金沢の「もりもり寿司」は絶対おすすめの名店!行列必至の人気メニューは?

金沢の「もりもり寿司」は絶対おすすめの名店!行列必至の人気メニューは?

金沢のもりもり寿司は行列の絶えない名店だと話題になっています。もりもり寿司が人気の理由とは、行列必至の人気のメニューや店舗情報などと合わせてたっぷりとご紹介いたします。金沢観光へ訪れる方はもちろん、お寿司好きな方や食通の方々も必見です。

記事の目次

  1. 1.石川で大人気の回転寿司「もりもり寿司」の魅力って?
  2. 2.「もりもり寿司」って?
  3. 3.「もりもり寿司」の魅力
  4. 4.「もりもり寿司」利用する時の注意
  5. 5.「もりもり寿司」の一押しメニュー
  6. 6.「もりもり寿司」おすすめサイドメニュー
  7. 7.回転寿司の名店「もりもり寿司」に行ってみよう!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

石川で大人気の回転寿司「もりもり寿司」の魅力って?

フリー写真素材ぱくたそ

石川県は本州の中央部、北陸地方に位置します。県庁所在地は金沢で、最近では観光地としても大人気の都市です。新幹線の発着駅金沢周辺には魅力的な観光地がたくさんあります。兼六園やひがし茶屋街、金沢城や金沢21世紀美術館など、様々な世代の方が楽しめます。

また、自然豊かで、山や海に恵まれているため、美味しい食材がたくさんあります。特に、新鮮な魚介類がとても美味しいと大好評です。観光客に人気の近江町市場は、新鮮な海の幸や山の幸で溢れており、金沢の台所として知られています。

そんな新鮮な魚介類を使用したお寿司は石川県を訪れたら必ず味わいたい名物料理ですが、中でも「もりもり寿司」がリーズナブルなのにとても美味しくコスパ抜群な名店だと話題になっています。

金沢の名店【もりもり寿司】の魅力を総まとめ!おすすめメニューやお得情報も満載のイメージ
金沢の名店【もりもり寿司】の魅力を総まとめ!おすすめメニューやお得情報も満載
「日本一寿司意識が高い地域」といわれる金沢にあるもりもり寿司は、関東・中部・近畿にも店舗があります。金沢回転寿司御三家の1つといわれるもりもり寿司は、地元でとれる新鮮な食材を使った寿司が人気です。そこで今回は、金沢・もりもり寿司の魅力を徹底解説します。

「もりもり寿司」って?

Photo by omoon

もりもり寿司は石川県で大人気の回転寿司店です。回転寿司というと安くてファーストフードに近いイメージを持たれる方が多いかもしれませんが、もりもり寿司では本格的なお寿司がリーズナブルな価格で頂けるとあり、コスパ抜群だと話題になっています。

寿司店や回転寿司店がひしめき合う石川県で現在最も人気があり有名なお寿司屋さんとも言われているのがもりもり寿司です。

金沢市を中心に展開する回転ずしチェーン

Photo by Kentaro Ohno

もりもり寿司の本店は野々市市にある「野々市店」ですが、金沢を中心に石川県内だけで9店舗を展開しています。金沢市にあるのが、もりもり寿司藤江店、もりもり寿司福久店、もりもり寿司泉ヶ丘店、能登前寿司もりもり寿司、もりもり寿司片町店、もりもり寿司近江町店です。

さらに、白山市にあるもりもり寿司松任店、かほく市にあるもりもり寿司イオンかほく店です。大人気で回転寿司の名店とも言われているもりもり寿司は石川県内に留まらず、全国で17店舗以上のお店を展開しています。

全国で17店舗以上展開

Photo by otamajakusi

もりもり寿司は石川県の方々に愛され、観光客にも知れ渡り行列の絶えないお店として名店と言われるほど成長しましたが、今では石川県のみではなく、全国にお店を展開しどのお店も大成功を遂げています。

東京・埼玉・愛知・大阪・兵庫・奈良にも

Photo byDrawsAndCooks

現在は全国で17店舗あり、東京や埼玉の首都圏の他、大阪や兵庫、奈良などの関西圏、さらには愛知県にも店舗展開しています。

首都圏では、東京都東久留米市のもりもり寿司イオンモール東久留米店、埼玉県春日部市のもりもり寿司イオンモール春日部店です。

関西圏では、兵庫県神戸市のもりもり寿司マリンピア神戸店、兵庫県尼崎市のもりもり寿司あまがさきキューズモール店、大阪府大阪市のもりもり寿司イオンモール大阪ドーム店、奈良県橿原市のもりもり寿司イオンモール橿原店です。

Photo by 綾小路 葵

さらに、愛知県内にも2店舗あります。名古屋市のもりもり寿司ワンダシティ店、同じく名古屋市のもりもり寿司イオンモール新瑞橋店です。

北陸ならではの寿司ネタも多く、各地では珍しいネタや新鮮な魚介の美味しさで話題となり、どの地方でも行列ができるほど大好評の名店です。

特に金沢駅前店は行列必至の人気店

フリー写真素材ぱくたそ

そんな各地に展開する大人気のもりもり寿司ですが、中でも金沢駅前店が行列必至の名店だと言われています。観光の前後にも訪れやすい好立地で、北陸でしか食べられない寿司ネタも豊富にあると口コミ評価も抜群の名店です。

金沢駅前店へのアクセス方法は、金沢駅から直結のファッションビル「フォーラス」の6階にお店があります。営業時間は11:00から22:00まで、定休日はフォーラスに準じます。店内はカウンターやテーブル席が75席あります。夜遅くまで営業しているので観光帰りに立ち寄るのもおすすめです。

Photo by uemu

また店舗によって異なりますが、こちらの店舗ではお昼の時間にランチメニューがあり、さらにリーズナブルに美味しいお寿司が頂けると大好評でおすすめです。

もりもり寿司金沢駅前店は特に観光客が多く訪れるため、平日休日問わずに行列が出来ているため時間に余裕をもって訪れる必要があります。

また、GWやお盆休み、年末年始には特に長蛇の行列となる可能性があります。オープン前の時間や夕方早めの時間帯は比較的行列の少ない時間帯ですので参考になさってみてください。

「もりもり寿司」の魅力

Photo byPublicDomainPictures

では、新鮮な魚介がたくさん手に入る石川県民の皆様にも、もりもり寿司がなぜそこまで支持されるのか、もりもり寿司ならではの魅力についてご紹介いたします。

圧倒的なクオリティ

Photo byStandpoint

もりもり寿司には、たくさんのお寿司の専門店が立ち並ぶ石川県でも名店と言われるだけの魅力がたくさんあります。

まずは、回転寿司とは思えないほどの味わいが楽しめるお寿司の圧倒的クオリティです。高級寿司の味わいでありながら回転寿司ということで手軽にリーズナブルに味わえるのが最大の魅力です。

さらに、高級寿司とは異なり小さなお子様連れのファミリー層でも訪れやすいのもまたもりもり寿司の魅力です。小さな子供用の器が用意されていたり、子供向けのサイドメニューもあるため、ご家族連れの方からも大好評です。

とにかくネタが新鮮

Photo byPublicDomainPictures

もりもり寿司で提供されるお寿司はどのメニューもネタが新鮮なのが特徴です。日本海が近い石川県ならではの特徴でもありますが、地元でとれた新鮮な魚介を仕入れているため寿司ネタはいつも新鮮で美味しいと大好評です。

もりもり寿司で初めてお寿司を食べられる方の中には、回転寿司とはとても思えないほどのネタの新鮮さやクオリティに驚かれる方がたくさんいらっしゃいます。

旬の魚を毎日仕入れているので、シーズン毎にメニューラインナップが変わるのも魅力の1つです。もりもり寿司ではその時々の美味しい魚介を厳選しています。特に店長のおすすめメニューなどは日替わりでその日おすすめのネタを提供してくれるため初めて訪れる方には特におすすめです。

美味しいのにリーズナブル

Photo byjuangallardosevilla

先程もお伝えいたしましたが、味わいはもちろん回転寿司ならではのリーズナブルさも、もりもり寿司の魅力的な大きなポイントです。

メニューのラインナップもとにかく豊富ですが、通常の寿司店なら考えられないほどのリーズナブルさで様々な高級ネタを提供しています。もりもり寿司では、ほとんどのお寿司がワンコイン以下、さらに高級ネタについても1000円を超えることはほとんどありません。

価格が明確で高級店なみの味わいが楽しめるとあり、金沢観光の際はぜひもりもり寿司に行ってほしいとの口コミも多数見かけるほどコスパ抜群なお寿司の名店です。石川県内には9店舗のお店があるので、各地で観光途中にも近い店舗に訪れやすくおすすめです。

北陸でしか食べられないメニュー

Photo byulleo

さらにもりもり寿司にはまだまだ魅力がたくさんあります。先程もお伝えしたように豊富なメニューラインナップも魅力の1つですが、その中には北陸ならではのメニューがたくさんあります。

通常の回転寿司店ではほとんど見かけない高級魚「のどぐろ」や新鮮でないと頂けない北陸ならではの「白エビ」や「バイ貝」、北陸でもシーズンでないと頂けない「香箱蟹」まであります。

もりもり寿司に行けば、北陸の味覚が満喫出来るといっても過言でないほど、石川ならではの豊富な海鮮がリーズナブルにたっぷりと味わえます。この魅力的な北陸メニューが行列必至の理由だとも言われています。

「もりもり寿司」利用する時の注意

フリー写真素材ぱくたそ

続いては、もりもり寿司の店舗を初めて訪れる方でも安心出来るように、ご利用の際の注意点について詳しくご紹介いたします。

チェックインの画面(端末)に入力をしよう

Photo byStockSnap

もりもり寿司の店舗前には必ず端末が設置されています。店舗前の行列に並ぶ前に、まずこの端末にてチェックインが必要となります。端末でのチェックインを忘れてしまうと、後に行列に並んだ方が先に案内される可能性もありますのでご注意ください。

店舗をご利用なさる方の人数や席の希望(テーブルorカウンター)などを入力します。全ての入力が終わると番号が記載されたレシートが発行されますので、そちらを持って店舗前の行列に並んで待機します。順番になると、店員さんが番号を読み上げ、店舗の中へと案内してくれます。

また、店員さんに呼ばれた際に店舗前の行列にいなかった場合にも、順番が変更になる可能性がありますので注意が必要です。長蛇の行列でも必ず1名様は店舗前にて待機されることをおすすめします。

注文はタッチパネルで

Photo by MIKI Yoshihito. (#mikiyoshihito)

チェックインだけではなく、もりもり寿司では店舗内で注文の際にもタッチパネルの端末を使用します。また、お冷などはセルフサービスですのでご利用の際は参考になさってください。

メニューが写真と値段とともに表示されますので、タッチして注文個数を入力し「注文」ボタンを押せばオーダー完了です。タッチパネルでの注文となるので、注文したメニューやまだ到着していないメニューなどもこの端末内で確認することが可能です。

常に行列が出来るほどの人気店ですので、たまに注文しているものと違うものが届いてしまうこともあるようです。タッチパネルの注文商品がきちんと届いているか念のため最後に確認しておくと安心です。

北陸新幹線が登場

Photo by masataka_muto

タッチパネルを使用して注文したメニューについては、通常の回転寿司レーンとは異なる、通常レーンのさらに上のあるレーンにて高速で運ばれます。

その際に使用されているのが、北陸新幹線をモチーフにした列車型の入れ物です。これも北陸もりもり寿司ならではの魅力的なポイントであり、お子様の喜ぶ姿や、記念に撮影される観光客の姿も良くみかけます。

このような店内の設備を見ているだけでも、北陸の回転寿司の名店もりもり寿司では、お客様をなるべくおまたせしないようにと様々な工夫が施されていることが分かります。

「もりもり寿司」の一押しメニュー

フリー写真素材ぱくたそ

では、回転寿司の名店もりもり寿司で最大の魅力ポイントお寿司の一押しメニューについてご紹介いたします。北陸ならではのメニューも多く、北陸を訪れたことがない方は初めて耳にするネタもあるかもしれませんので詳しくご紹介します。

「ガスえび」

Photo byjackmac34

ガスエビとは北陸以外ではあまり聞き慣れない寿司ネタです。富山や石川でとれる北陸ならではの食材です。地元では殻が茶色のエビを“ガスエビ”と呼び親しまれていますが、その種類は1種類ではなく数種類あります。

もりもり寿司のある石川県では主に「クロザコエビ」と「トゲザコエビ」がガスエビとして食されています。この2種類は生育場所も旬の時期も異なります。

福井県では越前エビとして親しまれたり、他の地域では、ドロエビやモサエビなどとして親しまれています。見た目の悪さからそんな名前が付けられていますが、味は極上なのが特徴です。

Photo by macbsd

見た目は甘エビに近い感じですが、その味わいは甘エビよりもさらに濃厚で甘く美味しいと大好評です。お刺身やお寿司として食べられることが多いですが、唐揚げやお味噌汁、天ぷらにしてもとても美味しく食べられます。

鮮度が落ちるのが早く、産地でしか食べられないため、北陸以外の地域には出回らないことがほとんどです。そのため北陸で初めて名前を耳にしたという方も多い寿司ネタの1つです。

もりもり寿司でも季節限定となりますが、ガスエビは2貫で500円前後のリーズナブルな価格で提供されています。ガスエビ目当てに訪れるリピーターもいらっしゃるほど人気のメニューです。

「のどぐろ」

Photo by Kanesue

のどぐろは高級魚として知られていますが、正式名称はアカムツです。別名としてのどぐろと名付けられたのは口の奥にある喉が真っ黒だったことからです。比較的よく出回る北陸でも高級魚として知られていますが、他の地域では高級寿司の名店でしか出回らないこともあるほどです。

白身のトロと言われるほど年間を通して脂が乗っているのが特徴です。中でも秋から冬にかけては1番美味しく頂ける時期として知られています。栄養価も高く、のどぐろ食べたさに石川県を訪れる観光客もいらっしゃるほど人気のメニューです。

高級魚ののどぐろも、もりもり寿司では500円前後のリーズナブルな価格から頂けるとあり金沢名物として大人気のメニューです。

「バイ貝」

Photo by inazakira

バイ貝も北陸ならではの食材の1つです。北陸では“めでたいことが倍になる”の意味でお祝いの席にもよく登場します。エゾバイ科の巻貝で水深100メートルから200メートルの深海に生息する食用の巻貝をバイ貝と呼びます。

バイ貝にも様々な種類があり、越中バイや加賀バイ、ツバイなどがあり、どれも総称して白バイと呼ばれます。お刺身で頂くのが1番美味しい食べ方ですが、バター焼きや煮物にしても美味しく頂けます。

地元石川県ではおでんのネタの定番にもなっています。もりもり寿司では生バイ貝の軍艦が180円ととてもリーズナブルな価格で頂くことができ美味しいと大好評です。後ほどご紹介しますが、バイ貝はサイドメニューでもとても人気があります。

「ほたるいか三点盛り」

Photo by is_kyoto_jp

ホタルイカはとても小さなイカで、旬の時期には各地のスーパーマーケットなどにも出回りますが、殆どがボイルされて販売されています。しかし、新鮮なホタルイカがたくさんとれる北陸では旬の春の季節には生のホタルイカを頂くことができます。

もりもり寿司でもホタルイカが提供されており、大人気なのがホタルイカ3点盛りです。「生ホタルイカ」「沖漬け」イカスミに漬けた「黒造り」の3種類が軍艦に乗せられています。価格も300円前後のリーズナブルさで大人気のメニューです。

生のホタルイカは北陸ならではの味覚の1つですので、ぜひもりもり寿しを訪れた際には味わってみてください。

「店長おすすめ5点盛り」

Photo by sendaiblog

また、シーズンによって、その日とれた魚の状況により決められる、北陸の味覚がたっぷりと味わえる店長おすすめ5点盛りもおすすめのメニューです。1500円ほどのリーズナブルな価格でのどぐろや香箱蟹などが1皿で味わえることもあるようで、とてもお得なメニューだと大好評です。

もりもり寿司が名店と言われる魅力の詰まった1品ですので、もりもり寿司を訪れるのが初めてという方には特におすすめです。

「もりもり寿司」おすすめサイドメニュー

Photo byShutterbug75

もりもり寿司では、お寿司以外のサイドメニューもとても豊富です。北陸ならではの魅力的なサイドメニューもたくさんありますので、おすすめのサイドメニューについてたっぷりとご紹介いたします。

「おまかせお造り」

Photo by Richard, enjoy my life!

もりもり寿司でお酒を楽しみたい方に大好評のメニューがおまかせお造りです。その日とれた新鮮なお魚を盛り合わせた美味しいお造りが1400円ほどのリーズナブルな価格で頂けます。見た目も豪華でSNS映えも抜群です。

乾杯の際にとりあえず注文される方も多くいらっしゃる、もりもり寿司を代表する人気のサイドメニューの1つです。

「生梅貝のお造り」

Photo byValentimka

先程おすすめの寿司ネタでもご紹介したバイ貝ですが、お造りでも頂くことができます。新鮮で大粒のバイ貝のみを使用した生梅貝のお造りは1000円ほどのリーズナブルな価格で頂くことができます。アクセントのある食感でお酒のおつまみにもぴったりです。

生梅貝のお造りは新鮮なうちにしか食べられないため、北陸ならではの味覚で観光客の方にもおすすめのサイドメニューです。

「日本海めぎす唐揚げ」

Photo byminipukkik

日本海でよくとれる北陸以外のエリアではあまり聞き慣れない魚がメギスです。小型の魚ですが、旨味が抜群で地元ではすり身や唐揚げで良く食べられています。北陸地方では学校給食にも出てくるほど定番のメニューです。

そんな日本海のメギスの唐揚げは、もりもり寿司でも人気のメニューです。骨まで美味しく頂くことができ、スナック感覚で食べられるので小さなお子様にもおすすめ、ビールとの相性も抜群です。価格も500円前後のリーズナブルさで大好評です。

さっぱりとした味わいのお寿司との相性も抜群ですので、ぜひ北陸以外では珍しいメギスを味わってみてください。美味しいのでリピートされる方も多くいらっしゃる人気のメニューです。

「白海老かき揚げうどん」

Photo by Yuya Tamai

白エビとは富山湾でとれる小型のエビです。生の白エビは傷みが早く北陸以外にはほとんど流通しません。そのため、石川県や富山県の名物として人気があります。お寿司の他に天ぷらにして頂くのが一般的な頂き方です。

もりもり寿司では白エビのお寿司も大人気ですが、特に人気のメニューが白エビのかき揚げが載せられたうどんです。価格は500円前後とリーズナブルでお寿司だけでは物足りない男性や小さなお子様からも大好評です。

うどんとは別に白エビのかき揚げだけでも提供して頂けるので、お酒のおつまみにもぴったりでおすすめです。

「香箱蟹汁」

Photo by Jun Seita

限られた地域でしか頂けない冬の特別な味覚が香箱蟹です。食通の間では“セコ蟹”と呼ばれ親しまれています。北陸ではたくさんとれるため、シーズンには様々なところで香箱蟹を頂くことができます。濃厚で美味しい香箱蟹は食通をうならせるほど大人気の北陸を代表する食材の1つです。

そんな香箱蟹が入った香箱蟹汁がもりもり寿司で大人気のメニューです。香箱蟹が贅沢に半身使用されたそのお味噌汁には蟹の旨味が抜群に詰まっており、寒い北陸地方で冷えた体を温めてくれます。そんな贅沢な香箱蟹汁もリーズナブルな500円前後の価格で頂けるのももりもり寿司の魅力です。

また、店舗によっては香箱蟹のシーズンのみ、香箱蟹丼や香箱蟹のお寿司などもお得な価格で提供されており、いずれももりもり寿司の大人気メニューです。

回転寿司の名店「もりもり寿司」に行ってみよう!

フリー写真素材ぱくたそ

回転寿司の名店と言われているもりもり寿司には魅力的なポイントがたくさんありました。もりもり寿司ならではの寿司ネタやリーズナブルさなど、行列に並ぶ価値のあるおすすめポイントが盛りだくさんです。ぜひ金沢観光の際には美味しいもりもり寿司で北陸の食材を堪能なさってみてください。

石川県のみならず、関東や関西を中心に各地に店舗展開を広めていますので、近隣の店舗を調べて訪れてみるのもおすすめです。美味しいお寿司はもちろん、珍しいネタに出会えること間違いなしです。

MOCHI74
ライター

MOCHI74

子育て中のママです。家族と犬と暮らしています。趣味はカフェに行くこと。楽しんでいただける記事を書いていきたいです。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング