人気のウイスキー「山崎12年」はドンキホーテで買える?価格は?

人気のウイスキー「山崎12年」はドンキホーテで買える?価格は?

日本が誇るシングルモルトウイスキー「山崎12年」は、世界中で高い評価を受けて現在は品薄状態が続いています。1984年に登場した「山崎12年」ですが、ドンキホーテで買えば安く手に入ると言われています。なぜドンキホーテなら安く購入できるのか解説します。

記事の目次

  1. 1.山崎12年はドンキホーテで買える?
  2. 2.ドンキホーテの山崎12年の価格は?
  3. 3.山崎・ノンエイジの方がドンキホーテではおすすめ
  4. 4.ドンキホーテでも山崎12年は品薄の様子

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

山崎12年はドンキホーテで買える?

「サントリー山崎」は、世界の品評会で様々な賞を受賞して、世界中から注目されるウイスキーです。世界でも権威があると言われる「インターナショナル・スピリッツ・チャレンジ(ISC)2003年」に山崎12年が栄えある金賞を取りました。

日本国内ではNHKの連続ドラマ「マッサン」でも話題になったプレミアムウイスキーで、国内はもとより海外でも高い人気があり、ウイスキーの本場スコットランドでも注目されるウイスキーです。

しかし、品薄のはずの「山崎12年」がドンキホーテなら価格も安く手に入ることがあります。なぜドンキホーテで市場ではプレミアムがつく「山崎12年」が安く購入できるのでしょうか。

ドンキホーテと言えば、国内はもちろん海外のお酒を多種類扱っています。「山崎12年」もドンキホーテでも極稀に見つけることができます。価格は市場で販売されている価格より安めです。しかし、数が少ないため見つかればラッキーだと思って下さい。

山崎12年は人気の国産プレミアムウイスキー

人気のプレミアムウイスキーとして注目される「山崎12年」は、国内ではその姿をほとんど見ることができない状態です。豊潤な香りと繊細なテイスト、クセのない深い味わいが「山崎12年」の魅力です。

ヴィンテージとして高い人気の「山崎12年」ですが、他にも「山崎18年」、「山崎25年」がありそれぞれプレミアムがついてオークションで売買されています。「山崎」と言えば2代目マスターブレンダー佐治敬三の存在を忘れてはいけません。

佐治敬三は香りも味も異なるおよそ100種類もの原酒をブレンドしてシングルモルトウイスキーを作り出しました。「山崎12年」は、佐治敬三の妥協なきこだわりと名水が生み出した珠玉のウイスキーだと言えます。

ドンキホーテの山崎12年の価格は?

「山崎12年」の希望小売価格ですが700mlが8500円ですが、ネットの相場では15000円以上するものがほとんどです。現在は蒸溜所に行っても「山崎12年」のボトルを購入することはできません。こうした品薄状態になった理由はハイボールの存在があります。

世間では「角ハイ」が流行しサントリーは角の原酒でもある若い山崎と白州などが爆発的に売れはじめ、山崎12年の製造をいったん取り止めたのです。しかし、そうした中で「山崎12年」が海外で最高峰の賞を受けることになり、今度は海外から「山崎」の人気に火がついたのです。

業者と言えども「山崎12年」のフルボトルの入手が困難な状態が続いています。「山崎12年」は流通本数が限られているため買取価格も年々高くなっているため、市場価格も高価格帯で売買されています。

「山崎12年」を急いで作っても最低12年は熟成期間かかります。そのためドンキホーテでもしばらくは品薄が継続すると思われ、市場価格はそれを反映した状態が続くでしょう。

山崎・ノンエイジの方がドンキホーテではおすすめ

ドンキホーテのような量販店でよく見かける「山崎」はNA(ノンエイジ)と呼ばれ、熟成年数が表記されていません。「山崎12年」のような年数が表記がない分、使用する原酒の自由度が高まるのでブレンダーの力量に任せれられます。

幅広いウイスキーの味わいが楽しめるのでおすすめです。ノンエイジはドンキホーテでもよく見かけることができるウイスキーで、価格も手頃感があり、家でくつろいで飲むのにはおすすめの商品です。

ドンキホーテで見つけた「山崎」ノンエイジのフルーティな若い味わいは、ウイスキー愛好家には好き嫌いがはっきりするかもしれません。多少の粗さを感じる点は「山崎12年」と違う点です。

若さが故の刺激とわずかなウッディの香りが鼻を抜ける瞬間、バランスの良い香りのボリューム感を感じることができます。ぜひドンキホーテに行く際には、「山崎」を探して見て下さい。

居酒屋でもドンキホーテで「山崎」ノンエイジを購入するところもあります。ドンキホーテは大量に仕入れるため「山崎」ノンエイジの価格を安く設定することができるのです。

「山崎」ノンエイジは甘味が強いので、甘いハイボールが好きな方には自宅用としてドンキホーテで購入してもいいでしょう。ジャパニーズモルトを感じることができるノンエイジは、ドンキホーテでお手頃価格で購入しましょう。

ドンキホーテでも山崎12年は品薄の様子

ドンキホーテと言えども、常時「山崎12年」があるとは限りません。ドンキホーテが安く「山崎」を販売できるのは海外からも幅広く大量に商品が調達できるからですが、「山崎」はそもそも流通する数が限られているのでドンキホーテでも品薄はやむおえない状態です。

ドンキホーテは、値段も安く、お酒の種類も多くウイスキーの初心者が「山崎」を買い求めるならおすすめです。「山崎12年」は、ドンキホーテでも手に入りにくいウイスキーですが、運が良ければ見つかる可能性もあります。

※ご紹介した商品やサービスは地域や店舗、季節、販売期間等によって取り扱いがない場合や、価格が異なることがあります。

MASA
ライター

MASA

関連記事

人気記事ランキング