サービスエリア(ネオパーサ浜松)は上りも下りも魅力的!グルメ・土産も充実

浜松サービスエリア(ネオパーサ浜松)は上りも下りも魅力的!グルメ・土産も充実

ネオパーサ浜松を訪れたことはあるでしょうか?浜松サービスエリアとして知られるこの浜松サービスエリアは、上り線と下り線共に単なるサービスエリアとして以上の施設や設備が整ったサービスエリアです。今回は浜松サービスエリアのグルメやお土産をまとめてご紹介いたします!

記事の目次

  1. 1.浜松サービスエリアでグルメやお土産選びを楽しもう
  2. 2.浜松サービスエリアは下道からも利用可能
  3. 3.浜松サービスエリアの特徴【上り・下り】
  4. 4.浜松サービスエリア【上り】でおすすめのグルメ
  5. 5.浜松サービスエリア【下り】でおすすめのグルメ
  6. 6.浜松サービスエリア【上り】でおすすめのお土産
  7. 7.浜松サービスエリア【下り】でおすすめのお土産
  8. 8.浜松サービスエリアの基本情報を把握しよう
  9. 9.浜松サービスエリア「ネオパーサ浜松」に行ってみよう

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

浜松サービスエリアでグルメやお土産選びを楽しもう

Photo by : : Ys [waiz] : :

サービスエリア、高速道路を運転されたことのある方ならば誰しもが目にしたことがあると思います。長いドライブ時の小休憩、旅行に行った際の帰り道によって地元のお土産探しに利用される方が大半を占めると思います。

しかし、今回ご紹介する「浜松サービスエリア」は、ドライブや旅行のお土産に関係なく、一つの観光地として、ご当地の美味しいグルメやお土産を楽しむことができます。本記事ではそんな浜松サービスエリアの絶品グルメやおすすめのお土産をまとめてご紹介します。

浜松サービスエリアってどこにあるの?

Photo by keyaki

浜松サービスエリアは、東名高速道路を走り、愛知県を通過した後に静岡県に入って最初に目にするサービスエリアで、上り線と下り線の二種類あるサービスエリアです。小型車91台、大型車91台を収容する広い駐車場を持ち、一般道からの利用もできるようになっています。

トイレ、ガソリンスタンドはもちろん、コンビニやフードコート、展望台やキッズルーム、数々の楽器が展示されたミュージックスポットなど、休憩所の役割はもちろん、ここだけでも十分に楽しむことのできる設備が整っているのが特徴です。

浜松サービスエリアの名前は「ネオパーサ浜松」

フリー写真素材ぱくたそ

「浜松サービスエリア」と呼ばれることが多いですが、その名前は「ネオパーサ浜松」で、中日本高速道路株式会社(NEXCO中日本)の展開する商業施設です。2012年4月に新東名高速道路の開通と同時にオープンしたサービスエリアで、休日には多くの人々で賑わいます。

建物の外観は、浜松の「音楽と楽器の街」を想起させる、ピアノをモチーフにしたデザインが施されており、ピアノの鍵盤のような外壁からピアノの中に入っていくようにさえ感じられるようになっています。また、エリア内には楽器をモチーフにした像も建てられています。

また、上り線と下り線共にミュージックスポットが設置されており、上り線ではヤマハ社の楽器、下り線ではローランド社の楽器をモチーフにしたものが設置されています。

浜松サービスエリアは下道からも利用可能

フリー写真素材ぱくたそ

ねおには、上り線と下り線共に一般道の下道からも利用できるようにぷらっとパークという入り口が設けられており、浜松周辺地域に住む地元の方々でも気軽に利用できるようになっています。続いて、下道からの入り方を詳しくご説明します。

浜松サービスエリアへ下道からの入り方

フリー写真素材ぱくたそ

一般道からの入り方は簡単で、国道362号線を浜松から三ヶ日方面へ車を走らせ、寸座交差点を左折します。そのまま進むと、ねおぱの目印でもある「ぷらっとパーク」の看板が目に入ります。看板の示すとおりに左折し進み続けると、ネオパーサ浜松の敷地内です。

ぷらっとパークの看板は非常に目立つところに設置されており、迷う心配もないため、休日のお昼下がりにふらりと気軽に立ち寄ることもできるサービスエリアです。

浜松サービスエリアの特徴【上り・下り】

Photo byFritz_the_Cat

ネオパーサ浜松の「上り」「下り」ともに共通して、トイレやコンビニ、フードコートやお土産店、ドッグランやキッズコーナー、ガソリンスタンドの基本設備が整えられています。

また、エリアコンシェルジュでは、周辺の観光案内に加えてベビーカーや車いす、老眼鏡の貸し出しサービスも行われています。

東京方面へ向かうネオパーサ浜松「上り線」の一番の特徴は、浜名湖の眺望を楽しむことができる木造展望台が設置されている点です。東名高速より山側に位置し、周囲を山に囲まれているため、街灯りが少ない中で昼間は自然の風景、夜には車の光跡を楽しむことができます。

Photo by jeffreyw

また、ネオパーサ浜松では上り線、下り線共に共通して、様々な施設が充実しているのが特徴です。ドッグランでは広々とした芝の上で気兼ねなく愛犬を走らせることができます。すぐそばにはテラス席のあるカフェもあるため、愛犬と一緒に食事を楽しむこともできます。

また、小さな子ども連れの家族に嬉しいキッズルームや、ママに優しい清潔感のあるベビールームが整えられています。その他にもドライバーズスポットが用意されており、おにぎりやお弁当、静岡おでんなどのグルメを食べ、シャワールームでリフレッシュすることができます。

Photo byFree-Photos

さらに、ネオパーサ浜松には上り線、下り線療法に共通して「ミュージックスポット」が設けられています。上り線にはヤマハ社、下り線にはローランド社の楽器が展示されており、音楽を楽しんだり、楽器の演奏に挑戦することができます。

このミュージックスポットでは、音を見える化しコントロールして遊ぶことのできる体験展示や、楽器の紹介や歴史について学べる展示がされています。また、ミニコンサートや体験イベントなど、音楽に触れあえるイベントが定期的に開催されているため、要チェックです。

Photo bykdasomee1

現在「ヤマハ株式会社」で世界的に名を知られるヤマハは、静岡県浜松市で創業者である山葉寅楠が1台の壊れたオルガンを修理したことから操業が開始された、楽器、オーディオ関連製品からバイクなどが製造販売されている企業です。

また、ヤマハの他にもローランドやカワイといった、世界に名だたる楽器メーカーが立ち並ぶことから、浜松市では昭和56年から「音楽のまち」づくりの取り組みが行われていました。現在はユネスコの創造都市ネットワークの音楽分野での加盟が認定されています。

「音楽の都」へ更なる成長を遂げようとする浜松市にあるサービスエリアであることから、訪れる人々に浜松と音楽の歴史を知ってもらうため、このような設備が整えられています。

浜松サービスエリア【上り】でおすすめのグルメ

Photo byFree-Photos

ネオパーサ浜松では、上り線と下り線で異なった飲食店が入っています。また、どちらの店舗もご当地グルメや名物グルメなどの美味しいものが楽しめるようになっています。まずは、ネオパーサ浜松の上り線で楽しめるおすすめのグルメをご紹介いたします。

見た目が可愛い「うなぎのぼりエクレア」

Photo by malcolmduchamp

ネオパーサ浜松の上り線に出店されている洋菓子店「サンエトワール」では、見た目の可愛い「うなぎのぼりエクレア」を食べることができます。通常のエクレアにチョコレートでクリクリとした目と口、しっぽが付けられた愛らしい見た目のエクレアで、上り線限定の商品です。

サクッとしたシュー生地の中には濃厚なカスタードクリームが入っており、シュー生地にかけられた甘さ控えめのチョコレートが口の中で混ざり合い絶妙の甘さを作り出します。プラスチック容器に入っているため、上り線でしか見られないレアなお土産としてもおすすめです。

地元の人もいちおし「浜松餃子」

Photo by keyaki

上り線に出店されている「石松餃子」は地元でも美味しい餃子が食べられると人気の餃子店です。豚肉のジューシーな旨味の中に細かく刻まれたキャベツがたっぷりと入り、食べ応えのある餃子ながらもジューシーでキャベツの甘みのある、食べると止まらない美味しい餃子です。

石松餃子で使われる餃子のタレは酢醤油ながらもどこか甘みを感じられるのが特徴で、このタレにつけることで餃子本来の甘みと旨味が引き出されます。また、餃子の皮はなめらかでモチモチとしたもので、これが具材の食感と旨味を引き立てる、おすすめの名物グルメです。

浜松サービスエリア【下り】でおすすめのグルメ

フリー写真素材ぱくたそ

続いて、ネオパーサ浜松の下り線で食べられるおすすめのグルメをご紹介いたします。下り線には、上り線とはまた異なる美味しいグルメを提供してくれるお店がたくさん出展されています。どれも非常に人気で、トライしてみて後悔することのない絶品グルメが揃っています。

人気No1「プレミアムメロンパン」

Photo by Kanko*

ネオパーサ浜松の下り線に出店されているパン屋さん「ハースブラウン」で売られている「プレミアムメロンパン」は、テレビでも紹介される人気No.1のおすすめメロンパンです。

地元産のクラウンメロンが使用されているこのメロンパンは、一つ300円で、メロンパンにしてはサイズが大きく、ボリューミーな食べ応えがあります。クラウンメロンが使用されているため香りが強く、店頭に並んでいるときから美味しそうなメロンの香りが漂います。

外側のクッキー記事はすべすべとした黄緑色でサクサクとした食感をしています。その下のパンはふわふわとしており、中に入ったオレンジ色の濃厚なメロンクリームを優しく包んでいます。一口食べると口の中にメロン畑の広がるような、おすすめのメロンパンです。

大注目の「ローストビーフ丼」

Photo by K.Kurichan

下り線に出店されている洋食屋「黒煉瓦」で食べることのできる「ローストビーフ丼」は、柔らかいお肉にヨーグルトソースと卵黄が絡む絶品グルメです。山のように盛られたローストビーフには甘辛い特製ソースがかけられており、これがローストビーフの旨味を引き出します。

浜松サービスエリア【上り】でおすすめのお土産

Photo by TAKA@P.P.R.S

続いて、ネオパーサ浜松の上り線で購入することのできるおすすめのお土産をご紹介します。お土産に関しても、上り線と下り線では取り扱う品が微妙に異なり、浜松の銘菓はもちろん、ここ限定のお土産や、ご当地グルメ、地元の素材を使ったお土産が数多く販売されています。

入河屋「チョコレートロールケーキ」

Photo byWikimediaImages

ネオパーサ浜松の上り線にある地元の和洋菓子の銘店「入河屋」では、上り線限定で「チョコレートロールケーキ」が販売されています。ネオパーサ浜松の建物を意識した黒を基調とした色遣いとなっており、甘さ控えめの大人なチョコレートロールケーキとなっています。

しっとりとした上品なチョコレート生地の中にはたっぷりのクリームが包まれており、ここだけで入手できる限定商品であるため、お土産にもおすすめの商品です。

浜松サービスエリア【下り】でおすすめのお土産

Photo by yousukezan

続いて、ネオパーサ浜松の下り線で購入することのできるお土産をご紹介します。下り線も上り線と同じく非常にたくさんのお土産が販売されており、地元の名産品から全国に名の知られるものまで、数多く取り揃えられています。目移りしてしまうこと間違いありません。

ヤタロー「三ケ日みかんラスク」

Photo by wuestenigel

パンや和洋菓子の販売を手掛ける「ヤタロー」の「三ケ日みかんラスク」は、ネオパーサ浜松下り線で購入することのできるお土産の中でもトップクラスの人気商品です。静岡県浜松市でとれる特産の三ケ日みかんが使用された、ご当地のお土産でもあります。

この「三ケ日みかんラスク」は、高い糖度を持ちながらもみかんらしい酸味の感じられる三ケ日みかんを、皮まで使用し、みかん全体の酸味や甘み、苦みのベストなバランスが保たれています。サクサクとした食感に酸味と甘み、ほのかな苦みの感じられる本格派ラスクです。

ベーカリーハースブラウン「浜松餃子」

Photo byquinntheislander

ネオパーサ浜松の下り線に出店されているパン屋さん「ベーカリーハースブラウン」では、他で見ることのない「浜松餃子パン」が販売されています。見た目も餃子にそっくりなこちらの餃子パンには、餃子の焦げを連想させるような焼目とカリカリチーズの羽もついています。

浜松餃子学会認定の浜松餃子が2個、そのまままるっとパン生地で包まれいるため、一口かじると中身はそのまま餃子となっています。モチモチとしたパン生地に包まれていますが、食感はパリッとしているため、本物の餃子を食べている錯覚を起こしかねない餃子パンです。

浜松サービスエリアの基本情報を把握しよう

Photo byfill

以上、ネオパーサ浜松で食べることのできる名物グルメと美味しいお土産をまとめてご紹介いたしました。ここからは、よりネオパーサ浜松を楽しむためには欠かせない基本情報をまとめてご商迂回します。ネオパーサ浜松にいかれる際には是非チェックしてみてください。

浜松サービスエリアの営業時間

Photo byobpia30

浜松サービスエリアことネオパーサ浜松では、基本的に24時間利用することができますが、全ての施設が24時間空いてはいないので注意が必要です。エリアコンシェルジュの営業時間は平日は午前9時から午後7時まで、土日祝日は午前8時から午後7時までとなっています。

コンビニ、ガソリンスタンド、コインシャワー、コインランドリー、トイレ、キッズコーナー、ATM、ふらっとパークは24時間空いているため、真夜中でも利用することができます。レストランは店舗ごとに開店時間が異なるため、早朝は準備中の店舗もあります。

浜松サービスエリアの設備情報

Photo by くーさん

ネオパーサ浜松には上り線、下り線共に長距離ドライブや小さな子供連れの家族旅行に嬉しい設備が整っています。特に長距離のドライブや車中泊を含む旅行をされる方にはコインシャワーやコインランドリーが24時間使用できるため、非常に便利です。

また、授乳のできるベビールームやキッズコーナーも24時間の利用が可能です。また、ネオパーサ浜松は上り線と下り線共にお手洗いが広く清潔に保たれているため、24時間度の時間帯に行っても安心して利用することができます。

浜松サービスエリア「ネオパーサ浜松」に行ってみよう

Photo byFree-Photos

以上、浜松サービスエリア(ネオパーサ浜松)についてのご紹介でした。浜松サービスエリアは休日になると地元の人々も訪れる観光地でもあります。単なるサービスエリア以上の施設やサービスが整った浜松サービスエリアは一度訪れる価値のある場所です。

観光の途中で訪れる方も、休日にちょっと訪れたい地元の方も、どんなシチュエーションでも楽しめること間違いありません。訪れた際には、是非浜松サービスエリアで美味しいグルメに舌鼓を打ち、限定のお土産屋スイーツに挑戦してみてください。

Sakura Okamura
ライター

Sakura Okamura

東南アジアと猫が大好きで海外暮らしを始めました。生活に寄り添ったワクワクするような記事をお届けしていきます。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング

記事はありません。