ステーキのあさくまの人気メニューをご紹介!自慢のサーロインやハンバーグも

ステーキのあさくまの人気メニューをご紹介!自慢のサーロインやハンバーグも

ステーキやハンバーグが美味しいと評判のステーキのあさくまは、愛知を中心に店舗を展開する老舗のステーキハウスです。ステーキやハンバーグはもちろん、サラダバーやスープも人気となっているステーキのあさくまで創業当時から自慢の肉料理を紹介していきます。

記事の目次

  1. 1.ステーキのあさくまってどんなお店?
  2. 2.ステーキのあさくまのメニュー1.あさくまグリル
  3. 3.ステーキのあさくまのメニュー2.あさくまハンバーグ
  4. 4.ステーキのあさくまのメニュー3.サーロインステーキ
  5. 5.ステーキのあさくまのメニュー3.学生ハンバーグ
  6. 6.ステーキのあさくまのメニュー5.ヒレ肉とホタテの あさくまステーキ
  7. 7.ステーキのあさくまのメニュー6.学生ハンバーグ & あさくまハンバーグ
  8. 8.ステーキのあさくまのメニュー7. トリプルグリル
  9. 9.ステーキのあさくまで美味しいお食事を!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

ステーキのあさくまってどんなお店?

「ステーキのあさくま」は、本社を愛知県の名古屋市に置く老舗のステーキレストランです。ステーキのあさくまの創業者は、創業以前に仕出屋旅館を経営していました。体格の良い男性で周囲の人から「熊さん」の愛称で呼ばれていました。

仕入れを早朝より行っていたことが「朝駆けの熊さん」の愛称で呼ばれることとなり、ステーキのあさくまの原型となる「あさくま」という名称が誕生しました。

ステーキのあさくまの歴史は古く、はじまりは1962年に名古屋の割烹旅館「朝熊」から「ドライバーズコーナーキッチンあさくま」へと業態転換したことです。業態転換後、ステーキのあさくまはモータリゼーションの波に乗ってドライブインタイプの店舗を愛知や関東を中心に展開していきました。

Photo byFree-Photos

ステーキのあさくまは1962年の業態転換を機にステーキ事業を拡大していきました。1973年には「株式会社あさくま」を設立しフランチャイズ事業を展開していきます。翌年の1974年には、「コックレス店舗」という、お店に調理人を配置しない店舗を日本で初めて開店させます。

1980年になると、お店で好評だった「コーンスープ」のレトルトや「ドレッシング」の販売も手掛けていきます。1985年には、つくば科学万博のアメリカ館にも出店を成功させます。

そして、さらには日本国内だけでなくアメリカへの出店も果たしています。1989年には世界デザイン博覧会にも出店しています。また、2005年に開催された愛知万博のドイツ間の一部をステーキのあさくまの藤が丘支店に移築してリユースしたモチーフとして人気を集めました。

Photo byFree-Photos

こうして、順調に店舗を増やしていったわけですが、1990年代の中期から外食産業自体が低迷期を迎えることとなり、ステーキのあさくまも打撃を受けてしまいます。

大きく売り上げを落としたステーキのあさくまは、しばらく低迷してしまいますが、2006年に外食産業を営む「株式会社テンポスバスターズ」と資本および業務提携を結んだことにより業績を回復させていきました。

Photo byRitaE

ステーキあさくまで使用されている牛肉は等級で言うと「A2等級」の赤牛です。A5からある等級の中で決して高くはない牛肉を使用していますが、ステーキのあさくまで使用している赤牛は草だけで育てられており、健康に大きく育ったとしてもA2の評価しかもらえない牛なのです。

しかし、赤牛はとろけるような甘さはないものの、牛肉本来のしっかりとした肉の味を味わうことができるのでステーキのあさくまで採用されることになったのです。

Photo by yto

ステーキのあさくまは、バブルの崩壊やBSE問題など様々な苦境に立たされ多くの店舗を閉鎖しましたが、岐阜県の店舗でパートの主婦を中心に店舗改装を行うなどをし成功したことによって他店への波及もでき、業績を回復させることに成功しています。

ステーキのあさくま各店舗の外観は様々ですが、古い洋館のような雰囲気の店舗が多く店内もクラシカルな雰囲気で、ちょっと贅沢な気分にしてくれます。ランチでも利用することが可能なステーキのあさくまは、様々な年代から人気があります。

Photo byRitaE

ステーキのあさくまのステーキには、ビーフ、ポーク、チキンがあり、豊富な肉料理のメニューが自慢です。大人も満足できるボリュームの本格的なステーキメニューが人気となっていますが、女性や子供たちに人気が高いハンバーグメニューも各種取り揃えています。

ステーキのあさくまのステーキやハンバーグといったメイン料理には、サラダバーが付いてきます。ステーキのあさくまのサラダバーはサラダだけでなく多彩なメニューが豊富に揃っているため人気となっています。

サラダバーのメニューは店舗や時期によって変更がありますが、いくつものサラダや4種類のドレッシング、カレーにコーンスープ、デザートなど、その種類は豊富となっています。

名古屋の絶品ステーキ店21選!おすすめの高級店から人気の安いお店までのイメージ
名古屋の絶品ステーキ店21選!おすすめの高級店から人気の安いお店まで
名古屋には、絶品ステーキが楽しめるお店がたくさんあります。デートにもおすすめの高級店から気軽に来店できる安いステーキランチのお店など、予算や利用シーンに合わせてお店を選ぶことができます。ぜひ、この記事を見て名古屋で美味しいステーキを食べてみてください。

ステーキのあさくまのメニュー1.あさくまグリル

「あさくまグリル」はステーキのあさくまの看板メニューで、ランチやディナーでもサーロインステーキとハンバーグの両方を味わうことができる贅沢なメニューです。ステーキのあさくまならではの本格的なステーキとハンバーグの柔らかくてジューシーな味わいが人気の秘密となっています。

ハンバーグとサーロインのいいとこ取り

ステーキのあさくまのあさくまグリルは、サーロインステーキ100gとハンバーグ120gがセットになった、いいとこ取りの人気メニューでランチでも人気があります。ステーキも食べたいけどハンバーグも食べたいというわがままな気持ちに応えてくれるのがあさくまグリルです。

人気のコンビメニュー

ステーキのあさくまで人気のあさくまグリルは、ステーキとハンバーグがそれぞれの単品メニューと比べるとボリュームが小さくなりますが、味の質は変わりません。ステーキとハンバーグの両方とも味わい人には、大満足のコンビメニューとなっています。

ステーキのあさくまのメニュー2.あさくまハンバーグ

ステーキのあさくまを代表するメニューが、「あさくまハンバーグ」です。ステーキのあさくま創業当時から変わらない味で美味しいと、ランチやディナーで人気のメニューとなっています。

創業以来変わらぬ味

ステーキのあさくまの「あさくまハンバーグ」は、オリジナルスパイスを自慢の牛肉に練りこんだ製法で創業以来変わっていません。あさくまハンバーグは、ステーキのあさくまのハンバーグメニューの中でも人気のメニューとなっています。

ステーキのあさくまのあさくまハンバーグはソースが選べ、「ステーキソース」「フレッシュオニオンソース」「デミグラスソース」の3種類の中から好きなソースを注文することができます。

あさくまハンバーグは、ステーキのあさくまで定番の熱々の鉄板の上に盛られて提供されます。好みで選んだソースは別添えで提供されるので、自分でソースをかけて食べます。ハンバーグはとてもジューシーで、付け合せのポテトなども美味しいと評判です。

ステーキのあさくまのメニュー3.サーロインステーキ

ステーキのあさくまで人気のステーキが「サーロインステーキ」です。ステーキの代名詞ともいえるサーロインは、肩ロースやリブロースと同じロースの仲間の部位です。ロースは英語では「loin(ロイン)」といい、サーは「sir」と表記します。

サーロインの由来は諸説ありますが最も有名な説は、ロインの牛肉料理を食べたイギリス国王が、そのおいしさに感激し「ナイト爵」の称号として「サー」を与えたという説です。

脂と肉の旨味のコラボレーション

ステーキのあさくまのサーロインステーキは、背中の中央部のお肉で適度にサシが入っていてジューシーで柔らかいのが特徴のお肉です。脂の甘味と赤身の甘味の両方を味わうことができる高級部位となっています。

サーロインステーキはアメリカのアイオワ州の豊かな自然環境の中で育てられた上質のブラックアンガス牛を使用していて、がっつり食べたい人には特におすすめのメニューとなっています。

フリー写真素材ぱくたそ

サーロインステーキのサイズは、150g、200g、300g、450gの4種類から選ぶことができ、自分の好みの量を選択することができます。ステーキのあさくまでは焼加減も選ぶことができ、レア、ミディアム、ウェルダンの3種類から選ぶことができます。

しっかり火を通したお肉がいいという方には、ウェルダンがおすすめですが、中までしっかり火が通るとどうしても肉自体は固くなりがちなので、お勧めはレアかミディアムです。焼加減が気になる方は、ステーキと一緒に提供されるペレットで好みの焼加減に調整してください。

ステーキのあさくまのメニュー3.学生ハンバーグ

ステーキのあさくまでおすすめのメニューはたくさんありますが、ステーキのあさくまの名物といっても過言ではないメニューが「学生ハンバーグ」です。成形肉を使用した学生ハンバーグの焼き上がりはハンバーグでもなくステーキでもない独特の食感となっています。

お金がない学生にも気軽に肉料理を楽しんでもらいたいという願いから誕生した学生ハンバーグは、創業当時は学生ステーキという名前でした。時を経て学生ハンバーグに改名されましたが、親しまれてきた味は創業当時のままとなっています。

ランチにも最適なベストセラーメニュー

学生ハンバーグのお肉の量は180gでボリュームもあり、お手ごろな価格設定も人気の理由のひとつとなっています。学生ハンバーグは、ランチタイムにも最適なベストセラーメニューとなっています。

学生ハンバーグ一枚では物足りないという方には、学生ハンバーグが二枚セットになったボリュームたっぷりで満足度が高い「大学生ハンバーグ」がおすすめとなっています。学生の名前が付きますが、誰でもオーダーすることができるので安心してください。

ステーキのあさくまのメニュー5.ヒレ肉とホタテの あさくまステーキ

ステーキのあさくまで「ヒレ肉とホタテのあさくまステーキ」は、牛肉とホタテを同時に味わえて美味しいと人気のメニューです。ヒレ肉である「テンダーロイン」は、牛肉の中で最も柔らかく希少な部位です。1頭の牛から取れる肉のうち、たったの3%しか取れないのがテンダーロインです。

一頭の牛からわずかしか取ることができないテンダーロインは、サーロインやロースと並ぶ高級部位となっています。テンダーロインの「テンダー」は柔らかいという意味で「ロイン」は腰肉のことを意味します。腰骨の左右にある棒状の部位でステーキなどにして食べられることが多い部位です。

Photo byvika-imperia550

ステーキのあさくまのテンダーロインも、もちろんステーキで提供されます。ステーキのあさくまのテンダーロインは筋が少なく柔らかい赤身となっており、脂が少ないのであっさりとした味わいが特徴の美味しいお肉です。

創業当時からの人気メニュー

ヒレ肉とホタテのあさくまステーキは、海の幸であるホタテと牛肉を同時に味わえるステーキで、ステーキのあさくま創業当時からメニューにある人気の一品です。ヒレ肉の特徴はとても柔らかく脂が少ないことです。また、ホタテは二枚貝の中でも有名で食べ応えのある肉厚で人気の海鮮類です。

ホタテには、旨味成分であるアミノ酸、グルタミン酸、コハク酸やタウリンなどが多く含まれており、ホタテ特有の甘味はグリコーゲンによるものです。

オーストラリア産のヒレ肉は100gとほどよいボリュームで、香ばしく焼き上げられたホタテとベーコンの旨味が絶妙なハーモニーを生み出しています。創業当時から受け継がれている味に間違いはありません。

ステーキのあさくまのメニュー6.学生ハンバーグ & あさくまハンバーグ

ステーキのあさくまでハンバーグメニューは豊富にありますが、ハンバーグメニューの中でも特に人気となっているメニューの学生ハンバーグとあさくまハンバーグの両方を同時に味わうことができる贅沢な一品が「学生ハンバーグ&あさくまハンバーグ」です。

こだわりのハンバーグが2種類味わえる

ステーキのあさくまにはハンバーグの種類が豊富にありますが、創業当時からメニューにある学生ハンバーグとあさくまハンバーグはともにロングセラーとなっておりランチやディナーで人気のメニューとなっています。

創業当時から人気のロングセラーである2種類のハンバーグを同時に味わえると評判の学生ハンバーグ&あさくまハンバーグは、年代を問わず人気のメニューとなっています。

ステーキのあさくまのメニュー7. トリプルグリル

ステーキのあさくまの「トリプルグリル」は、あさくまハンバーグが120g、サーロインステーキが75g、エビフライが一本という内容になっており、ステーキのあさくまで人気の高いメニューがひとつに盛り合されているボリュームたっぷりで豪勢な一品です。

メニュー選びで迷ったらトリプルグリルを選んでおけば、あさくまのこだわりである肉料理を存分に味わうことができます。

美味しいものを詰め込んだグリル

ステーキのあさくまでも人気となっているメニューを盛り合わせてあるということで、ランチやディナーで人気となっているメニューです。

美味しいと評判のあさくまハンバーグや食べ応えのあるサーロインステーキ、プリプリの食感が美味しいエビフライと人気メニューを盛り合わせたトリプルグリルは贅沢で豪勢なメニューとなっています。

ステーキのあさくまで美味しいお食事を!

老舗のステーキハウスであるステーキのあさくまは人気のメニューが豊富にあり、老若男女を問わず人気のお店となっています。

創業当時から変わらない人気のメニューや新たにメニューに加わった美味しい一品など、どれにするか迷ってしまうほどです。そんなランチでもディナーでも美味しいステーキのあさくまで贅沢なひとときをお過ごしください。

丹羽
ライター

丹羽

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング