仙川に行くならラーメン二郎は外せない!特徴や店内ルール・営業時間も解説!

仙川に行くならラーメン二郎は外せない!特徴や店内ルール・営業時間も解説!

「ラーメン二郎」は東京都港区に本店を構える人気ラーメン店です。「ラーメン二郎」は暖簾分けした店舗が複数存在していて、「仙川店」もその一つです。今回は「ラーメン二郎 仙川店」の特徴や店内ルールについて紹介します。ぜひ仙川に行く際は行ってみましょう。

記事の目次

  1. 1.仙川にはラーメンの名店が多い!
  2. 2.こってり系代名詞のラーメン二郎とは?
  3. 3.ラーメン二郎 仙川店について解説
  4. 4.ラーメン二郎 仙川店は人気?評価まとめ
  5. 5.ラーメン二郎 仙川店の店舗情報
  6. 6.二郎 仙川店でボリューム満点ラーメンを食べてみよう

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

仙川にはラーメンの名店が多い!

商店街や商業施設、公共施設が立ち並ぶ東京都調布市の京王線仙川には、多くの特徴ある人気ラーメン屋がひしめき合っています。常に行列ができる人気ラーメン屋が多く、地元ではラーメン激戦地と言われています。

特に仙川駅周辺のラーメン屋は個性豊かな名店が多く、スープや麺にこだわりを持つ店が多いことでも有名で、初めて訪れた人は戸惑うかもしれません。

最近では「ラーメン二郎」にインスパイアされたラーメン店も出て来ています。「ラーメン二郎」の人気ぶりが垣間見れますが、大切なことは自分の好みに合ったラーメン店を見つけることです。

こってり系代名詞のラーメン二郎とは?

仙川でこってり系ラーメンの代名詞と言えば、京王線仙川駅そばにある人気ラーメン店「ラーメン二郎」でしょう。豚骨、野菜、豚肉などで出汁を取るため背脂がこってり浮いたスープとボリュームが「ラーメン二郎 仙川店」の決め手です。

スープは一見黒くて醤油の味が濃いのかと思わせますが、旨味成分と脂が出汁に出ていて、しかしその味はしつこい味ではなく結構ぐいぐい飲める仕上がりです。

脂が強いと食べた後に胃がもたれることもありますが、仙川店はそういった心配は無用なのでおすすめです。食べた後の満足感や爽快感は仙川店でしか味わえないものです。

仙川駅周辺でおすすめのラーメン店「ラーメン二郎 仙川店」ですがこの店の特徴は営業時間にあります。他の店は昼間も営業していますが、仙川店は17:30からとなっています。

しかも営業時間4時間と大変短いので食べる方も覚悟して行く必要があります。「ラーメン二郎 仙川店」は一押しおすすめのラーメン店ですが、特徴を理解して訪れることをおすすめします。

数多くの暖簾分け店舗が発生

東京三田の本店から始まった「ラーメン二郎」ですが、暖簾分け店舗は既に40店舗以上に及んでいます。屋号ですが基本、「ラーメン二郎」は、三田本店で修行をした人、その弟子が開店した二郎直系店で修行した人が「ラーメン二郎」の名称を使用しています。

その他、「ラーメン二郎インスパイア系」も多数存在しています。「ラーメン二郎」をリスペクトして、独自の味付けを行った人気ラーメン屋のことです。

「ラーメン二郎」は、ラーメン二郎三田本店で修行して「ラーメン二郎」を名乗ることを許され暖簾分けされえた店です。「二郎系」とは何かの理由で屋号を変えた店のことで、メニューや店内は人気ラーメン店「ラーメン二郎」そのものです。

「ラーメン二郎インスパイア系」とは直接「ラーメン二郎」とは関わりがなく、「ラーメン二郎」に似せたラーメン屋ということです。今は全国的にインスパイア系が食べられるようになって来ました。

ただ、インスパイア系も「ラーメン二郎」に追いつけと切磋琢磨している点ではおすすめのラーメン店と言えます。

ラーメン二郎 仙川店は暖簾分け初期の店舗

「ラーメン二郎 仙川店」は、目黒店と同じく暖簾分けした直系店です。2004年に店主が亡くなり、一時閉店した仙川店ですが、当時働いていた人を本店で修行させ、2005年に暖簾分けして正式に「仙川店」としてオープンさせました。

「目黒店」と「仙川店」は味が異なり、醤油系は「目黒店」で、こってり系は「仙川店」で、一般にチェーン店系のラーメン店にありがちな、どこに行っても同じ味ということはありません。それがラーメン好きには魅力的に思えるのです。

スープの違いを楽しめるのも暖簾分けしたお店ならではで、人気ラーメン店のラーメンを食べ比べてみるのもおすすめです。

ラーメン二郎 仙川店について解説

「ラーメン二郎 仙川店」は店内が極端に狭く、外に行列ができることが当たり前なラーメン店です。しかし、猛烈なラーメン二郎マニアには、「ラーメン二郎 仙川店」はラーメンの聖地になっています。

初めて「ラーメン二郎 仙川店」に行っても行列ができているので、その人気ぶりが分かります。でも初めての人は店の雰囲気に引いてしまうかもしれません。人気とは逆にピリピリした緊張感があるからです。

店内を見ると、客は黙々と食べいて一般の人気ラーメン店での賑わいとは全く違いますが、殺伐とした雰囲気ではありません。

「ラーメン二郎 仙川店」にルールがあって、食券買ってから並びます。店の注意書きにも「お待ちの間に食券をお買いもとめになって下さい。お店の前横並びで」と書いてあります。

常に人気がある店のため、近隣からクレームがでないように注意しましょう。また注文する時は、ボリュームが元々あるので無理な量は頼まないこと、お釣りが出ないようにするなど基本的なルールだけは守りましょう。

とにかく「ラーメン二郎 仙川店」の丼はスープや具材がはみ出てしまうくらいのボリュームに圧倒されます。トッピングを注文するのも程々にしないと後悔します。

注文の時に脂、野菜、麺の量は調整ができますから無理のないように食べられる量を注文しましょう。なお店内にはティッシュは設置していませんから持参することを忘れないで下さい。

また「ラーメン二郎 仙川店」では店員さんも必要以上に愛想を振りまくことはありません。職人のように黙々とラーメンを作るだけです。客もそれに合わせて黙々と食べて、終わればさっさと出て行くのがこの店の特徴です。

また、「ラーメン二郎 仙川店」では持ち帰ることができるサービス「鍋二郎」があります。鍋を持参すればラーメンを入れてくれ、自宅にいて「ラーメン二郎」が楽しめるサービスです。お近くにお住まいの方には便利なサービスなので、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

2005年にリニューアルオープン

「ラーメン二郎 仙川店」はジロリアン(ラーメン二郎マニア)を唸らせるラーメン店になったのは2005年のリニューアルオープンしてからです。実は初代店主が亡くなり一時閉店を余儀なくされました。

閉店をしたことでそれまで贔屓にしてきたラーメン好きな客は他の店を探すことになったのですが、仙川店で働いていた人を本店(三田)で修行させ、暖簾分けをして「ラーメン二郎 仙川店」としてリニューアルオープンさせたのです。

リニューアル後は味を心配する声も

一般にリニューアルして店主が変われば味も変わり、場合によっては客足がさっぱりになる店もあります。「ラーメン二郎 仙川店」の現在の二代目が作るラーメンには初代とは違いがあります。

しかし、現在の二代目が作るラーメンは、しっかりとした豚骨のコクとガツンと来るインパクト、麺や野菜のボリューム感はあるけれど、先代を彷彿とさせる全体的にしまった味わいを感じさせてくれています。

先代のラーメンの味を知っている人にはちょっと懐かしい味かもしれません。ただリニューアル後の味は一味違うのも特徴で、新しい客層も増えて仙川では大人気のラーメン店になりました。

「ラーメン二郎」本店が暖簾分けしただけあって、インスパイア系や二代目直系店では味わえない独特な味わいがあります。

おすすめラーメンの特徴とボリュームは?

「ラーメン二郎 仙川店」のラーメンは比較的スープが塩っぽい感じで、スープは醤油の色が目立つ「仙川ブラック」などと呼ばれるほどです。キレとコクもあり、固めの中太麺とよく絡んで豪快に食べることができます。

豚の出汁がしっかり効いて、ニンニクともよく合い、醤油のキレも申し分ない味がいつ行っても納得させてくれるラーメン店です。

人気メニューに豚が大好きな方にはおすすめの「豚ダブルラーメン」があります。野菜多めのチャーシューの塊が入る豚煮込み風ラーメンとでも言えるくらいの豚肉のボリュームです。

仙川店のチャーシューの肉質はチャーシュー1枚は脂身、スジ、赤身の3つで構成されています。カラフルなチャーシューの美味しさが仙川店では堪能できます。

通常でも野菜で麺が見えないくらいの仙川店のラーメンですがこれにチューシューが乗ると物凄いボリュームになります。豚入りはなんと通常の1.5倍です。

仙川店のスープは先代の味を思い出させる甘辛風味で、トロッとした脂もすばらしく、麺は若干硬めではありますが、脂身が少ない豚の身がホロホロしていて食べやすいのが特徴です。

仙川店の独自ルールはある?

「ラーメン二郎 仙川店」には客が守るべきルールがあります。例えば子連れは禁止、タラタラ食べるのも禁止、飲み物は持ち込もできるけれどアルコールは禁止、ルールを守らなければ店長や店員から叱られます。

また食券を買って店の前で並んで待つのが仙川店のルールですが、列からはみ出たり、喫煙、騒ぐなど近隣の迷惑になる行為も禁止です。

列の先頭まで来たら、店内の席が空いたら言われなくても自分から着席する、食券をカウンター上段に置く、水は自分で汲んで来る、食べ終わったら静かに丼をカウンター上段に戻して、食べた場所を自分で拭いて店を出るなどです。

このように人気店であっても、当たり前のルールを守らなければ店側から激が飛ぶこともありますから、常識外れな行為はしないことが仙川店の暗黙のルールです。

こうしたルールに馴染めない客とそういうものかと理解してリピーターになる人と様々なのが特徴です。ルールさえ守れば仙川店はおすすめのラーメン店と言えます。

ラーメン二郎 仙川店は人気?評価まとめ

「ラーメン二郎 仙川店」は世間では、スープ、麺、肉についても高く評価されています。全般的にガッツリ食べたい方にはおすすめのラーメン店です。スープのコクと旨味は仙川周辺にある人気ラーメン店にはひけをとりません。

開店時はスープが乳化していないことがあるので、あっさりした味を味わいたい方には開店してすぐの時間がおすすめです。特に初めての方には混雑した時間よりも空いている開店時間の方が落ち着いて食べられます。

一方で「ラーメン二郎 仙川店」のジロリアン(ラーメン二郎マニア)は閉店間近の乳化したスープを求めて出向く傾向があります。

二郎の中でもボリュームが凄いと評判

「ラーメン二郎 仙川店」は同じ二郎の中でもボリュームが凄いと評判です。スープはかなり濃いめの醤油味ですが、そこに乗っている迫力あるチャーシューが物凄いボリュームで完食できないくらいです。

「ラーメン二郎 仙川店」の特徴であるこれもかと乗せられたチャーシューは、ただひたすら黙って食べ続けるしかないほどのボリュームが特徴で、これだけでもお腹いっぱいになるくらいです。

また、丼のふちギリギリまで盛られた麺の量は、ラーメン大好きなジロリアンを満足させることに間違いないでしょう。

ボリュームは凄い仙川店ですが、直系二郎の店の中では豚のレベルが特に高いと評判なのも事実です。脂身が少なく、ボリュームだけでなくバランスの良い味が「ラーメン二郎 仙川店」の人気の秘密なのです。

行列は覚悟が必要

「ラーメン二郎 仙川店」は行列覚悟の店としても有名です。食券でチケットを買って外で待っている人が常にいます。お店にも横並びになって待つように張り紙までしている始末です。

混雑の理由は人気店であること、さらに営業時間が4時間しかないことも起因しています。営業時間が17:30からと仕事帰りのサラリーマンが立ち寄りやすい時間帯なので混雑に拍車がかかります。

最近では女性客も並ぶようになりましたが、圧倒的に男性が多いのが特徴で行列を極力避ける方法は、開店と同時に来店することしかありません。

ラーメン二郎 仙川店の店舗情報

「ラーメン二郎 仙川店」は京王線仙川駅から徒歩1分のところにあります。営業時間ですが、17:30〜21:30と4時間しか営業をしていません。そのため仕事帰りに食べて帰る人が多いのが特徴です。並んで待っていると麺量の大小を聞かれることもあるので、あらかじめ考えておく必要もあります。

営業時間・定休日

「ラーメン二郎 仙川店」の営業時間は月曜日から土曜日まで17:30〜21:30まで、定休日は日曜日・祝日となっています。

営業時間が短いのでどうしても行列が出来やすくなります。ゆっくり食べたいと思う方は開店時刻に合わせて来るのがおすすめです。営業時間も終盤になると常連の方が多くなります。

営業時間も終わるの頃になるとスープの乳化が進み独特な味わいが楽しめるからです。初めての方なら営業時間のはじめ頃が断然おすすめです。

お店へのアクセス

「ラーメン二郎 仙川店」へのアクセスは、京王線仙川駅から116m、徒歩1分のところにあります。「ラーメン二郎 仙川店」では食券を自分で購入しますからクレジットカードなどは使用できません。

住所 東京都調布市仙川町1丁目10-17
電話番号 03-3326-0311

二郎 仙川店でボリューム満点ラーメンを食べてみよう

「ラーメン二郎仙川店」は男女の比率が9:1と圧倒的に男性が多いと言えます。それはラーメンのボリュームとお店の独特な雰囲気からでしょう。

野菜や麺の量は調整もできます。女性の方でも無理のない量を食べて「ラーメン二郎仙川店」でジロリアンになりませんか。

MASA
ライター

MASA

金融機関に勤務している旅行大好きなライター歴2年の会社員です。わんこ二匹飼っています。金融以外にもライフスタイルやスポーツ、インテリアなどみなさんがわくわくするような魅力ある記事を発信して行きたいと思っています。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング