バクラヴァはコストコで買えるトルコのお菓子!日本での店舗や味をご紹介

バクラヴァはコストコで買えるトルコのお菓子!日本での店舗や味をご紹介

日本に住んでいると、トルコスイーツを見ることは稀です。しかし中東アジアへ旅に出るなら「バクラヴァ」は覚えておきたいスイーツの1つです。バクラヴァは激甘トルコスイーツです。40層ものパイ生地が織りなす素敵な焼き菓子情報を、日本で味わえる店舗も交えてお送りします!

記事の目次

  1. 1.本場のバクラヴァが日本でも味わえる!
  2. 2.バクラヴァって?
  3. 3.バクラヴァの種類
  4. 4.東京でバクラヴァを食べられる店舗
  5. 5.バクラヴァはコストコでも買える!
  6. 6.バクラヴァが購入できる通販サイト・お店
  7. 7.トルコの伝統スイーツ・バクラヴァはクセになる味

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

本場のバクラヴァが日本でも味わえる!

Photo byberladelphia

極薄のパイ生地を何層にも重ね、ナッツを挟み、激甘シロップで仕上げるトルコのお菓子、それが「バクラヴァ」です。日本ではあまり馴染みのないお菓子ですが、トルコやイスタンブール、中央アジアへ旅をするなら、味わっておきたいトルコの伝統スイーツです。

トルコの古い文献でバクラヴァが登場するのは、16世紀までさかのぼります。バクラヴァが、いかに歴史あるトルコスイーツなのかがわかるでしょう。トルコのお菓子でピンと来る人は日本では少ないかもしれません。しかし日本でも、伝統菓子であるバクラヴァが食べられるお店があります。

Photo byHans

トルコでは専門店で職人が作り上げるほど難しい、バクラヴァは、旅の大きな思い出になることは間違いありません。トルコ方面への旅計画がなかなか立てられない人には、日本でも食べられる店舗をご紹介します。

安さとボリュームでお馴染みのコストコでも、驚きのプライスでバクラヴァが手に入ります。世界三大料理で知られるトルコですが、進んでいくたび、トルコのお菓子がいかに魅力的かが手に取るようにわかるでしょう。

Photo byMariamichelle

0.2ミリ以下のパイ生地がサクサクに折り重なる、普段なかなか味わえないトルコ生まれのお菓子、バクラヴァ。トルコや中央アジア近辺でしか食べられないと言われている、本場バクラヴァの魅力を掘り下げていきましょう!

バクラヴァって?

トルコの伝統的なお菓子が「バクラヴァ」です。古い文献にバクラヴァが登場するのは、16世紀のことです。それほど古い時代から、バクラヴァがトルコで食べられていたことがわかります。バクラヴァは、極薄く伸ばしたパイ生地を、何層にも重ねて焼き上げたお菓子です。

間にはナッツがサンドされており、使われるナッツは地域によってさまざまです。定番のピスタチオ、アーモンドやヘーゼルナッツなどバラエティに富んでいます。焼き上げたバクラヴァには、たっぷりの激甘シロップをかけて仕上げます。

Photo byAlexas_Fotos

カットされてトルコで販売されており、1口食べればサクサクのパイ生地の食感、噛むほどにじゅわりと激甘シロップが染み出す、トルコスイーツがバクラヴァです。ナッツの香ばしさも感じられ、贅沢なスイーツと言えます。

バクラヴァのメインと言えるのは、その極薄のパイ生地です。その薄さはじつに0.2ミリ以下と言われています。現地トルコでは、専門店で職人が腕を光らせて仕上げているのがトルコのお菓子バクラヴァです。腕が問われるバクラヴァのパイ生地は、誰もが作れるわけではありません。

トルコのお菓子バクラヴァは、極薄パイ生地が何層にも重なった焼き菓子ですが、何層とは何枚重なっているのでしょうか。驚くなかれ、パイ生地の層は30層から40層にもなります。熟練したトルコの職人だけが、伝統スイーツバクラヴァを作ることができるのです。

トルコの伝統的なお菓子、と言うだけあり、地域によってはバクラヴァを作ることが日本で言う花嫁修業の一環でもあったようです。バクラヴァの中身、ナッツの種類も地域差があり、中央アジア近辺を旅するなら、さまざまなバクラヴァを見かけることができるでしょう。

Photo bymarkusspiske

バクラヴァは澄ましバターを使って仕上げているため、保存性も良いトルコのスイーツです。冷凍保存することもできるため、長期保存できるトルコスイーツとしても知られています。たっぷりのシュガー、バターを使ったパイ生地のお菓子は、こっくりした甘さで濃厚です。

初めてバクラヴァを口にする人は、激甘レベルに驚くかもしれません。ただその突き抜けるような甘さが次第にクセになる不思議なお菓子です。ふんわり鼻に抜けるナッツの香ばしさや、バターのリッチなコク、パイのパリサク食感が、なんとも病みつきになってしまうスイーツなのです。

トルコでは屋台でも見かけられるお馴染みのお菓子ですが、残念なことに日本ではあまり知られた存在ではありません。ただ輸入食品を扱うコストコや、通販の一部店舗などでバクラヴァを手に入れることができます。

トルコの人々が愛してやまない、強烈な甘さのスイーツです。日本人には甘すぎる、と言う声もありますが、意外にブラックコーヒーやストレートティーといただけば、ナッツの風味で2個目に手が伸びる恐るべしお菓子です。

Photo byAlexas_Fotos

薄いパイ生地がサクリ、じゅわりとシロップが染み出す食感がたまらなくクセになります。バクラヴァは、生涯1度は体験したい激甘スイーツであり、次にブームが来ること必須のスイーツです。

トルコや中東・智衆会地域などで人気の伝統的なお菓子

Photo byBen_Kerckx

バクラヴァはトルコで誕生したお菓子です。その誕生はさかのぼること16世紀になります。かなり古い時代からトルコで食べられ、中東に広まったお菓子であることがわかります。トルコや中東アジアなどでは、主にお祭りやお祝いのシーズンに食べられています。

薄いフィロ生地を何層にも重ねて焼き上げる

Photo byWikiImages

バクラヴァは極薄のパイ生地を重ねて焼き上げた、焼き菓子です。香ばしいサクパリ、バターのリッチな風味が特徴です。極薄に伸ばされたパイ生地を、トルコでは「フィロ」と呼びます。バクラヴァに使われるフィロは、30枚から40枚にものぼり、職人技が必要なことがわかるでしょう。

40枚ほどの層をなすバクラヴァは、7層あたりで一旦ナッツ類をサンドし、再びフィロを重ねてナッツをサンドする工程を繰り返します。間にサンドされるナッツは、定番のナッツでピスタチオがあります。鮮やかなグリーンがインパクト大で、芳醇な香りが素敵です。

Photo bystevepb

地域によってはピスタチオ以外にアーモンド、くるみなどが使われることもあります。さらにナッツ以外に、口当たりまろやかなクリームをサンドする地域もあり、濃厚でスイーツ感満載のチョコレートや、ほっくりしたヒヨコマメがサンドされることもあります。

ナッツ類をサンドするとともに、バクラヴァにはスパイスであるシナモン、シュガーをトッピングします。フィロを重ねてナイフで切れ目を入れてから、バクラヴァはオーブンで美しく焼き上げます。焼きあがれば、レモン汁を混ぜたシロップをかけて、バクラヴァが完成します。

トルコでは主に専門店で職人が作る

トルコでお祝いのシーズンに用いられるバクラヴァは、バクラヴァの専門店で職人が腕をふるって作っています。そのためバクラヴァは、本場トルコでしか食べられないと言われていました。

バクラヴァに使われるパイ生地、フィロは0.2ミリ以下と言う驚愕の薄さですから専門職人が作るのも頷けます。フィロには薔薇の香りがする甘いローズウォーターが浸み込ませてあり、サンドされたシナモンのスパイシーさと甘さのハーモニーを味わえます。

再三言っていますが、バクラヴァは強烈に甘いスイーツです。フィレにローズウォーターを浸み込ませていますが、バクラヴァは仕上げにさらにシロップをたっぷりかけます。浸すと言ったほうが正しいです。甘いフィロを何枚も重ね、さらに激甘シロップにひたひたに浸します。

バクラヴァ以上に甘いスイーツはないのでは、と思えるほどのはちみつやシロップの甘さが口中に広がるお菓子です。ひたひたシロップ漬けの焼き菓子ですが、バクラヴァのフィロはけしてへたることもなく、サクリとした食感は残されており、それがまたたまりません。

Photo byDaria-Yakovleva

常温でいただいても美味しいですが、冷やしてアイススイーツのようにいただくのもおすすめの食べ方でしょう。トースターで表面をさらにパリッとさせて食べても、また絶品です。リピーターはバクラヴァをさまざまな角度から攻めて、美味しくいただいているのです。

バクラヴァの種類

Photo bydjpresc16

トルコスイーツ、バクラヴァがどのようなお菓子であるか、概要が見えてきたでしょうか。パイ生地の焼き菓子、と言っても日本のパイ生地の焼き菓子と、多少異なる点もあるでしょう。たっぷりのバターとシュガーが使われた、コクリッチなスイーツであるのは間違いありません。

1切れで満足レベルがマックスになるバクラヴァは、フレーバーが多彩なのも魅力です。話題のスイーツ、バクラヴァの多彩な種類の中で、押さえるべきフレーバーをご紹介します。

定番のピスタチオ入り

さまざまな種類で迷ってしまうスイーツ、バクラヴァの基本は「ピスタチオ」が入ったバクラヴァです。ころんと四角いフォルムのパイ生地の焼き菓子は、断面に鮮やかなグリーンのピスタチオが見えており、素敵です。イマドキで言う「バエ」なスイーツと言えるでしょう。

サクパリなパイ生地は多くて40層にも重なっており、その端々にまでたっぷりとレモン風味のシロップが浸み込ませてあるため、1切れでずっしり重みを感じます。ピスタチオがこれでもかと言うほど詰め込まれているのも、重量をアップさせている理由でしょう。

Photo byAlexas_Fotos

1口頬張れば、ピスタチオバクラヴァからはじゅわりとシロップがあふれ出し、歯にはサクリとパイ生地の食感、鼻に抜けるピスタチオの濃厚な風味とバターのコクが素敵すぎます。バクラヴァに出会うことができたら、基本のピスタチオバクラヴァはいただいておきましょう。

ほろ苦いチョコレート味

フィロの間にナッツではなく、濃厚な「チョコレート」をサンドしているのが、チョコレートのバクラヴァです。パイ生地にチョコをサンドすると言えば、日本で言うなればチョコパイがピンと思い浮かびます。しかしチョコレートのバクラヴァは、日本のチョコパイよりもヘヴィーです。

フィロの間にみっちり詰め込まれたチョコレートは、カカオが濃く、ずっしりもったりしているのが特徴です。食べ応えがエアリーなことが多い日本のチョコパイを想像していると、面食らうことでしょう。そのどっしりした重量感が、チョコレートバクラヴァの人気でもあります。

Photo byAlexanderStein

たっぷりチョコレートを楽しむとともに、フィロに染み込んだシロップの味も楽しめるのがチョコレートのバクラヴァです。激甘の中にもカカオの深みが感じられ、食べ応えのあるバクラヴァと言えます。

人参型のハヴチ・ディリム

2センチから3センチの柔らかな四角いシルエットが、バクラヴァの特徴ですが、ケーキ型のバクラヴァも見かけることがあります。人参のフォルムに似ていることから、このバクラヴァを「ハヴチ・ディリム」と現地では呼んでいます。

表面積が四角いバクラヴァよりも少ないので、激甘シロップが浸み込む面積もすくないのが、ハヴチ・ディリムの大きな特徴です。四角いバクラヴァは、甘いと感じる人も、ハヴチ・ディリムならパリサクのパイ感もリアルに残っており、甘さも抑えられ食べやすく初心者におすすめです。

東京でバクラヴァを食べられる店舗

トルコの熟練した職人が腕を光らせるバクラヴァは、トルコでしか食べられない、そんなスイーツと思っていませんか?伝統菓子バクラヴァは、東京で食べることもできます。日本の首都東京で、トルコの伝統菓子バクラヴァを食べられる店舗を3店舗ご紹介します。

デビッドデリ

日本では珍しい、イスラエル料理が食べられるお店が「デビッドデリ」です。日本人でイスラエル料理をパッとイメージできる人は少ないですが、なかなか味わえないランチやディナーメニューが揃っています。その中にイスラエルからの輸入品として、バクラヴァも加わっています。

デビッドデリでいただけるイスラエル料理は、フムスと呼ばれるひよこ豆ペーストのヘルシーフードや、ファラフェルと言う料理です。どのメニューもイスラエル一色で、日本では貴重な体験ができるでしょう。外国人の利用客も多く、日本にいながら海外気分を味わえる店舗です。

住所 東京都港区三田 5-13-13
電話番号 03-5441-1211

ボスボラス ハサン 新宿店

「ボスボラス ハサン 新宿店」は新宿にある、トルコ料理専門店です。トルコ料理店は日本では見かけることは少ないでしょう。こちらの店舗は数少ない日本で本格トルコ料理が味わえる店舗です。日本で新宿をメインに3店舗展開しているお店で、どの店舗にもバクラヴァがメニューにあります。

本場のトルコフードは、世界三大料理と言われるだけあり、絶品です。特にケバブは肉を目の前でそぎ切りにしてくれ、絶品と呼ぶに相応しい美味しさです。表面は香ばしく、噛めば噛むほど肉肉しい旨味がたっぷりで、いくらでも食べることができます。

Photo byFeelgoodpics

人気のケバブは、お得なコースでの注文がおすすめです。エキメッキと呼ばれるパンは、フォカッチャに似たふかふかパンで、熱々状態で出されます。もっちりふかふかの中間を微妙にいくパンは、そのまま食べてもスープに浸しても美味しいです。

肝心のバクラヴァは、1皿3つで650円で提供されています。ボスボラス ハサン 新宿店のバクラヴァは、定番のピスタチオではなく、香ばしいくるみが入ったバクラヴァです。たっぷりのシロップとともにいただきましょう。

住所 東京都新宿区新宿 2-7-2-1F
電話番号

イスタンブール 銀座店

東京の一等地、銀座にあるトルコ料理専門店「イスタンブール 銀座店」でも、伝統菓子バクラヴァを味わうことができます。夜はベリーダンスのショーが楽しめる本格的な店舗で、内装はエキゾチックそのものです。ランチタイムは比較的リーズナブルなメニューがあり、おすすめでしょう。

イスタンブール 銀座店のケバブは、しっかり焼き上げられ、ビーフジャーキーのような旨味あふれるメニューです。固め肉の食感で、噛むほどにじわじわと肉の味が染み出してくる逸品となります。脂部分がほとんどないため、ヘルシーで、酸味が強いフレッシュなトマトソースがよくマッチします。

Photo bycongerdesign

バクラヴァは香ばしいくるみがコリコリと入っており、ひたひたにシロップに漬けられています。1口で悩殺される、じゅわりとあふれ出す強烈なシロップの甘さは、1口目は口を押えますが、2口目は目を丸くし、3口目は頬がほころぶほどです。

イスタンブール 銀座店では、世界各国で絶賛されるトルコワインも嗜むことができます。銀座ランチに、おしゃれなディナーに、本場のトルコ料理とともに、バクラヴァを楽しんでみてはいかがでしょうか。

住所 東京都中央区銀座7-2 銀座コリドー 街1F
電話番号

バクラヴァはコストコでも買える!

Photo by ytodoroki

多くの主婦層から熱い支持を集めている、大型スーパーが「コストコ」です。実はコストコでも、バクラヴァを手に入れることができます。さまざまな輸入食品を扱っているコストコでは、クロアチア産のバクラヴァが、日本で最もリーズナブルに販売されています。

全国各地に店舗を持つコストコを利用する手段なら、東京に住んでいなくても海外旅行の計画がなくても、バクラヴァを手軽に購入できます。近くのコストコ店舗に立ち寄り、バクラヴァを見つけてみましょう!

910グラムで1998円

コストコの食品と言えば、何でもキングサイズで有名です。バクラヴァも例外ではなく、1箱910gのボリュームで販売されています。数にして57個のバクラヴァは、コストコプライス1998円と、お値打ち価格です。日本でバクラヴァを最も安く買えるのは、コストコ以外ありません。

コストコのバクラヴァは、封を開けるとこっくりしたバターの香りが立ちます。表面はチョコレートデコレーションがされたり、ピスタチオがまぶされていたりと、美しく映えます。1切れ取り出すと、ずっしり重く、ひたひたにシロップに浸かっているのがわかります。

トルコ産ではなくクロアチア産

Photo byGentle07

コストコのバクラヴァは、本場トルコからではなく、クロアチアから輸入されたバクラヴァです。クロアチア産ですが、その食感はバクラヴァに変わりなく、シャクサクリと言う魅惑の音と質感です。口中に広がるシロップの悩殺されるほどの甘さ、たまりません。

1切れでかなりヘヴィーな食べ応えですが、コストコの危険な罠と言いましょうか。コストコのバクラヴァは、57個入りなので、ブラックコーヒーや紅茶と一緒にいただけば、もう1つと手が伸びてしまいます。激甘スイーツでありつつ、ナッツの香ばしさが後を引く美味しさです。

コストコ各店舗で販売されているバクラヴァは、57個のコストコサイズですが、冷凍保存が可能のお菓子です。高嶺の花でもありませんので、勇気を出して次回のコストコリストに追加しておきましょう。

バクラヴァが購入できる通販サイト・お店

Photo byStartupStockPhotos

通販でもバクラヴァを手に入れることができます。コストコ店舗が近くにない、なかなか出かける機会がない、そんな人にはネット環境があればユビキタスでバクラヴァを手に入れられる、ネット通販がおすすめでしょう。

HASEL FOODS

「HASEL FOODS」は、主にトルコの食品、スイーツや冷凍食品、オーガニック商品を扱うネットショップです。さすがに専門ショップだけあり、バクラヴァの種類も豊富です。クオリティも高く、サクパリなパイ生地にひたひたシロップのバクラヴァは、とろけるほど美味しいと評判です。

ピスタチオやヘーゼルナッツ、くるみなど、ナッツの種類が豊富なので、バクラヴァデビューの人からリピーターまで楽しめる通販ショップでしょう。甘さ控えめのバクラヴァも用意されており、バクラヴァが甘すぎると感じる人でも、再チャレンジが可能です。

トルコ食材専門店 ドアル

続いてのおすすめネットショップは「トルコ食材専門店 ドアル」です。トルコ食材専門店を謡うだけあり、バクラヴァ以外にも、オリーブオイルやワイン、白チーズなどトルコの名産品がたっぷり揃います。話題のバクラヴァにはたっぷりのはちみつが浸み込ませてあります。

電話注文、メールでのオーダーも受け付けています。ネット上で販売していないバクラヴァも購入することができるため、一味違うバクラヴァを探している人は、こちらをチェックしましょう。

トルコの伝統スイーツ・バクラヴァはクセになる味

じゅわサク、魅惑の響きを立てるトルコのバクラヴァ。恐るべし甘さで人々を悩殺する激甘スイーツです。深入りコーヒーや紅茶といただけば、無意識に2つ目を口にしている魔性を持っています。次にブームがやってくるであろうスイーツ、それは間違いなくバクラヴァでしょう!

noko dtk
ライター

noko dtk

食べることが大好きでグルメ系の記事を書いています。レストランや居酒屋などの飲食系やスイーツ、自宅で楽しむグルメも。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング