成城石井の白菜キムチが激ウマ!人気の秘密は無添加・高品質?

成城石井の白菜キムチが激ウマ!人気の秘密は無添加・高品質?

『成城石井』は駅などにあるちょっと高品質な商品を扱っているスーパーです。帰宅時に『成城石井』でミニケーキなどを買うと、セレブな気分になります。『成城石井』ではキムチも販売しています。『成城石井』のキムチはなぜ美味しく大人気なのか、秘密をご紹介しましょう。

記事の目次

  1. 1.成城石井の白菜キムチは人気商品!
  2. 2.成城石井のキムチの魅力
  3. 3.成城石井のキムチの保存方法
  4. 4.成城石井のキムチの無添加の表示はなく無添加かは不明
  5. 5.成城石井のキムチは高品質で激ウマ!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

成城石井の白菜キムチは人気商品!

Photo by2481277

スーパーマーケット『成城石井』は1927年(昭和2年)東京都世田谷区「成城」で創業しました。1950(昭和25年)年には株式会社「石井食品店」として、東京都世田谷区「成城町」に資本金50万円で設立しました。『成城石井』の名称は以上の経緯に由来しています。

『成城石井』は2014年以降、ローソン傘下となりましたが、店舗は東京から関西に至るチェーンタイプのマーケットです。また、ワインや輸入食品を数多く取り扱っていることでも有名です。特に最近は「キムチ」が高品質な上に、無添加で激ウマとのことで、人気を集めています。

商品名:成城石井 白菜キムチ 徳用 500g

『成城石井』キムチは、韓国本場のキムチよりも辛過ぎず、日本人の味覚にちょうど良い美味しさです。『成城石井』キムチは激ウマなのでついついご飯が進んでしまう高品質な味です。商品名は、パッケージ表に「厳選素材使用 キムチ 賞味期限 19.06.30 旬のキムチ」とあります。

しかし「徳用」とある『成城石井』キムチもあります。「徳用」とある『成城石井』キムチの商品名は正確には「成城石井 白菜キムチ 徳用 500g 665円(税抜)」です。

Amazonでは現在『成城石井』キムチが在庫切れですが、「成城石井 白菜キムチ 500g」との商品名で、750円します。『成城石井』キムチは焼肉やラーメンのお供となり、辛過ぎないキムチとして、激ウマ・高品質キムチの味わいで大人気です。

成城石井のキムチの魅力

Photo bynaegeon

『成城石井』のキムチは激ウマで、この上ない人気を集めています。人気の秘密は、まず国内産の白菜を使っていることが大きな要素です。日本の農業や食品のレベルは「無添加且つ高品質」といったイメージがあるためです。

実際、日々の食生活で、「外国産」を食べる機会は日本人は少ないのです。国内産だと安心です。特に白菜は日本国内の産地が書かれてあると、食欲が増すのも現実です。国内産の白菜は大人気です。白菜に「ロシア産」とあるより「長野県産」とあるほうが購買欲が増すでしょう。

国内産白菜を使用

Photo bymisskursovie2013

『成城石井』のキムチが激ウマで大人気の秘密の一つには、国内産白菜を使用しているという点があります。日本人は口にするものに、「国内産」であることにまず安心感を覚えます。日本の「モノ」を作る基盤には、まず「国内産」であることが大きな基本条件です。

同じ白菜でも、外国産だとどうも日本人の口に合わないのです。国内産の白菜に日本人は安心するという点を見込んで、『成城石井』がキムチを生産する際には、国内産の白菜を必ず使用しています。実際、国内産の白菜ですと美味しいですし、高品質であるといったイメージが高いのです。

韓国随一の唐辛子産地「ヨンヤン」の唐辛子を使用

Photo byjonathanvalencia5

中華料理もそうですが、神戸や横浜の中華街では、本物の中華料理を調理していません。中国本土の旨味を日本人の好みに合うよう調理した上でお客様に出しているのです。日本人は外国のものを、日本人に合うように巧みに味付けするテクニックに大変長けています。

フランス料理も、高級レストランなどでは、「これが本場の味」とうっとりしてしまいます。しかし「フランス本場の味」「イタリア本場の味」といったメニューも、実際は「日本人が食べて美味しい」ように調理しているのです。

韓国では、キムチを作る際、粉唐辛子、ニンニク、生姜、イワシのエキスを用います。更に主材料となる白菜、大根とを混ぜ合わせ、発酵と熟成の過程を経て、韓国ならではのキムチが完成します。ここで唐辛子のブランドとなる「英陽(ヨンヤン)」を使うと、美味なキムチとなります。

日本人が上手にキムチを生成するには、まず国内産の白菜に、本場韓国のブランド唐辛子「ヨンヤン」を混ぜ合わせるテクニックが必要です。無添加で有機栽培の白菜と、韓国では艶があり、辛過ぎない高品質の唐辛子「ヨンヤン」とを混合させて、『成城石井』独特の激ウマキムチが完成します。

成城石井のキムチの保存方法

『成城石井』のキムチは日本人の味覚に合うよう作られています。つまり、あまり酸味が強くないように発酵させているのです。『成城石井』の保存方法は、パッケージ裏面に表示されている「賞味期限」と「保存方法」を守れば大丈夫です。

キムチは生ものですから、購入したらすぐその日のおかずに取り入れた方が良いでしょう。ただ他の買い物が多過ぎて、今夜はキムチは使わないという場合は、冷蔵庫で保管しておきます。それでも、せっかく買った『成城石井』のキムチですから、早めにご飯のおかずにする方が美味しくいただけます。

賞味期限:製造日より7日

よく「賞味期限」と「消費期限」とが別々に表示されている食品があります。「賞味期限」は記載されているけれど、「消費期限」は記載がない場合か、またはその逆というケースがあります。「どちらも同じ」と思っている方も多いのですが、意味は全く違うので、お買い物の際には十分注意しましょう。

「賞味期限」はよく考えると、その言葉の通り「美味しく食べられる期間」という意味です。多くの場合、「賞味期限」をやや過ぎても美味しく食べることができますが、味や食感が劣化してしまいます。「消費期限」は意味が全く異なり、「安全に食べられる期間」という意味です。

Photo byPhotoMIX-Company

つまり「消費期限」を過ぎたものは、「口にすると安全に食べられる保証はありません」という意味です。保存方法を間違うと、食品ですので、「味の劣化に加えて、素材が傷み、カビが生えたりしかねませんよ」という警告なのです。

一般的には「賞味期限」が切れたら、いつまでなら美味しいかと言いますと、期限が切れても1.5倍まではまずまずの味であることが食品メーカーのテストで分かっています。つまり「賞味期限」が4月10日までだったら、15日までは美味しいということです。

Photo bytakedahrs

しかし保存方法がしっかりした場合に限るため、実際は4月13日までに食べてしまうのが良いとされています。また「消費期限」は「賞味期限」よりも更に厳しく、期限を1日過ぎたら味や匂いが劣化することも多いため、しっかり期限内に食べるほうが賢明です。

では『成城石井』のキムチはどうかと言いますと、「賞味期限」は「製造日より7日まで」となっています。本場韓国のキムチは発酵させる乳酸菌が多く、保存期間が長くても大丈夫です。しかし『成城石井』キムチの場合は辛味を増す乳酸菌は少なめですので、本場韓国のキムチよりもシビアです。

一般的に日本で作られるキムチは、韓国よりも「賞味期限」は短く、約1ヶ月が普通です。また開封した後は、約2週間以内に食べきることが推奨されています。『成城石井』のキムチは一般のキムチよりも更に高品質ですので、「賞味期限」は製造日より7日となっています。

せっかくの『成城石井』の高品質キムチですから、一般的なキムチよりも4倍劣化が早いと言えます。そこで、『成城石井』キムチを購入したらすぐ開封し、美味しくいただきましょう。また、本場韓国のキムチには「賞味期限」は明示されていない場合がありますので、気をつけて下さい。

保存方法:要冷蔵(10℃以下)

Photo byGustavoGodoi

韓国では、キムチはもともと、長期保存が可能な食品でした。冷蔵庫無しでも食べられる保存食だったため、常温保存も可能ではあります。しかし日本よりも北方にある韓国でこそできた保存方法は、日本では無理なことがあります。未開封の場合、日本では冷蔵庫で10℃ほどでの保存が目安です。

特に『成城石井』のキムチは高品質であるために傷みやすいことが多いのです。そこで、『成城石井』キムチは10℃よりもやや低めの「10℃以下」に冷蔵庫の温度を設定して保存するのがベストです。保存温度を適切にすれば、『成城石井』キムチの味わいも深くなります。

また、美味しいからといって、『成城石井』キムチをたくさん買い込んだ場合は、すべてを「10℃以下」で保存しても無理な場合があります。キムチが多い場合は「賞味期限」の7日以内におかずにする『成城石井』キムチと、冷凍する『成城石井』キムチとに分けましょう。

しかし、いくら高品質な『成城石井』キムチでも、冷凍すると生のままよりどうしても味が落ちるのでは、という心配が生じます。それでも、冷凍した『成城石井』キムチは中火で湯煎して解凍してから、豚と一緒に炒めるなど、お料理に使えば味の劣化は気になりません。

開封後は賞味期限に関わらず早めに消費を推奨

『成城石井』キムチは購入後、すぐにパッケージの蓋を開けて、ご飯のおかずにするのが一番おすすめの食べ方です。お料理に使う方もおられますが、まず「ご飯のおかず」として『成城石井』キムチを購入したのなら、「賞味期限」が終わる前にいただきましょう。

4月10日が製造日なら、『成城石井』キムチの「消費期限」は4月17日ですが、購入日が12日なら、購入した日にいただくのがおすすめです。『成城石井』キムチを食べる際には、キムチ用のお箸を用意してお皿に取り分けるのが良いでしょう。清潔なお箸だと『成城石井』キムチが長持ちします。

成城石井のキムチの無添加の表示はなく無添加かは不明

日本製の食品には、添加物の表示があるのが普通ですが、『成城石井』のキムチには「無添加」の表示がないこともあります。表示がない場合は「無添加」なのかどうか不明で心配ですが、画像のように「化学調味料無添加」と明瞭に表示がある『成城石井』キムチも販売されています。

実際には『成城石井』のキムチには最小限の添加物が含まれています。風味調味料、たん白加水分解物にアミノ酸などの調味料が添加物です。しかし、この程度の添加物なら自然の一部といった感じです。『成城石井』のキムチには、化学性添加物が一切入っていないので安心です。

成城石井のキムチは高品質で激ウマ!

成城石井を大特集♡自家製スイーツや惣菜も人気のこだわりスーパーマーケットのイメージ
成城石井を大特集♡自家製スイーツや惣菜も人気のこだわりスーパーマーケット
成城石井は日本はもちろん世界から選りすぐった食品を販売する人気のスーパーマーケットです。直輸入のワインやチーズ、自家製のオリジナルスイーツや惣菜、生鮮食品など、毎日の暮らしに欠かせない美味しく高品質な食品を販売しています。

今夜のご飯のおかずは『成城石井』のキムチにしてみましょう。本当にちょうど良い辛さで激ウマなのは間違いありません。『成城石井』キムチは、辛味と酸味のバランスが崩れることなく、絶妙な美味しさで、期待を裏切りません。『成城石井』のキムチはご飯が進む美味しさで、ぜひおすすめです。

maronchat
ライター

maronchat

初めまして。歴史、大自然、温泉、文化遺産、そして美味しいものが大好きな好奇心旺盛のmaronchatです。山麓に温泉のある、兵庫県の標高360mの山上に住んでいます。jouerの記事を通して、見応えあるスポット、また生活に役立つ情報をご紹介していきたいと思います。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング