湯葉と豆腐の店「梅の花」の本店はどこ?店舗情報や営業時間を解説!

湯葉と豆腐の店「梅の花」の本店はどこ?店舗情報や営業時間を解説!

梅の花は美味しい豆腐料理を提供するお店として有名ですが、本店の場所は意外と知らない方が多い印象です。今回は梅の花の本店がどこにあるのか、梅の花本店の営業時間やアクセス方法など店舗情報について詳しくご紹介いたします。梅の花をまだ利用したことがない方も必見です。

記事の目次

  1. 1.梅の花の本店はどこにあるか知ってる?
  2. 2.梅の花ってどんなお店?
  3. 3.梅の花 本店のおすすめメニューは?
  4. 4.梅の花 本店の詳細情報
  5. 5.梅の花の本店は久留米で営業中!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

梅の花の本店はどこにあるか知ってる?

梅の花は、湯葉と豆腐料理の専門店です。雰囲気が良く料理もとても美味しいため大切な家族の記念日や会食、飲み会などに利用されることも多いレストランです。

しかし、梅の花をよく利用するという常連さんの中でも梅の花の本店がどこにあるのかは意外と知られていません。今回はそのような梅の花の本店について営業時間やアクセス方法まで詳しくご紹介いたします。

梅の花ってどんなお店?

梅の花の本店をご紹介する前に、梅の花とはどのような料理を提供しており、どんな雰囲気で、どんなシーンにおすすめのレストランなのかについてご紹介いたします。

ゆば・豆腐料理を提供するレストランチェーン

先程もご紹介しましたが、梅の花は湯葉と豆腐を使用した料理を提供する専門店です。懐石料理などコース料理をメインで提供しており、梅の花は本店を始め全国で会食や飲み会にも大好評です。

また、梅の花本店や他の店舗でもお食い初め用のメニューやお子様メニューも充実しているため、お子様の大切な記念日に利用される機会も多いです。さらにお得なランチメニューなどもあるため、子連れでランチ会を楽しむママの姿も多く見かけます。

豆腐と湯葉を使用しているため、ヘルシーで美容効果が高く女性に特に大好評のお店です。雰囲気が良いため特別な記念日デートにもおすすめです。

全国に288店舗展開

そんな様々なシーンで人気の高いレストラン梅の花ですが、北は北海道、南は鹿児島まで、様々な形態の店舗も合わせて梅の花本店を含め全国に約290店舗展開しています。

梅の花本店はもちろん、どのお店も雰囲気が良く、“ニコニコ”“ハキハキ”“キビキビ”という3つの心得を徹底して指導されているため、接客も心地よく接待などにも大好評です。

本店は久留米店

そんな人気レストラン梅の花の本店がどこにあるのか意外と知られていないということですので、梅の花の本店がどこにあるのか詳しくご紹介していきます。

まずは梅の花の本店の立地ですが、梅の花本店は福岡県の久留米にあります。本店の他、梅の花の本社も福岡県久留米市に置かれています。

1986年にオープン

この久留米にある梅の花本店は1986年にオープンしました。しかし、会社自体は1976年に創業しており、前身は「かにしげ」という蟹料理専門店でした。

1986年に梅の花本店をオープンして以降人気を博し、主力業態として全国にどんどん梅の花の店舗を展開していきました。1976年の創業当時は福岡ではなく、佐賀県にて会社設立しましたが、1996年に現在地の梅の花本店もある福岡県久留米市に本社を移転しています。

1994年には兵庫県神戸市に出店し関西地区へ進出、翌年1995年には愛知県名古屋市に出店し中京地区へ進出、1997年には東京都多摩市に出店し関東地区へ進出しています。

その後も、中国地区、北陸地区、東北地区、信越地区、四国地区と店舗展開を広げ、2004年には北海道に初出店し沖縄以外の全地区への出店を果たしています。特に梅の花本店がある九州地方には店舗が多くあります。

【保存版】和食レストラン梅の花の魅力を総まとめ!おすすめメニューやお得情報ものイメージ
【保存版】和食レストラン梅の花の魅力を総まとめ!おすすめメニューやお得情報も
お祝いや会食は、個室でゆっくり食事ができるお店がおすすめです。湯葉と豆腐の懐石料理を提供する「梅の花」なら、落ち着いた雰囲気で食事ができます。今回は、特別な日に大切な人と食べに行きたい梅の花のメニューとクーポン等のお得な情報についてご紹介します。

梅の花 本店のおすすめメニューは?

では、福岡県久留米市にある梅の花本店で人気があるおすすめメニューについて詳しくご紹介いたします。

季節の特別懐石 椿~つばき~

まずは梅の花本店で現在大好評のメニュー、12月から3月までの限定で提供されている季節の特別懐石料理についてご紹介いたします。

内容は、前菜盛り(カワハギ・焼き湯葉豆腐・合鴨ロース煮)・飯蒸しかにあん掛け・生牡蠣と鰤のお造り・胡麻豆腐と焼麩の小鍋仕立て・真鱈と聖護院かぶらのおろし鍋・鯛の湯葉巻きと海老芋の天婦羅・島原手延べ素麺・デザート三種(ひと口麩まんじゅう・黒胡麻しるこ・豆腐ショコラ)です。

上記の充実した内容となっており、価格は税込4700円です。2名様からご利用可能で事前予約必須ですのでご注意ください。

梅の花膳 湯葉のしゃぶしゃぶ

定番メニューでは、梅の花の名前が付いた看板メニュー梅の花膳が本店はじめ全店で大人気です。鍋物をお好きなものから選択することができるのがとても魅力的なメニューですが、特に湯葉のしゃぶしゃぶが人気で大好評ですのでご紹介いたします。

内容は、嶺岡豆腐・湯葉煮・お浸し・茶碗蒸し・お造り・名物とうふしゅうまい・おしのぎ・鍋物(湯豆腐orふく福豆冨or湯葉のしゃぶしゃぶor湯豆腐と豚の豆乳しゃぶしゃぶor黒毛和牛のしゃぶしゃぶ)・生麩田楽・湯葉揚げ・湯葉グラタン・湯葉吸物・飯物・香の物・デザートです。

上記ラインナップで価格は鍋物によって異なります。湯葉のしゃぶしゃぶだと税込4800円です。ヘルシーで女性からも大好評です。

梅の花膳 湯豆腐と豚の豆乳しゃぶしゃぶ

もう少しボリュームがほしいという方や男性からも大好評のメニューが湯豆腐と豚の豆乳しゃぶしゃぶです。梅の花本店でも大好評で、ボリュームがありながらも豆乳を使用しているため、美容にも嬉しくまろやかな旨味が女性に嬉しい大人気のメニューです。

価格は湯豆腐と豚の豆乳しゃぶしゃぶだと税込5100円になります。ちなみに、湯豆腐だと税込4300円、ふく福豆冨だと税込4600円、黒毛和牛のしゃぶしゃぶだと税込6100円です。

梅の花膳「極~きわみ~」 引き上げ湯葉

通常の梅の花膳も大好評ですが、もう少し贅沢をしたい時には、梅の花本店でも人気の梅の花膳極〜きわみ〜がおすすめです。こちらも鍋物が選択できますが引き上げ湯葉が大人気のメニューです。

内容は、嶺岡豆冨・湯葉煮・お浸し・茶碗蒸し・お造り・かにしゅうまい・おしのぎ・鍋物(引き上げ湯葉orふく福豆冨or湯豆腐と豚の豆乳しゃぶしゃぶor黒毛和牛のしゃぶしゃぶ)・生麩田楽・湯葉揚げ・選択料理(黒毛和牛or魚の西京焼き)・湯葉吸物・飯物・香の物・デザートです。

引き上げ湯葉は豆乳がなくなるまでたっぷりと出来たての湯葉を楽しむことが出来て大好評です。価格は税込5400円です。ちなみに、ふく福豆冨は税込5600円、湯豆腐と豚の豆乳しゃぶしゃぶは税込6100円、黒毛和牛のしゃぶしゃぶは税込7100円です。

季節の特別懐石 杏~あんず~

梅の花本店を始めこれから各店舗で販売されるメニューで人気がでそうなメニューが季節の特別懐石杏〜あんず〜です。3月から5月までの限定メニューです。

内容は、湯葉のすり流し雲丹添え・ローストビーフと野菜の湯葉巻き・蛤と海老真丈の椀物・桜香る真鯛のお造り・春の八寸・鰆の若狭焼き・わかさぎと旬菜の天婦羅・熊本阿蘇あか牛のすき煮小鍋仕立て・赤出汁・蕗としらすの炊き込み御飯・香の物・デザート3種盛りです。

上記のラインナップで価格は税込4700円です。お肉料理も充実したメニューですので男性からも大人気となりそうな予感です。豪華なラインナップですので、梅の花本店をご利用予定の方は、大切な接待や記念日にもおすすめのメニューです。

梅の花 本店の詳細情報

最後に、梅の花本店の詳細情報についてご紹介いたします。本店の営業時間や定休日、詳しいアクセス方法や駐車場情報についてもお伝えいたします。

営業時間・休業日

Photo byMonoar

梅の花本店久留米店の営業時間は、平日がランチ11:00から15:30まで、ディナー17:00から21:30までです。土日祝日がランチ11:00から16:00まで、ディナー17:00から22:00までです。梅の花本店ではランチの営業時間が長めに設定されているのも魅力の1つです。

梅の花本店の定休日はありませんが臨時休業となる場合がありますのでご注意ください。梅の花公式ホームページの本店店舗からは便利なインターネット予約も可能ですので、ぜひご活用なさってみてください。

アクセス

フリー写真素材ぱくたそ

梅の花本店店舗までのアクセス方法は、西鉄久留米駅から徒歩1分です。新幹線も発着する博多駅からは乗り換え1回で約50分、天神駅からは乗換なしで約30分のアクセスです。駅からアクセスの良い本店は福岡県でも大人気の店舗です。

梅の花本店では送迎バスの用意もあります。団体15名様以上ならご利用可能ですので、ぜひ本店店舗にお問い合わせなさってみてください。

駐車場情報

Photo byfill

駐車場は梅の花本店の店舗にはありませんが、提携している駐車場にて割引サービスがあります。梅の花本店との提携駐車場は西鉄久留米駅東口駐車場又はセイワパークです。梅の花本店にてランチのご利用で1時間、懐石ご利用で2時間無料となります。

梅の花本店の店内情報ですが、最大で100名様までご利用可能です。店内には個室やテーブル席の準備があります。また、掘りごたつもありますのでゆっくりと寛ぎながらお食事を楽しむことが出来ます。授乳室やオムツ替えスペースもあるため小さなお子様連れの方も安心です。

住所 福岡県久留米市東町40-7
電話番号 0942-36-0423

梅の花の本店は久留米で営業中!

大人気レストラン梅の花本店はどこかということでしたが、本店は福岡久留米にあることが分かりました。梅の花では本店を始め全店でイベントに応じたメニューや季節限定の魅力的なメニューを随時開催していますので、本店へまだ訪れた事がない方も1度訪問なさってみてください。

豆腐や湯葉をメインに使用したお料理は美容にも嬉しくヘルシーでダイエット中の方や、食事にこだわる方にもおすすめです。営業時間やアクセス方法ぜひ参考になさってみてください。

MOCHI74
ライター

MOCHI74

子育て中のママです。家族と犬と暮らしています。趣味はカフェに行くこと。楽しんでいただける記事を書いていきたいです。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング

記事はありません。