金沢駅前のもりもり寿司は行列ができる人気店!ハイレベルな美味しさの回転寿司

金沢駅前のもりもり寿司は行列ができる人気店!ハイレベルな美味しさの回転寿司

有名な回転寿司店が多いJR金沢駅前周辺でも、「もりもり寿司 」は断トツの知名度を誇ります。また常に混む行列必須店であり、金沢で圧倒的に支持されています。そこで、特に金沢で大人気の「もりもり寿司」 金沢駅前店を調べてみました。来店の際に参考にしてみて下さい。

記事の目次

  1. 1.金沢を訪れたらもりもり寿司には行っておくべし!
  2. 2.金沢のもりもり寿司って?
  3. 3.金沢・もりもり寿司の美味しさと人気の理由
  4. 4.金沢・もりもり寿司のこだわり
  5. 5.金沢・もりもり寿司のおすすめメニュー
  6. 6.金沢「もりもり寿司 金沢駅前店」の店舗情報
  7. 7.金沢の誇る回転寿司「もりもり寿司」へ行ってみよう!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

金沢を訪れたらもりもり寿司には行っておくべし!

フリー写真素材ぱくたそ

金沢は美食の街とはよくいわれます。それは近江町市場を有するだけあり、豊富にある北陸各県のさまざまな海鮮魚介ものが集まり、その食材鮮度の良さに惹かれ、さまざまなグルメスポットが集積されるからです。

それはお寿司にも該当し回らないお寿司は元より、地元民も絶賛する人気「回転寿司」の名店もJR金沢駅や近江町市場周辺に構えています。「金沢に来たらぜひ実食すべし」と評価も名高い「もりもり寿司」でも特に金沢駅前店は、行列必須の大人気店なのです。

回転寿司でありながら「もりもり寿司」はその他の回転寿司ブランドよりも美味しさのレベルを軽く超えています。行列必須の「もりもり寿司」金沢駅前店について、徹底的に調べてみました。

金沢の「もりもり寿司」は絶対おすすめの名店!行列必至の人気メニューは?のイメージ
金沢の「もりもり寿司」は絶対おすすめの名店!行列必至の人気メニューは?
金沢のもりもり寿司は行列の絶えない名店だと話題になっています。もりもり寿司が人気の理由とは、行列必至の人気のメニューや店舗情報などと合わせてたっぷりとご紹介いたします。金沢観光へ訪れる方はもちろん、お寿司好きな方や食通の方々も必見です。
金沢の名店【もりもり寿司】の魅力を総まとめ!おすすめメニューやお得情報も満載のイメージ
金沢の名店【もりもり寿司】の魅力を総まとめ!おすすめメニューやお得情報も満載
「日本一寿司意識が高い地域」といわれる金沢にあるもりもり寿司は、関東・中部・近畿にも店舗があります。金沢回転寿司御三家の1つといわれるもりもり寿司は、地元でとれる新鮮な食材を使った寿司が人気です。そこで今回は、金沢・もりもり寿司の魅力を徹底解説します。

金沢のもりもり寿司って?

Photo by otamajakusi

金沢には、主に金沢市内や石川県内で営業する、複数の有名回転寿司チェーンがあります。1度でも金沢に訪れたことがある人なら、すぐにイメージする有名回転寿司チェーンに「もりもり寿司」を挙げる人も多いでしょう。

金沢の寿司初体験が「もりもり寿司」というケースも多くあるでしょう。そこでその「もりもり寿司」について、いろいろとご紹介していきます。

金沢を中心に展開している回転寿司チェーン店

「もりもり寿司(もりもり寿し)」は、金沢を中心に石川県内で約10店舗を展開する、金沢でも人気の行列が避けられない「回転寿司」ブランドのひとつです。「まいもん寿司」との人気の双璧を成し、「もりもり寿司」派と「まいもん寿司」派と好みが分かれるほどの人気を誇ります。

実はその人気は他府県にも波及し、京阪神に奈良や滋賀、意外にも東京に神奈川、埼玉にも店舗があり、山梨や愛知にも出店しています。金沢回転寿司の中でも「もりもり寿司」は、知名度高いことがわかります。

本店は石川県野々市

「もりもり寿司」が創業した年は1991年です。意外にも創業した場所は金沢ではなく、石川県野々市市横宮町が創業地です。その場所に位置する「もりもり寿司 野々市本店」が創業した店舗です。

ちなみに最寄り駅は北陸鉄道「野々市」駅下車徒歩で約6分の場所に、「野々市本店」があります。実はもりもり寿しにはもうひとつの「本店」存在しており、その店名は「もりもり寿司 能登総本店」です。所在地は、石川県鳳珠郡能登町字宇出津にあります。

その「能登総本店」は2016年にオープンしています。ちなみに、その能登町宇出津は「もりもり寿司」の創業者の出身地です。「もりもり寿司」の本店は2店舗存在するのです。

平日昼の開店直後から行列が絶えない人気店

フリー写真素材ぱくたそ

現在では  押しも押されもしない鉄板の人気を誇る「もりもり寿し」は、金沢回転寿司の元祖でもあり行列必須店といっても過言ではありません。平日ランチ前の開店した瞬間から行列が作られる金沢駅前店は、県内外のお客様や来日外国人にも大人気です。

「開店前(10:00)にすでに4組待ち」や「ランチのつもりが2時間行列した」、または12:00(ランチ)頃、もしくは18:00(ディナー)は行列になる確率がかなり高い」などの声があり、金沢駅前店の人気の凄まじさがうかがえます。

金沢回転寿司のパイオニア

Photo by Kanesue

100円回転寿司の全盛期ともいえる1990年代前半、野々市本店が開業しています。「立ちの寿司屋」とは違う寿司屋、つまりカウンターで食べるスタイルを確立させた、業界の先駆者(パイオニア)的な店舗です。

元気活発な板前がおり、美味しさが堪能できるお寿司があり、家から近隣で来店しやすい寿司屋が回転寿司という解釈からです。「人やスタッフに着く商売より、店舗に着く商売が良い」という発想から、「もりもり寿司」は回転寿司店で開業しました。

金沢まいもん寿司の上野店を特集!人気メニューやランチ・予約はできる?のイメージ
金沢まいもん寿司の上野店を特集!人気メニューやランチ・予約はできる?
テレビなど多くのメディアで取り上げられ、「クオリティが高いのにリーズナブル」と人気の回転寿司をご存知でしょうか。北陸の新鮮なネタが楽しめる「金沢まいもん寿司上野店」です。今回は、金沢まいもん寿司上野店の人気メニューや混雑状況、アクセスなどをご紹介します。

金沢・もりもり寿司の美味しさと人気の理由

Photo byStandpoint

待ち時間発生が避けられない行列必須の「もりもり寿司」です。行列の具合と人気に違わない美味しさが、本当にお店にあるのか気になりませんか。その「もりもり寿司」の美味しさと人気を誇る理由をご紹介します。

最強のコスパ

Photo by Japanexperterna.se

石川県金沢でも有数の美食スポット「もりもり寿司」です。その美味しさと人気の理由が、コスパ抜群の回転寿司店ということです。ランチでも最強のコストパフォーマンスで金沢のお寿司が食べられます。

「もりもり寿司」には実にさまざまな寿司ネタがあります。いずれも、その美味しさと値段のバランスが良い感じでリーズブルな価格に設定されています。回転寿司だと単価は確かに安価ですが、ネタは単価相応の味としての評価の人が大半です。

確かに高級寿司店より、一般的に回転寿司店の味が劣ることが多いようです。しかし、金沢「もりもり寿司」に限れば、一般的な回転寿司店では味わえない美味しいお寿司に巡り合えます。

抜群の鮮度

Photo byPublicDomainPictures

石川県金沢にある「もりもり寿司」の美味しさと人気理由のひとつに「ネタが抜群に新鮮・捌きたて・作り立てな店舗」があります。新鮮な各種お寿司のメニューが豊富で、行列必須の理由にもなります。

お寿司の味、特に海鮮にぎり寿司の味を確定させる要素は、ネタの新鮮さに尽きます。石川県内の地元で獲れた新鮮海鮮を筆頭に、新鮮なネタのみを厳選し仕入れを行っています。高級寿司店のネタと遜色がない新鮮海鮮を使った寿司を提供します。

遠方からなど、「もりもり寿司」を実際に利用した人には、あまりにもネタが新鮮であるのに驚愕したという声も多いとのことです。1度でも、「もりもり寿司」のお寿司を実食するだけで、定番回転寿司店とのネタの違いが体感できるはずです。

西海・能登・輪島・七尾から直送した海の幸

Photo by *sii

富来サバや富来らぎで知られる「西海」、能登ふぐや石崎エビが獲れる「能登」、ノドクロやアマダイやメバルが水揚げされる「輪島」、アカダイやブリやアオリイカなどが獲れる「七尾」などの漁港が能登半島にあります。

もちろん記載しきれないほどの多くの海鮮魚介が獲れます。各漁港から直送の新鮮な海鮮魚介類がしっかりと堪能できる、こだわり抜いた美味しさが自慢の回転寿司「もりもり寿司」なのです。

豊富なメニュー

Photo by inazakira

石川県金沢の「もりもり寿司」の美味しさと人気の理由のひとつに「メニューが非常に豊富」という事があります。金沢の「もりもり寿司」のお寿司は、ひとつひとつのクオリティも高く確かに美味しさを誇りますが、メニュー数もかなり充実している回転寿司の店舗になります。

お店に来店した際は、多彩な種類のお寿司を食べてみて下さい。店舗オリジナルのお寿司もあり、他店ではまず食べられない地元限定のお寿司も提供しています。「もりもり寿司」金沢駅前店に来店したら、まずは「本日のお寿司」などのメニューチェックをおすすめします。

Photo by veroyama

また、お寿司と共に味わいたくなる単品料理も多く、地酒などのお酒のお供に最適の一品も扱っています。また、ご飯ものや食後のスイーツもファミレス並みに豊富に揃っています。金沢の「もりもり寿司」に来店したら、お寿司以外の料理も実食してみて下さい。

オリジナルの酢を使用したシャリ

Photo by 藍迪 I'm

「もりもり寿司」はネタが新鮮だけでなく、その他にもこだわりポイントがあります。お寿司(にぎり寿司)といえば、新鮮なネタとシャリの組み合わせです。

そのシャリでも、こだわり抜いたまろやか風味のオリジナル酢を用いて、米と混ぜ込むことでコシと粘りがあるシャリを創り出しています。これにより、寿司ネタと絶妙なバランスを保ったシャリに仕上がり、良い感じ美味しさ自慢のお寿司ができ上るのです。

金沢・もりもり寿司のこだわり

Photo bykanami-y

ほぼ行列がスルーできない程の美味しさを誇る「もりもり寿司」には、美味しさのためのこだわりがあります。そのブレないこだわりが「もりもり寿司」を支えているともいえます。その独自のこだわりを説明いたします。

富山米コシヒカリを100%使用

Photo by emrank

「もりもり寿司」のシャリに使われているお米の銘柄は、立山連峰から渡る清涼な湧水を使い、広大に展開する大地「富山平野」で思いを込め丁寧に育成し収穫された富山米「コシヒカリ」100%です。味や艶、コシに粘りなどの風味に優れるお米の銘柄です。

「もりもり寿司」は、環境に優しい「ブラン(Bran)、ヌカ、グラインド(Grind)、削る」などを意味する精米法による「BG無洗米」を使っており、安心安全なお寿司として提供しています。

白山麓の水を使った米酢

Photo byAnelka

「もりもり寿司」のシャリを仕上げるオリジナルの酢は、石川県の南部に位置する名峰白山麓に流れる清水を使い、まろやかで自然由来の酸味と優雅な香りを纏った米酢をベースとしています。連続式表面自然発酵法で醸造製造されたものを使っています。

北陸は海鮮ネタが豊富で新鮮なものばかりです。「もりもり寿司」の魚介の風味を最大限に導き出す為の重要な調味料として、オリジナルの酢をお寿司の味を引き締めるために潤沢に使われます。

甘口で深いコクのある醤油

Photo byANDRODYN

石川県金沢市大野町は、江戸時代からの醤油造りの街として知られています。江戸時代藩政期の時点に、国内の醤油の5大産地(千葉県野田市、千葉県銚子市、兵庫県龍野市、香川県小豆郡小豆島、石川県金沢市大野町)のひとつに数えられます。

「もりもり寿司」独自のお醤油は、石川県金沢市大野町「ヤマト醤油」によるものです。その独自のお醤油は、長い間北陸で親しまれた逸品であり、深いコクがある甘口な風味が特徴です。ネタによく絡み、ネタなどの素材の味を引き立てます。

金沢・もりもり寿司のおすすめメニュー

Photo by Kanesue

金沢での回転寿司の最高峰の美味しさと評する人も多い「もりもり寿司」の金沢駅前店です。もちろんその美味しさに繋がる理由もあります。前述のような「金沢・もりもり寿司」独自のこだわりも評価に貢献しているでしょう。

しかし、人気がある金沢らしい美味しさが味わえるおすすめネタやメニューが多いのもその美味しさの理由のひとつです。その金沢ならではの、おすすめネタやメニューをまとめました。

のどぐろ

「金沢・もりもり寿司」のおすすめメニュー1つめは「のどぐろ」です。「もりもり寿司」といえば「のどぐろ」と直結するくらいに有名な海鮮ネタです。「白身のトロ」と評されるのどぐろは、未体験の美味しさと絶賛する人も多い、北陸ならではの地物鮮魚です。

「のどぐろ」の3点盛りでは刺身・あぶり・漬けの3種の寿司が味わえます。のどぐろはアカムツという魚ですが、大きな目が特徴的です。石川県を含む北陸で漁獲量が多い魚類ですが、成長が遅い上に大量に獲れないゆえに北陸の高級魚としても有名です。

Photo by Kanesue

従って「もりもり寿司」でも必ず提供できるとは限らない寿司ネタの1つです。口の中で溶けるような美味しい魚類なのでメニューにあればぜひ実食必須です。そのような「のどくろ」の旬は秋季になります。より新鮮な旬の時期の「のどぐろ」がやはりおすすめなのです。

北陸えび三点盛

「金沢・もりもり寿司」のおすすめメニュー2つめは「北陸えび3点盛」です。ここでいう「北陸えび」は文字通り北陸地方で獲れるえびを指します。主に北陸全域で獲れる生甘えびや富山や石川産がすえび、富山産「白えび」などがあります。

その「北陸えび三点盛」とは、生甘えび・がすえび・富山産白えびをネタにしたにぎり寿司1貫ずつ3貫が盛られた、人気の3点盛りシリーズの1種です。北陸を代表するえびの用いた寿司が食べられる逸品として大人気です。

Photo by is_kyoto_jp

がすえびや白えびなどは北陸のみで食べられるえびです。シンプルにえびの食べ比べがしたい時におすすめの一皿です。特にがすえびはビジュアルは悪いですが、味は甘エビより美味と評されています。えびシリーズに限らず「3点盛り」「5点盛り」メニューがあれば、迷わず実食すべきでしょう。

がすえび

「金沢・もりもり寿司」のおすすめメニュー3つめは「がすえび」です。このがすえびも富山や石川で大人気のえびの1種で、他地方の回転寿司店ではまずは見ることが少なく、結果的に富山や石川のみでしか見られないといっても過言ではありません。

がすえびのビジュアルでいうと茶色の殻を纏ったエビであり、見た目はあまり良くありません。しかし、独特の甘みがありねっとり濃厚な風味のえびです。天ぷらも美味しいですが、やはり「もりもり寿司」では普通にお寿司で食べて貰いたい一皿です。

Photo by uemu

また、がすえびの天ぷらもおすすめです。がすえびの独特の甘味を、ダイレクトに惹き出すためにシンプルに揚げた逸品です。これも手が止まらない美味しさが堪りません。北陸では「甘エビよりがすえび」と評する人も多く、何よりも北陸内のみで出回っているレアなご当地海鮮食材なのです。

バイ貝

「金沢・もりもり寿司」のおすすめメニュー4つめは「バイ貝」です。先にご紹介した「がすえび」と同じく北陸地方では王道定番の貝類です。しかし北陸以外では出回っていない貝の為に、食べられるのは事実北陸内のみになります。

「もりもり寿司」でも「バイ貝」は定番の寿司ネタです。富山や石川周辺の深海で収穫できるバイ貝ですが、大きいサイズは刺身でも楽しめるくらいの美味しい貝類です。刺身としてのにぎり寿司以外にも炙りだったり、うま煮だったりと多彩な食べ方ができます。

Photo by nakashi

また北陸地方では、バイ貝は一般家庭でも普通に親しまれており、お酒のお供として食べられています。金沢観光の際は、他地方の市場に滅多に出回らない北陸県民定番の寿司ネタが食べられた方が美味しいし、お土産話としても楽しめます。

雲丹入り茶碗蒸し

「金沢・もりもり寿司」のおすすめメニュー5つめは「雲丹入り茶碗蒸し」です。お寿司屋さんで食事する際に、汁物や茶碗蒸しなどのサイドメニューは必ず食べる人も少なからず居ます。回転寿司の茶碗蒸しでは、特に珍しいスタイルです。

しかし、ここの茶碗蒸しは雲丹が品良く乗られています。濃厚な風味の雲丹とタマゴのコク、そして出汁味との相性が良く、少々贅沢な一品に仕上がっています。金箔も盛られておりある意味金沢らしい一品でもあります。

「もりもり寿司」独自のおすすめサイドメニューなので、独自汁物のひとつとして1度食べてみて下さい。雲丹好きは、ぜひ実食必須でしょう。ちなみに普通の茶碗蒸しも提供されています。

香箱がに軍艦

「金沢・もりもり寿司」のおすすめメニュー6つめは「香箱がに軍艦」です。「香箱がに」とは、ズワイガニのメスを意味しています。この香箱がには金沢では冬季にしか食べられない食材です。冬季が旬なので、1年通して食べられません。

しかしこの「香箱がに」がメニューに並ぶ冬季になると「香箱がに」メニューを狙いにわざわざ金沢まで出向くファンも多い逸品です。また「もりもり寿司」では「軍艦巻」や味噌汁で食べられます。

「香箱がに軍艦」はかに身とかに味噌が一緒に盛られており、絶妙な味わいに仕上がっています。ズワイガニは、実は北陸地方でよく収穫される名物のひとつになります。オスのズワイガニでも「茹でがに」「活けガニ」の双方提供されており、好みの調理法で食べられます。

北陸5点盛り

「金沢・もりもり寿司」のおすすめメニュー7つめは「北陸5点盛り」です。真っ先に一通り北陸で獲れる地元魚介を楽しみたいなら、この5点盛りが最適です。効率よく北陸で獲れる地元魚介が味わいたい時にも同様です。

5点盛りの中身は「のどぐろ、がすえび、白えび、バイ貝、ホタルいか(黒作り)」で、北陸ならではの海鮮お寿司が久谷焼きのお皿に盛られています。冬季~春先までの期間が旬を迎える魚介が主です。

金沢ならではの5点盛りで一通り味わった後に、気に入った北陸魚介ネタを追加注文するのも良いでしょう。他地方ではまずお目にかかれないものばかりなのでおすすめです。北陸産の海鮮を堪能したい時や、お寿司が食べたいけど元から小食な人などは、「〇点盛り」などの寿司メニューがおすすめです。

金沢「もりもり寿司 金沢駅前店」の店舗情報

Photo by inazakira

「金沢・もりもり寿司」金沢駅前店に人気がある理由や独自のこだわり、おすすめメニューなどをご紹介しました。そこで、実際に来店する際の参考にと、本記事の最後に「金沢・もりもり寿司」金沢駅前店の基本情報をまとめました。

営業時間・定休日

Photo byeliza28diamonds

「金沢・もりもり寿司」金沢駅前店の営業時間ですが、次の通りになります。11:00 ~ 23:00 (ラストオーダーは22:00)の通し営業です。

定休日は不定休(金沢フォーラスに準拠)です。金沢フォーラスにある店舗だけに、遅めランチにもディナーにも使えます。予定や予算に合わせて使い分けることも可能です。

場所・アクセス

Photo by junyaogura

「もりもり寿し 金沢駅前店」は、JR北陸本線「金沢」駅東口、もしくは北陸鉄道 浅野川線「北鉄金沢」駅前すぐに立地する複合商業ビル・ファッションビル「金沢フォーラス」の6Fレストランフロアにお店を構えています。

平日ランチ時や週末、連休時などは間違いなく行列が作られているので、初見な人でもすぐにわかるでしょう。また「金沢フォーラス」の6Fには2つの「もりもり寿司」があります。

Photo by hazuijunpei

今回ご紹介するもりもり寿司の正式名称は「まわる鮨 (北陸金沢)もりもり寿司 金沢駅前店」ですが、もう一方は実は「能登前寿司 もりもり寿司」です。金沢駅前には2つの「もりもり寿司」の営業店が、しかも同じ商業施設の同じフロアに立ち並んでいるのです。

「まわるもりもり寿司」が「もりもり寿司 金沢駅前店」で、「回らないもりもり寿司」が「能登前寿司 もりもり寿司」という使い方がされることが多い「もりもり寿司」なのです。

駐車場情報

Photo by yto

複合商業施設「金沢フォーラス」にテナントしている「もりもり寿し 金沢駅前店」に近い駐車場は自ずと「金沢フォーラス」内に駐車場「フォーラス駐車場」が常設されています。ちなみに駐車場は24時間営業で、収容台数420台です。

フォーラス内で、2,000円(税抜)以上の買い物で1時間、20,000円(税抜)以上の買い物で2時間30分もの駐車時間が無料となります。金沢フォーラス1Fのインフォーメーションに、当日買い物したレシートと駐車券提示で利用できます。

Photo by sekido

金沢フォーラスやJR金沢駅徒歩圏内にも、もちろん多彩に駐車場はあります。「もりもり寿司」でのランチやディナーの他に目的があるなら、金沢フォーラス以外の駐車場利用も良いかもしれません。一例ですがご紹介します。

JR金沢駅屋上の「タイムズ金沢駅屋上」は24時間入出庫が可能で、収容台数が394台の駐車場です。駐車料金ですが08:00~20:00間は60分毎に220円、20:00~08:00間は60分毎に110円課金されます。最大12時間で料金は990円です。

Photo by yhy_jp

JR金沢駅西口にある「JR金沢駅西口時計駐車場」は24時間営業で、収容台数1500台を誇る大バコな駐車場です。駐車料金は最初の1時間は300円、以降30分毎に100円課金のシステムです。

ちなみに24時間最大は1500円です。JR金沢駅周辺にあるホテルも含め、約10カ所以上の駐車場が点在しているので、事前に調べてみても良いでしょう。

住所 石川県金沢市堀川新町3-1 金沢フォーラス 6F
電話番号 076-265-3510

金沢の誇る回転寿司「もりもり寿司」へ行ってみよう!

Photo by Casa Queijos

「もりもり寿司」金沢駅前店は行列必須の大人気店である理由はこれまでご紹介した通りです。しかし、商業施設内の店舗にありながら、オーダーしたお寿司などが「新幹線」を模したレーンで運ぶという、お子さんが喜ぶ仕掛けもあり人気に寄与しています。

金沢らしい美味しさが味わえる「もりもり寿司」金沢駅前店は、地元金沢が誇る回転寿司ブランドの人気店です。JR金沢駅周辺に立ち寄る機会があれば、ぜひ絶品にぎり寿司を堪能してみませんか。

ぬこぬここ
ライター

ぬこぬここ

生まれは福岡県、人生の大半は大阪府、そして現在は滋賀県住みのアラフィフおばさんです。年に1回ペースで国内のどこかへ旅しています。過去に旅した場所や今度旅したい場所について書けたら、と考えています。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング