かごの屋がお得になるクーポンはある?会員サービスなど徹底調査!

かごの屋がお得になるクーポンはある?会員サービスなど徹底調査!

かごの屋は多彩な食材を使った和食としゃぶしゃぶが人気のレストランチェーン店です。プチ贅沢や記念日などいろいろな使い方ができるかごの屋ですが、お得に利用できるクーポンや会員サービスはあるのでしょうか?気になるかごの屋のクーポン情報を徹底調査しました。

記事の目次

  1. 1.かごの屋のクーポンはどうやって入手できるの?
  2. 2.かごの屋のクーポン・会員サービス
  3. 3.かごの屋のクーポン・メルマガ会員
  4. 4.かごの屋のクーポン・株主優待券
  5. 5.かごの屋のクーポン・JAF会員優待や公式アプリ
  6. 6.かごの屋のクーポンをもらうには会員になるのが確実!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

かごの屋のクーポンはどうやって入手できるの?

かごの屋は、新鮮な旬の素材を使った美味しい和食が食べられる人気のレストランチェーン店です。1993年宝塚に1号店を出店したかごの屋ですが、現在では日本全国に店舗があります。かごの屋では、アラカルト形式(単品)でメニューを選ぶことができます。

かごの屋のメニューは四季折々の新鮮な食材を丁寧に調理しているので、目で見ても楽しめることから年配のお客様にも人気です。女性にも人気のかごの屋ではディナーメニューよりもお得に楽しめるランチメニューが人気で、ランチタイムにはプチ贅沢を楽しむ女性客や子供連れのグループ客が増えます。

かごの屋のディナータイムは、かごの屋自慢のメニューから好きなものを選んで食べられる「かごの屋食べ放題コース」が人気です。食べ放題メニューは数種類から選ぶことができますが、それぞれのメニューにはスタンダードコースとスペシャルコースの2種類の設定があります。

基本となる食べ放題コースもメニューによって値段が変わりますが、コース内のスタンダードコースとスペシャルコースのどちらを選ぶかで、選べる品数と金額が変わります。

なおかごの屋の食べ放題コースは基本的に小学生は半額、小学生未満は無料、65歳以上のシニアは500円割引になります。そのため小学生以下のお子様を含む家族で食事を楽しむなら、かごの屋の食べ放題コースを選ぶと単品で注文するよりお得です。

とはいえかごの屋では単品・食べ放題のどちらを選んでもクオリティの高い料理を提供しているため、通常の和食レストランよりもかなり価格は高めです。そこでぜひ利用してほしいのが、かごの屋で利用できるお得なクーポンサービスです。

かごの屋のクーポン・会員サービス

かごの屋で利用できるお得なクーポンにはさまざまな種類がありますが、だれでも利用出来る「かごの屋クーポン・会員サービス」です。近年飲食店で利用できるクーポンの多くはアプリやスマホから入手するため、機械の操作が苦手な人は入手するまでが難しく諦めてしまう人も多いです。

ところがかごの屋クーポン・会員サービスは、かごの屋オリジナルのポイントカード「ごちそうさま会員カード」を購入するだけでOKです。カード購入金額が入会金となっており、現金で200円支払うとかごの屋のごちそうさま会員カードがその場でもらえます。

かごの屋ごちそうさま会員のカード申し込みは、「店頭の申込用紙に必要事項を記入する」「スマホから申し込み専用QRコードを読み取り仮登録番号を入手する」のどちらかを選択します。

かごの屋ごちそうさま会員申込用紙に記入する場合は、その場で記入して現金で200円支払うだけなので、スマホなどの操作が苦手な人でもすぐに登録できます。スマホからQRコードを読み取る方法も、読み取った画面に必要事項を記入してスマホ登録します。

ただしスマホ登録が終わってもスマホの画面では仮登録番号しか発行されないので、かごの屋の会員カードを発行するには店頭で仮登録番号を提示しなければいけません。そのためどちらの申し込み方法でも会員カードの発行は店頭のみです。

ポイントを貯めて割引に

かごの屋クーポン・ごちそうさま会員カードはポイントカードなので、利用したときに会員カードを提示するとポイントがたまります。かごの屋の会員ポイントは現金・クレジット・電子マネーのいずれでも貯められますが、ポイント還元率がよいのは現金払いです。

かごの屋クーポン・ごちそうさま会員のポイントは、クレジットカードと電子マネーで支払うと税込み200円=1ポイントですが、現金で支払うと税込み100円=1ポイントになります。

なおたまったかごの屋クーポン・ごちそうさま会員ポイントは、割引クーポンとして使えます。割引クーポンは現金・クレジット・電子マネーのいずれの場合も内容は同じで、100ポイント=200円の割引です。ポイントは100ポイント単位の使用ですが、1度に最大2000円分の割引が利用できます。

毎月2回・年間24回クーポンがもらえる

かごの屋クーポン・ごちそうさま会員になると、毎月2回年間24回お得なクーポンがもらえます。このサービスでは「甘味ドリンクセット無料クーポン」「ドリンク(アルコール含む)1杯無料クーポン」から好きなクーポンを毎月2枚もらえます。

どちらのメニューも400円相当ですし、会員入会から1年間毎月もらえるのでかなりお得です。ただしランチでの同メニューの価格は300円相当なので、同じクーポンをよりお得に使うならランチで使うよりもディナーで使ったほうがよいでしょう。

ポイントは好きなメニューと交換可能

かごの屋クーポン・ごちそうさま会員でたまったポイントは、割引だけでなくポイント対象メニューとの交換にも使えます。ポイント対象のメニューや内容は店舗や時期によって違いますが、1度に1000ポイント(2000円相当)使えるのでかなりお得です。

ただしかごの屋クーポンとしてポイント交換する場合、メニューをオーダーする際にポイント利用を申告することが利用の条件です。

お祝いご優待券

かごの屋クーポン・ごちそうさま会員では、誕生日特典として「お祝い優待券」がもらえます。お祝い優待券は10%割引になるお得なクーポン券で、合計金額が3000円未満の場合に利用できます。

お祝い優待券はかごの屋クーポン会員のDM希望者のみに郵送されるため、かごの屋クーポン会員でもDM希望の会員以外は入手できません。なおかごの屋のDMは不定期にの発想ですがお得な情報が満載なので、面倒でなければ入会時に「DM希望」としておくのがおすすめです。

かごの屋のクーポン・メルマガ会員

かごの屋のクーポンには、かごの屋メルマガ会員専用クーポンもあります。かごの屋メルマガ会員には、かごの屋の公式サイトから「かごの屋メルマガ会員に登録する」を選択し会員登録するだけなので、入会金を払わずに使える便利なクーポンです。

メルマガ限定の割引クーポンやお得な情報が届く

かごの屋のクーポンは、スマホなどのアプリから利用できるクーポンはほとんどありません。しかもお得な割引クーポンの多くはかごの屋のごちそうさま会員に郵送されるDMがメインです。そのためかごの屋のメルマガクーポンは、ウェブ上で入手できる数少ないかごの屋クーポンといえます。

かごの屋のクーポン・株主優待券

かごの屋のクーポンにはアプリクーポンやメルマガクーポンのほかに、株主専用の割引クーポン「株主優待券」があります。

株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングスの株主になる

かごの屋の株主向けクーポン・株主優待券を入手するには、株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングスの株主になることです。ただし株式優待券の贈呈対象となるのは、株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングスの株式を100株以上持っている必要があります。

保有株数によってお食事券がもらえる

保有株数によってお食事券がもらえる

かごの屋の株式向けクーポン・株主優待券は、チケットタイプになっています。1枚のクーポン券は500円相当なのですが、保有する株式の数で贈呈されるクーポン券の枚数も変わります。例えば最小株数の100株でかごの屋の株主向けクーポンをもらう場合は、2000円相当のクーポンがもらえます。

なおかごの屋の株主向けクーポンは、株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングスの株式保有期間によっても贈呈されるクーポンの枚数が変わります。そのためかごの屋の株主向けクーポンは保有数が多いほどお得ですが、さらに保有期間が長いとお得が増します。

かごの屋のクーポン・JAF会員優待や公式アプリ

ロードサービスのJAFでは、全国各地の飲食店や施設で利用できるお得なクーポンをまとめた公式アプリ「JAFナビ」があります。JAFナビはJAFの会員サービスなので、利用するにはJAFの会員登録が必要ですが、JAFアプリ会員証を提示すれば利用できるので持っている人も多いです。

そんなJAFのクーポンですが、残念ながら現在のところ、かごの屋で利用できるクーポンはありません。かごの屋ではお得クーポンをたくさん用意しているので、今後JAFナビのクーポンが利用できる可能性もありますが、現時点でのクーポン利用はNGです。

かごの屋のクーポンをもらうには会員になるのが確実!

かごの屋の五感で楽しむ和食は、記念日や忙しい毎日へのご褒美として人気があります。そんなかごの屋ではお得なクーポンにはいくつかありますが、入会金200円ですぐに会員になれる「かごの屋・ごちそうさま会員」のクーポン割引が1番のおすすめです。

※ご紹介した商品やサービスは地域や店舗、季節、販売期間などによって取り扱いがない場合や、価格が異なることがあります。

akemi
ライター

akemi

小学生の娘の子育てに格闘しつつも、毎日の暮らしがちょっぴり楽しくなることを探すのが趣味です。仕事で全国各地をまわった経験から、街で見かけたおもしろいこと、ステキな景色、珍しいグルメなどを紹介します。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング