倉敷の「豆柴カフェ」が大人気!おすすめメニューや予約方法・料金などをご紹介

倉敷の「豆柴カフェ」が大人気!おすすめメニューや予約方法・料金などをご紹介

岡山の倉敷にある「豆柴カフェ」はご存知ですか?豆柴と触れ合いながらカフェとしても利用でき、動物好きにはたまらないと人気です。そんな倉敷観光の際にはぜひおすすめしたい「豆柴カフェ」の気になる場所や料金メニュー、予約についてまで詳しくご紹介していきます。

記事の目次

  1. 1.全国初オープン!倉敷で人気の「豆柴カフェ」
  2. 2.倉敷の「豆柴カフェ」は畳で和風レトロ
  3. 3.予約なし!倉敷の「豆柴カフェ」の入場システム
  4. 4.倉敷の「豆柴カフェ」のメニューと料金
  5. 5.約10匹の豆柴に配慮を!倉敷「豆柴カフェ」でのマナー
  6. 6.倉敷の「豆柴カフェ」の人気土産は?
  7. 7.同じビルには「ハリネズミ専門カフェ」と「フクロウの森」も
  8. 8.倉敷「豆柴カフェ」は動物が身近に感じられるスポット

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

全国初オープン!倉敷で人気の「豆柴カフェ」

Photo by 楊尚潔

カフェと猫を融合させた「猫カフェ」をはじめとして、「ドッグカフェ」や「フクロウカフェ」など、動物と触れ合える新しいスタイルのカフェが増えています。そんな中、2017年11月に岡山県倉敷市の美観地区に全国で初めてとなる「豆柴カフェ」がオープンしました。

Photo by 楊尚潔

豆柴(小柴)とは、小さなサイズの柴犬を指す言葉で、犬種の一種ではありません。愛らしいころっとしたフォルムや小さな立ち耳、くるんと巻いたしっぽが特徴です。性格は柴犬と同じように自立心が強く忠実さがあり、飼い犬としても根強い人気を博しています。

豆柴は、その見た目のかわいさと柴犬由来の忠実さから、日本のみならず海外でも人気の犬です。このような人気の豆柴と触れ合うことのできる日本初の「豆柴カフェ」は、オープンする前から注目されていました。

倉敷でのオープン後は、話題の豆柴と一緒の空間で触れ合える新しいカフェとして、連日待ち時間が出るほどの人気ぶりです。

倉敷の「豆柴カフェ」の場所

Photo by akira yamada

「豆柴カフェ」は、岡山県倉敷市の美観地区にある「倉敷いろはに小路」の2階にあります。倉敷駅南口からは徒歩15分の距離にあるので、倉敷観光として美観地区の風情ある街並みを眺めながら行くには丁度いい場所にあります。

「豆柴カフェ」のある美観地区という場所は、昭和レトロな雰囲気を感じられる白壁の建物や柳並木、美味しいグルメの味わえるお店が複数あります。

さらに、美観地区内には全国でも有名な大原美術館もあります。西洋美術の作品が多く展示してある歴史の長い美術館です。このように、豆柴カフェのある美観地区は1日中歩いても飽きないような場所なので、岡山観光におすすめです。

倉敷の「豆柴カフェ」は各地に支店がある

Photo by othree

倉敷に日本ではじめての豆柴カフェがオープンして以来、全国各地に続々と支店がオープンしています。今のところ、由布院・原宿・厳島・鎌倉・京都・福岡・大阪・ハウステンボスという、全国の中でも人気の観光スポットと呼ばれる場所に支店を構えています。

Photo by othree

どの支店も、ノスタルジックで昭和レトロな空間で統一してあります。また、豆柴カフェの料金メニューや予約ができない点も全店共通です。

倉敷の豆柴カフェだけでなく、全国の各支店がある場所に観光に行った際にはぜひ利用してみてください。倉敷から全国に広まった豆柴カフェの魅力に気づくことができます。

倉敷の「豆柴カフェ」は畳で和風レトロ

Photo by 楊尚潔

倉敷にある豆柴カフェは、店内が和テイストになっています。店内は畳の部屋になっていて、豆柴たちと同じ目線で遊ぶことができます。膝を崩しながらゆっくりできるのも魅力の一つです。

また、店内には和だんすやブラウン管テレビ、障子戸など昭和をイメージさせてくれるもので溢れています。レトロでフォトジェニックな空間も魅力の一つになっています。

豆柴カフェの昭和レトロな雰囲気は、どこか懐かしくほっとした気持ちになれる場所として幅広い年齢層の方におすすめできます。かわいい豆柴たちと触れ合うことができる新しい倉敷のカフェをぜひ体験してみてください。

予約なし!倉敷の「豆柴カフェ」の入場システム

Photo by 楊尚潔

連日たくさんのお客さんで賑わっている倉敷の「豆柴カフェ」ですが、できれば予約して行きたいという方も多いのではないでしょうか。まず、豆柴カフェに入場するにはチケットを購入しなければなりません。

カフェへの入場チケットは当日の店頭販売のみで、オンライン予約や電話での予約システムはありません。また、豆柴カフェに0歳から5歳までのお子様は入場できません。料金メニューや予約についてよく確認して利用しましょう。

Photo by freeheelskiing_2

倉敷の豆柴カフェは大変人気なため、混雑具合によっては待ち時間がある場合もあります。予約システムがないことを考えると、混雑しそうな休日などは早めに来店することをおすすめします。

待ち時間が長い場合には、倉敷の街並みを散策するのもおすすめです。豆柴カフェ周辺には、「くらしき桃子」という倉敷では有名なフルーツパフェ店や、「卵かけごはん専門店」という珍しいお店があります。

せっかく岡山の人気観光スポットに来たなら、美観地区を散策して待ち時間を楽しいものにしてみてはいかがでしょうか。

Photo by othree

待ち時間がない時間帯の場合、特に入場時間の制限はありません。ただし、休日などで待ち時間がある際には、1組あたりの時間制限があるため要注意です。豆柴カフェの虜になった方は、1日に複数回入場することも多いです。

倉敷の「豆柴カフェ」のメニューと料金

Photo byMimzy

続いては、倉敷豆柴カフェの料金メニューについて詳しくご紹介していきます。料金メニューといっても、メニューは店内の自動販売機で販売されているドリンクから選ぶスタイルです。

入場料には予めワンドリンク料金が含まれています。ワンドリンク付きで、13歳以上の大人880円、6歳から12歳までの子供580円です。

Photo by norio_nomura

チケットは予約制ではないこともあり、観光客が多い日には完売することもあります。完売すると入場することができないので、観光客が多いシーズンに訪れる際は時間に注意して来店することをおすすめします。

複数店の「入館割引」もあり

豆柴カフェの入っているビルには、「フクロウの森」、「ヒョウ猫の森」、「ハリネズミ専門カフェ」という豆柴以外の動物たちに会える店舗もあります。普段目にすることのできないハリネズミやフクロウ、ヒョウ猫という貴重な動物と触れ合える店舗になっています。

こちらは豆柴カフェ同様、観光客に大人気のスポットとして注目されています。また、この3店舗に入店することで利用できる、複数店入館割引というお得な料金メニューも用意されています。

豆柴カフェを含む2店舗同時購入で10%割引、3店舗同時購入で15%割引、4店舗同時購入で20%割引というように、複数の店舗と併せて入店することで入場する際の料金がお得になります。

Photo by sota-k

割引の効くチケットは豆柴カフェでしか購入できないため、ご注意ください。倉敷の豆柴カフェを訪れた際には、他店も一緒に利用してみましょう。

約10匹の豆柴に配慮を!倉敷「豆柴カフェ」でのマナー

Photo by 楊尚潔

倉敷の豆柴カフェには総勢10匹以上のかわいい豆柴たちがいます。特に動物好きの方は、撫でたり抱っこしたりして触れ合いたい方が多いのではないでしょうか。豆柴と楽しく遊ぶためには、豆柴の性格や特徴を理解しておくことが大切です。

Photo by kagawa_ymg

やんちゃで元気な子も多いように見えますが、実は豆柴は小さくてストレスに弱い犬としても有名です。入店時に注意事項の説明があるのでしっかりと確認しましょう。豆柴たちにストレスを与えない接し方を心がけて、楽しい時間を過ごしましょう。

豆柴は初めての人には警戒心が強く、怖がってしまうことがあります。楽しく豆柴たちと触れ合うためにも、思いやりをもってマナーを守った触れ合い方をすることが大切です。やさしく触れることで豆柴も心を許して懐いてくれます。

Photo by 楊尚潔

豆柴カフェは、たくさんの豆柴たちにユニークな名前がついていることでも有名です。ずんだ豆やそら豆、えだ豆など古風でかわいらしい名前が豆柴たちに付けられています。慣れてきたら、ぜひ呼びかけながら遊んでみましょう。

倉敷の「豆柴カフェ」の人気土産は?

Photo by tsuda

倉敷の豆柴カフェには、店内の入り口にたくさんのグッズが並んでいます。豆柴をモチーフとしたぬいぐるみや豆柴カフェオリジナルのトートバッグ、実際に豆柴たちが首に巻いているような赤や緑の手ぬぐいなどが人気グッズです。

Photo by 楊尚潔

犬好きにはたまらない、思わず買ってしまいそうなかわいいグッズが豊富にあります。倉敷限定の豆柴グッズもあるので、自分用にはもちろん、お友達へのお土産やプレゼントにもおすすめです。豆柴カフェでの癒し体験を、豆柴グッズやお土産で味わうことができます。

住所 岡山県倉敷市中央1-1-7倉敷いろはに小路2階
電話番号 086-423-0515

同じビルには「ハリネズミ専門カフェ」と「フクロウの森」も

Photo by yhy_jp

猫カフェやドッグカフェなどの動物カフェブームが到来している中で、変わった珍しい動物のいるカフェが登場しています。倉敷の豆柴カフェのあるビルには、「ハリネズミ専門カフェ」や「フクロウカフェ」、「ヒョウ猫の森」があります。

豆柴カフェ同様、「ハリネズミ専門カフェ」・「フクロウの森」・「ヒョウ猫の森」には予約システムがありません。待ち時間がある場合を想定して行動しましょう。また、料金もそれぞれの店舗で違うのでよく確認してから利用しましょう。

Photo byamayaeguizabal

「ハリネズミ専門カフェ」には、小動物の暮らしを再現したミニチュアのお部屋に珍しいハリネズミが20匹以上います。ハリネズミといえば、今ペットとして飼う人も多いことで知られています。

トゲトゲの見た目とは裏腹に非常に人懐こい性格をしており、じわじわとブームがきている動物です。ハリネズミは、店員さんにサポートしてもらいながら抱っこすることも可能です。ころんとしたハリネズミに癒されること間違いなしです。

Photo by yoppy

「フクロウの森」は、フクロウが暮らしている自然の森を再現した空間になっています。「フクロウの森」では、フクロウに触ったり記念写真を撮影したりできます。

フクロウは基本的に夜行性の動物です。そのため、フクロウの習性に合わせて店内は少し暗めになっています。フクロウに触れるという貴重な体験ができるカフェとあって、豆柴カフェ同様に人気のカフェです。

Photo byFree-Photos

「ヒョウ猫の森」は、美しいヒョウ柄で有名なベンガルキャットたちと触れ合える、世界初のベンガルキャット専門の猫カフェです。店内は、まるでヒョウ猫たちの住んでいるジャングルのようになっています。

「ヒョウ猫の森」には、10匹以上のベンガルキャットがいます。店内の木の上にいる自然体のベンガルキャットたちを眺めたり、人懐っこいベンガルキャットと実際に触れ合ったりすることで、猫独特の癒し効果を体験することができます。

フリー写真素材ぱくたそ

ただいま紹介した3つの店舗は、どれも動物たちが自然で暮らしている環境を再現した店内になっています。それぞれの動物の習性について深く知ることができる、見ていて楽しい空間です。

ただいま紹介した「いろはに小路」に入っているハリネズミカフェやフクロウの森などの複数店舗のチケットを購入することで、豆柴カフェの入館料金がお得になる料金メニューがあります。割引の効く入場チケットは、豆柴カフェのレジでしか購入できないので注意しましょう。

倉敷の美観地区に観光へ来た際には、ぜひ豆柴カフェと併せて他のカフェを楽しんでみてください。

江戸時代の街並み「倉敷いろはに小路」散策もおすすめ

Photo by othree

豆柴カフェが併設されている「倉敷いろはに小路」は、江戸時代から続く倉敷の昔懐かしい雰囲気の街並みが再現されています。昔の倉敷へタイムスリップしたかのような気持ちになる「倉敷いろはに小路」は、歩いているだけで楽しめる場所です。

「倉敷いろはに小路」へは、倉敷駅から商店街を通る行き方がおすすめです。庶民的で地元ならではの雰囲気を感じながら向かうことができるので、倉敷の街並みをしっかりと堪能できる良い散策コースになります。

フリー写真素材ぱくたそ

また「倉敷いろはに小路」には、こしょうの効いた「金賞コロッケ」やいろはにきびだんご、岡山名物の桃を使ったソフトクリームなど岡山のグルメがたくさんあります。豆柴カフェを利用するついでに、美味しい岡山グルメの食べ歩きをするのもおすすめです。

また、旅行の際にはチェックしておきたい、岡山や倉敷の美観地区のお土産品も沢山揃っています。豆柴カフェで遊んだ後には、「倉敷いろはに小路」で旅行のお土産選びをするのもおすすめの楽しみ方です。

倉敷「豆柴カフェ」は動物が身近に感じられるスポット

Photo by 楊尚潔

倉敷の「豆柴カフェ」についてご紹介していきましたが、いかがでしたでしょうか。「豆柴カフェ」のある倉敷の美観地区は、岡山への観光客に大人気の場所であり、魅力的な観光スポットがたくさんある場所です。

「豆柴カフェ」の周辺には、岡山の特産品を使ったグルメを味わえるお店や懐かしいレトロな雰囲気の雑貨屋、有名な美術館など観光スポットがたくさんあります。

そんな美観地区を散策する際には、ぜひ「豆柴カフェ」で一息ついて、かわいい豆柴たちに旅の疲れを癒してもらってはいかがでしょうか。

Photo by 楊尚潔

「豆柴カフェ」のあるビルは、ハリネズミやフクロウ、ヒョウ猫たちとも触れ合えるカフェもあるということで、珍しい動物たちに出会えるおすすめな場所になっています。お得な割引メニューもあるので、料金メニューや予約不可であることなどをチェックして訪れましょう。

たくさんの豆柴たちに出会える倉敷の「豆柴カフェ」は、動物好きの方にとってたまらない空間になること間違いなしです。今ブームのドッグカフェを体験したい方は、ぜひ倉敷の「豆柴カフェ」に立ち寄ってみてください。

K.Sasaki
ライター

K.Sasaki

神奈川出身。趣味はカフェ巡りと料理です。料理は作るのも食べるのも好き。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング