【福島】喜多方でおすすめの「朝ラー」人気店13選!ラーメン通の朝食はコレ

【福島】喜多方でおすすめの「朝ラー」人気店13選!ラーメン通の朝食はコレ

福島県喜多方市では朝ラーが注目されています。喜多方の朝ラーとはラーメン屋で朝食としてラーメンを食べることです。福島の冬は寒く朝の凍えるような寒さには塩ベースのさっぱりした朝ラーが人気です。福島を訪れた時にぜひおすすめの朝ラーに挑戦してみませんか。

記事の目次

  1. 1.福島・喜多方の「喜多方ラーメン」とは?
  2. 2.喜多方で行列ができ朝ラーも楽しめるお店
  3. 3.喜多方で朝ラーにおすすめの人気店8選
  4. 4.喜多方の朝ラーにおすすめの老舗のお店
  5. 5.喜多方のリーズナブルに朝ラーを楽しめるお店
  6. 6.喜多方の土・日・祝日限定で朝ラーが楽しめるお店
  7. 7.喜多方の女性でも入りやすい朝ラーできるお店
  8. 8.喜多方で朝ラーを堪能しよう!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

福島・喜多方の「喜多方ラーメン」とは?

Photo by nekotank

みなさんご存知の「喜多方ラーメン」は歴史が古く大正時代から昭和初期まで遡ります。当時、中国から来た青年が屋台でラーメンを売っていました。いわゆる支那そばです。この手作りした支那そばが喜多方ラーメンの起源だと言われています。

福島県の中でも喜多方は蔵の町としても有名で、ある写真家が発表した蔵の写真がきっかけとなり全国的に有名になって観光客が福島を訪れるようになりました。ここから喜多方がラーメンの街として注目されるようになったのです。

Photo by yto

こうした中、観光客が蔵の写真を撮りながら食べたラーメンが有名になり喜多方ラーメンとして全国に知られることになったのです。しかし、喜多方には昔からラーメン文化があったのです。

喜多方ラーメンがここまで人気を高めたのは醤油ベースでさっぱりとした味と澄んだスープがポイントです。喜多方ラーメンは豚骨や魚介類や地元でとれた野菜などベースに出汁を取りあの味ができたのです。

Photo by Jun Seita

ラーメンの決めては麺にありますが喜多方では飯豊山から湧き出る伏流水を使い麺造りが行われています。麺は幅が約4mmの太麺が特徴で、水分を含ませじっくり寝かせて作るので、コシと独特な縮れがあるのです。

そして今は朝食としてもラーメンを食べる「朝ラー」が流行っています。これは喜多方ラーメンだからできることで地元や観光客にも大評判になって朝から行列ができるラーメン店も多くあります。

喜多方のラーメン通は朝食にもラーメンを楽しんでいる

Photo by y_katsuuu

福島の冬は平均気温がマイナスになる寒さで、朝はまだ体温が上がる前なので体は外気に触れると冷えてしまいます。そこで福島では朝食としてラーメンを食べるようになったのです。

喜多方では早朝午前7時くらいから開店しているラーメン屋が珍しくありません。地元の人も観光客も朝からラーメンを食べて体を温めて仕事や観光に出かけるのが日常なのです。

それができるのは喜多方ラーメン独特の特徴があるからです。今回は地元でおすすめの「朝ラー」についてご紹介いたします。きっとあなたも喜多方ラーメンの見方が大きく変わると思います。

喜多方で行列ができ朝ラーも楽しめるお店

Photo by yawenla

日本三代ラーメンといえば札幌ラーメン、博多ラーメン、そして喜多方ラーメンです。喜多方は人口4万人弱の会津地方の町ですがそんな小さな街になんとラーメン店も約120軒近くもあります。

歴史のあるラーメン店もあり、いつ行ってもラーメン通が集まり行列ができています。こうしたラーメン店も今や「朝ラー」が一般的です。ラーメン通をうならせる行列ができる名店でも早朝は人が少なくて狙い目です。

現在は全国展開しているラーメン店もありますが、やはり地元で豊かな自然環境に恵まれた伝統的な本場の喜多方ラーメンを食べることをおすすめします。味が全然違うことに驚くことでしょう。

坂内食堂 本店

Photo by wongwt

喜多方ラーメンを語る上で外せないラーメン通も納得する喜多方ラーメン店といえば「坂内食堂」です。30年以上の歴史がある本店は行列ができるラーメン店としても有名です。

「坂内食堂」は喜多方ラーメンの御三家の一つで一世を風靡したのは昭和末期からで旅行や観光の記念で訪れる方が多いおすすめのラーメン店です。喜多方を訪れたら一度は「坂内食堂」に行ってみましょう。

Photo by wongwt

「坂内食堂」のスープは豚骨の旨味が出ている透明なスープと特製醤油のコクのあるあったりとした味わいが特徴です。そこに手作りチャーシューの味が絡むので最高の味が楽しめます。

創業者坂内新吾・ヒサ夫妻から受け継いだ焼き豚・麺・スープが三位一体となったシンプルな美味しさのラーメンは朝からでも食べられるさっぱりとした味でおすすめです。

「坂内食堂」ではラーメンはスープよりも麺を第一と考え、あっさり系のスープに合うように縮れ麺を使用しています。麺は市内に3つある製麺業者から仕入れ、手もみをするのでコシが強くなります。

Photo by rhosoi

毎日でも食べられる飽きの来ない味が長年ラーメン通からも好まれています。そして「坂内食堂」は国内のみならず、海外へも進出して日本のラーメン文化を広めています。

おすすめのラーメンメニュー

Photo by wongwt

おすすめの看板メニューは「肉そば」です。豚骨ベースで旨味だけをじっくり炊き出した透き通った黄金色のスープは、さっぱりした味わいが人気です。

もっちり、シコシコした手もみの平打ち熟成多加水の縮れ麺がスープとよく絡んで絶品です。行列覚悟で並んでも後悔しない、食べてみて良かったと思える一杯になるはずです。

住所 福島県喜多方市字細田7230番地
電話番号 0241-22-0351

喜多方で朝ラーにおすすめの人気店8選

Photo by yto

さっぱりとした醤油ベースの喜多方ラーメンですが、地元では人口一人当たりのラーメン店の軒数が日本一の喜多方ですが、実はお店ごとで塩や味噌を使うなど味にこだわりがあるのです。

喜多方では朝早くから開店してしているお店が多く、昼間だけでなく「朝ラー」を求めて行列ができるほどです。どういったお店に行けば朝ラーが食べられるのか。おすすめの人気ラーメン店をご紹介します。

朝食にラーメンなんてありえないと思われる方、騙されたと思って一度体験してみて下さい。他のラーメンではできない「朝ラー」が喜多方ラーメンならできるのです。

喜一

Photo by bryan...

「喜一」は朝7時から営業している朝ラーのお店です。店主がもとはフランス料理のシェフだったこともありひと手間かけたラーメンに特徴があります。

「喜一」のラーメンは塩がメインで、大塩裏磐梯温泉で作られる会津山塩を使っています。会津山塩は温泉水を煮詰めることによって取り出される貴重な塩で、さっぱりとした味わいのなかにじっくり塩の味が楽しめます。

スープがなくなれば店じまいなので朝イチで行くことをおすすめします。ラーメン通も足しげく通う「朝ラー」を代表するお店です。

Photo by rhosoi

「喜一」の営業時間は7:00〜14:00で、おすすめメニューは「Sioラーメン500円」で後味がすっきりとしたシンプルな塩ラーメンです。「喜一」の原点でもある「熟成しょうゆラーメン500円」は香りふくらみ、後味はどれをとっても絶品の「喜一」自慢のラーメンです。

住所 福島県喜多方市関柴町上高額字境田635-7
電話番号 0241-24-2480

麺や 玄

Photo by ttanabe

「麺や 玄」は朝ラーが食べられるお店で、お店のこだわりはアゴ出汁のスープとじっくり煮込んで作り上げた自家製豚バラ肉のチャーシューと味付け卵です。

ラーメンはしょうゆらーめん、ちゃーしゅーめん、ショッテリ(しょうゆアブラ玉ねぎ)、みそらーめん、みそちゃーしゅーめん、辛みそらーめん、トタン(みそアブラ紅しょうが)などユニークなものばかりです。ラーメン通も注目のお店です。

Photo by ttanabe

オリジナルメニューのショッテリは醤油ラーメンに背脂と玉ねぎのみじん切りをトッピングしたおすすめの人気メニューです。トタンは特製味噌と背脂、紅しょうがをトッピングしたこちらも人気メニューです。

朝食がわりの朝ラーだけでなく日替わりランチもあるので、朝行きそびれても大丈夫ですがスープがなくなれば店じまいなので注意しましょう。

営業時間は7:00〜15:00までで、毎週火曜日が定休日です。駐車場完備していますが5台くらいまでです。目印は喜多方区役所ですぐ裏手にお店があります。

住所 福島県喜多方市小田付道下7131-7
電話番号 0241-24-5766

ウリナム食堂

Photo by ka2hik0

ラーメン通にも人気がある「ウリナム食堂」は店主の祖父が昭和16年に朝鮮から帰国した際に祖母と結婚し、キムチには栄養素がたくさんあるという言い伝えに従い、祖母が韓国の料理の素を提供することになりました。

そして店主が70年経った今、この味を未来に残そうとラーメン店を創業しました。「ウリナム」とは私たちと木という意味の韓国語を組み合わせたもので、祖母を大きな木に見立てたものなのです。

Photo by Jun Seita

こちらではつけ麺に使用するトマトは契約農家から直接仕入れている完熟トマトを使用しています。また塩らーめんに使われるのがピンク岩塩です。

特徴としては背脂がしっかりしていて甘味もあり、旨味が詰まっているので朝食でもいけます。あっさり、こってり、辛さも数段階から選べるのでお好みに合わせて選べます。ラーメン通もおすすめのお店です。

営業時間は7:00〜15:00までですがスープがなくなり次第終了です。定休日は毎週月曜日で駐車場は5台まで使用可能です。

住所 福島県喜多方市字前田4924-7
電話番号 0241-23-5930

桜井食堂

Photo by nimame

喜多方老麺会に加盟している「桜井食堂」は明治37年創業の老舗ラーメン店でラーメン通も一目置くお店です。おすすめは蔵ラーメンしょうゆ味とみそ味、さらに支那そばです。

支那そばはスープの旨味が効いていて醤油控えめで、チャーシューの味がしっかり味わえます。一方の蔵らーめんは醤油が濃いめで、生姜がアクセントになっているのがポイントです。具にわかめが入ることで味だけでなくお客の健康も考えてくれているラーメン店です。

Photo by Kossy@FINEDAYS

朝食のラーメンもここでは人気ですがスープの味が絶品で飲み干してしまいそうです。麺はもっちりして太めでスープによく馴染んでいます。具を見るとボリュームがありそうですが、女性でも完食できる美味しさは病みつきになりそうです。

営業時間は8:00〜19:00までで、定休日は不定休ですから連絡をしておくといいかもしれません。駐車場は10台くらい利用できます。

住所 喜多方市町田8279-1
電話番号 0241-22-0615

らーめん一平

Photo by yto

喜多方の観光で訪れたらラーメン通からも美味しいと評判の「らーめん一平」は毎朝7:00開店の朝ラーのお店です。朝食にラーメンを食べて寒い冬の朝、熱いラーメンで身も心も温まりませんか。

店内はカウンター・ボックス席・小上がり席があるので一人で立ち寄っても、家族でも、グループでも朝食ラーメンがいただけます。

スープに使う水は飯豊山の伏流水で、国産豚の拳骨や煮干し、昆布や野菜などを煮出して作っています。背脂が入る個性的な喜多方ラーメンはラーメン通でも人気が高いのです。

Photo by yawenla

麺は中太で手もみの縮れ麺でスープとの相性もよく一度食べれば忘れられないとここを訪れるラーメン通の観光客や地元の人も一押しです。テレビでも紹介され、国道沿いにあるので行列ができやすく、朝食でラーメンを食べるなら開店と同時に入ることをおすすめします。

営業時間は7:00〜18:00で定休日は毎週水曜日です。スープがなくなり次第店じまいとなります。また駐車場が完備されていて25台程度駐車可能ですから遠方から訪れても安心です。

住所 福島県喜多方市松山町村松字石田1453
電話番号 0241-23-0699

かど屋食堂

Photo by inazakira

喜多方の中でも古くから営業されている老舗店でおすすめは中華そば、他にはチャーシューメン、タンメン、五目中華、カレーうどんが麺類のメニューです。

朝食にラーメンを食べるなら「かど屋食堂」です。塩ラーメンがベースで綺麗な澄んだスープは豚骨に煮干しのみのため、見た目アクが気になりますが味はお墨付きです。50年前から営業している老舗でラーメン通も推薦する味です。手間がかかるからこそ味は変わらずリピーターが多いのです。

住所 福島県喜多方市字経壇1-5
電話番号 0241-22-1663

喜多方 満喜

Photo by yawenla

「満喜」は行列のできるラーメン屋としてラーメン通の間でも有名です。観光で喜多方に来たなら朝食にラーメンは極普通です。人気店はどこもすぐ行列ができるので覚悟して行きましょう。

お店は食券を購入して注文をします。店内にある自販機は5000円札と10000円札が使えませんから注意して下さい。人気のメニューは背脂たっぷりの「醤油ラーメン」、ラーメン通も一押し定番「塩ワンタンメン」、辛さが際立つくせになる「火華」の3種類だけのメニューです。

Photo by Shinsuke JJ Ikegame

定番の塩ワンタンメンは透明なスープと色も形もバランスよく盛り付けたトッピングの中央には鮮やかなネギの緑が映えます。こちらのチャーシュには生姜の隠し味で効いていてスープを飲んでみると丸みのある甘さは絶品です。

営業時間は7:00〜14:00で定休日は毎週金曜日です。座席数は16席でカウンターとテーブルがあります。またお店の前には駐車場があります。

住所 福島県喜多方市字西四ツ谷59
電話番号 0241-23-3248

大みなと味平本家 バイパス店

Photo by matsumur

喜多方の中心から少し離れたところにある「大みなと味平」のおすすめメニューは、喜多方ラーメンの定番「しょーゆらーめん600円」です。他には「しょうゆ野菜らーめん」「しお野菜らーめん」「カレーらーめん」「チャーシューめん」などがあります。

「しょうゆらーめん」は柔らかい口当たりのスープでほのかに酸味があり豚と鶏からの旨味が決め手です。美味さの余韻が口の中で広がる感じがします。さっぱりしているので朝食のラーメンとしては最高です。

Photo by ttanabe

麺は縮れた太麺でプリッとした食感が喉越しにもよく、チャーシューは醤油風味でしっかりめの味付けと柔らかい仕上がりで甘味さえあります。メニューが個性的なのでまた違うメニューに挑戦してみたくなります。

「大みなと味平」の営業時間は7:00〜17:00までで、毎週火曜日が定休日です。駐車場もあるので安心して車でも来れます。

住所 福島県喜多方市関柴町上高額字北町396-5
電話番号 0241-24-2990

喜多方の朝ラーにおすすめの老舗のお店

Photo by hm7hm7

喜多方では老舗ラーメン店も「朝ラー」をやっています。喜多方の文化と言っても過言ではありません。そもそも喜多方には三交代制の勤務をする工場があったため朝からラーメンを食する文化が生まれたのです。

冬の朝、冷たい空気に覆われる福島でほわっと湯気を上げてラーメンが出来上がり、テーブルまで運ばれて来る、それだけで心が暖かくなります。

また店ごとにも特徴があって、それぞれスープの取り方にひと工夫されているので同じ味がないのもラーメン通には魅力なのです。

まこと食堂

Photo by masahiko

ラーメン通には言わずと知れた名店に「まこと食堂」があります。塩味なら「坂内食堂」で豚骨ベースに醤油味なら「まこと食堂」と言われるほどです。「朝ラー」もやっていて開店と同時に入れば余裕で人気の「中華そば」がいただけます。

旅先の朝食にラーメンなんていかがですか。朝からラーメンを食べる文化は喜多方だけです。餃子も有名な福島です。一緒にいかがでしょうか。

Photo by sekido

麺は中太平打ちの縮れ麺でスープは豚骨や煮干しをベースにしたあっさり系の醤油味になっています。本場の喜多方ラーメンに出会えるお店としても知られています。スープは出汁本来の味が堪能できるシンプルな味わいで飽きのこない味です。

箸が止まらないあっさりしたスープのラーメンですが、それ以外ではご当地グルメのソースカツ丼もおすすめです。また「まこと食堂」ではお土産も販売しているので、自宅でも気軽に本場喜多方ラーメンが堪能できます。

営業時間は7:30〜15:00まで、定休日は毎週月曜日です。スープがなくなり次第終了になりますから注意して下さい。

おすすめのラーメンメニュー

Photo by kumazo

「まこと食堂」のラーメンメニューは、人気の「中華そば650円」「チャーシューメン950円」「大盛中華そば900円」「大盛チャーシューメン1050円」で、ラーメンの価格が650円とリーズナブルな設定となっています。

 住所    福島県喜多方市字小田付道下7116
電話番号 0241-22-0232

喜多方のリーズナブルに朝ラーを楽しめるお店

Photo by bethom33

100軒を超えるラーメン屋がひしめく喜多方市で「朝ラー」が定着して観光客にも大人気になりました。朝からラーメンが食べれるのはあっさりとしたスープともちもち感のある麺、さらに次にご紹介するリーズナブルなお店があるからです。

香福

Photo by inunami

「香福」は坂内食堂で修行したご主人が夫婦で営業しているお店で朝7時30分から営業をしていて、「朝ラー」もいただけます。

店内は若い女性でも気軽に立ち寄れるカフェのような雰囲気のラーメン屋です。人気の「お肉ラーメン」は表面を覆う脂身が少し多めですが、その分口に入れるととろける美味さです。

Photo by veroyama

スープは旨味がギュッと詰まった味で朝ラーでも全然食べれます。角がないスープは一度食すれば病みつき間違いなしです。

営業時間は7:30〜14:00で、定休日は毎週火曜日です。スープがなくなり次第終了なのはこちらも同じです。駐車場は8台あります。

おすすめのラーメンメニュー

Photo by Yuya Tamai

「香福」のおすすめラーメンメニューは「らーめん600円」「お肉ラーメン800円」「告白ラーメン700円」「青春ラーメン550円」です。「朝ラー」としても胃に優しいのは塩分控えめであっさりとしているからです。

住所 福島県喜多方市字3-4840-1
電話番号 0241-23-3878

喜多方の土・日・祝日限定で朝ラーが楽しめるお店

Photo by Dr.Colossus

福島県のご当地ラーメンといえば喜多方ラーメンですが醤油ベース・味噌ベース・塩ベースと各店は味を競い合って、喜多方ラーメンは磨かれています。そして人気の「朝ラー」ですが土・日・祝日限定のお店も見逃せません。

あじ庵食堂

Photo by nekotank

「あじ庵食堂」は「朝ラー」ができるラーメン店で王道の醤油ラーメンをはじめユニークなメニューもあるので行列ができるお店として人気があります。

スープは煮干しが香る醤油ベースで、極太縮れ麺とマッチしておすすめです。人気のメニューは「山葵潮そば」で塩味のスープとわさびの香りが絶妙な味を醸し出しています。

おすすめのラーメンメニュー

Photo by Kossy@FINEDAYS

喜多方ラーメンは透き通った琥珀色をしたスープに特徴がありますが、人気はやはり定番の醤油ラーメンです。しかし、醤油ラーメンも各店のこだわりがそこにはあります。中には麺も自家製でという店もあるくらいです。

住所 福島県喜多方市二丁目4650-29喜多方マーケット銀座
電話番号 0241-23-6161

喜多方の女性でも入りやすい朝ラーできるお店

Photo by Jun Seita

ラーメン大好きな女性の方も喜多方は行ってみたいラーメンの聖地ではないでしょうか。女一人で、散策していれば案外穴場スポットが見つかることもあります。メジャーでなくても「朝ラー」が堪能できるお店はたくさんあります。

気軽に女性でも入りやすい「朝ラー」のお店を紹介しましょう。喜多方は全国からラーメン通が訪れる街です。旅の思い出にご当地ラーメンをじっくり味わいましょう。

らーめん うめ八

Photo by rhosoi

「うめ八」は平成26年創業のラーメン屋で、テーブル席・カウンター席・小上がり席とお一人から家族やグループ、観光客で賑わっています。

開店時間は7時からですから「朝ラー」も楽しめます。女性でも入りやすい「うめ八」で正統派喜多方ラーメンを堪能してみて下さい。

メニューはしょうゆ味と塩味の2種類で、トッピングはネギ・チャーシュー・ネギチャーシューから選べます。麺は中太縮れ麺で、定番のしょうゆらーめんは正統派喜多方ラーメンで飽きのこない美味しさです。

Photo byftanuki

塩ネギチャーシューメンは厚めのとろけるような柔らかいチャーシューとシャキシャキ食感の食欲をそそるネギが塩味のスープと絶妙に合います。営業時間は7:00〜15:00までで、定休日は毎週月曜日です。駐車場は約6台まで収容可能です。

おすすめのラーメンメニュー

Photo by sabamiso

「うめ八」のおすすめラーメンメニューは「しょうゆラーメン650円」「塩ラーメン650円」「しょうゆネギラーメン800円」「しょうゆチャーシューメン1050円」です。繊細で香ばしいスープを朝から食べれるのは「うめ八」だからです。

住所 福島県喜多方市字北町上47
電話番号 0241-24-5045

喜多方で朝ラーを堪能しよう!

Photo by shokai

いかがだったでしょうか。喜多方市内には「朝ラー」の美味しいお店がいくつもあります。自分が好きなラーメンが食べられるお店を探してみてはいかがでしょうか。寒い冬の朝、指先がかじかむ時は温かいラーメンを食べてしっかり体を温めて元気を出して下さい。

MASA
ライター

MASA

金融機関に勤務している旅行大好きなライター歴2年の会社員です。わんこ二匹飼っています。金融以外にもライフスタイルやスポーツ、インテリアなどみなさんがわくわくするような魅力ある記事を発信して行きたいと思っています。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング

記事はありません。