伝説のすた丼屋は肉好きに超おすすめ!持ち帰りメニューや予約方法は?

伝説のすた丼屋は肉好きに超おすすめ!持ち帰りメニューや予約方法は?

男性や学生に人気の「伝説のすた丼屋」は、ボリューミーで肉好きにはたまらないどんぶり屋です。最近では、レディースセットや季節限定メニューを展開するなど、女性ファンも増えてきました。今回は、そんな「伝説のすた丼屋」についてご紹介します。

    記事の目次

    1. 1.「伝説のすた丼屋」はガッツリ系肉食の総本山!
    2. 2.「伝説のすた丼屋」って?
    3. 3.「伝説のすた丼屋」のこだわり
    4. 4.「伝説のすた丼屋」はお持ち帰りもおすすめ
    5. 5.「伝説のすた丼屋」の人気メニュー
    6. 6.「伝説のすた丼屋」の限定メニュー
    7. 7.肉好きなら「伝説のすた丼屋」に行ってみよう!

    店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

    「伝説のすた丼屋」はガッツリ系肉食の総本山!

    Photo byRitaE

    肉好きの男性や食べ盛りの学生なら、「伝説のすた丼」に行ったことがある方や、ファンだという方も多いでしょう。強いこだわりがあり、ガッツリ系でボリューム満点のどんぶり屋です。

    「伝説のすた丼屋」では、肉もお米もボリューミーで、おなかいっぱいにどんぶりを食べることができます。肉好きにはたまらないガッツリ系どんぶり「伝説のすた丼屋」の魅力に迫ります。

    「伝説のすた丼屋」って?

    「伝説のすた丼屋」とは、肉をメインメニューとして展開する飲食会社「株式会社アントワークス」が営業する豚肉どんぶり屋です。創業以来、40年以上にわたり「すた丼」を看板メニューに、肉好きにはたまらないガッツリ系のどんぶりを提供しています。

    「伝説のすた丼屋」は、「すた丼」の他にも、定食やカレー、チャーハンなど、どれもボリューム満点で肉好きにおすすめのメニューを取り揃えた、元気と活気あふれるお店です。それでは、早速「伝説のすた丼屋」について探っていきます。

    「伝説のすた丼屋」のどんぶりを食べたことがない人も、きっとお店に行ってみたくなるでしょう。まずは「伝説のすた丼」とはどのようなお店なのか、誕生の秘話や「すた丼」に込められた思い、こだわり、おすすめの一杯、お持ち帰りの予約方法をご紹介します。

    スタミナ丼を提供するチェーン店

    「伝説のすた丼屋」とは、スタミナ丼を提供する豚丼のチェーン店です。スタミナ丼とは、メインの肉に豚肉を使い、ニンニクやこだわりの醤油ダレ、生卵などを合わせたガッツリ系のどんぶりです。

    活力をつけたい時や育ち盛りの若い男性をはじめ、ガッツリ系の肉好きにおすすめのメニューを取り揃え、名前の通り、食べ終わった後にスタミナが溢れるようなどんぶりです。

    全国に70店舗以上展開

    フリー写真素材ぱくたそ

    「伝説のすた丼屋」は、日本全国に70店舗以上展開している、人気の豚丼のチェーン店です。最近では、中国やタイ、アメリカなど海外にも幅広くチェーン展開し、年々多くの店舗が全国に広がっています。

    2008年頃は13店ほどの「伝説のすた丼屋」でしたが、10年後の2018年には、約6倍に店舗数を伸ばし、急成長しているお店です。日本では都内をはじめ、関東中心に店舗数を伸ばし、近年は関西や東海地方にも多くの店舗を構えています。

    昭和46年に東京の国立で誕生

    「伝説のすた丼屋」の第1号店は、東京国立市に生まれました。国立市には、一橋大学をはじめ、都立国立高校、都立第五商業高校、国立音楽大学附属高校など数多くの学校が点在する学生街です。

    そのため街には、ローカルな定食屋さんやコストパフェーマンスのよい食堂、ガッツリ系のお店から、若い女性に人気のおしゃれなカフェが多く、若い男女で賑わっています。 そんな国立市で誕生した「伝説のすた丼屋」ですが、実は元々ラーメン屋でした。

    元々はラーメン店

    Photo by jinkemoole

    すた丼の誕生には、「サッポロラーメン 国立店」の経営者である橋本省三氏の、やさしい思いやりが根底にあります。元ボクサーの橋本氏が経営していた「サッポロラーメン 国立店」は1971年に開業しました。

    そんな面倒見の良い人柄の橋本氏が、当時の従業員にお腹いっぱいを食べて、スタミナをつけてほしいという熱い思いから作ったまかない飯が、現在のガッツリ系豚肉どんぶり「すた丼」になったのです。

    Photo by 瓦力_WALLACE

    まかない飯が始まりのため、「安くて美味くてお腹いっぱいになる」という要素が、「すた丼」には詰まっています。いつしか、「すた丼」のうわさが国立中に広まり、遠方からもお客さんが来るようになりました。

    あまりの人気に、店の正式なメニューとなったまかない飯は、当時のメインメニューであったラーメンよりも、「すた丼」目当てのお客さんが店を占拠するようになりました。

    その後「伝説のすた丼屋」は国立や国分寺など、東京多摩地区の中央線沿線で長年親しまれ、ご当地グルメともいうべきソウルフードに上りつめました。今では全国各地に肉好きの「伝説のすた丼屋」ファンを抱える人気チェーン店です。

    若者にお腹いっぱい肉を食べてほしい

    Photo byRitaE

    若者にお腹いっぱい肉を食べてほしいという思いから、まかない飯から正式メニューになった「すた丼」は、今では30、40代の男性ファンも増えてきました。

    「すた丼」の誕生当初「伝説のすた丼屋」に通っていた当時の学生が、今でも来店し、当時と変わらない「すた丼」を食べるそうです。 ちなみに、一部の「伝説のすた丼屋」では、「大盛りチャレンジ」というサービスを実施しています。

    この「大盛りチャレンジ」というのは、通常の「すた丼」のご飯を2倍に増やし、総重量約1kgとなった「大盛りすた丼」880円を20分以内に食べきると、200円キャッシュバックするという企画です。このサービスも、「おなかいっぱい食べてほしい」というお店の心意気から生まれたものです。

    「大盛りチャレンジ」は、部活帰りの学生や若者がこぞって注文する大人気のメニューです。また、時間を気にせず、来店記念に友人と一緒に食べる肉好きの方や、インスタグラムに載せて楽しむ方も多いそうです。

    最近は、小食でヘルシー志向の若者が増え、そもそも学生数自体が減少しているので、ミニ丼やレデースセットを注文する人も増えてきました。しかし「安くて美味しくてスタミナのつくものを食べてほしい」という創業当時からの精神はブレません。

    すた丼の魅力を徹底調査!おすすめメニューからお得な情報まで総まとめのイメージ
    すた丼の魅力を徹底調査!おすすめメニューからお得な情報まで総まとめ
    ニンニクがたっぷりの「すた丼」は、ガッツリ系肉料理が好きな人に人気があります。丼に定食、サイドメニューの魅力的なメニューを揃えているのでパンチが効いた料理が食べたい時におすすめです。今回は伝説のすた丼屋のメニューと店舗情報をご紹介します。

    「伝説のすた丼屋」のこだわり

    「伝説のすた丼屋」の看板メニュー「すた丼」は、シンプルですが、家庭では真似できない唯一無二の味と圧倒的なボリュームで、発売から約50年を経た現在も多くの若者から支持を得ています。

    次にご紹介するのは、長年愛され続けている「伝説のすた丼屋」の味のこだわりです。「伝統のすた丼屋」の味の秘密を探っていきます。

    秘伝のタレ

    まず、注目するのは「伝説のすた丼屋」の味の軸となる「秘伝のタレ」です。「すた丼」の伝説を継承する唯一無二のタレは、ニンニクの風味を最大限に生かした「秘伝のニンニク醤油タレ」を使用しています。看板メニュー「すた丼」には欠かせないタレです。

    このタレは、一部の社員のみが製造方法を知る、まさに「秘伝」のニンニク醤油ダレです。にんにくと醤油を絶妙なバランスで仕上げた「秘伝のタレ」は「すた丼」を作るのに無くてはならないものです。

    ちなみに、この「秘伝のタレ」は一部の店舗で販売されており、家庭でもお店の味を再現することができます。「すた丼」はもちろん、生姜丼、生姜焼き、野菜炒めやチャーハンの味付けにもぴったりです。

    「秘伝のタレ」は「すた丼用」のほかに「生姜丼用」や「塩すた丼用」があり、種類も豊富です。

    厳選された素材

    Photo byFree-Photos

    「伝説のすた丼屋」のこだわりは、「秘伝のタレ」だけではありません。厳選された素材がつくりだす風味が、心もお腹も満たします。特に「すた丼」のメインとなる肉である豚肉は、選りすぐりのものを取り扱っています。

    「すた丼」にのる脂身まで甘みのある、ジューシーで食べ応えのある豚肉は、「ビタミンB1」を多く含んでいます。豚肉に多く含まれている「ビタミンB1」は、体力増強や疲労回復、ストレス解消など、体にうれしい栄養があります。

    Photo byRitaE

    ほかにも、豚肉に含まれる不飽和脂肪酸には、コレステロールを下げる効果もあります。豚肉ときくと、油っぽくて、胃もたれを起こすイメージがありますが、実は体に良いことばかりなのです。

    また、豚肉以外にも、スタミナの素になり、体力回復の効果があるニンニクは、豚肉とよくマッチし、「すた丼」には欠かせない素材です。さらに栄養たっぷりの卵も無くてはなりません。生卵が、パンチあるニンニクとガッツリ系の豚肉をよりまろやかにし、優しい味にします。

    Photo by CanadaPenguin

    豚肉・ニンニク・卵の栄養価が高く、体力増強に欠かせない食材のコンボは、食べ盛りの学生の心とお腹を満たします。肉好きの方にはもちろん、食べて力をつけたり、体力を回復したい方におすすめの一杯です。

    お茶碗3杯分のボリューム

    「伝説のすた丼屋」で食べることができるどんぶりは、「並盛」が一般的なサイズです。この「並盛」、実はお茶碗3杯分のボリュームがあり、初めて食べる人は、豚肉、お米の量の多さに驚くこともあるそうです。しかし「並盛」の値段は、630円とかなりコストパフォーマンスがよいです。

    一見、お米の量が多くて、残してしまいそうに感じますが、「秘伝のタレ」がお米と混ざり、風味豊かなハーモニーが口の中に広がります。そのため、案外ペロリと完食できてしまうのも「伝説のすた丼屋」のどんぶりの特徴です。この味を求め、肉好きの女性や子供も多く来店します。

    種類・サイズ・トッピング

    フリー写真素材ぱくたそ

    「伝説のすた丼屋」では、どんぶりの種類はもちろん、どんぶりのサイズやトッピングも豊富にあり、自分好みの味にカスタマイズすることができます。どんぶりと同時に注文することはもちろん、後から注文することも可能です。

    看板メニューの「すた丼」と「生姜丼」はもちろん、塩ダレで味付けされた「塩すた丼」、出汁のきいたとろろがのった「とろすた丼」、マイルドな風味の「チーズすた丼」、定食やカレーなど豊富なメニューの中から、お好みの1杯を選ぶことができます。

    サイズは、「並盛」を軸に「ミニサイズ」「肉増し」「飯増し」「肉飯増し」など、自分の空腹具合に合わせて、豚肉、お米の量を調節できます。「マヨネーズ」「温泉卵」「カレールー」「ねぎ盛り」など、トッピングの種類も多いです。気分に合わせて色々な味を試すのがおすすめです。

    途中で味に飽きてしまった場合に、トッピングで味を変えても良さそうです。また「サラダ」や「杏仁豆腐」「ビール」などのサイドメニューも充実しています。ちなみに、定食セットやレディースセットなら「ミニサラダ」や「杏仁豆腐」をお得に食べることができます。

    「伝説のすた丼屋」はお持ち帰りもおすすめ

    「伝説のすた丼屋」はほとんどのメニューをお持ち帰りすることができます。ここまでに紹介したどんぶりメニューはもちろん、定食やカレー、セットメニューもお持ち帰りで注文できます。お持ち帰りが出来ないものは、味噌汁や豚汁、ラーメンなどの汁物です。

    店内で食事する場合と、持ち帰りやデリバリーの場合とは、同じメニューでも値段が変わるので、注意が必要です。また、店内で食事中にお腹いっぱいになってしまっても、途中でお持ち帰り用の容器に入れてくれます。

    自宅で「伝説のすた丼屋」の味を楽しむことも、いろいろな種類のガッツリ系どんぶりをお持ち帰りして家族や友人とシェアすることもおすすめです。肉好きにはたまらない「すた丼」の味を、自宅でも楽しむこともできます。

    男性の多い店舗の中で、一人で食べるのが恥ずかしいというガッツリ系肉好きの女性ファンにもお持ち帰りサービスや事前予約はおすすめです。

    ネットで予約も可

    Photo bykaboompics

    「伝説のすた丼」のメニューをお持ち帰りする場合の予約方法は、お店に来店するほかに、一部の店舗では、ネットから予約注文が可能です。しかし、このサービスは、限られた店舗がホットペッパーなどのグルメサイトを介して行っているサービスです。

    そのため「伝説のすた丼屋」が公式に行っていません。ほとんどの店舗は、電話予約か、来店して予約注文するか、どちらかで注文を承っています。ネット予約が行われているかどうかは店舗に直接出向くか、電話で確認しましょう。

    しかし最近「伝説のすた丼屋」は、UberEatsや出前館による予約宅配サービスを開始しました。来店しての持ち帰りの予約が困難な場合は、宅配サービスを利用するのが良いです。

    Photo byFirmBee

    また、電話予約はどの店舗でも可能です。事前予約をしておけばスムーズに受け取ることができます。期間限定や店舗限定のレアなどんぶりメニューを食べたいときは、事前に予約した方が良いでしょう。

    ちなみに、電話予約の場合は当日17時まで受付可能です。予約した場合の受け取り時間は、混雑のピークではない時間帯や、朝方、夕方、深夜に行くのがおすすめです。待たされることなく、スムーズに受け取ることができます。

    汁物以外お持ち帰り可

    先ほども説明したとおり、「伝説のすた丼屋」のメニューは、汁物以外はすべてお持ち帰りを注文できます。また店内で飲食途中でも、お持ち帰りに変更することもできます。「杏仁豆腐」や「サラダ」はもちろん、期間限定メニューや店舗限定メニューもお持ち帰り可能です。

    プラス10円

    フリー写真素材ぱくたそ

    途中で、持ち帰りにする場合は、容器代として10円が必要となります。どのメニューの商品を持ち帰る場合でも、必ず1点につき10円が加算されるので、注意してください。

    ちなみに、お持ち帰りの場合は、衛生面を考慮して、「生卵」は「温泉たまご」に代わって提供されます。「温泉たまご」と「すた丼」のコンビネーションもよく合うので、店内で食べる場合も、あえて「生卵」を「温泉たまご」に代えて注文する方もいます。

    「伝説のすた丼屋」の人気メニュー

    それでは、これから「伝説のすた丼屋」で食べることができる人気のグランドメニュー6つを紹介します。どんぶりには、どのメニューでも厳選された豚肉が使われて、やみつきになること間違いなしです。

    注文を受けてから作りだすどんぶりは、豚肉を焼く音や店内の活気から、ますます食欲をそそられます。肉好きのお腹を満たすガッツリ系のどんぶりから、さっぱり系やニンニク抜きのメニューなど、どれもおすすめのものばかりです。

    「すた丼(生卵プラス味噌汁)」

    「すた丼(生卵プラス味噌汁)」は、「伝説のすた丼屋」の定番メニューです。「伝説のすた丼屋」の始まりとなる味であり、ガッツリ系の肉好きな老若男女から愛される一杯です。

    ガツンとニンニク風味が口の中に広がり、体力・疲労回復にも効果抜群です。初めて来店する方やまずは定番メニューから挑戦したい方におすすめです。

    「生姜丼(生卵プラス味噌汁)」

    看板メニュー「すた丼」のニンニクを、生姜に置き換えた一杯です。すた丼と比べるとガツンとした風味は落ちますが、厳選された豚バラ肉にネギと海苔、白飯が合わさり、生姜の香ばしい香りがマッチします。

    ニンニクが入っていないので、仕事の休憩中に来店したサラリーマンや女性のお客さんにおすすめのメニューです。生卵、味噌汁、新香が付いて「すた丼」と同じ値段の630円です。

    「塩すた丼(とろろプラス味噌汁)」

    酸味が効いた塩ダレで、豚バラ肉とネギ、癖が抜けたニラを強火力で炒められたものは、白米と相性抜群です。ブラックペッパーの香りがきいており、塩分濃度高めの一杯です。別皿で提供されるトロロを回しかけると味が中和され、優しい風味に変わります。

    「醤油ラーメン」

    Photo byNaoYuasa

    「伝説のすた丼屋」で食べることができる麺類の中でも、人気の「醤油ラーメン」です。「すた丼」は元々「ラーメン屋」からスタートしたこともあり、「すた丼」が看板メニューとなった後も、ラーメンの提供は継続されてきました。

    「醤油ラーメン」は特に人気で、細麺でかみ応えのある食感の麺は、口の中で旨味が広がり、醤油スープとの相性もバツグンで、おすすめのメニューです。チャーシューやネギ、メンマが入っており、シンプルな味ですが、ラーメンの原点というべきな一杯です。

    「すたみなカレー」

    「すた丼」の豚肉が、カレーの上にのったシンプルな味です。「伝説のタレ」で味付けされた豚肉は、ジューシーでニンニク風味のものを使用しています。豚肉と熱々のカレールーがよく合い、子供や女性に人気のメニューです。

    「すたみなカレー」のカレールーは中辛なので、お好みで、温泉卵やチーズをトッピングするのもおすすめです。マイルドで、優しい味になります。また「すたみなカレー」もお持ち帰り可能です。

    「すたみな餃子セット」

    Photo by jetalone

    続いて紹介するのは、「すたみな餃子セット」です。こちらのメニューは、看板メニュー「すた丼」と5個入りの餃子、ミニサラダ、味噌汁がセットになったもので、ガッツリ系のメニューを食べたい方、どんぶりと一緒にサラダも食べたい方におすすめです。

    「伝説のすた丼屋」の注目メニューのひとつに、餃子があります。ニンニクのきいた餃子は、熱々の鉄板で一気に焼き上げます。餃子には、ニンニクもたっぷり入っています。部活帰りの学生におすすめのサイドメニューです。

    「伝説のすた丼屋」の限定メニュー

    「伝説のすた丼屋」には、季節限定メニューや店舗限定メニューが豊富です。ベースは、ニンニクのきいた豚肉ですが、季節に応じてぴったりの食材を使ったどんぶりを食べることができます。

    店舗限定メニューは、肉好きの「すた丼」ファンが、その味を求めて遠方各地から駆けつけるので、店前に行列が出来ることもあります。もちろん、店舗限定や季節限定メニューも、ガッツリ系の肉好きのお客さんにおすすめです。

    季節限定

    「伝説のすた丼屋」では、季節限定のメニューを豊富に取り扱っています。2019年に販売された人気の商品は、ハンバーグと『すた丼』のコラボレーションどんぶり「豪快 パワフルバーグ合盛りすた丼」です。

    ほかにも、旨辛牛カルビと「すた丼」のコラボレションどんぶり「牛カルビ辛すた丼」や夏にはきくらげ定食が販売されました。季節限定メニューは、1ヶ月に1商品のペースで販売されています。

    店舗限定

    「伝説のすた丼屋」には、店舗限定メニューがあります。人気の店舗限定メニューは「ランチすた丼」(ミニサイズと並盛サイズの中間)です。限られた店舗でのみ販売されているメニューなので、開店から行列ができます。

    公式サイトで確認してみよう

    Photo by takeshikj

    店舗によって、営業時間や取り扱いメニューが違うので、来店する前に一度「伝説のすた丼屋」の公式サイトを見てみましょう。

    肉好きなら「伝説のすた丼屋」に行ってみよう!

    「伝説のすた丼屋」はガッツリ系のどんぶりがとても美味しい、おすすめのお店です。最近では、予約の宅配サービスや「秘伝のタレ」の販売により、家庭でも「伝説のすた丼屋」の味を楽しむことができるようになりました。

    一度口にしたら何度でも食べたくなるガッツリ系「伝説」の味を、お店やご家庭で、是非ご堪能ください。

    Me-chan
    ライター

    Me-chan

    こちらもおすすめ♡

    人気記事ランキング

    記事はありません。