ホワイト餃子は千葉県民のソウルフード!皮が美味しいと評判のワケとは

ホワイト餃子は千葉県民のソウルフード!皮が美味しいと評判のワケとは

千葉県民のソウルフードとも呼ばれる、ホワイト餃子をご存知でしょうか。ホワイト餃子は、大量の油で揚げ焼にされる、コロンとしたフォルムが特徴の餃子です。ホワイト餃子は、厳選された材料で作られる手作りの餃子です。ホワイト餃子について、詳しくご紹介します。

記事の目次

  1. 1.千葉のソウルフード「ホワイト餃子」とは?
  2. 2.ホワイト餃子が美味しいと評判の理由とは?
  3. 3.ホワイト餃子は店内と持ち帰りどっちがいい?
  4. 4.ホワイト餃子を上手に調理する方法
  5. 5.ホワイト餃子を一度食べてみよう!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

千葉のソウルフード「ホワイト餃子」とは?

Photo bymasterd

「ホワイト餃子」は、千葉県民のソウルフードともいわれる、千葉県で愛されてきた餃子です。千葉県野田市に本店があり、今では全国に店舗のある人気の餃子チェーンです。全て職人の手により手作りされ、皮まで美味しいと評判を集め、人気があります。

ホワイト餃子の評判を聞きつけ、本店のある千葉県野田市に訪れる人もいるほどの人気ぶりです。ホワイト餃子は、大量の油で揚げ焼にするのが特徴です。大量の油を使うことで、皮の外側はパリパリ、中はもっちりとした食感を楽しめます。

ホワイト餃子は、白菜がたっぷり入った、野菜メインの餃子です。サクサクした食感とさっぱりしつつもジューシーなあんは、美味しいと評判が評判を呼び、大人気の餃子となりました。

全国に20店舗以上あるホワイト餃子は、どの店舗も行列必須の人気店です。早い人だと開店の2時間前から並ぶ人もいるほどの人気ぶりです。売り切れ次第閉店なので、早めに出かけてみましょう。

1日2万個売れる大人気餃子!

Photo by くーさん

千葉県野田市に本店のあるホワイト餃子は、なんと1日に2万個も売れるという大人気の餃子です。安くて美味しい、千葉県民のソウルフードは、今では全国に20店舗以上の店舗のある人気の味となりました。あまりの評判に、毎日早い時間には完売してしまうほどです。

ホワイト餃子は、毎日のように完売する大人気の餃子です。店舗でも食べられますし、生餃子を自宅に持ち帰り、自宅で調理して食べることも可能です。野菜がたっぷり入った美味しいホワイト餃子は、お店でも家庭でも大人気の餃子なのです。

ホワイト餃子のメニューは餃子のみといたってシンプルです。店舗では、焼餃子か水餃子が選べます。本当に美味しい餃子だからこそ、メニューが餃子のみでも1日2万個以上売れる人気店なのです。

ホワイト餃子は、野菜がたっぷり使われており、ニンニクも入っていないので食べやすい餃子です。多い人だと1人で50個以上食べる人もいるほど、いくつでも食べられてしまう美味しさです。

老若男女問わず好まれるホワイト餃子の味は、ホワイト餃子でしか味わえない、唯一無二の味なのです。

ホワイト餃子が美味しいと評判の理由とは?

Photo by Matoken

千葉県民のソウルフード、ホワイト餃子の美味しさの秘密は、こだわりの厳選した食材と、職人の高い技術にあります。使われる材料は、すべてこだわりの厳選した食材です。餡に使われる豚肉は一頭買いした豚肉です。ひき肉にしてから一週間ほど寝かせ、旨味を引き出してから使います。

使われる野菜は、白菜・キャベツ・にら・ねぎの4種類です。にんにくが入っていないので、あっさりと食べられます。白菜を中心に野菜がメインの餡は、ジューシーながらさっぱりとした味わいで、野菜の甘みも感じられ、いくつでも食べられてしまいます。

ホワイト餃子の皮は、もちろん手作りです。職人によって手作りされた皮は、外側はパリパリ、中はもっちりの独特の食感を生み出します。

油で揚げたサクッとた皮の食感

ホワイト餃子は、焼くときに大量の油を使い、まるで揚げるように焼きます。店舗では、オリジナルにブレンドした焼き油を使って焼き上げられます。たっぷりの油で揚げるように焼くことで、ホワイト餃子の特徴でもある、サクサクとした食感が生まれます。

熱々のホワイト餃子の皮は、サクサクしたクリスピーな食感だけでなく、もっちりとした食感も楽しめます。サクサクもっちりの皮には、野菜たっぷりのあんが包まれているので、見た目よりもあっさりとした味わいで、女性でも軽く20個近く食べる人もいるほどです。

焼きにまで、熟練の技術が光るホワイト餃子は、千葉県民のソウルフードと呼ばれるのも、納得の味わいなのです。ぜひお店で焼き立てを味わってみましょう。

野菜中心の餡も非常に美味しい!

Photo bycongerdesign

ホワイト餃子の餡は、毎日お店で手作りされます。白菜がメインの餡には、キャベツ・にら・ねぎ・豚肉が使われていて、ジューシーかつあっさりとした味わいが楽しめます。野菜中心の餡は、野菜の甘みと豚肉の旨味を感じられます。

ホワイト餃子の餡は、職人の手によって、ひとつひとつ丁寧に包まれます。毎日職人1人あたり数千個は包むといわれているホワイト餃子は、職人の技術なくしては生まれなかった餃子なのです。ホワイト餃子は、特製ラー油を付けて味わうとより美味しく食べられます。

評判の良い特製ラー油は、野菜の甘さがより際立つ辛味で、ホワイト餃子をさらに美味しく引き立ててくれるのです。辛いものが苦手でなければ、ぜひ味わってみましょう。

ホワイト餃子は店内と持ち帰りどっちがいい?

ホワイト餃子は、持ち帰りができるのをご存知でしょうか。ホワイト餃子は、「生餃子」と呼ばれる持ち帰り商品もあります。生餃子は16個で650円です。ホワイト餃子はとても人気があるので、持ち帰りは1人300個までとなっています。

ホワイト餃子を自宅で焼くのは少しコツが必要ですが、生餃子を購入すれば、自宅で気軽にホワイト餃子の美味しい餃子を味わえます。ホワイト餃子は、店舗によっては焼餃子をテイクアウトできるところもあります。店舗で上手に焼かれた焼餃子を、テイクアウトで気軽に味わってみましょう。

焼餃子は、やはり出来立ての温かいうちに食べるのをおすすめします。生餃子は冷凍保存すればしばらくは持ちますが、長期間保存すると味が落ちてしまうので、なるべく早めに食べきりましょう。

ホワイト餃子は自分で調理できる?

ホワイト餃子を自宅で調理するには、少しコツが必要です。ホワイト餃子は一般的な餃子と焼き方が異なるため、必ず焼き方を確認してから調理するようにしましょう。もし、ホワイト餃子を焼く自信がない場合は、水餃子にしても美味しくいただけます。

ホワイト餃子を自宅で調理する場合は、鍋料理やスープなどに入れても美味しくいただけます。いろいろなアレンジが楽しめるのも、自宅調理ならではです。

冷凍ホワイト餃子の賞味期限は?

ホワイト餃子の店舗が近くにない場合は、冷凍餃子を通信販売で購入できます。通信販売の方法は、ホワイト餃子の店舗に、電話かファックスで申し込みます。店舗によっては通信販売を受け付けていない店舗もあるので、気を付けてください。

冷凍のホワイト餃子の賞味期限は3か月ほどとされています。自宅の冷凍庫で長期間保存するとどうしても味が落ちてしまいます。せっかくの美味しいホワイト餃子ですから、美味しいうちに食べきりましょう。

ホワイト餃子を上手に調理する方法

ホワイト餃子を自宅で上手に焼くには、いくつかコツがあります。ほかの餃子とは焼き方が異なるので、きちんと焼き方を確認してから焼くようにしましょう。ホワイト餃子を自宅で焼くときには、フライパンに隙間なく生餃子を並べます。隙間があると油跳ねの原因になります。

フライパンを火にかけたら、生餃子の高さ八分目までひたるくらいの熱湯を注ぎます。このとき水を使うとうまく焼けないので、気を付けましょう。熱湯を注いだら蓋をして、強火で8分ほど火を入れます。8分経ったらふたを開け、お湯の量が減り大きな泡が立っているのを確認出来たら油をいれます。

油はサラダ油を使うといいでしょう。サラダ油を生餃子がしっかりひたるくらいまで注ぎます。このときサラダ油の量が少ないと、うまく焼けないので気を付けてください。

油を注いだら3分ほど蓋をせずに強火で熱します。油が透明になるまで、生餃子を触らずに待ちます。フライパンの淵の辺りまで焼き色が付いたら、焼き上がりのサインです。

大量の油も惜しげもなく使おう!

ホワイト餃子を上手に自宅で焼くコツは、なんといっても大量の油を使うことがポイントになります。店舗では揚げるように焼かれるホワイト餃子を、自宅で調理するときも躊躇なく油を使いましょう。自宅でホワイト餃子を焼くときは、サラダ油を使うといいでしょう。

油の量が少ないと、上手にホワイト餃子を焼けません。またホワイト餃子の美味しさの秘訣でもある、パリパリした皮が再現できないので、油は惜しみなく使いましょう。ホワイト餃子を自宅で焼くときは、ホットプレートではなくフライパンで焼くことをおすすめします。

なぜなら、ホットプレートよりもフライパンのほうが、焼いた後の油の処理が簡単にできるからです。揚げ物をする感覚で、たっぷりと油を使ってください。

ホワイト餃子を一度食べてみよう!

千葉県民のソウルフード、ホワイト餃子は、唯一無二の味わいで人気を集めます。美味しいホワイト餃子をぜひ味わってみてください。

もぐ
ライター

もぐ

食べ歩きと旅行が大好きなもぐです!最近は台湾にどっぷりはまっております。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング