大河ドラマでお馴染み・鹿児島の方言まとめ!語尾や特徴を調査しました

大河ドラマでお馴染み・鹿児島の方言まとめ!語尾や特徴を調査しました

大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」でお馴染みの鹿児島には、独特の方言があります。例えば「西郷どん」を「せごどん」と呼ぶのは、西郷隆盛に親しみを込めた地元鹿児島ならではの呼び方です。とても不思議で謎のある鹿児島の方言について調査をしました。

    記事の目次

    1. 1.大河ドラマでおなじみになった鹿児島の方言
    2. 2.鹿児島の方言とは
    3. 3.鹿児島の方言の特徴
    4. 4.鹿児島の方言はアクセントが正反対
    5. 5.鹿児島の方言の意味や使い方をご紹介
    6. 6.鹿児島の方言は独特だった!

    店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

    大河ドラマでおなじみになった鹿児島の方言

    大河ドラマ「西郷どん」でお馴染みになった鹿児島弁の歴史は古く、隼人(はやひと)族が仕えていた雄略天皇が崩御した時の様子が「時に隼人、昼夜陵の側に哀号(おら)び、食を与えど喫ばず、七日にして死ぬ」と日本書紀にあります。

    ここにある「哀号(おら)び」は、現在の鹿児島の方言「おらぶ」と通じます。ちなみに、隼人族とは、古代日本の鹿児島県本土部分(鹿児島県・宮崎県)に住んでいた人々です。呪術を使い、犬の様に叫び、勇猛果敢なため天皇の警備を任されていたようです。

    Photo by koichiroo

    また、江戸時代中期には、鹿児島方言の特徴である語尾の変化や音の訛り、会話例を記したロシアの薩摩語辞典「ゴンザ辞典」が作成されています。明治時代には共通語を見出しにした「鹿児島ト普語」という鹿児島方言の辞書のような本が編集されています。

    鹿児島の方言とは

    Photo by fanglan

    大河ドラマでも注目されたのは、鹿児島方言の特徴あるイントネーションや訛りです。大河ドラマで使われていたのは「薩摩言葉」というもので、鹿児島方言の源になっています。

    偉人「西郷隆盛」を生み出した薩摩藩では、他県からのスパイをあぶりだす為に、敢えて暗号の様に難解で意味不明な方言である「薩摩言葉」を使っていたようです。

    鹿児島県は南北に長く、離島もあるので、「鹿児島の方言」と言ってもさまざまな言葉あります。薩摩半島南部の方言には濁音が残っているなど、地方によって微妙に違っています。

    薩隅方言・鹿児島弁・薩摩語・薩摩言葉とも言われる

    Photo by fanglan

    薩摩国であった鹿児島県(奄美諸島を除く)と大隅国であった宮崎県南西部の方言の事を薩隅方言といいます。他にも、鹿児島弁、薩摩語、薩摩言葉という呼び方があります。

    薩隅方言は、母音を脱落させて子音で終わる特殊な言葉です。また、薩隅方言は地域差が大きく、地域によってアクセントが異なっています。薩隅方言圏である宮崎県の東諸県郡では「宮崎弁」が発達しています。

    県民同士でも通じないことがある

    Photo by zunsanzunsan

    次のページ

    鹿児島の方言の特徴

    こちらもおすすめ♡

    人気記事ランキング