東京のおすすめスケート場13選!年中楽しめる屋内施設から期間限定スポットも

東京のおすすめスケート場13選!年中楽しめる屋内施設から期間限定スポットも

東京にはスケートを楽しめる場所がいくつかあります。中には季節を問わず1年中スケートを楽しむことができる屋内のスケート場から期間限定でイルミネーションも楽しめるデートにおすすめのスポットもあります。今回は東京でスケートが楽しめる13ヵ所を紹介します。

記事の目次

  1. 1.東京は「スケート場」も「アイススケート場」も充実!
  2. 2.東京で「おすすめ」の人気スケート場3選
  3. 3.東京で「年中楽しめる」スケート場3選
  4. 4.東京で「期間限定」で滑れるアイススケート場2選
  5. 5.東京「デートスポット」のアイススケート場2選
  6. 6.東京で「子供」連れにおすすめのアイススケート場
  7. 7.東京で「イルミネーション自慢」のアイススケート場
  8. 8.東京で「なめらかに滑れる」人気のスケート場
  9. 9.東京でおすすめのスケート場で楽しく滑ろう

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

東京は「スケート場」も「アイススケート場」も充実!

Photo by995645

冬の代表的なスポーツと言えばアイススケートになりますがスケートにはスケートボードやローラースケートなどがあります。東京にはアイススケートやスケートボード・ローラースケートが楽しめる施設があり初心者・子供がいる家族連れでも楽しめる場所があります。

東京はオフィスビルやショッピングセンターなどが多いイメージがありますが、東京にもスケートをする環境が整っている施設は多くあります。

年中スケートを楽しめる場所から季節限定でイルミネーションとスケートが同時に楽しめるカップルのデートにおおすすめの施設など充実しています。

東京でスケートに行くための「準備」は?

Photo by mersy

スケートを楽しむためには、まずは準備が大切です。身に着けるおすすめの服装や持っていくものなどきちんと準備を整えてスケートを楽しみましょう。

スケート場に行く場合

Photo byfancycrave1

初心者の人は最初は転んだりすることが多いので、長袖・長ズボンでの服装をおすすめします。転んだ時の衝撃とケガを少しでもなくすために肌を露出させた服装は避けましょう。

そしてスケートボードは大きなケガをしてしまう可能性が非常に高いので初心者の方はプロテクターを身に着けるといいでしょう。また、場所によってはヘルメットの着用が必須な場所がありますので、準備をしておきましょう。

アイススケート場に行く場合

Photo by sayo-ts

室内の施設であっても、施設内の気温は低いので長袖は必須になります。セーター等の温かい素材の物を身に着けアウターはダウンジャケットがオススメです。

ダウンジャケットはあまり袖の長い服だと動きにくいので腰程までの長さのジャケットがおすすめになります。また下も長ズボンを着用するようにしましょう。どうしてもスカートがいいという女性はタイツを履いて肌を露出させないようにしましょう。

フリー写真素材ぱくたそ

手袋も必要になりますが、できれば水を吸収しやすい布製の手袋ではなく水の吸収を防ぐ性質の手袋がおすすめです。転んだ時に手をついたりしたら次第に手袋に水分が吸収されてしまいます。

子供を「アイススケート」に連れていく場合

Photo bythedanw

子供連れでスケートに行く場合、子供のズボンはポリエステル製のものをおすすめします。また、スケート靴を履いていても何度も転ぶうちに水分が靴の中に浸透してきますので、靴下は2枚重ねて履くといいでしょう。

ヘアピンやクリップ等先のとがったもので髪を束ねておくと、転んで万が一頭を打った時に刺さってしまう可能性があります。そのため、髪が長くてまとめたい場合はゴムだけでまとめるようにしましょう。

Photo bymanfredrichter

また、子供を連れてスケートに行く場合は転んだりすると服などは濡れてきてしまいます。遊び終わり帰宅するときに濡れた服のままだと体は途端に冷えてしまいますので、着替えは忘れずに持っていきましょう。

東京で「おすすめ」の人気スケート場3選

Photo by CanadaPenguin

ここからは東京でおすすめのスケート場を紹介していきます。まずは東京でおすすめの人気のスケート場を3ヵ所見ていきましょう。

ボウリングやテニスもできる「シチズンプラザ」

フリー写真素材ぱくたそ

シチズンプラザはスケートだけでなくボーリングやテニスも楽しむことができる施設になっています。元旦を除いて年中無休で営業をしていますが、曜日により営業時間が異なりますので注意しましょう。

フリー写真素材ぱくたそ

料金は一般の方は大人1340円・中学生以下820円になります。会員の方は大人1030円・中学生以下620円になります。またヘルメットを無料で貸し出してくれますので、慣れていない子供は使用をおすすめします。

シチズンプラザへ行くには、電車で行く方法と車で行く方法があります。高田馬場駅から小滝橋方向に向かい歩いて7分ほどでつきます。駐車場がありますので、車でも行くことは可能です。

住所 新宿区高田馬場4-29-27
電話番号 03-3363-2211

公園でも遊べる「稲城北緑地公園 スケートボードコート」 

Photo byJESHOOTS-com

稲城北緑地公園は無料で利用することができるスケートボードパークになります。子供や初心者におすすめのスポットになります。屋外にある為雨天時は閉鎖になっていますが年末年始以外は午前9時から午後6時半まで利用可能です。

電車でのアクセスが便利です。JR南武線稲城長沼駅を下車したあと歩いて10分ほどで到着します。駐車場がありますので車でのアクセスもできますが駐車場は有料になります。

住所       稲城市東長沼2996番地先(稲城北緑地公園内)
電話番号 042-378-2111

開放的に滑れる「 練馬区立総合体育館|」 

Photo bytookapic

練馬区立総合体育館の営業時間は9時から18時になりますが、個人利用枠と団体利用枠や季節により使用時間が異なりますので、詳しくは練馬区立総合体育館のサイトを御覧ください。また屋外にありますので状況によっては使用できないこともあります。

西武池袋線を利用する場合は、練馬駅を下車した場合西武バスの成増町行きにのり練馬総合体育館を下車して徒歩2分ほどです。大泉学学園駅北口からの場合は新江古田駅行に乗ります。駐車場は有料で139台のスペースがあります。

住所 東京都練馬区谷原1丁目7番5号
電話番号 03-3995-2805

東京で「年中楽しめる」スケート場3選

Photo byRainer_Maiores

次は、季節を気にせずに年中スケートを楽しむことができる施設を紹介していきます。子供とのお出かけや初心者でも楽しむことができますので楽しんでください。

広いリンクで安心「BIGBOX東大和スケートセンター」

Photo by Norisa1

BIG BOX東大和スケートセンターはアイススケートの他にもテニス・ボーリング以外にもカラオケも楽しむことができる総合施設になります。

営業時間は毎月異なりますので、詳しい営業時間についてはBIG BOX東大和のホームページを御覧ください。貸靴の料金は大人500円・中学生以下300円になり入場料は大人1300円・中学生以下は700円になります。

Photo bymanfredrichter

BIG BOX東大和はアクセスもよく電車で行く場合は、西武拝島線の東大和市駅を降りるとすぐになります。駐車場や駐輪場も完備されているため車や自転車で行くこともできます。

住所 東京都東大和市 桜が丘1-1330-19
電話番号 042- 566-6898

整備されたリンクが自慢「明治神宮外苑・アイススケート場」

Photo by shi.k

明治神宮外苑にあるアイススケート場は平日は13時から18時まで土日祝日は10時から18時まで楽しむことができます。平日は15時までの料金は大人1340円中学生以下は930円で15時以降は大人1030円中学生以下720円になります。

土日祝日は料金は終日同料金で大人が1340円で中学生以下が930円になります。貸靴の料金は500円です。他にも手袋や靴下の販売をしていますので、忘れてしまった場合に便利です。

Photo by revelyrist

電車を利用する場合は、都営大江戸線を利用すると国立競技場駅を下車するとすぐになります。JR中央・総武線でも可能性ですが、こちらは千駄ヶ谷駅か信濃町駅を下車して徒歩5分ほどになります。

住所 東京都新宿区霞ヶ丘町11-1
電話番号
03-3403-3458

日本最大級「プラネットパーク」

Photo byFree-Photos

プラネットパークの正式名称は戸吹スポーツ公園になります。日本最大級と言われるほどの広さのあるスケートパークでスケートボードやインラインスケート・BMXなどを楽しむことが出来ます。

初心者向きから上級者向きまでエリアが分かれていますので、初心者の方でも楽しむことができますが、利用するには利用登録が必要で更新が必要になります。8時から22時まで営業しており大人500円中学生以下250円になります。

Photo by rail02000

バスをご利用してパークを訪れる場合は、京王もしくはJR八王子駅から西東京バスで戸吹スポーツ公園入口行きに乗り終点で下車してすぐになります。他にも秋川行き・イオンモール日の出行きに乗ってスポーツ公園前で下車しても大丈夫です。

住所 八王子市戸吹町1746-1
電話番号 042-691-2288

東京で「期間限定」で滑れるアイススケート場2選

Photo by CanadaPenguin

続いて紹介するのは期間限定で利用することができるアイススケート場のスポットを2つ紹介していきます。

遊園地内で楽しめる「としまえん・屋外アイススケート」

Photo by sabamiso

まず1つ目に紹介するのは遊園地としまえんの中に期間限定で楽しめるアイススケート場になります。開催期間は例年通りでは12月の頭から2月までですが、年により変更があるので、詳しいことはとしまえんのホームページをご確認ください。

イルミネーションが点灯する日は営業時間を延長している為、ナイタースケートを楽しむことができますので、デートスポットとしてもおすすめです。

Photo by sayo-ts

スケートをご利用になる場合には、としまえんの入園料とは別にアイススケートの滑走料が別途必要になります。料金は大人・子供ともに600円で貸靴が700円になります。アイススケートセット券(入園+滑走料+貸靴)もあります。

住所 東京都練馬区向山3-25-1
電話番号 03-3990-8800

バーベキューもできる「スポル品川大井町 スケートリンク」 

Photo byFree-Photos

今年2019年にオープンしたばかりのスポル品川大井町スケートリンクです。リンクは氷ではなく樹脂製の専用パネルを使用している為、濡れる心配がないのがポイントです。

バーべーキューエリアの一部がスケート場になっていますので、バーベキューもできますしサーフィンやアーチェリーも施設内にはありますのでたくさんのスポーツを体験することが出来ます。料金は滑走料と貸靴合わせて大人1000円子供が800円になります。

住所 東京都品川区広町2丁目1-19
電話番号 03-3775-1827

東京「デートスポット」のアイススケート場2選

フリー写真素材ぱくたそ

続いてはカップルでのデートにおすすめのアイススケート場を紹介していきます。アイススケート場だけでなく周辺にもデートスポットがありますのでおすすめです。

周辺のデートスポットも豊富「akasaka Sacas(赤坂サカス)」

Photo byadamkontor

サカス広場に設置されるアイススケート場で、他にも食事やショッピングなど楽しむことができる複合施設になっています。

周辺には他にも赤坂離宮や車好きのカップルにはうってつけのバーチャルによるレーシングシュミレーションが体験できる東京バーチャルサーキットなどもあります。

Photo byMabelAmber

料金は滑走料大人1000円で子供は600円になります。貸靴は大人も子供も500円になります。手袋の着用が必須となりますが、持参していない場合は300円で販売しています。

住所 東京都港区赤坂5-3
電話番号 03-3746-6666

東京ミッドタウン「三井不動産アイスリンク」

Photo by Kentaro Ohno

三井不動産アイスリンクは東京ミッドタウンに期間限定で設置されている都内最大級のスケートリンクになります。

昼間は周囲の施設で買い物や食事をして夕方以降に周囲イルミネーションが点灯するようになっています。22時まで楽しむことができ仕事帰りなどのデートにもおすすめです。

料金は貸靴代と館内で利用できるカフェチケット付で、高校生以上大人が平日2000円、土日・祝2300円です。中学生以下の小人が平日1500円、土日・祝1800円です。

住所 東京都港区赤坂9-7-1他
電話番号 03-3475-3100

東京で「子供」連れにおすすめのアイススケート場

Photo byFree-Photos

続いては子供連れや初心者におすすめのアイススケート場のスポットを紹介します。子供の初めてのデビューにおすすめです。

初心者でも安心「ダイドーアイスアリーナ」

Photo by yto

フィギュアスケートなどの大きな大会で利用されることもある本格的なリンクが設置されているダイドーアイスアリーナは家族連れでも楽しめるスポットです。

手押し椅子の貸し出しがありますので、デビューをする子供でも安心して滑ることが出来ます。料金は大人1300円子供700円になります。別途貸靴料が大人500円子供300円必要です。

Photo byBen_Kerckx

また、会員になればスケート教室に参加ができますので、興味があったり子供にスケートを習わせたい場合は会員になり申し込みをしてみるといいでしょう。

本格的なリンクになりますので、大会や試合などが行われているときは一般の人は滑ることが出来ません。大会は週末に行われていることがありますので、問い合わせをしてみるのもいいでしょう。

 

住所 東京都西東京市東伏見3-1-25
電話番号 042-467-7171

東京で「イルミネーション自慢」のアイススケート場

Photo bykoshinuke_mcfly

クリスマスが近づくとイルミネーションが至るところで点灯し、カップルが良くデートに訪れるスポットになりますが、東京にもイルミネーションを眺めながらスケートができるスポットもありますので、紹介します。

イルミネーションを見ながらのスケートは夜のみという事と、屋外や外の景色が眺めることができる施設であることが条件になります。

Photo by Akamera Photo

デートや家族でのお出かけでイルミネーションのみを楽しむのもいいですが、氷の上でイルミネーションを楽しむのも1つの思い出作りになるでしょう。

「東京スカイツリータウン・アイススケートパーク」

フリー写真素材ぱくたそ

東京の新しい観光名所、スカイツリーの足元のスカイアリーナに期間限定でスケートリンクが登場します。昼間から滑るのもいいですが、昼間は近辺でデートや買い物をし、夜に近くのイルミネーションが輝いているのを見ながら滑るのもいいでしょう。

小学生未満の子供には氷ではなくプラスチック製のキッズリンクと雪遊びコーナーが設置されていますので、カップルのデートだけでなく小さな子供がいる家族連れでも楽しむことができます。

Photo byxegxef

入場料金は大人1400円、子供700円になります。また、親子券というものがあり大人1人、子供1人で2000円でご利用できます。氷上でイルミネーションを眺めてみてはいかがでしょうか。

住所 東京都墨田区押上1-1-2
電話番号 0570-55-0102

東京で「なめらかに滑れる」人気のスケート場

Photo bypasja1000

東京にはフラットなリンクでゆっくりなめらからに滑ることができるローラースケート場があります。初心者や小さい子供のためのミニリンクもあったり、トレーナーが指導してくれます。

全天候型「東京ドーム ローラースケートアリーナ」

Photo byCouleur

東京ドームローラースケートアリーナは平日は11時から22時、土曜日は10時から22時、日・祝日は10時から21時で営業をしています。

入場料は時間制となっており、平日2時間大人1200円学生(学生証の提示が必須)1000円小学生以下800円になります。延長も可能ですが、延長の際は30分毎に300円加算となります。※10月1日からは平日に関わらず土日・祝日の料金になります。

Photo bypasja1000

ローラースケートとインラインスケートは500円(10月1日からは600円)で貸し出しがあります。ヘルメットとプロテクターは無料で貸し出しをしていますので、慣れていない方や初心者の方は利用してください。

 

住所 東京都文京区後楽1-3-61 黄色いビル4F
電話番号 03-3817-6196

東京でおすすめのスケート場で楽しく滑ろう

Photo by yto

東京には、スケート場がたくさんあります。アイススケート・ローラースケート・スケートボートと種類に合わせてお好みのスケートを選ぶことができます。

東京でもご自分にあったスケート場を見つけることができますので、家族でのお出かけやカップルでのデート等で楽しみ、期間限定しかないスポットではその時にしか楽しめない景色を眺めながらスケートを楽しんでください。

mi-sa0380
ライター

mi-sa0380

旅行が大好きです。日本の名所から世界遺産巡りなど歴史を感じることができる場所が好きです。観光に行くとご当地グルメを食べ歩いたりカフェ巡りをしています。動物も好きなので、動物園や水族館に行ったり、犬カフェや猫カフェに行って、可愛い動物に癒されています。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング